認知症と転倒の危険性

スポンサードリンク

認知症と転倒の危険性について

認知症の転倒

 

認知症と転倒の危険性について触れてみます。

 

認知症の介護にあたっては、最も注意しなければならないと言っても過言ではないのが「転倒」や、それに伴う骨折などの怪我です。

 

ふだん私たちは、特に意識もせず歩いていますが、認知症の方にとって「歩行」は、常に危険と隣合わせのことなのです。

 

もちろん、段差や障害物につまづいて転倒するのは、ふつうの方でもあることですし、良くわかります。

 

ところが、認知症の方はバランスがうまくとれないため、何もない場所で転倒するというのもよくあることなのです。

 

大きな理由は、平衡感覚がおかしくなることでバランスを崩して転倒したり、人によっては認知症の薬の副作用が起き、ふらついたりするためです。。

 

そして、一口に認知症の方の転倒と言っても、前にバッタリ倒れたり、膝から崩れ落ちたり、尻餅をつくなど、いろいろな体勢で転倒します。

 

また、転倒の際、ご本人は受身を取ることが難しく、介助者も転倒する人を支えきるのはかなり難しいものです。

 

認知症患者がバランスを崩した瞬間、介護者が一緒に倒れ込むなりして、身を挺してかばうしかできないことも現実なのです。

 

そして、最悪なのが、転倒による「骨折」等をキッカケとして寝たきりになり、寿命を縮めてしまうことです。

 

それほど、認知症の方にとっての転倒は、一大事と言えるのです。

認知症でよくある転倒のパターン

認知症の方が転倒する時に、よくやってしまうパターンについていくつかご紹介しておきます。

 

認知症の方の転倒パターンを事前に知っておくことで、いざという時の対処を行っていただければと思います。

 

振り向きざまに転倒する

 

認知症の方は、振り向きざまに転ぶことがよくあります。

 

「○○さん!」というように、いきなり後ろか呼びかけられたりすると、とっさの動きにバランスを崩してしまうわけですね。

 

そんなことがないように、認知症の方に話しかける時は、目の前まで行って、そこから声掛けをするようにしてください。

 

やむを得ず、後ろから話しかける時はあるかも知れませんが、会話の流れがない中で、いきなり呼ばれるとビックリしますので、その点は注意してください。

 

履物を履くときに転倒する

 

靴などの履物を履くとき、認知症の方はバランスを崩して転倒しやすいです。

 

特に、一般の方が履くような靴は、認知症の方にとっては履きづらい場合が多いですので、出来る限り「履きやすい靴」を選ぶことが大切です。

 

最近は、介護用のファスナーが付いたタイプの靴が豊富に売られていますので、そういう靴を利用するのも良いでしょう。

 

また、その他の介護用の靴で言えば、自分でかかとをギュッと押し込まなくても、足を入れたら勝手にかかとが起き上がるというタイプもあります。

 

もちろん、認知症の方が履物を履くときには、介護者が付き添ってあげることは重要です。

 

夜中にベッドから起きようとして転倒する

 

介護者の方も、認知症の方が夜中のトイレなどでにベッドから起き上がる時には、なかなか付き添いが難しいことがあります。

 

基本的に夜中は明かりが少なく、もうろうとすることも多いので認知症の方が転倒するリスクは高いと言えます。

 

また、睡眠薬などを飲んで寝ている場合は、薬の作用もあって頭がボ~っとしていることもあるので、さらに転倒リスクが高まります。

 

その場合、ベッドの部屋をトイレに近い場所にしたり、足元の明かりを用意するなどの工夫をすると良いでしょう。

 

また、あらかじめ立ち上がる時にバランスを崩すことを想定して、掴まれるものを用意しておくことも有効な手段と言えるでしょう。

認知症の転倒予防対策について

認知症の方の転倒予防としては、杖を使う、歩行器を使う、シルバーカートを使うなどの福祉用具の利用が浮かびます。

 

しかし、その前にもできることがあります。

 

  • 床に障害物を置かない
  • スリッパやサンダルは履かせない
  • 裾を踏むおそれのあるものは履かせない
  • 後ろから急に声を掛けない
  • 急な方向転換をさせない

 

などなど・・・これらは今すぐにできることばかりです。

 

ですが、テーブルや椅子の「背もたれ」などに掴まろうとして前のめりになったり、掴んだ物が動いたりすれば、そこでの転倒リスクも大きくなるのです。

 

それらを踏まえた上での対策としては、まず「転倒しない生活環境を作る」ということです。

 

