レビー小体型認知症による錐体外路症状とは?

スポンサードリンク

レビー小体型認知症による錐体外路症状について

レビー小体型認知症の錐体外路症状

 

レビー小体型認知症による錐体外路症状(すいたいがいろしょうじょう)と言われても、ピンと来ない方がほとんどだと思います。

 

私たちの身体は、脳からの司令を受けて動いていますが、司令が身体に到達するまでに通る経路があります。

 

このうちのひとつが錐体外路と呼ばれており、主に無意識の運動の司令が通る経路です。

 

レビー小体型認知症では、この無意識の運動に障害が出ることがありますが、それが錐体外路症状と呼ばれます。

 

ここでは、レビー小体型認知症による錐体外路症状についてご説明します。

レビー小体型認知症による錐体外路症状ってどんなもの?

レビー小体型認知症による錐体外路症状では、無意識の運動に障害が出るということは前述しました。

 

無意識の運動とは、誰かにぶつかった時や転びそうになったときにとっさに足を踏み出してバランスを取ったり、スムーズに身体を動かすために筋肉などの微調整等を行うというものです。

 

錐体外路症状とは、錐体外路が障害され、これらの無意識的な運動が上手く行えない状態のことを指します。

 

そんな錐体外路症状が、レビー小体型認知症の方には現れるケースがあるのです。

 

具体的には、バランスを崩したときに立ち直れずに転んでしまう・スムーズに歩けない・手足が震える・身体に異常な力が入るなどの症状が現れます。

 

レビー小体型認知症の方に、このような症状が現れた場合、錐体外路症状を疑った方が良いかも知れません。

レビー小体型認知症による錐体外路症状の対策や注意点

それでは、レビー小体型認知症の方に錐体外路症状が出現してしまった際にはどのような点に気をつければ良いのでしょうか?

 

また、症状に対する対策はどのようなものでしょうか。

 

まず、気をつける点としては、錐体外路症状が出現してもレビー小体型認知症の本人の意識はハッキリしているということです。

 

意識がハッキリしているということは、本人は錐体外路症状で身体を上手く動かすことができないもどかしさを抱えているという点です。

 

想像してみて下さい。

 

動こうと思っても思い通りに身体が動かなかったり、歩きたくてもスムーズにあるけなかったら、とてももどかしくてイライラしますよね。

 

このもどかしさを、レビー小体型認知症の方が抱えていることをつねに理解し、上手く動けなくても急かしたり責めたりしないようにしましょう。

 

レビー小体型認知症による錐体外路症状の対策として有効なのは、目と耳を使うことです。

 

少しわかりにくいですが、しるしを付けたり、音で合図することが、錐体外路症状には効果的とされています。

 

例えば、歩きにくい際には、床の線をまたぐようにして歩くと、足が出やすくなります。

 

また、手拍子でリズムをとっても、歩きやすくなります。

 

そして、震えや身体の強張りが強い際には、薬の副作用や量が合っていない場合があるので、一度主治医に相談してみましょう。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連記事とスポンサーリンク

関連ページ

症状の特徴
レビー小体型認知症の症状や特徴には、どのようなことがあるのでしょうか?ここでは、レビー小体型認知症の症状の特徴についてご説明します。
遺伝
レビー小体型認知症は遺伝が原因という話がありますが本当でしょうか?ここでは、レビー小体型認知症と遺伝との関係について触れて見ます。
初期症状
レビー小体型認知症の初期には、どのような症状が見られるのでしょうか?ここでは、レビー小体型認知症の初期症状についてご説明します。
幻覚症状
レビー小体型認知症の幻覚症状にはどのようなことが現れるでしょうか?ここでは、レビー小体型認知症の幻覚症状についてご説明します。
暴れる
レビー小体型認知症の方が暴れる、暴力的になるというケースがあります。ここでは、レビー小体型認知症の方が暴れる原因や対策についてご説明します。
誤嚥
レビー小体型認知症の方が誤嚥という症状を引き起こすケースがあります。ここでは、レビー小体型認知症による誤嚥の原因や対策についてご説明します。
うつ病
レビー小体型認知症の方がうつ病という症状を引き起こすケースがあります。ここでは、レビー小体型認知症によるうつ病の原因や対策についてご説明します。
オンオフ現象
レビー小体型認知症によるオンオフ現象という症状をご存知でしょうか?ここでは、レビー小体型認知症によるオンオフ現象の原因や対策についてご説明します。
嗅覚障害
レビー小体型認知症には嗅覚障害という症状が現れることがあります。ここでは、レビー小体型認知症による嗅覚障害の原因や対策についてご説明します。
首下がり
レビー小体型認知症の首下がりという症状が現れることがあります。ここでは、レビー小体型認知症による首下がりの原因や対策についてご説明します。
見当識障害
レビー小体型認知症には見当識障害という症状が現れることがあります。ここでは、レビー小体型認知症による見当識障害の原因や対策についてご説明します。
作話
レビー小体型認知症には作話という現象が起きることがあります。ここでは、レビー小体型認知症による作話の原因や対策についてご説明します。
せん妄
レビー小体型認知症の症状の一つに、せん妄というものがあります。ここでは、レビー小体型認知症によるせん妄の原因や対策についてご説明します。
嘔吐(おうと)
レビー小体型認知症の方に嘔吐症状が現れる原因は何でしょうか?ここでは、レビー小体型認知症の嘔吐症状の原因や対策についてご説明します。
痙攣(けいれん)
レビー小体型認知症の方に痙攣(けいれん)が現れるケースがあります。ここでは、レビー小体型認知症の方で痙攣が現れる場合の原因や対策についてご説明します。
常同行動
レビー小体型認知症の症状の一つに常同行動というものがあります。ここでは、レビー小体型認知症による常同行動の原因や対策についてご説明します。
アロマ
レビー小体型認知症にアロマが効果的だという話があります。ここでは、レビー小体型認知症に対するアロマの効果性、使い方や注意点等についてご説明します。
むずむず脚症候群
レビー小体型認知症の方の中には、むずむず脚症候群に悩まされるケースがあります。ここでは、レビー小体型認知症によるむずむず脚症候群の原因や対策についてご説明します。
禁忌
レビー小体型認知症にとっての禁忌事項には、どんなことがあるのでしょうか?ここでは、レビー小体型認知症の禁忌事項についてご説明します。
性差
レビー小体型認知症の発症率に性差はあるのでしょうか?ここでは、レビー小体型認知症の性差についてご説明します。
作業療法
レビー小体型認知症に対して作業療法という療法が用いられることがあります。ここでは、レビー小体型認知症の作業療法についてご説明します。
運動療法
レビー小体型認知症に対して運動療法という療法が用いられることがあります。ここでは、レビー小体型認知症の運動療法についてご説明します。
リハビリ
レビー小体型認知症のリハビリにはどんなものがあるのでしょうか?ここでは、レビー小体型認知症のリハビリについてご説明します。
食事療法
レビー小体型認知症に食事療法が効果的という話がありますが本当でしょうか?ここでは、レビー小体型認知症の食事療法についてご説明します。
余命
レビー小体型認知症の方の余命については、気になるという方は多いでしょう。ここでは、レビー小体型認知症の余命についてご説明します。
末期
レビー小体型認知症になった患者さんが末期を迎えるとどのような状態になるのでしょうか?ここでは、レビー小体型認知症の末期について書いていきます。