レビー小体型認知症に食事療法はどうか?

スポンサードリンク

レビー小体型認知症と食事療法の関係について

レビー小体型認知症の食事療法

 

レビー小体型認知症に食事療法が有効であるという話がありますが、どうなのでしょうか?

 

認知症になった家族のことを考えると、化学薬品である薬を使うより、自然な食事で良い方向へ向かえば、こんなに良いことはありません。

 

実際、レビー小体認知症の特徴の一つに、薬の副作用が強く現れるということがあります。

 

中には、それによって苦しい思いをする認知症患者もいるようです。

 

また、他の病気の薬を飲んでいると、薬のが効果が減少したり、認知症と他の病気の症状をかえって、悪くしてしまうこともあります。

 

ここでは、レビー小体型認知症に食事療法が有効であるかどうかについてご説明します。

レビー小体型認知症の食事療法と効果は?

レビー小体型認知症の治療法で最近注目されているのが、薬に頼ることを最小限にする食事療法です。

 

ところで、食事療法とは、どんなことが関係してくるでしょうか?

 

一つに、レビー小体型認知症になると、自律神経の機能障害が起こりやすくなります。

 

そのため便秘症になりやすくなります。

 

ですから、食物繊維を積極的に取り入れた食事をすることによって、便秘症を改善できるようにします。

 

また、酵素を多く含む食品を、出来るだけ多くとることによって細胞に力が与えられ、免疫力が高まることになります。

 

血流をよくする食品であれば、体全体の代謝を高めることが出来るので、運動機能が低下することを防ぐことにもなります。

 

こうして、どんな食事を摂るのかを工夫することによって、体に対して必要なエネルギーや栄養を効率よく取り入れることが出来ます。

 

そうすれば症状の悪化を防いで、健康の維持にもつながるというわけです。

 

まさに、合理的で副作用の無い治療法と言えるでしょう。

レビー小体型認知症の食事療法のやり方やコツ、注意点

実際に、レビー小体型認知症では、どんな食事を摂ることが良いのでしょうか?

 

近年、腸内細菌のバランスが乱れると、精神の病気に影響を与えることが分かって来ました。

 

そのため、腸内細菌を整える食品を取ることは、免疫力を高め、認知症の予防や治療に役立つようです。

 

日本では古くから、発酵食品を取ることがなされてきましたが、これを認知症の食事療法に取り入れることが出来ます。

 

コツは、日本料理にあります。

 

現在、日本でとることが出来る代表的な発酵食品は沢山ありますよね。

 

味噌、しょうゆ、酢、お酒、納豆、ヨーグルトなど、普通に手に入れることが出来ます。

 

また、かつお節、塩辛、漬物も、発酵食品の仲間です。

 

考えてみれば、一昔前まで、どこの家庭の食卓にも多く出されていた食品は、認知症の食事療法にうってつけのメニュだと言うことができます。

 

薬物療法と比べると食事療法は、効果が現れにくいと感じるかもしれません。

 

しかし、薬によって副作用に苦しんだり、症状が悪化することは避けられます。

 

ですから、今、薬物療法の副作用などで困っている人は、薬を出来るだけ減らすことを考えても良いかと思います。

 

レビー小体型認知症に対する食事療法で、体全体の機能を高めることを考えて見てはいかがでしょうか。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連記事とスポンサーリンク