そして、「ここをこうしたら安全、こうしたら危険」ということを、繰り返し教えていくことが非常に重要であると現場では感じています。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連記事とスポンサーリンク

関連ページ

入浴拒否
認知症の症状の現れ方の一つに入浴拒否ということが挙げられます。ここでは認知症による入浴拒否への対応ついて書いて行きます。
異食行為
認知症の症状の現れ方の一つに異食という行為が挙げられます。ここでは認知症の方の異食に対しての対処や接し方について書いて行きます。
凶暴化する
認知症の症状の現れ方の一つ凶暴になるということが挙げられます。ここでは認知症の方の凶暴化に対しての対処や接し方について書いて行きます。
易怒性
認知症の易怒性をご存知の方はあまり多くはないかも知れません。ここでは認知症の易怒性に対しての対処や接し方について書いて行きます。
繰り返し行動
認知症の症状の現れ方の一つとして、繰り返し行動というのが挙げられます。ここでは認知症による繰り返し行動の対処や接し方について書いて行きます。
物を壊す
認知症の患者が物を壊すという問題行動を起こすことがあります。ここでは、認知症によって物を壊す原因や対処法などについてご説明します。
同じ話
認知症の方が同じ話を繰り返すというケースはよくあります。ここでは認知症で同じ話を繰り返しされるケースについてご説明します。
作り話(作話)
認知症の症状の現れ方の一つとして作り話(作話)というのが挙げられます。ここでは認知症による作り話(作話)の対処や接し方について書いて行きます。
運転免許
認知症になった場合の車の運転免許について困るケースも多いと思います。ここでは認知症の方の運転免許についての対処や接し方について書いて行きます。
意欲低下
認知症になった時の症状として、意欲低下というのが挙げられます。ここでは意欲低下が起きた認知症の方への対処や接し方について書いて行きます。
思い込み
認知症の症状として、思い込みが強くなるということが挙げられます。ここでは認知症による思い込みについての対処や接し方について書いて行きます。
無気力(アパシー)
認知症によって無気力(アパシー)という状態になる方がいらっしゃいます。ここでは認知症による無気力(アパシー)についてご説明します。
帰宅願望
認知症の症状として「帰宅願望」ということが挙げられます。ここでは認知症による「帰宅願望」についての対処や接し方について書いて行きます。
薬を飲まない
認知症の薬を飲まないことについて問題を抱えるケースがあります。ここでは認知症の薬を飲まない患者の原因や対処法についてご説明します。
お金の執着
認知症の症状としてお金の執着心が強くなるということがあります。ここでは認知症とお金の執着について書いて行きます。
金銭管理
認知症の患者の金銭管理について頭を悩ませる身内の方は多いことでしょう。ここでは認知症患者の金銭管理についてご説明します。
大声で叫ぶ
認知症の症状として昼夜を問わず叫ぶということが挙げられます。夜中に寝言で叫ぶ方も多いです。ここでは認知症の方が叫ぶことへの対処法についてご説明します。
奇声
認知症の症状として奇声をあげるというものがあります。ここでは認知症の方が奇声をあげることについてご説明します。
空腹の訴え
認知症の症状として、食べたか食べてないにかかわらず「空腹を訴える」ということが挙げられます。ここでは認知症の空腹の訴えと、その対処法についてご説明します。
尿失禁する
認知症の症状として尿失禁が挙げられます。ここでは認知症による尿失禁の原因について、またその対処法についてご説明します。
弄便(ろうべん)行為
認知症の症状として弄便(ろうべん)が挙げられます。ここでは認知症による弄便の原因について、またその対処法についてご説明します。
妄想
認知症の症状としていろいろなタイプの「妄想」が挙げられます。ここでは認知症による妄想の原因や対処法についてご説明します。
被害妄想
認知症で被害妄想という症状になるケースがあります。ここでは認知症による被害妄想の原因や対処法についてご説明します。
記憶障害
認知症の困った症状の一つとして「記憶障害」が挙げられます。ここでは認知症の様々な記憶障害についてご説明します。
睡眠障害
認知症の困った症状の一つとして「睡眠障害」が挙げられます。ここでは認知症の様々な睡眠障害についてご説明します。
寝言
認知症の困った症状の一つとして「寝言」が挙げられます。ここでは認知症の方の寝言の症状や、その対処についてご説明します。
病院に連れて行くには
認知症が疑われる人を病院に連れて行くには、どうすれば良いのでしょうか?ここでは認知症の方を病院に連れて行くには、どうすれば良いのか、その具体的な方法をご説明します。
