レビー小体型認知症の症状

レビー小体型認知症の症状について

レビー小体型認知症の症状について

 

レビー小体型認知症の症状には、いろいろなタイプが存在します。

 

たとえば、代表的な症状としては「認知機能の変動」や、繰り返し出現する「幻視」が挙げられます。

 

また、レビー小体型認知症の場合は、一見、認知症とは全く関係ないようなことが症状として表れているケースもあります。

 

そして、レビー小体型認知症の症状は、パーキンソン病にとても似通っています。

 

そのために、「パーキンソン症状」とも呼ばれているのも大きな特徴の一つです。

 

ここでは、そんなレビー小体型認知症の症状について詳しくご説明します。

レビー小体型認知症の症状記事一覧

レビー小体型認知症の症状と特徴

レビー小体型認知症の症状特徴 レビー小体型認知症の症状や特徴には、どのようなことがあるのでしょうか?レビー小体型認知症とは、脳の広い範囲に「レビー小体」という異常な「たん白」がたまり、その影響を受け、脳の神経細胞が徐々に減少していく進行性の病気です。レビー小体型認知症は、その症状に特徴は見られるのですが、なぜ「レビー小体」がたま...

≫続きを読む

 

レビー小体型認知症は遺伝が原因?

レビー小体型認知症の遺伝 レビー小体型認知症は遺伝が原因であるという話がありますが、本当でしょうか?これは、レビー小体型認知症のそもそのの原因から考える方が良いでしょう。年齢が進んで物忘れがあれば、「認知症」という言葉が頭に浮かぶ方が多いと思います。しかし、物忘れの症状では気づかない特徴的な症状を持つのが「レビー小体型認知症...

≫続きを読む

 

レビー小体型認知症の初期症状とは?

レビー小体型認知症の初期症状 レビー小体型認知症の初期には、どのような症状が見られるのでしょうか?レビー小体型認知症の初期には、「便秘」や「味覚障害」であったりと、一見「認知症」とは全く関係の無いような症状として現れる場合があります。また、レビー小体型認知症は、初期に限らず症状の出現には個人差があります。「パーキンソン病」や「う...

≫続きを読む

 

レビー小体型認知症による幻覚症状とは?

レビー小体型認知症の幻覚 認知症には様々な種類がありますが、その中でもレビー小体型認知症では「幻覚症状」が目立ちます。幻覚症状とは、実際には見えないものが見えてしまったり、聞こえないものが聞こえてしまったりする症状です。前者のことを「幻視」、後者を「幻聴」と呼びます。レビー小体型認知症の方を介護し始めたばかりの方は、この幻覚...

≫続きを読む

 

レビー小体型認知症で暴れるのはナゼ?

レビー小体型認知症の暴れるのは? 認知症には様々な種類がありますが、レビー小体型認知症では、幻覚症状が現れたり、時として暴れるなど、暴力的な行動をとってしまうことがあります。具体的には、大声を出したり、介護者を叩いてしまったり、「ばかやろう」などと、暴言を吐いてしまったりします。レビー小体型認知症の方が暴れるのには、ほとほと困ってし...

≫続きを読む

 

レビー小体型認知症による誤嚥への対処法は?

レビー小体型認知症の誤嚥 レビー小体型認知症の方が誤嚥(ごえん)という症状に陥るのを見て、慌てる介護者の方は多いかも知れません。レビー小体型認知症に罹患すると、食事や水分補給の際に上手く飲み込めなくなってしまう「誤嚥」と呼ばれる症状がでることがあります。私たちが食事をする時、とくに意識をしなくても食物を飲み込むことができるの...

≫続きを読む

 

レビー小体型認知症による「うつ病」とは?

レビー小体型認知症のうつ病 レビー小体型認知症では、しばしば「うつ病」を発症してしまうことがあります。また、レビー小体型認知症の初期症状として、ぼんやりとしたり、気分が落ち込んでしまったり、塞ぎ込んでしまうといった症状も現れます。そのため、レビー小体型認知症そのものが「うつ病」と間違われてしまうことさえあるのです。ここでは、レ...

≫続きを読む

 

レビー小体型認知症による錐体外路症状とは?

レビー小体型認知症の錐体外路症状 レビー小体型認知症による錐体外路症状(すいたいがいろしょうじょう)と言われても、ピンと来ない方がほとんどだと思います。私たちの身体は、脳からの司令を受けて動いていますが、司令が身体に到達するまでに通る経路があります。このうちのひとつが錐体外路と呼ばれており、主に無意識の運動の司令が通る経路です。レビ...

