認知症とてんかん

スポンサードリンク

認知症とてんかんについて

認知症とてんかんが同時に起きるという話を聞いたことはありますか?

 

認知症で物忘れが酷くなることは分かるが、てんかんが起きるとはどういうことだろうか?と疑問を持たれる方も多いと思います。

 

ちなみに、てんかんのご説明をしますと、脳に異常な痙攣(けいれん)が起こることで、突然意識を失ったり、痙攣を起こしたりする病気のことです。

 

認知症の種類にアルツハイマー型認知症というものがありますが、その場合「てんかん」が起きやすくなると言われています。

 

ここでは、そんな認知症とてんかんにどのような関係性があるのかをご説明します。

認知症の「てんかん」はアルツハイマー型と言われる理由

認知症による「てんかん」がアルツハイマー型が原因と言われるのには理由があります。

 

アルツハイマー型認知症が進行すると脳内の「海馬」という、情報等を保存する部分が崩れていきます。

 

海馬はてんかんが1番起こりやすい部分と言われており、海馬から起こるてんかん発作を複雑部分発作といいます。

 

その場合、意識が一瞬失われるという症状がでてきます。

 

しかし、高齢者になると「茫然とする」「不注意」「無反応」「健忘」「おかしな行動」「攻撃的になる」という症状が現れます。

 

そのため認知症と診断されてしまう事があり、発作を起こす度に脆くなっている海馬を更に壊す事になり、記憶障害が悪化してしまいます。

 

高齢者のてんかんは突然「どこにいるのだろう」「今は何時?」と現実感が喪失したりします。

 

また、数時間~丸1日の記憶が失われるのに対して、認知症とは脳全体の機能が低下し物事の判断がつかなくなります。

 

重度の認知症の方で例えを出すと、普通の方は排泄する際に、トイレへ入ると排泄の為に「ズボンを下ろす」「便座に座る」「排泄する」「陰部を拭く」「ズボンを上げる」「水を流す」と無意識下でもトイレを使う事が出来ます。

 

しかし、認知症の方となると「排泄したい」「トイレへ入る」、「どうしてここにいるのだろう」と「何を」「どのように」「何の為に」と判断や方針を決める事が出来なくなってきます。

 

また、認知症の方のてんかん発症率は一般の方と比べると5~10倍といわれています。

 

平均6年で発症し、認知症の方の約10%~20%が発症していると報告されております。

 

その中でも、複雑部分発作は約70%であり、上記で記載した程、認知症状が重度でない場合、高齢者てんかんと認知症の区別が難しいとされています。

認知症によるてんかんが発症したら?

認知症によるてんかんが発症したら、どういう対処をすれば良いのでしょうか?

 

高齢者のてんかんには、抗てんかん薬での治療が有効で、効果は直ぐには出ないものの効果は良好で発作が抑えられ再発も防ぐ事が出来ます。

 

それでも激しく発作を起こしたり、長時間の発作の場合は、早急に病院治療する必要があります。

 

また、抗てんかん薬での治療ですが、副作用が小さい事でも知られていますが、高齢者の場合は副作用が大きく出る場合があります。

 

眠気、ふらつきにより、転倒するリスクもありますが、初期段階では多量の処方はされません。

 

ですので、医師の指示の元、少しづつ量を増やし、経過を見てください。

 

更に、てんかんによる痙攣発作、意識喪失した場合には慌てないことが大切です。

 

転倒し怪我をしないよう、ソファや椅子に座らせたり、食事後だと横向きの体制(顔も)にすると嘔吐物による窒息も防げます。

 

発作が起こっても動き続ける場合もありますので、事故には注意する必要があります。

 

てんかんの検査は脳波検査、MRI、画像診断で行われます。

 

介護者の出来ることとしては、診察の際に医師が参考にしやすいように、「いつ」「どれくらい」痙攣、意識が無かったか、等も伝えると診断しやすくなると覚えておきましょう。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連記事とスポンサーリンク