関連ページ

症状の特徴
レビー小体型認知症の症状や特徴には、どのようなことがあるのでしょうか?ここでは、レビー小体型認知症の症状の特徴についてご説明します。
遺伝
レビー小体型認知症は遺伝が原因という話がありますが本当でしょうか?ここでは、レビー小体型認知症と遺伝との関係について触れて見ます。
初期症状
レビー小体型認知症の初期には、どのような症状が見られるのでしょうか?ここでは、レビー小体型認知症の初期症状についてご説明します。
幻覚症状
レビー小体型認知症の幻覚症状にはどのようなことが現れるでしょうか?ここでは、レビー小体型認知症の幻覚症状についてご説明します。
暴れる
レビー小体型認知症の方が暴れる、暴力的になるというケースがあります。ここでは、レビー小体型認知症の方が暴れる原因や対策についてご説明します。
誤嚥
レビー小体型認知症の方が誤嚥という症状を引き起こすケースがあります。ここでは、レビー小体型認知症による誤嚥の原因や対策についてご説明します。
うつ病
レビー小体型認知症の方がうつ病という症状を引き起こすケースがあります。ここでは、レビー小体型認知症によるうつ病の原因や対策についてご説明します。
錐体外路症状
レビー小体型認知症による錐体外路症状をご存知でしょうか?ここでは、レビー小体型認知症による錐体外路症状の原因や対策についてご説明します。
オンオフ現象
レビー小体型認知症によるオンオフ現象という症状をご存知でしょうか?ここでは、レビー小体型認知症によるオンオフ現象の原因や対策についてご説明します。
嗅覚障害
レビー小体型認知症には嗅覚障害という症状が現れることがあります。ここでは、レビー小体型認知症による嗅覚障害の原因や対策についてご説明します。
首下がり
レビー小体型認知症の首下がりという症状が現れることがあります。ここでは、レビー小体型認知症による首下がりの原因や対策についてご説明します。
見当識障害
レビー小体型認知症には見当識障害という症状が現れることがあります。ここでは、レビー小体型認知症による見当識障害の原因や対策についてご説明します。
作話
レビー小体型認知症には作話という現象が起きることがあります。ここでは、レビー小体型認知症による作話の原因や対策についてご説明します。
せん妄
レビー小体型認知症の症状の一つに、せん妄というものがあります。ここでは、レビー小体型認知症によるせん妄の原因や対策についてご説明します。
嘔吐(おうと)
レビー小体型認知症の方に嘔吐症状が現れる原因は何でしょうか?ここでは、レビー小体型認知症の嘔吐症状の原因や対策についてご説明します。
痙攣(けいれん)
レビー小体型認知症の方に痙攣(けいれん)が現れるケースがあります。ここでは、レビー小体型認知症の方で痙攣が現れる場合の原因や対策についてご説明します。
常同行動
レビー小体型認知症の症状の一つに常同行動というものがあります。ここでは、レビー小体型認知症による常同行動の原因や対策についてご説明します。
アロマ
レビー小体型認知症にアロマが効果的だという話があります。ここでは、レビー小体型認知症に対するアロマの効果性、使い方や注意点等についてご説明します。
むずむず脚症候群
レビー小体型認知症の方の中には、むずむず脚症候群に悩まされるケースがあります。ここでは、レビー小体型認知症によるむずむず脚症候群の原因や対策についてご説明します。
禁忌
レビー小体型認知症にとっての禁忌事項には、どんなことがあるのでしょうか?ここでは、レビー小体型認知症の禁忌事項についてご説明します。
性差
レビー小体型認知症の発症率に性差はあるのでしょうか?ここでは、レビー小体型認知症の性差についてご説明します。
作業療法
レビー小体型認知症に対して作業療法という療法が用いられることがあります。ここでは、レビー小体型認知症の作業療法についてご説明します。
運動療法
レビー小体型認知症に対して運動療法という療法が用いられることがあります。ここでは、レビー小体型認知症の運動療法についてご説明します。
リハビリ
レビー小体型認知症のリハビリにはどんなものがあるのでしょうか?ここでは、レビー小体型認知症のリハビリについてご説明します。
余命
レビー小体型認知症の方の余命については、気になるという方は多いでしょう。ここでは、レビー小体型認知症の余命についてご説明します。
末期
レビー小体型認知症になった患者さんが末期を迎えるとどのような状態になるのでしょうか?ここでは、レビー小体型認知症の末期について書いていきます。