≫続きを読む

 

レビー小体型認知症のオンオフ現象とは?

レビー小体型認知症のオンオフ現象 レビー小体型認知症によるオンオフ現象という症状を聞いたことはありますか?オンオフ現象というのは、文字通りレビー小体型認知症による症状が治まっているオンの状態と、発症しているオフの状態という意味になります。レビー小体型認知症によるオンオフ状態は薬の服用によって現れると考えると良いでしょう。ここでは、レ...

≫続きを読む

 

レビー小体型認知症による嗅覚障害とは?

レビー小体型認知症の嗅覚障害 レビー小体型認知症による嗅覚障害という症状をご存知でしょうか?言うまでもありませんが、私たちには、匂いを嗅ぎとる「嗅覚」という感覚があります。レビー小体型認知症では、この嗅覚が通常と比べておかしくなってしまう「嗅覚障害」を発症することが多いとされています。ここでは、レビー小体型認知症による嗅覚障害に...

≫続きを読む

 

レビー小体型認知症の首下がりとは?

レビー小体型認知症の首下がり レビー小体型認知症による「首下がり」と呼ばれる症状をご存知でしょうか?レビー小体型認知症の患者さんの中には、身体が前に倒れるような前傾姿勢を常にとっていたり、首が前に曲がった姿勢をとっている方がいます。とくに、このような首の異常な姿勢は、レビー小体型認知症の症状が進むにつれて酷くなっていくことが多い...

≫続きを読む

 

レビー小体型認知症による見当識障害って?

レビー小体型認知症の見当識障害 レビー小体型認知症による「見当識障害」と言う言葉をご存知ですか?見当識障害とは、時間や場所、人などがわからなくなってしまう症状のことです。レビー小体型認知症では、そのような見当識障害が現れます。いわゆる「ここはどこ?私はだあれ?」というのが見当識障害の分かりやすい表現と言えるでしょう。ここでは、レビ...

≫続きを読む

 

レビー小体型認知症の症状「作話」とは何か?

レビー小体型認知症の作話 「作話」はレビー小体型認知症の方に特徴的に見られる現象のひとつです。レビー小体型認知症による作話は、読んで字のごとく、作り話をするという事です。では、なぜ認知症の方はなぜ作り話をするのでしょうか?一つ考えられることとしては、レビー小体型認知症の主症状である「記憶障害」により、物事を忘れてしまったこと...

≫続きを読む

 

レビー小体型認知症によるせん妄とは?

レビー小体型認知症のせん妄 レビー小体型認知症にはせん妄という症状が現れることがあります。「せん妄」という言葉は、あまり聞きなれない方が多いと思います。せん妄とは、認知症による様々な主疾患などによって意識がはっきりしない状態の際に、一時的に陥る混乱状態の事を指します。ここでは、レビー小体型認知症による「せん妄」についてご説明し...

≫続きを読む

 

レビー小体型認知症の嘔吐(おうと)症状と原因は?

レビー小体型認知症で嘔吐する レビー小体型認知症をはじめとする認知症の方には、時に吐き気をもよおしたり、嘔吐をしてしまう方がいらっしゃいます。もちろん、レビー小体型認知症でなくても、食当たりや胃腸の調子などで、嘔吐をしてしまうこともあるでしょう。しかし、特に、レビー小体型認知症の方に起きやすい嘔吐の原因も存在するのです。そこで今...

≫続きを読む

 

レビー小体型認知症による痙攣(けいれん)とは?

レビー小体型認知症で痙攣する レビー小体型認知症の方の中には、痙攣(けいれん)のように手足が震える症状がでる方が多くいます。介護にあたっている方は、最初の頃、レビー小体型認知症の痙攣には驚かれることも多いようです。「痙攣」という症状が常に現れるようになるのは、レビー小体型認知症の方に特有のものと言えるでしょう。ここでは、レビー小...

≫続きを読む

 

レビー小体型認知症による常同行動とは?

レビー小体型認知症の常同行動 あなたは、「常同行動」という言葉をご存知ですか?この症状は、レビー小体型認知症にも多く見られる症状です。常同行動とは、意味のない、ある決まった動きを繰り返す症状(常に同じ行動をする)のことを現します。ここでは、レビー小体型認知症の方によく見られる「常同行動」の原因や対処法についてご説明します。

≫続きを読む

 

レビー小体型認知症にアロマが効果的?