関連ページ

転倒の危険性
認知症になった方が転倒するというのは非常に良くあることです。ここでは認知症と転倒の危険性について書いて行きます。
入浴拒否
認知症の症状の現れ方の一つに入浴拒否ということが挙げられます。ここでは認知症による入浴拒否への対応ついて書いて行きます。
異食行為
認知症の症状の現れ方の一つに異食という行為が挙げられます。ここでは認知症の方の異食に対しての対処や接し方について書いて行きます。
凶暴化する
認知症の症状の現れ方の一つ凶暴になるということが挙げられます。ここでは認知症の方の凶暴化に対しての対処や接し方について書いて行きます。
易怒性
認知症の易怒性をご存知の方はあまり多くはないかも知れません。ここでは認知症の易怒性に対しての対処や接し方について書いて行きます。
繰り返し行動
認知症の症状の現れ方の一つとして、繰り返し行動というのが挙げられます。ここでは認知症による繰り返し行動の対処や接し方について書いて行きます。
物を壊す
認知症の患者が物を壊すという問題行動を起こすことがあります。ここでは、認知症によって物を壊す原因や対処法などについてご説明します。
同じ話
認知症の方が同じ話を繰り返すというケースはよくあります。ここでは認知症で同じ話を繰り返しされるケースについてご説明します。
作り話(作話)
認知症の症状の現れ方の一つとして作り話(作話)というのが挙げられます。ここでは認知症による作り話(作話)の対処や接し方について書いて行きます。
運転免許
認知症になった場合の車の運転免許について困るケースも多いと思います。ここでは認知症の方の運転免許についての対処や接し方について書いて行きます。
意欲低下
認知症になった時の症状として、意欲低下というのが挙げられます。ここでは意欲低下が起きた認知症の方への対処や接し方について書いて行きます。
思い込み
認知症の症状として、思い込みが強くなるということが挙げられます。ここでは認知症による思い込みについての対処や接し方について書いて行きます。
無気力(アパシー)
認知症によって無気力(アパシー)という状態になる方がいらっしゃいます。ここでは認知症による無気力(アパシー)についてご説明します。
帰宅願望
認知症の症状として「帰宅願望」ということが挙げられます。ここでは認知症による「帰宅願望」についての対処や接し方について書いて行きます。
薬を飲まない
認知症の薬を飲まないことについて問題を抱えるケースがあります。ここでは認知症の薬を飲まない患者の原因や対処法についてご説明します。
お金の執着
認知症の症状としてお金の執着心が強くなるということがあります。ここでは認知症とお金の執着について書いて行きます。
金銭管理
認知症の患者の金銭管理について頭を悩ませる身内の方は多いことでしょう。ここでは認知症患者の金銭管理についてご説明します。
大声で叫ぶ
認知症の症状として昼夜を問わず叫ぶということが挙げられます。夜中に寝言で叫ぶ方も多いです。ここでは認知症の方が叫ぶことへの対処法についてご説明します。
奇声
認知症の症状として奇声をあげるというものがあります。ここでは認知症の方が奇声をあげることについてご説明します。
空腹の訴え
認知症の症状として、食べたか食べてないにかかわらず「空腹を訴える」ということが挙げられます。ここでは認知症の空腹の訴えと、その対処法についてご説明します。
尿失禁する
認知症の症状として尿失禁が挙げられます。ここでは認知症による尿失禁の原因について、またその対処法についてご説明します。
弄便(ろうべん)行為
認知症の症状として弄便(ろうべん)が挙げられます。ここでは認知症による弄便の原因について、またその対処法についてご説明します。
妄想
認知症の症状としていろいろなタイプの「妄想」が挙げられます。ここでは認知症による妄想の原因や対処法についてご説明します。
被害妄想
認知症で被害妄想という症状になるケースがあります。ここでは認知症による被害妄想の原因や対処法についてご説明します。
記憶障害
認知症の困った症状の一つとして「記憶障害」が挙げられます。ここでは認知症の様々な記憶障害についてご説明します。
睡眠障害
認知症の困った症状の一つとして「睡眠障害」が挙げられます。ここでは認知症の様々な睡眠障害についてご説明します。
寝言
認知症の困った症状の一つとして「寝言」が挙げられます。ここでは認知症の方の寝言の症状や、その対処についてご説明します。
病院に連れて行くには
認知症が疑われる人を病院に連れて行くには、どうすれば良いのでしょうか?ここでは認知症の方を病院に連れて行くには、どうすれば良いのか、その具体的な方法をご説明します。
