認知症の易怒性

スポンサードリンク

認知症の易怒性ついて

認知症の易怒性

 

認知症の易怒性(いどせい)という言葉をご存知の方は少ないかも知れません。

 

易怒性とは、一言で言えば、とくに怒りをあらわにする性質のことで、認知症の方によくみられる状態のひとつです。

 

あなたは、認知症の方が感情を爆発させやすいと感じたことはありませんか?

 

介護者の方から

 

  • 「うちの祖父は一生懸命介護をしているのに些細なことで怒りだしてしまう」
  • 「いつもいらいらしているから、気をつかう」
  • 「姑がさっきまで笑っていたのに、急に怒鳴られてびっくりした」

 

等という相談をよく耳にします。

 

怒りっぽい人や興奮している人には関わりたくない、というのが人間の本音です。

 

ましてや、一緒に暮らす家族や大切な人が認知症になり、急に不機嫌な態度をとったり、興奮したりという状態が続けば、接することが苦痛になるでしょう。

 

認知症の方は認知機能の低下による不快・不安や混乱により、急に感情を爆発させてしまいます。

 

認知症の方の易怒性は、行動・心理症状として感情と衝動制御の障がいがあり、怒りの衝動を抑えることができない状態です。

認知症の易怒性の原因は?

では、認知症の易怒性の原因は一体どのようなことなのでしょうか?

 

実は、認知症の方にささいなきっかけで怒りが生じる易怒性については、認知症そのものが原因ではありません。

 

もの忘れがある不安や失敗してしまったことを指摘されたこと、またはご本人のそのような思い込みから起こってしまうと理解してください。

 

私たちも日常生活のなかでいらいらすること、腹が立つことがありますよね。

 

認知症の方も同じです。

 

日常生活のなかでいらいらすること、腹が立つことがあれば怒ることもあるでしょう。

 

そういうこともあるよね、と考えればほんの少しでも気持ちが楽になりませんか。

 

認知症は個性です。なるべく易怒性が起こらないように対応して、あなたの大切な人の個性に寄り添ってくださいね。

認知症の易怒性がある方が穏やかに暮らすための方法は?

認知症の易怒性の例として、急に怒りだすYさんの話をします。

 

Yさんは88歳の男性で、1年前にアルツハイマー型認知症と診断されました。

 

現在は奥様とお二人で暮らしておられます。

 

先日、Yさんの奥様から「毎日のように夫が急に怒りだし大声をあげるので困っている」と相談がありました。

 

Yさんは大柄な男性なので、怒鳴られた奥様は大変困惑されたことだろうと想像できます。

 

Yさんと奥様の双方から詳しく話を伺うと、怒りの原因は奥様が浮気をしているのではないかという疑惑でした。

 

Yさんは、とくに携帯電話で話をしているときに、浮気相手と通話しているのではないかと疑っておられました。

 

「ばかにしやがって」という言葉を何度も繰り返されていました。

 

奥様の情報からは、携帯電話を使用しているときにYさんに背中を向けていることが多いと気がつきました。

 

奥様への愛情があるからこそ、疑念が生じてしまいました。

 

また、Yさんは認知機能の低下を自覚しており、浮気=ご自分への非難と捉えてしまったのではないでしょうか。

 

そこで、Yさんと奥様はルールを決めました。

 

ルールはふたつ。

 

  1. 携帯電話を使用するときは背中を向けないこと
  2. 誰と通話をしていたかYさんに伝えることでした。

 

しばらくして、Yさんの奥様から「急に怒りだすことが少なくなった」というご連絡をいただきました。

 

認知症の方が些細なきっかけで怒りだすことを易怒性(いどせい)といいます。

 

易怒性の対応は、認知症の方の不安感・焦燥感・ストレス等の心理的原因を探すことからはじめてください。

 

認知症の方の言動にヒントが隠れています。

 

認知症の方のひとりひとりが違う性格、違う生き方、違う考えを持っています。

 

何を伝えたいのか、何がしたいのかを見極めて、認知症の方と向き合うことが穏やかに暮らすための第一歩となることでしょう。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連記事とスポンサーリンク

