レビー小体型認知症への作業療法とは?

スポンサードリンク

レビー小体型認知症への作業療法について

レビー小体型認知症の作業療法

 

レビー小体型認知症の患者さんに対して作業療法という療法が用いられることがあります。

 

ところで「作業療法」という言葉をご存知でしょうか?

 

レビー小体型認知症に用いられる作業療法とは、リハビリテーションの一種です。

 

作業療法士という専門の資格を持った人が行うものです。

 

病院や施設、また現在では家に訪問してお家の中で作業療法を行うこともあります。

 

ここでは、レビー小体型認知症の作業療法についてご説明します。

レビー小体型認知症の作業療法の実際

レビー小体型認知症の方に対する作業療法とは、実際どのようにして行うのでしょうか?

 

レビー小体型認知症の方への作業療法とは、認知症の症状に対する作業療法と、パーキンソン症状に対する作業療法の2種類に分けられます。

 

認知症状に対するリハビリテーションとしては、まず「見当識」と呼ばれる日付や場所の感覚を忘れないためのレクリエーション等が行われます。

 

また、レビー小体型認知症の周辺症状と呼ばれる不安や易怒性(いどせい)、妄想などを落ち着かせるための作業を行います。

 

内容としては、レビー小体型認知症の方が昔得意だったことや興味の強いもの等を作業療法として行います。

 

もう一つのパーキンソン症状に対する作業療法としては、以下のような内容です。

 

たとえば、嚥下障害が見られる際には、食事の環境(その方に合った机や食器など)を調整し、食事動作を行いやすくするための援助をします。

 

このように、レビー小体型認知症の作業療法は2種類の方法が取られることとなります。

レビー小体型認知症の作業療法の効果的なやり方や注意点

レビー小体型認知症に対する作業療法を効果的に行うためには、どのような点に注意すれば良いのでしょうか?

 

レビー小体型認知症に対しての作業療法は、上記以外にもパーキンソン症状として見られる筋肉の強張りや動きづらさを緩和するための運動等も実施します。

 

この作業療法は、比較的ご家族の方でも行いやすいリハビリテーションと言えるでしょう。

 

具体的なやり方としては、ご家族が、本人の肩や股関節などの大きな関節を動く範囲で動かす「関節可動域訓練」や、「背筋を伸ばす体操」などです。

 

関節可動域訓練は、横になったリラックスした姿勢で、レビー小体型認知症の方が痛くない範囲で行いましょう。

 

朝晩など一日2セットほど、1セット10回程度、ゆっくりとストレッチしてあげるように動かしましょう。

 

身体の持つ位置や具体的な方法は、インターネット上にもたくさん載っているので、参考にしてみてください。

 

また、普段行なっている方も多い散歩も、レビー小体型認知症の方にとっては立派な作業療法の一つです。

 

散歩をしている時に、季節の花や景色に注意を向けるように声をかけてみたり、あえて違う道順を通ってみたりして見ましょう。

 

また、歩く能力に問題がない方は、しりとりをしながら歩くことも、レビー小体型認知症の認知機能の低下を防止する有効な方法のひとつです。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連記事とスポンサーリンク

関連ページ

症状の特徴
レビー小体型認知症の症状や特徴には、どのようなことがあるのでしょうか?ここでは、レビー小体型認知症の症状の特徴についてご説明します。
遺伝
レビー小体型認知症は遺伝が原因という話がありますが本当でしょうか?ここでは、レビー小体型認知症と遺伝との関係について触れて見ます。
初期症状
レビー小体型認知症の初期には、どのような症状が見られるのでしょうか?ここでは、レビー小体型認知症の初期症状についてご説明します。
幻覚症状
レビー小体型認知症の幻覚症状にはどのようなことが現れるでしょうか?ここでは、レビー小体型認知症の幻覚症状についてご説明します。
暴れる
レビー小体型認知症の方が暴れる、暴力的になるというケースがあります。ここでは、レビー小体型認知症の方が暴れる原因や対策についてご説明します。
誤嚥
レビー小体型認知症の方が誤嚥という症状を引き起こすケースがあります。ここでは、レビー小体型認知症による誤嚥の原因や対策についてご説明します。
うつ病
レビー小体型認知症の方がうつ病という症状を引き起こすケースがあります。ここでは、レビー小体型認知症によるうつ病の原因や対策についてご説明します。
錐体外路症状
レビー小体型認知症による錐体外路症状をご存知でしょうか?ここでは、レビー小体型認知症による錐体外路症状の原因や対策についてご説明します。
オンオフ現象
レビー小体型認知症によるオンオフ現象という症状をご存知でしょうか?ここでは、レビー小体型認知症によるオンオフ現象の原因や対策についてご説明します。
嗅覚障害
レビー小体型認知症には嗅覚障害という症状が現れることがあります。ここでは、レビー小体型認知症による嗅覚障害の原因や対策についてご説明します。
首下がり
レビー小体型認知症の首下がりという症状が現れることがあります。ここでは、レビー小体型認知症による首下がりの原因や対策についてご説明します。
見当識障害
レビー小体型認知症には見当識障害という症状が現れることがあります。ここでは、レビー小体型認知症による見当識障害の原因や対策についてご説明します。
作話
レビー小体型認知症には作話という現象が起きることがあります。ここでは、レビー小体型認知症による作話の原因や対策についてご説明します。
せん妄
レビー小体型認知症の症状の一つに、せん妄というものがあります。ここでは、レビー小体型認知症によるせん妄の原因や対策についてご説明します。
嘔吐(おうと)
レビー小体型認知症の方に嘔吐症状が現れる原因は何でしょうか?ここでは、レビー小体型認知症の嘔吐症状の原因や対策についてご説明します。
痙攣(けいれん)
レビー小体型認知症の方に痙攣(けいれん)が現れるケースがあります。ここでは、レビー小体型認知症の方で痙攣が現れる場合の原因や対策についてご説明します。
常同行動
レビー小体型認知症の症状の一つに常同行動というものがあります。ここでは、レビー小体型認知症による常同行動の原因や対策についてご説明します。
アロマ
レビー小体型認知症にアロマが効果的だという話があります。ここでは、レビー小体型認知症に対するアロマの効果性、使い方や注意点等についてご説明します。
むずむず脚症候群
レビー小体型認知症の方の中には、むずむず脚症候群に悩まされるケースがあります。ここでは、レビー小体型認知症によるむずむず脚症候群の原因や対策についてご説明します。
禁忌
レビー小体型認知症にとっての禁忌事項には、どんなことがあるのでしょうか?ここでは、レビー小体型認知症の禁忌事項についてご説明します。
性差
レビー小体型認知症の発症率に性差はあるのでしょうか?ここでは、レビー小体型認知症の性差についてご説明します。
運動療法
レビー小体型認知症に対して運動療法という療法が用いられることがあります。ここでは、レビー小体型認知症の運動療法についてご説明します。
リハビリ
レビー小体型認知症のリハビリにはどんなものがあるのでしょうか?ここでは、レビー小体型認知症のリハビリについてご説明します。
食事療法
レビー小体型認知症に食事療法が効果的という話がありますが本当でしょうか?ここでは、レビー小体型認知症の食事療法についてご説明します。
余命
レビー小体型認知症の方の余命については、気になるという方は多いでしょう。ここでは、レビー小体型認知症の余命についてご説明します。
末期
レビー小体型認知症になった患者さんが末期を迎えるとどのような状態になるのでしょうか?ここでは、レビー小体型認知症の末期について書いていきます。