万引き
認知症の人が万引きをするというケースが近年急増しています。ここでは認知症と万引きの関係についてご説明します。
空間認識の影響
認知症による空間認識の影響によって日常生活に支障をきたすケースがあります。ここでは認知症と空間認識の影響についてご説明します。
テレビ
高齢者の方がテレビを見ている時に、認知症が疑われる行動にでることがよくあります。ここでは認知症とテレビの関係についてご説明します。
偏食との関係性
認知症になる方には、偏食の傾向があると言われています。ここでは認知症と偏食の関係についてご説明します。
味覚の変化
認知症になった方は、味覚が劣化することで生きる楽しみを奪われてしまうこともあります。ここでは認知症の味覚の関係についてご説明します。
脱水
認知症の患者が脱水症状を起こすとどうなってしまうのでしょうか?ここでは認知症と脱水の関係性についてご説明します。
口に溜め込む
認知症で物を口に溜め込むというケースがあります。ここでは認知症によって物を口に溜め込む場合の原因や対処法についてご説明します。
食べない
認知症で物を食べないというケースがあります。ここでは認知症で食べない場合の原因や対処法についてご説明します。
嚥下障害
認知症の患者が嚥下障害(えんげしょうがい)を起こすことはよくあるケースです。ここでは認知症の方が嚥下障害を起こした場合の原因や対処についてご説明します。
キレる
認知症でキレるという状態になるケースがあります。ここでは認知症の患者がキレる状態になる場合の原因や対処法についてご説明します。
常同行動
認知症の困った症状の一つとし常同行動が挙げられます。ここでは認知症による常同行動についてご説明します。
せん妄
認知症とせん妄はよく間違えられることが多いと言えます。ここでは認知症とせん妄の関係性についてご説明します。
日内変動
認知症の日内変動という症状が起きるケースがありますがご存知でしょうか?ここでは認知症の日内変動についてご説明します。
ピック病
認知症とピック病という言葉をご存知でしょうか?ここでは認知症とピック病の関係性についてご説明します。
統合失調症との違い
認知症と統合失調症の違いとは一体どのようなことでしょうか?ここでは認知症と統合失調症の違いについてご説明します。
平衡感覚
認知症によって平衡感覚が失われるというのは聞いたことがあると思います。ここでは認知症と平衡感覚の関係性についてご説明します。
嗅覚異常
認知症によって嗅覚異常が起きるという話がありますがどうなのでしょうか?ここでは認知症と嗅覚異常の関係性についてご説明します。
難聴
認知症と難聴には密接な関係性があると言われますがどういうことでしょうか?ここでは認知症と難聴の関係性についてご説明します。
徘徊
認知症の困った症状の一つとし徘徊が挙げられます。ここでは認知症による徘徊についてご説明します。
寝たきり
認知症で寝たきりになってしまうケースはよくあります。ここでは認知症によって寝たきりになることついてご説明します。
昼夜逆転
認知症の患者が昼夜逆転してしまうケースがあります。ここでは認知症と昼夜逆転の関係性についてご説明します。
歩行障害
認知症の困った症状の一つとして歩行障害が挙げられます。ここでは認知症による歩行障害についてご説明します。
服装
認知症の方の服装についてはどのように考えることが適切でしょうか?ここでは認知症の方の服装についてご説明していきます。
ずっとしゃべる
認知症の患者がずっとしゃべるというケースがあります。ここでは認知症でずっとしゃべる場合の原因や対処法についてご説明します。
物を集める
認知症の患者がいらない物を集めるというケースがあります。ここでは認知症で物を集める場合の原因や対処法についてご説明します。
迷子
認知症で迷子になりやすくなるというケースがあります。ここでは認知症で迷子になる場合の原因や対処法についてご説明します。
一人暮らし
認知症の方の一人暮らしの多さにはいつも驚かされます。ここでは認知症の方の一人暮らしの現状や対処についてご説明します。
認知症と痴呆症
認知症と痴呆症のちがいについてご存知ない方は結構多いようです。ここでは、そんな認知症と痴呆症の違いについてご説明します。
注意障害
認知症の症状の一つとして注意障害があります。ここでは認知症による注意障害についてご説明します。
見当識障害
認知症の症状の一つとして見当識障害があります。ここでは認知症による見当識障害についてご説明します。