関連ページ

転倒の危険性
認知症になった方が転倒するというのは非常に良くあることです。ここでは認知症と転倒の危険性について書いて行きます。
入浴拒否
認知症の症状の現れ方の一つに入浴拒否ということが挙げられます。ここでは認知症による入浴拒否への対応ついて書いて行きます。
異食行為
認知症の症状の現れ方の一つに異食という行為が挙げられます。ここでは認知症の方の異食に対しての対処や接し方について書いて行きます。
凶暴化する
認知症の症状の現れ方の一つ凶暴になるということが挙げられます。ここでは認知症の方の凶暴化に対しての対処や接し方について書いて行きます。
繰り返し行動
認知症の症状の現れ方の一つとして、繰り返し行動というのが挙げられます。ここでは認知症による繰り返し行動の対処や接し方について書いて行きます。
物を壊す
認知症の患者が物を壊すという問題行動を起こすことがあります。ここでは、認知症によって物を壊す原因や対処法などについてご説明します。
同じ話
認知症の方が同じ話を繰り返すというケースはよくあります。ここでは認知症で同じ話を繰り返しされるケースについてご説明します。
作り話(作話)
認知症の症状の現れ方の一つとして作り話(作話)というのが挙げられます。ここでは認知症による作り話(作話)の対処や接し方について書いて行きます。
運転免許
認知症になった場合の車の運転免許について困るケースも多いと思います。ここでは認知症の方の運転免許についての対処や接し方について書いて行きます。
意欲低下
認知症になった時の症状として、意欲低下というのが挙げられます。ここでは意欲低下が起きた認知症の方への対処や接し方について書いて行きます。
思い込み
認知症の症状として、思い込みが強くなるということが挙げられます。ここでは認知症による思い込みについての対処や接し方について書いて行きます。
無気力(アパシー)
認知症によって無気力(アパシー)という状態になる方がいらっしゃいます。ここでは認知症による無気力(アパシー)についてご説明します。
帰宅願望
認知症の症状として「帰宅願望」ということが挙げられます。ここでは認知症による「帰宅願望」についての対処や接し方について書いて行きます。
薬を飲まない
認知症の薬を飲まないことについて問題を抱えるケースがあります。ここでは認知症の薬を飲まない患者の原因や対処法についてご説明します。
お金の執着
認知症の症状としてお金の執着心が強くなるということがあります。ここでは認知症とお金の執着について書いて行きます。
金銭管理
認知症の患者の金銭管理について頭を悩ませる身内の方は多いことでしょう。ここでは認知症患者の金銭管理についてご説明します。
大声で叫ぶ
認知症の症状として昼夜を問わず叫ぶということが挙げられます。夜中に寝言で叫ぶ方も多いです。ここでは認知症の方が叫ぶことへの対処法についてご説明します。
奇声
認知症の症状として奇声をあげるというものがあります。ここでは認知症の方が奇声をあげることについてご説明します。
空腹の訴え
認知症の症状として、食べたか食べてないにかかわらず「空腹を訴える」ということが挙げられます。ここでは認知症の空腹の訴えと、その対処法についてご説明します。
尿失禁する
認知症の症状として尿失禁が挙げられます。ここでは認知症による尿失禁の原因について、またその対処法についてご説明します。
弄便(ろうべん)行為
認知症の症状として弄便(ろうべん)が挙げられます。ここでは認知症による弄便の原因について、またその対処法についてご説明します。
妄想
認知症の症状としていろいろなタイプの「妄想」が挙げられます。ここでは認知症による妄想の原因や対処法についてご説明します。
被害妄想
認知症で被害妄想という症状になるケースがあります。ここでは認知症による被害妄想の原因や対処法についてご説明します。
記憶障害
認知症の困った症状の一つとして「記憶障害」が挙げられます。ここでは認知症の様々な記憶障害についてご説明します。
睡眠障害
認知症の困った症状の一つとして「睡眠障害」が挙げられます。ここでは認知症の様々な睡眠障害についてご説明します。
寝言
認知症の困った症状の一つとして「寝言」が挙げられます。ここでは認知症の方の寝言の症状や、その対処についてご説明します。
病院に連れて行くには
認知症が疑われる人を病院に連れて行くには、どうすれば良いのでしょうか?ここでは認知症の方を病院に連れて行くには、どうすれば良いのか、その具体的な方法をご説明します。
万引き
