レビー小体型認知症の症状と特徴

スポンサードリンク

レビー小体型認知症の症状や特徴とは?

レビー小体型認知症の症状特徴

 

レビー小体型認知症の症状や特徴には、どのようなことがあるのでしょうか?

 

レビー小体型認知症とは、脳の広い範囲に「レビー小体」という異常な「たん白」がたまり、その影響を受け、脳の神経細胞が徐々に減少していく進行性の病気です。

 

レビー小体型認知症は、その症状に特徴は見られるのですが、なぜ「レビー小体」がたまるのかは、まだ原因がはっきりとしていません。

 

はっきりとしているのは、レビー小体型認知症の症状は「3徴」と呼ばれ、他の認知症と比べると、大きく「3つ」の特徴があるという事です。

 

ここでは、レビー小体型認知症の症状の特徴についてご説明します。

レビー小体型認知症の症状の特徴「3徴」とは?

レビー小体型認知症の症状の特徴には、以下の3つが挙げられます。

 

レビー小体型認知症の症状 3つの特徴

 

  1. 認知機能の変動
  2. 繰り返し出現する幻視
  3. パーキンソン症状

 

それでは、レビー小体型認知症の症状の特徴について詳しく、ご説明しましょう。

 

認知機能の変動

 

レビー小体型認知症の症状の特徴として、会話や行動に、良い日と悪い日の差があり、これが周囲を困惑させる原因の一つとなります。

 

レビー小体型認知症では、「昨日は分らなかったのに、今日は分かっている」という様な症状になります。

 

繰り返し出現する幻視

 

レビー小体型認知症の症状の一つとして、かなりリアルな幻視が見えるとい特徴があります。

 

レビー小体型認知症で幻視の症状が特徴として現れる時には「行動力」も伴って出て来ます。

 

そのため、「警察に通報」したり「救急車を呼ぶ」という騒ぎを起こすことがあります。

 

不思議と普段あまり動けない方でも、こういう時には驚く程動けたりするのも特徴の一つかも知れません。

 

パーキンソン症状

 

その昔、レビー小体型認知症は、その症状の特徴から「パーキンソン病」と間違えられていました。

 

そのくらい、レビー小体型認知症とパーキンソン病は、症状の特徴が似ているのです。

 

レビー小体型認知症の「パーキンソン症状」とは、体が硬くなり表情も乏しくなります。

 

手が震え、姿勢が前かがみとなり、小刻みで歩くため、いつ転ぶか分からない歩容状態になります。

レビー小体型認知症の特徴的な症状への対処法・注意点

レビー小体型認知症の特徴的な症状への対処法・注意点についてご説明しましょう。

 

レビー小体型認知症の3つの特徴的な症状のうち、どれが先に出現するかは、個人差があります。

 

ただし、超高齢化となって来ている今日では、いずれ「高齢者3人に対し1人が認知症」になる時代が到来します。

 

3つの内のどれか一つでも疑わしい症状が出て来た場合には、専門医に診察を受ける事をお勧めします。

 

レビー小体型認知症は、私が知りうる認知症の中では、一番進行が早く、周囲(特に身内)を困らせるものと捉えています。

 

特徴を早期発見できても、レビー小体型認知症の病気を完治させる事は出来ません。

 

しかし、症状を軽くしたり、進行を遅らせる事は可能な時代となって来ましたので、是非、疑わしい状態の時には早めに受診して下さい。

 

レビー小体型認知症を放置しておくと、ご家族の管理監督・責任問題にまで行く場合がありますので、ご注意下さい。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連記事とスポンサーリンク

