レビー小体型認知症に性差はあるのか?

スポンサードリンク

レビー小体型認知症に性差はあるのかについて

レビー小体型認知症の性差

 

レビー小体型認知症の発症率に性差はあるのでしょうか?

 

レビー小体型認知症は、認知症の中でも三大認知症と呼ばれ、アルツハイマー型認知症の次に多いと言われています。

 

認知症全体の中では、約20%を占めると言われています。

 

まず、アルツハイマー型認知症の性差については、女性が多いとされています。

 

それに比べ、レビー小体型認知症の性差は、男性の方が多いという報告があり、男性のほうが女性の約2倍多いと言われています。

 

ここでは、レビー小体型認知症の性差について詳しくご説明します。

レビー小体型認知症の性差は、ハッキリしていない?

前述したような認知症の種類によって性差がある原因は、未だにはっきりとは解明されていません。

 

しかし、脳の構造自体に性差があるとされているため、それが認知症の性差にも繋がっている可能性があるとのことです。

 

また、女性の場合は閉経後にホルモンの影響で骨粗鬆症(こつそしょうしょう)になりやすく、そのため転んだり怪我をしないように外出機会が減ってしまうことがあります。

 

レビー小体型認知症だけではなく、認知症自体、毎日の軽い運動が予防に役立つと言われています。

 

そのため、加齢による認知症の有病率の増加は、運動機会の減少も一因となっているのではないかと言われています。

 

レビー小体型認知症では、他の認知症に比べてパーキンソン症状などの運動障害が現れやすいです。

 

そのため、運動の機会も減少しやすく男女ともに進行が早くなってしまう恐れもあります。

性差に応じたレビー小体型認知症への対応と注意点

性差では、男性が女性よりも多いとされるレビー小体型認知症ですが、レビー小体型認知症の方が毎日を過ごしやすくなるような対応や注意点はどのようなものでしょうか?

 

近年は「認知症カフェ」「家族の会」などがあります。

 

認知症の方を介護する家族向けのコミュニティや、認知症の方本人が参加し、お茶をしながら様々なことを話し合う場も設けられています。

 

こういった場に参加することで、他の認知症の方の話を聞き、様々な気付きを得ることができたり、仲間ができることで孤立感を解消することができます。

 

ご家族も、介護の苦労やエピソードを分かち合うことで、ストレス発散の場になります。

 

ぜひこのような場所に参加しましょう。

 

性差で言うと、女性はカフェや家族の会に対して受け入れが良い方が多いのですが、男性は仕事をしてきた方が多く、自分の病気を周囲に隠そうとしがちなため、このような場に参加をしたがらない方もいらっしゃいます。

 

男性の場合は、レビー小体型認知症の「勉強会」「講演会」といった、どちらかと言うとかしこまった場への参加は良好な方が多いので、そのような場も活用してみましょう。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連記事とスポンサーリンク

関連ページ

症状の特徴
レビー小体型認知症の症状や特徴には、どのようなことがあるのでしょうか?ここでは、レビー小体型認知症の症状の特徴についてご説明します。
遺伝
レビー小体型認知症は遺伝が原因という話がありますが本当でしょうか?ここでは、レビー小体型認知症と遺伝との関係について触れて見ます。
初期症状
レビー小体型認知症の初期には、どのような症状が見られるのでしょうか?ここでは、レビー小体型認知症の初期症状についてご説明します。
幻覚症状
レビー小体型認知症の幻覚症状にはどのようなことが現れるでしょうか?ここでは、レビー小体型認知症の幻覚症状についてご説明します。
暴れる
レビー小体型認知症の方が暴れる、暴力的になるというケースがあります。ここでは、レビー小体型認知症の方が暴れる原因や対策についてご説明します。
誤嚥
レビー小体型認知症の方が誤嚥という症状を引き起こすケースがあります。ここでは、レビー小体型認知症による誤嚥の原因や対策についてご説明します。
うつ病
レビー小体型認知症の方がうつ病という症状を引き起こすケースがあります。ここでは、レビー小体型認知症によるうつ病の原因や対策についてご説明します。
錐体外路症状
レビー小体型認知症による錐体外路症状をご存知でしょうか?ここでは、レビー小体型認知症による錐体外路症状の原因や対策についてご説明します。
オンオフ現象
レビー小体型認知症によるオンオフ現象という症状をご存知でしょうか?ここでは、レビー小体型認知症によるオンオフ現象の原因や対策についてご説明します。
嗅覚障害
レビー小体型認知症には嗅覚障害という症状が現れることがあります。ここでは、レビー小体型認知症による嗅覚障害の原因や対策についてご説明します。
首下がり
レビー小体型認知症の首下がりという症状が現れることがあります。ここでは、レビー小体型認知症による首下がりの原因や対策についてご説明します。
見当識障害
レビー小体型認知症には見当識障害という症状が現れることがあります。ここでは、レビー小体型認知症による見当識障害の原因や対策についてご説明します。
作話
レビー小体型認知症には作話という現象が起きることがあります。ここでは、レビー小体型認知症による作話の原因や対策についてご説明します。
せん妄
レビー小体型認知症の症状の一つに、せん妄というものがあります。ここでは、レビー小体型認知症によるせん妄の原因や対策についてご説明します。
嘔吐(おうと)
レビー小体型認知症の方に嘔吐症状が現れる原因は何でしょうか?ここでは、レビー小体型認知症の嘔吐症状の原因や対策についてご説明します。
痙攣(けいれん)
レビー小体型認知症の方に痙攣(けいれん)が現れるケースがあります。ここでは、レビー小体型認知症の方で痙攣が現れる場合の原因や対策についてご説明します。
常同行動
レビー小体型認知症の症状の一つに常同行動というものがあります。ここでは、レビー小体型認知症による常同行動の原因や対策についてご説明します。
アロマ
レビー小体型認知症にアロマが効果的だという話があります。ここでは、レビー小体型認知症に対するアロマの効果性、使い方や注意点等についてご説明します。
むずむず脚症候群
レビー小体型認知症の方の中には、むずむず脚症候群に悩まされるケースがあります。ここでは、レビー小体型認知症によるむずむず脚症候群の原因や対策についてご説明します。
禁忌
レビー小体型認知症にとっての禁忌事項には、どんなことがあるのでしょうか?ここでは、レビー小体型認知症の禁忌事項についてご説明します。
作業療法
レビー小体型認知症に対して作業療法という療法が用いられることがあります。ここでは、レビー小体型認知症の作業療法についてご説明します。
運動療法
レビー小体型認知症に対して運動療法という療法が用いられることがあります。ここでは、レビー小体型認知症の運動療法についてご説明します。
リハビリ
レビー小体型認知症のリハビリにはどんなものがあるのでしょうか?ここでは、レビー小体型認知症のリハビリについてご説明します。
食事療法
レビー小体型認知症に食事療法が効果的という話がありますが本当でしょうか?ここでは、レビー小体型認知症の食事療法についてご説明します。
余命
レビー小体型認知症の方の余命については、気になるという方は多いでしょう。ここでは、レビー小体型認知症の余命についてご説明します。
末期
レビー小体型認知症になった患者さんが末期を迎えるとどのような状態になるのでしょうか?ここでは、レビー小体型認知症の末期について書いていきます。