レビー小体型認知症による痙攣(けいれん)とは?

スポンサードリンク

レビー小体型認知症による痙攣(けいれん)について

レビー小体型認知症で痙攣する

 

レビー小体型認知症の方の中には、痙攣(けいれん)のように手足が震える症状がでる方が多くいます。

 

介護にあたっている方は、最初の頃、レビー小体型認知症の痙攣には驚かれることも多いようです。

 

「痙攣」という症状が常に現れるようになるのは、レビー小体型認知症の方に特有のものと言えるでしょう。

 

ここでは、レビー小体型認知症による痙攣(けいれん)についてご説明します。

レビー小体型認知の痙攣が起きる原因とは何か?

レビー小体型認知症の症状として「痙攣」が現れる原因は、なんでしょうか?

 

痙攣の症状は、レビー小体型認知症の症状のひとつである「パーキンソン症状」のうちの「振戦」と呼ばれる症状です。

 

パーキンソン症状とは、パーキンソン病の方にも見られる症状の一つです。

 

たとえば、以下のような症状がパーキンソン症状の代表的なものです。

 

  • 「無動=動かない」
  • 「固縮=体に力が入ってしまいスムーズに動かしにくい」
  • 「振戦(しんせん)=意図していないのに痙攣のように手足が震える」

 

 

レビー小体型認知症は、病気の原因となる脳内物質がパーキンソン病と似ているため、パーキンソン症状の一つである「振戦」⇒痙攣が現れてしまうのです。

 

振戦では、意図していないのに手や足、そして首などに、痙攣のような規則的な震えが起こる事が特徴です。

 

パーキンソン症状の振戦では、じっとして体を動かしていない時に起こり、動作を始めると痙攣のような震えが治まることが多いとされています。

レビー小体型認知症による痙攣への対応と注意点

レビー小体型認知症による痙攣に対しての対応と、注意点についてご説明しましょう。

 

まず、上記に述べた痙攣のような症状である「振戦」は、レビー小体型認知症のパーキンソン症状に対する「服薬の調整」で様子を見ていきます。

 

レビー小体型認知症は、薬に対して敏感に反応することで効果がよく得られることもあれば、それとは反対に重い「副作用」がでてしまうこともあります。

 

ですから、もしも薬を飲み始めてから普段と変わった様子が見られた際には、注意が必要です。

 

レビー小体型認知症の服薬による副作用であることも考えられるため、細かなことでも主治医に相談してみるようにしましょう。

 

レビー小体型認知症の方が薬を飲み始めてから、痙攣のような症状が治まっても、油断してはいけません。

 

反対に動作が遅くなったり、動きにくい・動かないような症状が見られた際にも、薬の調節が必要と考えられます。

 

薬の調整は、言うまでもなく専門の医師が行うものです。

 

レビー小体型認知症による痙攣が疑われる場合は、自己・家族判断ではなく、主治医の指示を仰ぎ、適切な服薬調節をするようにしましょう。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連記事とスポンサーリンク

関連ページ

症状の特徴
レビー小体型認知症の症状や特徴には、どのようなことがあるのでしょうか?ここでは、レビー小体型認知症の症状の特徴についてご説明します。
遺伝
レビー小体型認知症は遺伝が原因という話がありますが本当でしょうか?ここでは、レビー小体型認知症と遺伝との関係について触れて見ます。
初期症状
レビー小体型認知症の初期には、どのような症状が見られるのでしょうか?ここでは、レビー小体型認知症の初期症状についてご説明します。
幻覚症状
レビー小体型認知症の幻覚症状にはどのようなことが現れるでしょうか?ここでは、レビー小体型認知症の幻覚症状についてご説明します。
暴れる
レビー小体型認知症の方が暴れる、暴力的になるというケースがあります。ここでは、レビー小体型認知症の方が暴れる原因や対策についてご説明します。
誤嚥
レビー小体型認知症の方が誤嚥という症状を引き起こすケースがあります。ここでは、レビー小体型認知症による誤嚥の原因や対策についてご説明します。
うつ病
レビー小体型認知症の方がうつ病という症状を引き起こすケースがあります。ここでは、レビー小体型認知症によるうつ病の原因や対策についてご説明します。
錐体外路症状
レビー小体型認知症による錐体外路症状をご存知でしょうか?ここでは、レビー小体型認知症による錐体外路症状の原因や対策についてご説明します。
オンオフ現象
レビー小体型認知症によるオンオフ現象という症状をご存知でしょうか?ここでは、レビー小体型認知症によるオンオフ現象の原因や対策についてご説明します。
嗅覚障害
レビー小体型認知症には嗅覚障害という症状が現れることがあります。ここでは、レビー小体型認知症による嗅覚障害の原因や対策についてご説明します。
首下がり
レビー小体型認知症の首下がりという症状が現れることがあります。ここでは、レビー小体型認知症による首下がりの原因や対策についてご説明します。
見当識障害
レビー小体型認知症には見当識障害という症状が現れることがあります。ここでは、レビー小体型認知症による見当識障害の原因や対策についてご説明します。
作話
レビー小体型認知症には作話という現象が起きることがあります。ここでは、レビー小体型認知症による作話の原因や対策についてご説明します。
せん妄
レビー小体型認知症の症状の一つに、せん妄というものがあります。ここでは、レビー小体型認知症によるせん妄の原因や対策についてご説明します。
嘔吐(おうと)
レビー小体型認知症の方に嘔吐症状が現れる原因は何でしょうか?ここでは、レビー小体型認知症の嘔吐症状の原因や対策についてご説明します。
常同行動
レビー小体型認知症の症状の一つに常同行動というものがあります。ここでは、レビー小体型認知症による常同行動の原因や対策についてご説明します。
アロマ
レビー小体型認知症にアロマが効果的だという話があります。ここでは、レビー小体型認知症に対するアロマの効果性、使い方や注意点等についてご説明します。
むずむず脚症候群
レビー小体型認知症の方の中には、むずむず脚症候群に悩まされるケースがあります。ここでは、レビー小体型認知症によるむずむず脚症候群の原因や対策についてご説明します。
禁忌
レビー小体型認知症にとっての禁忌事項には、どんなことがあるのでしょうか?ここでは、レビー小体型認知症の禁忌事項についてご説明します。
性差
レビー小体型認知症の発症率に性差はあるのでしょうか?ここでは、レビー小体型認知症の性差についてご説明します。
作業療法
レビー小体型認知症に対して作業療法という療法が用いられることがあります。ここでは、レビー小体型認知症の作業療法についてご説明します。
運動療法
レビー小体型認知症に対して運動療法という療法が用いられることがあります。ここでは、レビー小体型認知症の運動療法についてご説明します。
リハビリ
レビー小体型認知症のリハビリにはどんなものがあるのでしょうか?ここでは、レビー小体型認知症のリハビリについてご説明します。
食事療法
レビー小体型認知症に食事療法が効果的という話がありますが本当でしょうか?ここでは、レビー小体型認知症の食事療法についてご説明します。
余命
レビー小体型認知症の方の余命については、気になるという方は多いでしょう。ここでは、レビー小体型認知症の余命についてご説明します。
末期
レビー小体型認知症になった患者さんが末期を迎えるとどのような状態になるのでしょうか?ここでは、レビー小体型認知症の末期について書いていきます。