関連ページ

遺伝
レビー小体型認知症は遺伝が原因という話がありますが本当でしょうか?ここでは、レビー小体型認知症と遺伝との関係について触れて見ます。
初期症状
レビー小体型認知症の初期には、どのような症状が見られるのでしょうか?ここでは、レビー小体型認知症の初期症状についてご説明します。
幻覚症状
レビー小体型認知症の幻覚症状にはどのようなことが現れるでしょうか?ここでは、レビー小体型認知症の幻覚症状についてご説明します。
暴れる
レビー小体型認知症の方が暴れる、暴力的になるというケースがあります。ここでは、レビー小体型認知症の方が暴れる原因や対策についてご説明します。
誤嚥
レビー小体型認知症の方が誤嚥という症状を引き起こすケースがあります。ここでは、レビー小体型認知症による誤嚥の原因や対策についてご説明します。
うつ病
レビー小体型認知症の方がうつ病という症状を引き起こすケースがあります。ここでは、レビー小体型認知症によるうつ病の原因や対策についてご説明します。
錐体外路症状
レビー小体型認知症による錐体外路症状をご存知でしょうか?ここでは、レビー小体型認知症による錐体外路症状の原因や対策についてご説明します。
オンオフ現象
レビー小体型認知症によるオンオフ現象という症状をご存知でしょうか?ここでは、レビー小体型認知症によるオンオフ現象の原因や対策についてご説明します。
嗅覚障害
レビー小体型認知症には嗅覚障害という症状が現れることがあります。ここでは、レビー小体型認知症による嗅覚障害の原因や対策についてご説明します。
首下がり
レビー小体型認知症の首下がりという症状が現れることがあります。ここでは、レビー小体型認知症による首下がりの原因や対策についてご説明します。
見当識障害
レビー小体型認知症には見当識障害という症状が現れることがあります。ここでは、レビー小体型認知症による見当識障害の原因や対策についてご説明します。
作話
レビー小体型認知症には作話という現象が起きることがあります。ここでは、レビー小体型認知症による作話の原因や対策についてご説明します。
せん妄
レビー小体型認知症の症状の一つに、せん妄というものがあります。ここでは、レビー小体型認知症によるせん妄の原因や対策についてご説明します。
嘔吐(おうと)
レビー小体型認知症の方に嘔吐症状が現れる原因は何でしょうか?ここでは、レビー小体型認知症の嘔吐症状の原因や対策についてご説明します。
痙攣(けいれん)
レビー小体型認知症の方に痙攣(けいれん)が現れるケースがあります。ここでは、レビー小体型認知症の方で痙攣が現れる場合の原因や対策についてご説明します。
常同行動
レビー小体型認知症の症状の一つに常同行動というものがあります。ここでは、レビー小体型認知症による常同行動の原因や対策についてご説明します。
アロマ
レビー小体型認知症にアロマが効果的だという話があります。ここでは、レビー小体型認知症に対するアロマの効果性、使い方や注意点等についてご説明します。
むずむず脚症候群
レビー小体型認知症の方の中には、むずむず脚症候群に悩まされるケースがあります。ここでは、レビー小体型認知症によるむずむず脚症候群の原因や対策についてご説明します。
禁忌
レビー小体型認知症にとっての禁忌事項には、どんなことがあるのでしょうか?ここでは、レビー小体型認知症の禁忌事項についてご説明します。
性差
レビー小体型認知症の発症率に性差はあるのでしょうか?ここでは、レビー小体型認知症の性差についてご説明します。
作業療法
レビー小体型認知症に対して作業療法という療法が用いられることがあります。ここでは、レビー小体型認知症の作業療法についてご説明します。
運動療法
レビー小体型認知症に対して運動療法という療法が用いられることがあります。ここでは、レビー小体型認知症の運動療法についてご説明します。
リハビリ
レビー小体型認知症のリハビリにはどんなものがあるのでしょうか?ここでは、レビー小体型認知症のリハビリについてご説明します。
食事療法
レビー小体型認知症に食事療法が効果的という話がありますが本当でしょうか?ここでは、レビー小体型認知症の食事療法についてご説明します。
余命
レビー小体型認知症の方の余命については、気になるという方は多いでしょう。ここでは、レビー小体型認知症の余命についてご説明します。
末期
レビー小体型認知症になった患者さんが末期を迎えるとどのような状態になるのでしょうか?ここでは、レビー小体型認知症の末期について書いていきます。