認知症の妄想とは?

スポンサードリンク

認知症の妄想について

認知症の妄想

 

認知症症状の種類のひとつに、「妄想」があります。

 

そして、この妄想の中の「約8割」に及ぶのが「物盗られ妄想」と呼ばれるものです。

 

物盗られ妄想は、認知症の方が自分の現金、通帳、貴重品の類を「誰かに盗られた!」と訴えるものです。

 

その「誰か」というのが、ご家族や介護ヘルパーなどであることが大半なので、対応に苦慮することが多いのです。

 

次に多いのは、「嫉妬妄想」という、配偶者が浮気をしているという妄想です。

 

夫や妻の外出が多かったり、冷たく接したというだけで浮気を疑い始め、やがて強く思い込むのです。

 

ちなみに、私の母は、すでに亡くなっている父の浮気相手が来た!と嫉妬妄想をいだいておりました。

 

本当に、妄想中の妄想という感じでしたね。

 

ここでは、そんな認知症による妄想についてご説明します。

認知症の妄想には激しいものもある

認知症の妄想には、非常に強い「被害妄想」を抱く場合があります。

 

たとえば、ご近所の誰々さんが私の悪い噂を広めているとか、私をいつも馬鹿にしているなどと言い始めたら、被害妄想を疑ったほうが良いかも知れません。

 

これらの妄想の厄介な点は、ふつうの「思い込み」というレベルのものではないということです。

 

ご本人には確信のある(・・・と信じている)ことなので、いくら理論的に説得しようとしても取り合わないという特徴があるのです。

 

そして、少しタイプの違う妄想に「妄想性人物誤認症(もうそうせいじんぶつごにんしょう」と言うものがあります。

 

妄想人物誤認症には、いろいろな症状があります。

 

  • 身近な人達がそっくりの別人とすり替わったと信じ込む…「カプグラ症候群」
  • 自宅に知らない人(たち)が住んでいると訴える…「幻の同居人」
  • 鏡に写った自分を理解できずに他人として接する…「鏡徴候」
  • テレビの世界を現実と思って行動してしまう…「TV徴候」

 

などなど・・・認知症の方に対して「あれ?」と思った時には、妄想人物誤認症を疑った方が良いかも知れません。

認知症の妄想への対処と薬物治療

認知症の方の「妄想」に対しての対処をご説明しましょう。

 

妄想に対しては、まず、「それは妄想だよ!」などと、否定や説得をせずに、じっくりと耳を傾けることが大切です。

 

つまり、ご本人の理解者であり協力者であることを示すのです

 

そもそも、妄想の心理的な根っこの部分には、ご本人の不安や孤独感、自信喪失などがあります。

 

ですから、そんな心理状態に対しての日頃の接し方が大切と言えます。

 

介護者が良き理解者となっていない場合、妄想がさらに加速していくこともあります。

 

また、妄想は、身近な人の言動の一部だけを取り上げて、悪い方向に考えを巡らせたりすることもあります。

 

こちらとしては、そんなつもりがなくても、ある言葉だけを取り上げて、誤解してしまうのです。

 

一般的な妄想の治療には、向精神薬(こうせいしんやく)の投薬があります。

 

向精神薬とは、「精神へ向かっていく薬」と書きますので、要するに「精神に働きかける薬」のことです。

 

ただ、精神に働きかけると言っても、精神や心という目に見えないものに薬が効くわけではありません。

 

認知症の症状を作り出している「脳」に作用する薬という意味になります。

 

しかし、投薬というのは、あくまでも症状を抑えるためだけの「対症療法」でしかありません。

 

できることなら、妄想の背後にあるものを介護者が察知し、それを取り去ることが最良の対処法と言えるでしょう。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連記事とスポンサーリンク

