レビー小体型認知症の末期はどうなるの?

スポンサードリンク

レビー小体型認知症が末期になると、どうなるの?

レビー小体型認知症の余命

 

レビー小体型認知症になった患者さんが末期を迎えるとどのような状態になるのでしょうか?

 

多くの方が「病気の末期」という言葉から連想されるのは、もしかすると悲惨な状況というイメージでしょうか。

 

しかし、レビー小体型認知症の末期は、痛みや苦しみを強く伴うというものではありません。

 

どちらかと言えば、身体の機能そのものが衰退していくイメージです。

 

ここでは、そんなレビー小体型認知症の末期について書いていきます。

レビー小体型認知症が末期なった場合の症状

レビー小体型認知症が末期になった場合の症状について、ご説明しましょう。

 

レビー小体型認知症は、「レビー小体」という異常蛋白の影響で、脳の神経細胞が減少していく進行性の病気です。

 

そのため、初期から中期の時は、目が離せず介護負担が大きく大変です。

 

しかし、末期になってくると、脳の萎縮が進み、全ての機能が低下し、動かなくなり「仏さま」のようになります。

 

また、レビー小体型認知症は末期になると、歩行困難となります。

 

結果的に、車いすの生活か寝たきりの状態となり、食事さえも上手く食べれなくなります。

 

家族を悩ませていた「大声」や「奇声」、「徘徊」「幻視」「レム睡眠行動障害」などは、徐々に無くなります。

 

「何だか気が抜けた」ような、「さみしい」とさえ思えるようになってくると、そろそろレビー小体型認知症の末期の状態です。

レビー小体型認知症の末期に対してできる接し方・注意点

レビー小体型認知症の末期に対してできる接し方・注意点についてご説明します。

 

まず、知っておいていただきたいのが、患者の方は、レビー小体型認知症に好きでなった訳ではないということです。

 

家族や今まで支えてくれた人を困らせるつもりなんて、これっぽちもありません。

 

レビー小体型認知症が末期になり、歩く事も動く事も大変になって来たら、日常生活を安全で安心して過ごせるよう介護のお世話が必要となって来ます。

 

具体的には、以下のようなことになります。

 

声がけ

 

レビー小体型認知症の末期では、寝ている時間が長くなります。

 

ですから、起きている時には、安心出来るように「そばにいますよ」という事を伝えてあげて下さい。

 

体位交換

 

寝ている時間が長くなると「床ずれ(褥瘡)」が出来やすくなりますので、時間を決めて寝返りを手伝います。

 

排泄介助

 

レビー小体型認知症の末期は、尿意や便意が曖昧になってくる方が多いです。

 

トイレへの介助や、オムツ交換の必要性が出て来ます。

 

食事

 

上手く飲み込む事が難しくなり、食欲も低下してきますので、「好きな物」を「好きな時間」に「好きなだけ」という事になって来ます。

 

一般の人たちの食事時間とはズレて来ます。

 

清潔

 

入浴が出来るうちは、一緒にお風呂に入るなどして清潔を保ちましょう。

 

もし入浴が難しくなって来た場合には、在宅サービスを利用する事も検討しましょう。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連記事とスポンサーリンク

関連ページ

症状の特徴
レビー小体型認知症の症状や特徴には、どのようなことがあるのでしょうか?ここでは、レビー小体型認知症の症状の特徴についてご説明します。
遺伝
レビー小体型認知症は遺伝が原因という話がありますが本当でしょうか?ここでは、レビー小体型認知症と遺伝との関係について触れて見ます。
初期症状
レビー小体型認知症の初期には、どのような症状が見られるのでしょうか?ここでは、レビー小体型認知症の初期症状についてご説明します。
幻覚症状
レビー小体型認知症の幻覚症状にはどのようなことが現れるでしょうか?ここでは、レビー小体型認知症の幻覚症状についてご説明します。
暴れる
レビー小体型認知症の方が暴れる、暴力的になるというケースがあります。ここでは、レビー小体型認知症の方が暴れる原因や対策についてご説明します。
誤嚥
レビー小体型認知症の方が誤嚥という症状を引き起こすケースがあります。ここでは、レビー小体型認知症による誤嚥の原因や対策についてご説明します。
うつ病
レビー小体型認知症の方がうつ病という症状を引き起こすケースがあります。ここでは、レビー小体型認知症によるうつ病の原因や対策についてご説明します。
錐体外路症状
レビー小体型認知症による錐体外路症状をご存知でしょうか?ここでは、レビー小体型認知症による錐体外路症状の原因や対策についてご説明します。
オンオフ現象
レビー小体型認知症によるオンオフ現象という症状をご存知でしょうか?ここでは、レビー小体型認知症によるオンオフ現象の原因や対策についてご説明します。
嗅覚障害
レビー小体型認知症には嗅覚障害という症状が現れることがあります。ここでは、レビー小体型認知症による嗅覚障害の原因や対策についてご説明します。
首下がり
レビー小体型認知症の首下がりという症状が現れることがあります。ここでは、レビー小体型認知症による首下がりの原因や対策についてご説明します。
見当識障害
レビー小体型認知症には見当識障害という症状が現れることがあります。ここでは、レビー小体型認知症による見当識障害の原因や対策についてご説明します。
作話
レビー小体型認知症には作話という現象が起きることがあります。ここでは、レビー小体型認知症による作話の原因や対策についてご説明します。
せん妄
レビー小体型認知症の症状の一つに、せん妄というものがあります。ここでは、レビー小体型認知症によるせん妄の原因や対策についてご説明します。
嘔吐(おうと)
レビー小体型認知症の方に嘔吐症状が現れる原因は何でしょうか?ここでは、レビー小体型認知症の嘔吐症状の原因や対策についてご説明します。
痙攣(けいれん)
レビー小体型認知症の方に痙攣(けいれん)が現れるケースがあります。ここでは、レビー小体型認知症の方で痙攣が現れる場合の原因や対策についてご説明します。
常同行動
レビー小体型認知症の症状の一つに常同行動というものがあります。ここでは、レビー小体型認知症による常同行動の原因や対策についてご説明します。
アロマ
レビー小体型認知症にアロマが効果的だという話があります。ここでは、レビー小体型認知症に対するアロマの効果性、使い方や注意点等についてご説明します。
むずむず脚症候群
レビー小体型認知症の方の中には、むずむず脚症候群に悩まされるケースがあります。ここでは、レビー小体型認知症によるむずむず脚症候群の原因や対策についてご説明します。
禁忌
レビー小体型認知症にとっての禁忌事項には、どんなことがあるのでしょうか?ここでは、レビー小体型認知症の禁忌事項についてご説明します。
性差
レビー小体型認知症の発症率に性差はあるのでしょうか?ここでは、レビー小体型認知症の性差についてご説明します。
作業療法
レビー小体型認知症に対して作業療法という療法が用いられることがあります。ここでは、レビー小体型認知症の作業療法についてご説明します。
運動療法
レビー小体型認知症に対して運動療法という療法が用いられることがあります。ここでは、レビー小体型認知症の運動療法についてご説明します。
リハビリ
レビー小体型認知症のリハビリにはどんなものがあるのでしょうか?ここでは、レビー小体型認知症のリハビリについてご説明します。
食事療法
レビー小体型認知症に食事療法が効果的という話がありますが本当でしょうか?ここでは、レビー小体型認知症の食事療法についてご説明します。
余命
レビー小体型認知症の方の余命については、気になるという方は多いでしょう。ここでは、レビー小体型認知症の余命についてご説明します。