レビー小体型認知症の余命はどのくらい?

スポンサードリンク

レビー小体型認知症の余命はどのくらいなの?

レビー小体型認知症の余命

 

レビー小体型認知症の方の余命については、気になるという方は多いでしょう。

 

レビー小体型認知症の介護や看護は、とても大変で、経験のある人にしか分からない辛さがあります。

 

ですから「この辛さが何年続くのだろう?」と、先が見えない不安感に襲われる人がかなり多いのではないかと思われます。

 

ここでは、そんなレビー小体型認知症の余命についてご説明します。

レビー小体型認知症の余命の平均は?

レビー小体型認知症の余命について考える時に「徘徊」は一つの目安になることがあります。

 

実は、レビー小体型認知症のような徘徊のある認知症の方は、あまり長生きが出来ません。

 

平均余命で、大体「7年程度」と言われています。

 

もちろん、これはレビー小体型認知症の余命平均ですので、もっと長い方も短い方もいます。

 

では、なぜ、長生きが出来ないのでしょうか?

 

それは、夜も昼も関係なく徘徊し、体力を消耗するからです。

 

私の知っているレビー小体型認知症の方は、スニーカーの靴底が1か月もしないうちにすり減ってしまい、足が真っ黒になっていました。

 

育ち盛りの子供が、毎日毎日走り回ったとしても、1か月で靴底がすり減り無くなったのを経験した事はありません。

 

(一部破れる事はあったにしても、すり減るって・・・)

 

それくらい、レビー小体型認知症の方は歩きます。

 

炎天下であろうが、関係ありません。

 

熱中症になっても、歩こうとします。

 

それが、どれほど命を縮めていることか想像が出来ますか?

 

必然的に余命が短くなるという理由がご理解出来るかと思います。

 

そして、その徘徊には意味がありますので、遂行出来ないと強いストレスがかかっています。

 

そのストレスが影響し、更にレビー小体型認知症の認知症状を増幅させます。

レビー小体型認知症の余命に対して出来る接し方・注意点

レビー小体型認知症の余命に対して、周囲ができる接し方や注意点についてご説明します。

 

レビー小体型認知症の方は、パーキンソン症状から来る歩行障害があっても歩きますので、目が離せません。

 

それを阻止しようとしたり、静止しようとすると、怒り出し、関係もうまく行かなくなります。

 

ですから、そばで介護をする方は、身の周りに危険が無いよう付き添う事となります。

 

「先を急いでいる」としか思えない行動ですが、専門職の方には、残り少ないその方の人生に危険がないよう、根気良くお付き合いをお願いするしかありません。

 

ある程度、満足すると「じゃ、帰ろうか」となりますので、その時には快く「そうしましょうか」と声をかけましょう。

 

そして、水分を促したり、おやつを一緒に食べたりしながら帰るという毎日を過ごして下さい。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連記事とスポンサーリンク

関連ページ

症状の特徴
レビー小体型認知症の症状や特徴には、どのようなことがあるのでしょうか?ここでは、レビー小体型認知症の症状の特徴についてご説明します。
遺伝
レビー小体型認知症は遺伝が原因という話がありますが本当でしょうか?ここでは、レビー小体型認知症と遺伝との関係について触れて見ます。
初期症状
レビー小体型認知症の初期には、どのような症状が見られるのでしょうか?ここでは、レビー小体型認知症の初期症状についてご説明します。
幻覚症状
レビー小体型認知症の幻覚症状にはどのようなことが現れるでしょうか?ここでは、レビー小体型認知症の幻覚症状についてご説明します。
暴れる
レビー小体型認知症の方が暴れる、暴力的になるというケースがあります。ここでは、レビー小体型認知症の方が暴れる原因や対策についてご説明します。
誤嚥
レビー小体型認知症の方が誤嚥という症状を引き起こすケースがあります。ここでは、レビー小体型認知症による誤嚥の原因や対策についてご説明します。
うつ病
レビー小体型認知症の方がうつ病という症状を引き起こすケースがあります。ここでは、レビー小体型認知症によるうつ病の原因や対策についてご説明します。
錐体外路症状
レビー小体型認知症による錐体外路症状をご存知でしょうか?ここでは、レビー小体型認知症による錐体外路症状の原因や対策についてご説明します。
オンオフ現象
レビー小体型認知症によるオンオフ現象という症状をご存知でしょうか?ここでは、レビー小体型認知症によるオンオフ現象の原因や対策についてご説明します。
嗅覚障害
レビー小体型認知症には嗅覚障害という症状が現れることがあります。ここでは、レビー小体型認知症による嗅覚障害の原因や対策についてご説明します。
首下がり
レビー小体型認知症の首下がりという症状が現れることがあります。ここでは、レビー小体型認知症による首下がりの原因や対策についてご説明します。
見当識障害
レビー小体型認知症には見当識障害という症状が現れることがあります。ここでは、レビー小体型認知症による見当識障害の原因や対策についてご説明します。
作話
レビー小体型認知症には作話という現象が起きることがあります。ここでは、レビー小体型認知症による作話の原因や対策についてご説明します。
せん妄
レビー小体型認知症の症状の一つに、せん妄というものがあります。ここでは、レビー小体型認知症によるせん妄の原因や対策についてご説明します。
嘔吐(おうと)
レビー小体型認知症の方に嘔吐症状が現れる原因は何でしょうか?ここでは、レビー小体型認知症の嘔吐症状の原因や対策についてご説明します。
痙攣(けいれん)
レビー小体型認知症の方に痙攣(けいれん)が現れるケースがあります。ここでは、レビー小体型認知症の方で痙攣が現れる場合の原因や対策についてご説明します。
常同行動
レビー小体型認知症の症状の一つに常同行動というものがあります。ここでは、レビー小体型認知症による常同行動の原因や対策についてご説明します。
アロマ
レビー小体型認知症にアロマが効果的だという話があります。ここでは、レビー小体型認知症に対するアロマの効果性、使い方や注意点等についてご説明します。
むずむず脚症候群
レビー小体型認知症の方の中には、むずむず脚症候群に悩まされるケースがあります。ここでは、レビー小体型認知症によるむずむず脚症候群の原因や対策についてご説明します。
禁忌
レビー小体型認知症にとっての禁忌事項には、どんなことがあるのでしょうか?ここでは、レビー小体型認知症の禁忌事項についてご説明します。
性差
レビー小体型認知症の発症率に性差はあるのでしょうか?ここでは、レビー小体型認知症の性差についてご説明します。
作業療法
レビー小体型認知症に対して作業療法という療法が用いられることがあります。ここでは、レビー小体型認知症の作業療法についてご説明します。
運動療法
レビー小体型認知症に対して運動療法という療法が用いられることがあります。ここでは、レビー小体型認知症の運動療法についてご説明します。
リハビリ
レビー小体型認知症のリハビリにはどんなものがあるのでしょうか?ここでは、レビー小体型認知症のリハビリについてご説明します。
食事療法
レビー小体型認知症に食事療法が効果的という話がありますが本当でしょうか?ここでは、レビー小体型認知症の食事療法についてご説明します。
末期
レビー小体型認知症になった患者さんが末期を迎えるとどのような状態になるのでしょうか?ここでは、レビー小体型認知症の末期について書いていきます。