レビー小体型認知症による常同行動とは?

スポンサードリンク

レビー小体型認知症による常同行動について

あなたは、「常同行動」という言葉をご存知ですか?

 

この症状は、レビー小体型認知症にも多く見られる症状です。

 

常同行動とは、意味のない、ある決まった動きを繰り返す症状(常に同じ行動をする)のことを現します。

 

ここでは、レビー小体型認知症の方によく見られる「常同行動」の原因や対処法についてご説明します。

レビー小体型認知症による常同行動の症状は?

レビー小体型認知症の常同行動

 

レビー小体型認知症による常同行動の症状には、どのようなことがあるのでしょうか?

 

例えば、レビー小体型認知症になった方が、

 

  • ティッシュを繰り返し破り続ける
  • 机をトントンたたき続ける
  • 家の中を決まったコースで徘徊する

 

など、目的や意味を伴わない行動を延々と行います。

 

常同行動の原因は、脳の行動を司る部分である「前頭葉」の異常によるとされています。

 

よって、レビー小体型認知症の方だけではなく、アルツハイマー型認知症や前頭側頭型認知症の方にも見られる症状です。

 

常同行動は、意味のない動きのみではなく、意味のない言葉を繰り返し言ったり、好き嫌いに関わらず同じものしか食べないなど、多種多様な行動として現れます。

 

ただし、レビー小体型認知症では、他の認知症とは異なり、パーキンソン症状という運動障害の症状も現れることが多いです。

 

そのため、この症状により指先を薬を丸めるように動かしたり、手足が一定のリズムで震えたりする症状が現れることがありますが、これらは常同行動とは異なります。

レビー小体型認知症による常同行動への対応と注意点

レビー小体型認知症による常同行動は、その行動自体に意味をなさないものであり、場合によっては周りに迷惑をかけてしまうような行動もあります。

 

前述したティッシュを破りテーブルの上を散らかしたり、机を叩いて騒音を出す等は、はたから見たら、行動をやめるように注意したいと思うことでしょう。

 

しかし、レビー小体型認知症の方に、そんな常同行動をやめるように注意をしても、おさまる事はあまりありません。

 

それどころか、本人を混乱させてしまうことに繋がるため、無理に行動を静止することはやめましょう。

 

また、レビー小体型認知症では、他の認知症と比べて、歩行障害(最初の一歩目がなかなか踏み出せない・前のめりに突進するような歩行となる)が目立つことが多いです。

 

そのため、歩行に関わる常同行動は危険があります。

 

ですから、介護者ができることとして、家の中であれば、歩行障害の重さに応じて、段差をなくしたり、絨毯など滑るものは敷かない等の工夫をしましょう。

 

レビー小体型認知症の方が家の外に出てしまう場合は、ケアマネージャーなどに相談することをおススメします。

 

常同行動に関しては、家族だけで抱え込まず、できる限り地域の目で見守るように体制を整えることが理想です。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連記事とスポンサーリンク

関連ページ

症状の特徴
レビー小体型認知症の症状や特徴には、どのようなことがあるのでしょうか?ここでは、レビー小体型認知症の症状の特徴についてご説明します。
遺伝
レビー小体型認知症は遺伝が原因という話がありますが本当でしょうか?ここでは、レビー小体型認知症と遺伝との関係について触れて見ます。
初期症状
レビー小体型認知症の初期には、どのような症状が見られるのでしょうか?ここでは、レビー小体型認知症の初期症状についてご説明します。
幻覚症状
レビー小体型認知症の幻覚症状にはどのようなことが現れるでしょうか?ここでは、レビー小体型認知症の幻覚症状についてご説明します。
暴れる
レビー小体型認知症の方が暴れる、暴力的になるというケースがあります。ここでは、レビー小体型認知症の方が暴れる原因や対策についてご説明します。
誤嚥
レビー小体型認知症の方が誤嚥という症状を引き起こすケースがあります。ここでは、レビー小体型認知症による誤嚥の原因や対策についてご説明します。
うつ病
レビー小体型認知症の方がうつ病という症状を引き起こすケースがあります。ここでは、レビー小体型認知症によるうつ病の原因や対策についてご説明します。
錐体外路症状
レビー小体型認知症による錐体外路症状をご存知でしょうか?ここでは、レビー小体型認知症による錐体外路症状の原因や対策についてご説明します。
オンオフ現象
レビー小体型認知症によるオンオフ現象という症状をご存知でしょうか?ここでは、レビー小体型認知症によるオンオフ現象の原因や対策についてご説明します。
嗅覚障害
レビー小体型認知症には嗅覚障害という症状が現れることがあります。ここでは、レビー小体型認知症による嗅覚障害の原因や対策についてご説明します。
首下がり
レビー小体型認知症の首下がりという症状が現れることがあります。ここでは、レビー小体型認知症による首下がりの原因や対策についてご説明します。
見当識障害
レビー小体型認知症には見当識障害という症状が現れることがあります。ここでは、レビー小体型認知症による見当識障害の原因や対策についてご説明します。
作話
レビー小体型認知症には作話という現象が起きることがあります。ここでは、レビー小体型認知症による作話の原因や対策についてご説明します。
せん妄
レビー小体型認知症の症状の一つに、せん妄というものがあります。ここでは、レビー小体型認知症によるせん妄の原因や対策についてご説明します。
嘔吐(おうと)
レビー小体型認知症の方に嘔吐症状が現れる原因は何でしょうか?ここでは、レビー小体型認知症の嘔吐症状の原因や対策についてご説明します。
痙攣(けいれん)
レビー小体型認知症の方に痙攣(けいれん)が現れるケースがあります。ここでは、レビー小体型認知症の方で痙攣が現れる場合の原因や対策についてご説明します。
アロマ
レビー小体型認知症にアロマが効果的だという話があります。ここでは、レビー小体型認知症に対するアロマの効果性、使い方や注意点等についてご説明します。
むずむず脚症候群
レビー小体型認知症の方の中には、むずむず脚症候群に悩まされるケースがあります。ここでは、レビー小体型認知症によるむずむず脚症候群の原因や対策についてご説明します。
禁忌
レビー小体型認知症にとっての禁忌事項には、どんなことがあるのでしょうか?ここでは、レビー小体型認知症の禁忌事項についてご説明します。
性差
レビー小体型認知症の発症率に性差はあるのでしょうか?ここでは、レビー小体型認知症の性差についてご説明します。
作業療法
レビー小体型認知症に対して作業療法という療法が用いられることがあります。ここでは、レビー小体型認知症の作業療法についてご説明します。
運動療法
レビー小体型認知症に対して運動療法という療法が用いられることがあります。ここでは、レビー小体型認知症の運動療法についてご説明します。
リハビリ
レビー小体型認知症のリハビリにはどんなものがあるのでしょうか?ここでは、レビー小体型認知症のリハビリについてご説明します。
食事療法
レビー小体型認知症に食事療法が効果的という話がありますが本当でしょうか?ここでは、レビー小体型認知症の食事療法についてご説明します。
余命
レビー小体型認知症の方の余命については、気になるという方は多いでしょう。ここでは、レビー小体型認知症の余命についてご説明します。
末期
レビー小体型認知症になった患者さんが末期を迎えるとどのような状態になるのでしょうか?ここでは、レビー小体型認知症の末期について書いていきます。