関連ページ

転倒の危険性
認知症になった方が転倒するというのは非常に良くあることです。ここでは認知症と転倒の危険性について書いて行きます。
入浴拒否
認知症の症状の現れ方の一つに入浴拒否ということが挙げられます。ここでは認知症による入浴拒否への対応ついて書いて行きます。
異食行為
認知症の症状の現れ方の一つに異食という行為が挙げられます。ここでは認知症の方の異食に対しての対処や接し方について書いて行きます。
凶暴化する
認知症の症状の現れ方の一つ凶暴になるということが挙げられます。ここでは認知症の方の凶暴化に対しての対処や接し方について書いて行きます。
易怒性
認知症の易怒性をご存知の方はあまり多くはないかも知れません。ここでは認知症の易怒性に対しての対処や接し方について書いて行きます。
繰り返し行動
認知症の症状の現れ方の一つとして、繰り返し行動というのが挙げられます。ここでは認知症による繰り返し行動の対処や接し方について書いて行きます。
物を壊す
認知症の患者が物を壊すという問題行動を起こすことがあります。ここでは、認知症によって物を壊す原因や対処法などについてご説明します。
同じ話
認知症の方が同じ話を繰り返すというケースはよくあります。ここでは認知症で同じ話を繰り返しされるケースについてご説明します。
作り話(作話)
認知症の症状の現れ方の一つとして作り話(作話)というのが挙げられます。ここでは認知症による作り話(作話)の対処や接し方について書いて行きます。
運転免許
認知症になった場合の車の運転免許について困るケースも多いと思います。ここでは認知症の方の運転免許についての対処や接し方について書いて行きます。
意欲低下
認知症になった時の症状として、意欲低下というのが挙げられます。ここでは意欲低下が起きた認知症の方への対処や接し方について書いて行きます。
思い込み
認知症の症状として、思い込みが強くなるということが挙げられます。ここでは認知症による思い込みについての対処や接し方について書いて行きます。
無気力(アパシー)
認知症によって無気力(アパシー)という状態になる方がいらっしゃいます。ここでは認知症による無気力(アパシー)についてご説明します。
帰宅願望
認知症の症状として「帰宅願望」ということが挙げられます。ここでは認知症による「帰宅願望」についての対処や接し方について書いて行きます。
薬を飲まない
認知症の薬を飲まないことについて問題を抱えるケースがあります。ここでは認知症の薬を飲まない患者の原因や対処法についてご説明します。
お金の執着
認知症の症状としてお金の執着心が強くなるということがあります。ここでは認知症とお金の執着について書いて行きます。
金銭管理
認知症の患者の金銭管理について頭を悩ませる身内の方は多いことでしょう。ここでは認知症患者の金銭管理についてご説明します。
大声で叫ぶ
認知症の症状として昼夜を問わず叫ぶということが挙げられます。夜中に寝言で叫ぶ方も多いです。ここでは認知症の方が叫ぶことへの対処法についてご説明します。
奇声
認知症の症状として奇声をあげるというものがあります。ここでは認知症の方が奇声をあげることについてご説明します。
空腹の訴え
認知症の症状として、食べたか食べてないにかかわらず「空腹を訴える」ということが挙げられます。ここでは認知症の空腹の訴えと、その対処法についてご説明します。
尿失禁する
認知症の症状として尿失禁が挙げられます。ここでは認知症による尿失禁の原因について、またその対処法についてご説明します。
弄便(ろうべん)行為
認知症の症状として弄便(ろうべん)が挙げられます。ここでは認知症による弄便の原因について、またその対処法についてご説明します。
被害妄想
認知症で被害妄想という症状になるケースがあります。ここでは認知症による被害妄想の原因や対処法についてご説明します。
記憶障害
認知症の困った症状の一つとして「記憶障害」が挙げられます。ここでは認知症の様々な記憶障害についてご説明します。
睡眠障害
認知症の困った症状の一つとして「睡眠障害」が挙げられます。ここでは認知症の様々な睡眠障害についてご説明します。
寝言
認知症の困った症状の一つとして「寝言」が挙げられます。ここでは認知症の方の寝言の症状や、その対処についてご説明します。
病院に連れて行くには
認知症が疑われる人を病院に連れて行くには、どうすれば良いのでしょうか?ここでは認知症の方を病院に連れて行くには、どうすれば良いのか、その具体的な方法をご説明します。
万引き