レビー小体型認知症にアロマ レビー小体型認知症にアロマが効果的という話を聞くことがあると思います。ところで、アロマ療法という言葉をご存知ですか?近年はリラックス方法として、また疾病の予防と改善に効果的であると言われ、アロマが流行しています。レビー小体型認知症に対しても、効果的なアロマがあると言われています。ここでは、レビー小体...

≫続きを読む

 

レビー小体型認知症で、むずむず脚症候群?

レビー小体型認知症のむずむず脚症候群 レビー小体型認知症の方は、むずむず脚症候群というものに悩まれることがあります。そのために夜が眠れないということが良くあるのです。ところで「むずむず脚症候群」という症候群をご存知ですか?むずむず脚症候群とは、その名の通り、虫が這っているようなむずむずした不快感を脚に感じる症候群です。この症状は、ときに...

≫続きを読む

 

レビー小体型認知症の禁忌事項とは何か?

レビー小体型認知症の禁忌 レビー小体型認知症にとっての禁忌事項には、どんなことがあるのでしょうか?まずは、レビー小体型認知症についてのお話の前に禁忌という言葉をご存知でしょうか?医療上の禁忌とは、その病気や症状に対して行ってはならない対応や処置です。誤ってしまうと、命の危険や重篤な副作用に陥ってしまう恐れがあります。どのよう...

≫続きを読む

 

レビー小体型認知症に性差はあるのか?

レビー小体型認知症の性差 レビー小体型認知症の発症率に性差はあるのでしょうか?レビー小体型認知症は、認知症の中でも三大認知症と呼ばれ、アルツハイマー型認知症の次に多いと言われています。認知症全体の中では、約20%を占めると言われています。まず、アルツハイマー型認知症の性差については、女性が多いとされています。それに比べ、レビ...

≫続きを読む

 

レビー小体型認知症への作業療法とは?

レビー小体型認知症の作業療法 レビー小体型認知症の患者さんに対して作業療法という療法が用いられることがあります。ところで「作業療法」という言葉をご存知でしょうか?レビー小体型認知症に用いられる作業療法とは、リハビリテーションの一種です。作業療法士という専門の資格を持った人が行うものです。病院や施設、また現在では家に訪問してお家の...

≫続きを読む

 

レビー小体型認知症のための運動療法とは?

レビー小体型認知症の運動療法 レビー小体型認知症に対して行われる「運動療法」という言葉をご存知ですか?運動療法とは、けがや病気等で身体機能に何らかの障害や困難を負った方に対して、様々な運動を通して行うリハビリテーションの一環のことを指します。具体的には、筋力トレーニングや、関節が固くなり動かなくならないために行う関節可動域訓練(...

≫続きを読む

 

レビー小体型認知症のリハビリ

レビー小体型認知症のリハビリ レビー小体型認知症のリハビリには、どんな内容のものがあるのでしょうか?レビー小体型認知症は、認知障害と同時にパーキンソン病の症状である運動障害も発生します。ご存知のように、パーキンソン病は全身の筋肉がこわばりって行き、日常的な動きが困難になって来る病気です。つまり、レビー小体型認知症は、特に「運動障...

≫続きを読む

 

レビー小体型認知症に食事療法はどうか?

レビー小体型認知症の食事療法 レビー小体型認知症に食事療法が有効であるという話がありますが、どうなのでしょうか?認知症になった家族のことを考えると、化学薬品である薬を使うより、自然な食事で良い方向へ向かえば、こんなに良いことはありません。実際、レビー小体認知症の特徴の一つに、薬の副作用が強く現れるということがあります。中には、そ...

≫続きを読む

 

レビー小体型認知症の余命はどのくらい?

レビー小体型認知症の余命 レビー小体型認知症の方の余命については、気になるという方は多いでしょう。レビー小体型認知症の介護や看護は、とても大変で、経験のある人にしか分からない辛さがあります。ですから「この辛さが何年続くのだろう?」と、先が見えない不安感に襲われる人がかなり多いのではないかと思われます。ここでは、そんなレビー小...

≫続きを読む

 

レビー小体型認知症の末期はどうなるの?

レビー小体型認知症の余命 レビー小体型認知症になった患者さんが末期を迎えるとどのような状態になるのでしょうか?多くの方が「病気の末期」という言葉から連想されるのは、もしかすると悲惨な状況というイメージでしょうか。しかし、レビー小体型認知症の末期は、痛みや苦しみを強く伴うというものではありません。どちらかと言えば、身体の機能そ...

≫続きを読む