認知症と異食行為

スポンサードリンク

認知症と異食行為について

認知症の異食行為

 

認知症が進んだ方の中には、食べられない物を食べてしまう「異食行為」という行動が多く見られます。

 

認知症による異食は、食べられる物と食べられない物との区別がつかなくなります。

 

たとえば、その辺にある異物を口に入れた場合、「食べ物じゃない」と思って吐き出さずに、そのまま飲み込んでしまいます。

 

認知症の方の異食行為は、目につく物を何でも口に入れたりします。

 

紙屑やティッシュ、飾ってある花や植物、植木鉢に入っている土でさえも口に入れてしまいます。

 

また、その辺に落ちているもの以外でも、衣類のボタンのように引っ張れば取れるようなものを引きちぎり、口に入れてしまうのです。

 

怖いのは、紙おむつをちぎって食べたり、自分のおむつの中の便まで食べてしまうこともあるということです。

 

また、味覚も鈍麻してきて、本来なら口に入ったら吐き出すような物でも、そのまま飲み込んでしまいます。

 

幸い、口に入れても問題のないものであれば、とりあえずの対処としては問題ないでしょう。

 

しかし、危険性のある物は即刻医者に掛かり、できるだけ詳しい情報を伝えて対応をしなければなりません。

 

認知症の方にとって、家の中は危険なものがいっぱいあります。

 

ビニール等を口に入れた場合、喉に詰まらせて窒息する危険性があります。

 

洗剤や漂白剤、タバコや電池等を飲み込んでしまっては、命の危険にも繋がります。

 

認知症による異食行為には、厳重な注意が必要な場合もあるのです。

認知症の異食行為の内容はいろいろ

一言で異食とは言っても、認知症の方の認識度によって、内容は異なって来ます。

 

たとえば、視力の低下によって物がハッキリと認識できず口に入れてしまった場合、脳は正常ですので、食べ物でないことが分かれば吐き出すでしょう。

 

また、食事時間の前に空腹になってしまい、手が届く物を反射的に口に入れる場合もありますので、その場合もそれほど心配しなくても大丈夫でしょう。

 

しかし、認知症の異食で危険なのは、脳内に問題がある場合です。

 

脳が「機能低下」を起こすことで味覚異常になったり、異物であることが認識できないことで食べ物じゃないものを食べてしまうという行為が危険なのです。

 

あるいは、脳の「満腹中枢」に障害が起きた場合は、空腹であるなしに関わらず異食行為に走ることがあります。

 

そして、認知症の方も、普通の方と同じく食べると安心するという側面を持っています。

 

そのため、コミュニケーションが不足している認知症の方が、不安感を紛らわすために、その辺にあるものを食べる異食行為に走ることもあります。

認知症の異食行為に対する対策は?

認知症の異食行為に対する対策は、どのように考えれば良いのでしょうか?

 

認知症になっても、おいしい物を食べることは楽しいものです。

 

しかし、実は、そんな楽しいはずの「食べること」が、危険と隣り合わせであることも、認知症の方にとっては事実なのです。

 

認知症の異食の対策としては、乳幼児へのそれと同じように考えると良いでしょう。

 

つまり、「口に入れてはいけないものは、手の届かないところへ置く」というのが一番の対処法です。

 

ただ、もし異物を食べてしまった場合にも、物によって対応が違うことを知っておく必要があります。

 

たとえば、以下のような例が挙げられます。

 

  • タバコなら、水は飲ませず吐かせる
  • 電池なら、吐かせない
  • 洗剤なら、吐かせずに水を飲ませる

 

などなど・・・このように異物の種類によって、その対処法はまちまちだからです。

 

また、認知症になった患者で「盗食」という行動が現れる人がいます。

 

盗食は、他人の食べ物を食べてしまうことです。

 

これは、認知症の患者の間で、結構もめることが多い行動パターンです。

 

盗食のタイプとしては、他人の物とわからずに食べている場合もあれば、わかっていてもどうしても食べたくなってしまったという場合など、理由には違いがあります。

 

しかし、盗食には「食事の間、注意を払う」くらいのことしかできず、これといった解決策がないのも現状です。

 

ただ、異食にも盗食にも、過去の記憶やストレス、空腹感など原因はあるはずです。

 

ですから、専門家と連携しながら、異食や盗食の原因を探していくことが大切です。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連記事とスポンサーリンク