認知症の人が万引きをするというケースが近年急増しています。ここでは認知症と万引きの関係についてご説明します。
空間認識の影響
認知症による空間認識の影響によって日常生活に支障をきたすケースがあります。ここでは認知症と空間認識の影響についてご説明します。
テレビ
高齢者の方がテレビを見ている時に、認知症が疑われる行動にでることがよくあります。ここでは認知症とテレビの関係についてご説明します。
偏食との関係性
認知症になる方には、偏食の傾向があると言われています。ここでは認知症と偏食の関係についてご説明します。
味覚の変化
認知症になった方は、味覚が劣化することで生きる楽しみを奪われてしまうこともあります。ここでは認知症の味覚の関係についてご説明します。
脱水
認知症の患者が脱水症状を起こすとどうなってしまうのでしょうか?ここでは認知症と脱水の関係性についてご説明します。
口に溜め込む
認知症で物を口に溜め込むというケースがあります。ここでは認知症によって物を口に溜め込む場合の原因や対処法についてご説明します。
食べない
認知症で物を食べないというケースがあります。ここでは認知症で食べない場合の原因や対処法についてご説明します。
嚥下障害
認知症の患者が嚥下障害(えんげしょうがい)を起こすことはよくあるケースです。ここでは認知症の方が嚥下障害を起こした場合の原因や対処についてご説明します。
キレる
認知症でキレるという状態になるケースがあります。ここでは認知症の患者がキレる状態になる場合の原因や対処法についてご説明します。
常同行動
認知症の困った症状の一つとし常同行動が挙げられます。ここでは認知症による常同行動についてご説明します。
せん妄
認知症とせん妄はよく間違えられることが多いと言えます。ここでは認知症とせん妄の関係性についてご説明します。
日内変動
認知症の日内変動という症状が起きるケースがありますがご存知でしょうか?ここでは認知症の日内変動についてご説明します。
ピック病
認知症とピック病という言葉をご存知でしょうか?ここでは認知症とピック病の関係性についてご説明します。
てんかん
認知症によって、てんかんが起きることがあると言われていますがご存知ですか?ここでは認知症によるてんかんについてご説明します。
統合失調症との違い
認知症と統合失調症の違いとは一体どのようなことでしょうか?ここでは認知症と統合失調症の違いについてご説明します。
平衡感覚
認知症によって平衡感覚が失われるというのは聞いたことがあると思います。ここでは認知症と平衡感覚の関係性についてご説明します。
嗅覚異常
認知症によって嗅覚異常が起きるという話がありますがどうなのでしょうか?ここでは認知症と嗅覚異常の関係性についてご説明します。
難聴
認知症と難聴には密接な関係性があると言われますがどういうことでしょうか?ここでは認知症と難聴の関係性についてご説明します。
徘徊
認知症の困った症状の一つとし徘徊が挙げられます。ここでは認知症による徘徊についてご説明します。
寝たきり
認知症で寝たきりになってしまうケースはよくあります。ここでは認知症によって寝たきりになることついてご説明します。
昼夜逆転
認知症の患者が昼夜逆転してしまうケースがあります。ここでは認知症と昼夜逆転の関係性についてご説明します。
歩行障害
認知症の困った症状の一つとして歩行障害が挙げられます。ここでは認知症による歩行障害についてご説明します。
服装
認知症の方の服装についてはどのように考えることが適切でしょうか?ここでは認知症の方の服装についてご説明していきます。
ずっとしゃべる
認知症の患者がずっとしゃべるというケースがあります。ここでは認知症でずっとしゃべる場合の原因や対処法についてご説明します。
物を集める
認知症の患者がいらない物を集めるというケースがあります。ここでは認知症で物を集める場合の原因や対処法についてご説明します。
迷子
認知症で迷子になりやすくなるというケースがあります。ここでは認知症で迷子になる場合の原因や対処法についてご説明します。
一人暮らし
認知症の方の一人暮らしの多さにはいつも驚かされます。ここでは認知症の方の一人暮らしの現状や対処についてご説明します。
認知症と痴呆症
認知症と痴呆症のちがいについてご存知ない方は結構多いようです。ここでは、そんな認知症と痴呆症の違いについてご説明します。
注意障害
認知症の症状の一つとして注意障害があります。ここでは認知症による注意障害についてご説明します。
見当識障害
認知症の症状の一つとして見当識障害があります。ここでは認知症による見当識障害についてご説明します。