万引き
認知症の人が万引きをするというケースが近年急増しています。ここでは認知症と万引きの関係についてご説明します。
空間認識の影響
認知症による空間認識の影響によって日常生活に支障をきたすケースがあります。ここでは認知症と空間認識の影響についてご説明します。
テレビ
高齢者の方がテレビを見ている時に、認知症が疑われる行動にでることがよくあります。ここでは認知症とテレビの関係についてご説明します。
偏食との関係性
認知症になる方には、偏食の傾向があると言われています。ここでは認知症と偏食の関係についてご説明します。
味覚の変化
認知症になった方は、味覚が劣化することで生きる楽しみを奪われてしまうこともあります。ここでは認知症の味覚の関係についてご説明します。
脱水
認知症の患者が脱水症状を起こすとどうなってしまうのでしょうか?ここでは認知症と脱水の関係性についてご説明します。
口に溜め込む
認知症で物を口に溜め込むというケースがあります。ここでは認知症によって物を口に溜め込む場合の原因や対処法についてご説明します。
食べない
認知症で物を食べないというケースがあります。ここでは認知症で食べない場合の原因や対処法についてご説明します。
嚥下障害
認知症の患者が嚥下障害(えんげしょうがい)を起こすことはよくあるケースです。ここでは認知症の方が嚥下障害を起こした場合の原因や対処についてご説明します。
キレる
認知症でキレるという状態になるケースがあります。ここでは認知症の患者がキレる状態になる場合の原因や対処法についてご説明します。
常同行動
認知症の困った症状の一つとし常同行動が挙げられます。ここでは認知症による常同行動についてご説明します。
せん妄
認知症とせん妄はよく間違えられることが多いと言えます。ここでは認知症とせん妄の関係性についてご説明します。
日内変動
認知症の日内変動という症状が起きるケースがありますがご存知でしょうか?ここでは認知症の日内変動についてご説明します。
ピック病
認知症とピック病という言葉をご存知でしょうか?ここでは認知症とピック病の関係性についてご説明します。
てんかん
認知症によって、てんかんが起きることがあると言われていますがご存知ですか?ここでは認知症によるてんかんについてご説明します。
統合失調症との違い
認知症と統合失調症の違いとは一体どのようなことでしょうか?ここでは認知症と統合失調症の違いについてご説明します。
平衡感覚
認知症によって平衡感覚が失われるというのは聞いたことがあると思います。ここでは認知症と平衡感覚の関係性についてご説明します。
嗅覚異常
認知症によって嗅覚異常が起きるという話がありますがどうなのでしょうか?ここでは認知症と嗅覚異常の関係性についてご説明します。
難聴
認知症と難聴には密接な関係性があると言われますがどういうことでしょうか?ここでは認知症と難聴の関係性についてご説明します。
徘徊
認知症の困った症状の一つとし徘徊が挙げられます。ここでは認知症による徘徊についてご説明します。
寝たきり
認知症で寝たきりになってしまうケースはよくあります。ここでは認知症によって寝たきりになることついてご説明します。
昼夜逆転
認知症の患者が昼夜逆転してしまうケースがあります。ここでは認知症と昼夜逆転の関係性についてご説明します。
歩行障害
認知症の困った症状の一つとして歩行障害が挙げられます。ここでは認知症による歩行障害についてご説明します。
服装
認知症の方の服装についてはどのように考えることが適切でしょうか?ここでは認知症の方の服装についてご説明していきます。
ずっとしゃべる
認知症の患者がずっとしゃべるというケースがあります。ここでは認知症でずっとしゃべる場合の原因や対処法についてご説明します。
物を集める
認知症の患者がいらない物を集めるというケースがあります。ここでは認知症で物を集める場合の原因や対処法についてご説明します。
迷子
認知症で迷子になりやすくなるというケースがあります。ここでは認知症で迷子になる場合の原因や対処法についてご説明します。
一人暮らし
認知症の方の一人暮らしの多さにはいつも驚かされます。ここでは認知症の方の一人暮らしの現状や対処についてご説明します。
認知症と痴呆症
認知症と痴呆症のちがいについてご存知ない方は結構多いようです。ここでは、そんな認知症と痴呆症の違いについてご説明します。
注意障害
認知症の症状の一つとして注意障害があります。ここでは認知症による注意障害についてご説明します。
見当識障害
認知症の症状の一つとして見当識障害があります。ここでは認知症による見当識障害についてご説明します。