関連ページ

転倒の危険性
認知症になった方が転倒するというのは非常に良くあることです。ここでは認知症と転倒の危険性について書いて行きます。
入浴拒否
認知症の症状の現れ方の一つに入浴拒否ということが挙げられます。ここでは認知症による入浴拒否への対応ついて書いて行きます。
凶暴化する
認知症の症状の現れ方の一つ凶暴になるということが挙げられます。ここでは認知症の方の凶暴化に対しての対処や接し方について書いて行きます。
易怒性
認知症の易怒性をご存知の方はあまり多くはないかも知れません。ここでは認知症の易怒性に対しての対処や接し方について書いて行きます。
繰り返し行動
認知症の症状の現れ方の一つとして、繰り返し行動というのが挙げられます。ここでは認知症による繰り返し行動の対処や接し方について書いて行きます。
物を壊す
認知症の患者が物を壊すという問題行動を起こすことがあります。ここでは、認知症によって物を壊す原因や対処法などについてご説明します。
同じ話
認知症の方が同じ話を繰り返すというケースはよくあります。ここでは認知症で同じ話を繰り返しされるケースについてご説明します。
作り話(作話)
認知症の症状の現れ方の一つとして作り話(作話)というのが挙げられます。ここでは認知症による作り話(作話)の対処や接し方について書いて行きます。
運転免許
認知症になった場合の車の運転免許について困るケースも多いと思います。ここでは認知症の方の運転免許についての対処や接し方について書いて行きます。
意欲低下
認知症になった時の症状として、意欲低下というのが挙げられます。ここでは意欲低下が起きた認知症の方への対処や接し方について書いて行きます。
思い込み
認知症の症状として、思い込みが強くなるということが挙げられます。ここでは認知症による思い込みについての対処や接し方について書いて行きます。
無気力(アパシー)
認知症によって無気力(アパシー)という状態になる方がいらっしゃいます。ここでは認知症による無気力(アパシー)についてご説明します。
帰宅願望
認知症の症状として「帰宅願望」ということが挙げられます。ここでは認知症による「帰宅願望」についての対処や接し方について書いて行きます。
薬を飲まない
認知症の薬を飲まないことについて問題を抱えるケースがあります。ここでは認知症の薬を飲まない患者の原因や対処法についてご説明します。
お金の執着
認知症の症状としてお金の執着心が強くなるということがあります。ここでは認知症とお金の執着について書いて行きます。
金銭管理
認知症の患者の金銭管理について頭を悩ませる身内の方は多いことでしょう。ここでは認知症患者の金銭管理についてご説明します。
大声で叫ぶ
認知症の症状として昼夜を問わず叫ぶということが挙げられます。夜中に寝言で叫ぶ方も多いです。ここでは認知症の方が叫ぶことへの対処法についてご説明します。
奇声
認知症の症状として奇声をあげるというものがあります。ここでは認知症の方が奇声をあげることについてご説明します。
空腹の訴え
認知症の症状として、食べたか食べてないにかかわらず「空腹を訴える」ということが挙げられます。ここでは認知症の空腹の訴えと、その対処法についてご説明します。
尿失禁する
認知症の症状として尿失禁が挙げられます。ここでは認知症による尿失禁の原因について、またその対処法についてご説明します。
弄便(ろうべん)行為
認知症の症状として弄便(ろうべん)が挙げられます。ここでは認知症による弄便の原因について、またその対処法についてご説明します。
妄想
認知症の症状としていろいろなタイプの「妄想」が挙げられます。ここでは認知症による妄想の原因や対処法についてご説明します。
被害妄想
認知症で被害妄想という症状になるケースがあります。ここでは認知症による被害妄想の原因や対処法についてご説明します。
記憶障害
認知症の困った症状の一つとして「記憶障害」が挙げられます。ここでは認知症の様々な記憶障害についてご説明します。
睡眠障害
認知症の困った症状の一つとして「睡眠障害」が挙げられます。ここでは認知症の様々な睡眠障害についてご説明します。
寝言
認知症の困った症状の一つとして「寝言」が挙げられます。ここでは認知症の方の寝言の症状や、その対処についてご説明します。
病院に連れて行くには
認知症が疑われる人を病院に連れて行くには、どうすれば良いのでしょうか?ここでは認知症の方を病院に連れて行くには、どうすれば良いのか、その具体的な方法をご説明します。
万引き