認知症の人が万引きをするというケースが近年急増しています。ここでは認知症と万引きの関係についてご説明します。
空間認識の影響
認知症による空間認識の影響によって日常生活に支障をきたすケースがあります。ここでは認知症と空間認識の影響についてご説明します。
テレビ
高齢者の方がテレビを見ている時に、認知症が疑われる行動にでることがよくあります。ここでは認知症とテレビの関係についてご説明します。
偏食との関係性
認知症になる方には、偏食の傾向があると言われています。ここでは認知症と偏食の関係についてご説明します。
味覚の変化
認知症になった方は、味覚が劣化することで生きる楽しみを奪われてしまうこともあります。ここでは認知症の味覚の関係についてご説明します。
脱水
認知症の患者が脱水症状を起こすとどうなってしまうのでしょうか?ここでは認知症と脱水の関係性についてご説明します。
口に溜め込む
認知症で物を口に溜め込むというケースがあります。ここでは認知症によって物を口に溜め込む場合の原因や対処法についてご説明します。
食べない
認知症で物を食べないというケースがあります。ここでは認知症で食べない場合の原因や対処法についてご説明します。
嚥下障害
認知症の患者が嚥下障害(えんげしょうがい)を起こすことはよくあるケースです。ここでは認知症の方が嚥下障害を起こした場合の原因や対処についてご説明します。
キレる
認知症でキレるという状態になるケースがあります。ここでは認知症の患者がキレる状態になる場合の原因や対処法についてご説明します。
常同行動
認知症の困った症状の一つとし常同行動が挙げられます。ここでは認知症による常同行動についてご説明します。
せん妄
認知症とせん妄はよく間違えられることが多いと言えます。ここでは認知症とせん妄の関係性についてご説明します。
日内変動
認知症の日内変動という症状が起きるケースがありますがご存知でしょうか?ここでは認知症の日内変動についてご説明します。
ピック病
認知症とピック病という言葉をご存知でしょうか?ここでは認知症とピック病の関係性についてご説明します。
てんかん
認知症によって、てんかんが起きることがあると言われていますがご存知ですか?ここでは認知症によるてんかんについてご説明します。
統合失調症との違い
認知症と統合失調症の違いとは一体どのようなことでしょうか?ここでは認知症と統合失調症の違いについてご説明します。
平衡感覚
認知症によって平衡感覚が失われるというのは聞いたことがあると思います。ここでは認知症と平衡感覚の関係性についてご説明します。
嗅覚異常
認知症によって嗅覚異常が起きるという話がありますがどうなのでしょうか?ここでは認知症と嗅覚異常の関係性についてご説明します。
難聴
認知症と難聴には密接な関係性があると言われますがどういうことでしょうか?ここでは認知症と難聴の関係性についてご説明します。
徘徊
認知症の困った症状の一つとし徘徊が挙げられます。ここでは認知症による徘徊についてご説明します。
寝たきり
認知症で寝たきりになってしまうケースはよくあります。ここでは認知症によって寝たきりになることついてご説明します。
昼夜逆転
認知症の患者が昼夜逆転してしまうケースがあります。ここでは認知症と昼夜逆転の関係性についてご説明します。
歩行障害
認知症の困った症状の一つとして歩行障害が挙げられます。ここでは認知症による歩行障害についてご説明します。
服装
認知症の方の服装についてはどのように考えることが適切でしょうか?ここでは認知症の方の服装についてご説明していきます。
ずっとしゃべる
認知症の患者がずっとしゃべるというケースがあります。ここでは認知症でずっとしゃべる場合の原因や対処法についてご説明します。
物を集める
認知症の患者がいらない物を集めるというケースがあります。ここでは認知症で物を集める場合の原因や対処法についてご説明します。
迷子
認知症で迷子になりやすくなるというケースがあります。ここでは認知症で迷子になる場合の原因や対処法についてご説明します。
一人暮らし
認知症の方の一人暮らしの多さにはいつも驚かされます。ここでは認知症の方の一人暮らしの現状や対処についてご説明します。
認知症と痴呆症
認知症と痴呆症のちがいについてご存知ない方は結構多いようです。ここでは、そんな認知症と痴呆症の違いについてご説明します。
注意障害
認知症の症状の一つとして注意障害があります。ここでは認知症による注意障害についてご説明します。
見当識障害
認知症の症状の一つとして見当識障害があります。ここでは認知症による見当識障害についてご説明します。