レビー小体型認知症の症状「作話」とは何か?

スポンサードリンク

レビー小体型認知症の症状「作話(さくわ)」について

レビー小体型認知症の作話

 

「作話」はレビー小体型認知症の方に特徴的に見られる現象のひとつです。

 

レビー小体型認知症による作話は、読んで字のごとく、作り話をするという事です。

 

では、なぜ認知症の方はなぜ作り話をするのでしょうか?

 

一つ考えられることとしては、レビー小体型認知症の主症状である「記憶障害」により、物事を忘れてしまったことを隠そうとして、取り繕って話そうとすることです。

 

では、レビー小体型認知症による「作話」について詳しくご説明します。

レビー小体型認知症による作話の症状は?

レビー小体型認知症による作話の症状は、どのように現れるのでしょうか。

 

レビー小体型認知症では、物忘れがひどくなるにつれ、作話も頻繁にみられるようになります。

 

認知症の初期では、話す能力の衰えは、目立たないことが多いです。

 

そのため、あたかも本当にあった出来事のように話をするので、作話は気付かれないことがあります。

 

しかし、記憶障害がすすむと、作話のつじつまが合わなくなったり、言葉を思い出したり話す能力自体が衰えるので、作話が明らかになるのです。

 

また、レビー小体型認知症では、幻覚(実際にないものが見えたり聞こえたりする)症状が多いです。

 

そのため、それらを周囲に伝えたり細かく説明をしようとした際などに、作話がみられることもあります。

レビー小体型認知症の作話に対する対策や注意点

では、もしレビー小体型認知症による作話が聞かれたら、私たちはどのように対応すればよいのでしょうか?

 

まず、絶対にやってはならない対応方法は、「うそをつくな」「作り話でしょ」など、相手の自尊心を傷つけるような言葉をかけることです。

 

作話をしている本人は、自分が物忘れをしていることに気付いています。

 

そして、それを周りに知られたくないため、なんとかして話を作っている場合が多くあります。

 

このような作話の場合は、ご本人の自尊心によるものと言えるでしょう。

 

また、レビー小体型認知症の方は幻覚症状が多いと述べましたが、幻覚は他の人からはわからなくても、レビー小体型認知症の本人には確実に見えたり聞こえたりしているものです。

 

よって、自分が見たり聞いたりしているものを何とかして周りに伝えるために、必死に話を作っていることもあります。

 

レビー小体型認知症による作話を真に受ける必要はありませんが、「そうだったの」「なるほどね」など、相手の話を受容するようにしましょう。

 

ただし、作話に対して、こちらがさらに話を掘り下げようとすると、さらに作り話をさせてしまうことになります。

 

ですので、「それで?」「どうなったの?」などと、話を深く追求しないようにしましょう。

 

記憶障害自体が進むと、作話をする本人も、作話をしている意識があまり無くなってきます。

 

聞き手は、それが本当の話なのか・作話によるものなのか、日々の会話から見分けられるようにしておくと良いでしょう。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連記事とスポンサーリンク

関連ページ

症状の特徴
レビー小体型認知症の症状や特徴には、どのようなことがあるのでしょうか?ここでは、レビー小体型認知症の症状の特徴についてご説明します。
遺伝
レビー小体型認知症は遺伝が原因という話がありますが本当でしょうか?ここでは、レビー小体型認知症と遺伝との関係について触れて見ます。
初期症状
レビー小体型認知症の初期には、どのような症状が見られるのでしょうか?ここでは、レビー小体型認知症の初期症状についてご説明します。
幻覚症状
レビー小体型認知症の幻覚症状にはどのようなことが現れるでしょうか?ここでは、レビー小体型認知症の幻覚症状についてご説明します。
暴れる
レビー小体型認知症の方が暴れる、暴力的になるというケースがあります。ここでは、レビー小体型認知症の方が暴れる原因や対策についてご説明します。
誤嚥
レビー小体型認知症の方が誤嚥という症状を引き起こすケースがあります。ここでは、レビー小体型認知症による誤嚥の原因や対策についてご説明します。
うつ病
レビー小体型認知症の方がうつ病という症状を引き起こすケースがあります。ここでは、レビー小体型認知症によるうつ病の原因や対策についてご説明します。
錐体外路症状
レビー小体型認知症による錐体外路症状をご存知でしょうか?ここでは、レビー小体型認知症による錐体外路症状の原因や対策についてご説明します。
オンオフ現象
レビー小体型認知症によるオンオフ現象という症状をご存知でしょうか?ここでは、レビー小体型認知症によるオンオフ現象の原因や対策についてご説明します。
嗅覚障害
レビー小体型認知症には嗅覚障害という症状が現れることがあります。ここでは、レビー小体型認知症による嗅覚障害の原因や対策についてご説明します。
首下がり
レビー小体型認知症の首下がりという症状が現れることがあります。ここでは、レビー小体型認知症による首下がりの原因や対策についてご説明します。
見当識障害
レビー小体型認知症には見当識障害という症状が現れることがあります。ここでは、レビー小体型認知症による見当識障害の原因や対策についてご説明します。
せん妄
レビー小体型認知症の症状の一つに、せん妄というものがあります。ここでは、レビー小体型認知症によるせん妄の原因や対策についてご説明します。
嘔吐(おうと)
レビー小体型認知症の方に嘔吐症状が現れる原因は何でしょうか?ここでは、レビー小体型認知症の嘔吐症状の原因や対策についてご説明します。
痙攣(けいれん)
レビー小体型認知症の方に痙攣(けいれん)が現れるケースがあります。ここでは、レビー小体型認知症の方で痙攣が現れる場合の原因や対策についてご説明します。
常同行動
レビー小体型認知症の症状の一つに常同行動というものがあります。ここでは、レビー小体型認知症による常同行動の原因や対策についてご説明します。
アロマ
レビー小体型認知症にアロマが効果的だという話があります。ここでは、レビー小体型認知症に対するアロマの効果性、使い方や注意点等についてご説明します。
むずむず脚症候群
レビー小体型認知症の方の中には、むずむず脚症候群に悩まされるケースがあります。ここでは、レビー小体型認知症によるむずむず脚症候群の原因や対策についてご説明します。
禁忌
レビー小体型認知症にとっての禁忌事項には、どんなことがあるのでしょうか?ここでは、レビー小体型認知症の禁忌事項についてご説明します。
性差
レビー小体型認知症の発症率に性差はあるのでしょうか?ここでは、レビー小体型認知症の性差についてご説明します。
作業療法
レビー小体型認知症に対して作業療法という療法が用いられることがあります。ここでは、レビー小体型認知症の作業療法についてご説明します。
運動療法
レビー小体型認知症に対して運動療法という療法が用いられることがあります。ここでは、レビー小体型認知症の運動療法についてご説明します。
リハビリ
レビー小体型認知症のリハビリにはどんなものがあるのでしょうか?ここでは、レビー小体型認知症のリハビリについてご説明します。
食事療法
レビー小体型認知症に食事療法が効果的という話がありますが本当でしょうか?ここでは、レビー小体型認知症の食事療法についてご説明します。
余命
レビー小体型認知症の方の余命については、気になるという方は多いでしょう。ここでは、レビー小体型認知症の余命についてご説明します。
末期
レビー小体型認知症になった患者さんが末期を迎えるとどのような状態になるのでしょうか?ここでは、レビー小体型認知症の末期について書いていきます。