認知症の人が万引きをするというケースが近年急増しています。ここでは認知症と万引きの関係についてご説明します。
空間認識の影響
認知症による空間認識の影響によって日常生活に支障をきたすケースがあります。ここでは認知症と空間認識の影響についてご説明します。
テレビ
高齢者の方がテレビを見ている時に、認知症が疑われる行動にでることがよくあります。ここでは認知症とテレビの関係についてご説明します。
偏食との関係性
認知症になる方には、偏食の傾向があると言われています。ここでは認知症と偏食の関係についてご説明します。
味覚の変化
認知症になった方は、味覚が劣化することで生きる楽しみを奪われてしまうこともあります。ここでは認知症の味覚の関係についてご説明します。
脱水
認知症の患者が脱水症状を起こすとどうなってしまうのでしょうか?ここでは認知症と脱水の関係性についてご説明します。
口に溜め込む
認知症で物を口に溜め込むというケースがあります。ここでは認知症によって物を口に溜め込む場合の原因や対処法についてご説明します。
食べない
認知症で物を食べないというケースがあります。ここでは認知症で食べない場合の原因や対処法についてご説明します。
嚥下障害
認知症の患者が嚥下障害(えんげしょうがい)を起こすことはよくあるケースです。ここでは認知症の方が嚥下障害を起こした場合の原因や対処についてご説明します。
キレる
認知症でキレるという状態になるケースがあります。ここでは認知症の患者がキレる状態になる場合の原因や対処法についてご説明します。
常同行動
認知症の困った症状の一つとし常同行動が挙げられます。ここでは認知症による常同行動についてご説明します。
せん妄
認知症とせん妄はよく間違えられることが多いと言えます。ここでは認知症とせん妄の関係性についてご説明します。
日内変動
認知症の日内変動という症状が起きるケースがありますがご存知でしょうか?ここでは認知症の日内変動についてご説明します。
ピック病
認知症とピック病という言葉をご存知でしょうか?ここでは認知症とピック病の関係性についてご説明します。
てんかん
認知症によって、てんかんが起きることがあると言われていますがご存知ですか?ここでは認知症によるてんかんについてご説明します。
統合失調症との違い
認知症と統合失調症の違いとは一体どのようなことでしょうか?ここでは認知症と統合失調症の違いについてご説明します。
平衡感覚
認知症によって平衡感覚が失われるというのは聞いたことがあると思います。ここでは認知症と平衡感覚の関係性についてご説明します。
嗅覚異常
認知症によって嗅覚異常が起きるという話がありますがどうなのでしょうか?ここでは認知症と嗅覚異常の関係性についてご説明します。
難聴
認知症と難聴には密接な関係性があると言われますがどういうことでしょうか?ここでは認知症と難聴の関係性についてご説明します。
徘徊
認知症の困った症状の一つとし徘徊が挙げられます。ここでは認知症による徘徊についてご説明します。
寝たきり
認知症で寝たきりになってしまうケースはよくあります。ここでは認知症によって寝たきりになることついてご説明します。
昼夜逆転
認知症の患者が昼夜逆転してしまうケースがあります。ここでは認知症と昼夜逆転の関係性についてご説明します。
歩行障害
認知症の困った症状の一つとして歩行障害が挙げられます。ここでは認知症による歩行障害についてご説明します。
服装
認知症の方の服装についてはどのように考えることが適切でしょうか?ここでは認知症の方の服装についてご説明していきます。
ずっとしゃべる
認知症の患者がずっとしゃべるというケースがあります。ここでは認知症でずっとしゃべる場合の原因や対処法についてご説明します。
物を集める
認知症の患者がいらない物を集めるというケースがあります。ここでは認知症で物を集める場合の原因や対処法についてご説明します。
迷子
認知症で迷子になりやすくなるというケースがあります。ここでは認知症で迷子になる場合の原因や対処法についてご説明します。
一人暮らし
認知症の方の一人暮らしの多さにはいつも驚かされます。ここでは認知症の方の一人暮らしの現状や対処についてご説明します。
認知症と痴呆症
認知症と痴呆症のちがいについてご存知ない方は結構多いようです。ここでは、そんな認知症と痴呆症の違いについてご説明します。
注意障害
認知症の症状の一つとして注意障害があります。ここでは認知症による注意障害についてご説明します。
見当識障害
認知症の症状の一つとして見当識障害があります。ここでは認知症による見当識障害についてご説明します。