レビー小体型認知症のオンオフ現象とは?

スポンサードリンク

レビー小体型認知症のオンオフ現象について

レビー小体型認知症のオンオフ現象

 

レビー小体型認知症によるオンオフ現象という症状を聞いたことはありますか?

 

オンオフ現象というのは、文字通りレビー小体型認知症による症状が治まっているオンの状態と、発症しているオフの状態という意味になります。

 

レビー小体型認知症によるオンオフ状態は薬の服用によって現れると考えると良いでしょう。

 

ここでは、レビー小体型認知症によるオンオフ現象の原因や対処法についてご説明します。

レビー小体型認知症のオンオフ現象の原因

レビー小体型認知症によるオンオフ現象の原因とは、どのようなことでしょうか?

 

レビー小体型認知症では、パーキンソン病と同様に、身体が動かしにくくなる・ボーッとするなどのパーキンソン症状とよばれる症状がでてきます。

 

これは、パーキンソン病とレビー小体型認知症がどちらも「レビー小体」とよばれる異常な物質が脳内に沈着してしまうために起きるためです。

 

レビー小体型認知症の方でも、上記のようなパーキンソン症状が強い際は、パーキンソン病と同様の薬を服用する事があります。

 

この薬は、薬を服用している期間が長くなってくると、効果の持続時間が短くなるという特徴があります。

 

オンオフ現象とは、薬の効き目によってパーキンソン症状が治まっている動きやすいオンの状態と、効果が弱まってきてパーキンソン症状が現れている状態(動かない・筋肉に異常な力が入る等)オフの状態を繰り返す現象を指します。

 

薬の服薬時間などに関係なく、スイッチをオンにしたりオフにしたりするように突然症状が現れたり消えたりするために、このように呼ばれています。

レビー小体型認知症のオンオフ現象への対応と注意点

レビー小体型認知症によるオンオフ現象のへの対応や注意点についてご説明します。

 

まずは、お薬の調整も視野に入れて、症状を主治医に相談しましょう。

 

オンオフ現象で動かなくなったり症状が重くなったからといって、医者の指示を仰がずに私たちの判断で薬を減らしたり増やしたりすることは危険なのでやめましょう。

 

また、レビー小体型認知症によるオンオフ現象は、本人の意識とは関係なく起こってしまいます。

 

なので、症状が現れて一番辛いのは本人であるということを理解して接してあげるようにしましょう。

 

オフの状態では、オンの状態に比べて驚くほど動きが鈍くなったり、逆に不随意運動といって身体が勝手に動いてしまう(口をもぐもぐしたり手の指を動かす)症状がでます。

 

オフの状態では無理に動かそうとしたり行動を急かそうとしてはいけません。

 

レビー小体型認知症によるオンオフ現象という現象があるということを事前に知っていれば、受診する際にも症状を細かく相談しやすいでしょう。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連記事とスポンサーリンク

関連ページ

症状の特徴
レビー小体型認知症の症状や特徴には、どのようなことがあるのでしょうか?ここでは、レビー小体型認知症の症状の特徴についてご説明します。
遺伝
レビー小体型認知症は遺伝が原因という話がありますが本当でしょうか?ここでは、レビー小体型認知症と遺伝との関係について触れて見ます。
初期症状
レビー小体型認知症の初期には、どのような症状が見られるのでしょうか?ここでは、レビー小体型認知症の初期症状についてご説明します。
幻覚症状
レビー小体型認知症の幻覚症状にはどのようなことが現れるでしょうか?ここでは、レビー小体型認知症の幻覚症状についてご説明します。
暴れる
レビー小体型認知症の方が暴れる、暴力的になるというケースがあります。ここでは、レビー小体型認知症の方が暴れる原因や対策についてご説明します。
誤嚥
レビー小体型認知症の方が誤嚥という症状を引き起こすケースがあります。ここでは、レビー小体型認知症による誤嚥の原因や対策についてご説明します。
うつ病
レビー小体型認知症の方がうつ病という症状を引き起こすケースがあります。ここでは、レビー小体型認知症によるうつ病の原因や対策についてご説明します。
錐体外路症状
レビー小体型認知症による錐体外路症状をご存知でしょうか?ここでは、レビー小体型認知症による錐体外路症状の原因や対策についてご説明します。
嗅覚障害
レビー小体型認知症には嗅覚障害という症状が現れることがあります。ここでは、レビー小体型認知症による嗅覚障害の原因や対策についてご説明します。
首下がり
レビー小体型認知症の首下がりという症状が現れることがあります。ここでは、レビー小体型認知症による首下がりの原因や対策についてご説明します。
見当識障害
レビー小体型認知症には見当識障害という症状が現れることがあります。ここでは、レビー小体型認知症による見当識障害の原因や対策についてご説明します。
作話
レビー小体型認知症には作話という現象が起きることがあります。ここでは、レビー小体型認知症による作話の原因や対策についてご説明します。
せん妄
レビー小体型認知症の症状の一つに、せん妄というものがあります。ここでは、レビー小体型認知症によるせん妄の原因や対策についてご説明します。
嘔吐(おうと)
レビー小体型認知症の方に嘔吐症状が現れる原因は何でしょうか?ここでは、レビー小体型認知症の嘔吐症状の原因や対策についてご説明します。
痙攣(けいれん)
レビー小体型認知症の方に痙攣(けいれん)が現れるケースがあります。ここでは、レビー小体型認知症の方で痙攣が現れる場合の原因や対策についてご説明します。
常同行動
レビー小体型認知症の症状の一つに常同行動というものがあります。ここでは、レビー小体型認知症による常同行動の原因や対策についてご説明します。
アロマ
レビー小体型認知症にアロマが効果的だという話があります。ここでは、レビー小体型認知症に対するアロマの効果性、使い方や注意点等についてご説明します。
むずむず脚症候群
レビー小体型認知症の方の中には、むずむず脚症候群に悩まされるケースがあります。ここでは、レビー小体型認知症によるむずむず脚症候群の原因や対策についてご説明します。
禁忌
レビー小体型認知症にとっての禁忌事項には、どんなことがあるのでしょうか?ここでは、レビー小体型認知症の禁忌事項についてご説明します。
性差
レビー小体型認知症の発症率に性差はあるのでしょうか?ここでは、レビー小体型認知症の性差についてご説明します。
作業療法
レビー小体型認知症に対して作業療法という療法が用いられることがあります。ここでは、レビー小体型認知症の作業療法についてご説明します。
運動療法
レビー小体型認知症に対して運動療法という療法が用いられることがあります。ここでは、レビー小体型認知症の運動療法についてご説明します。
リハビリ
レビー小体型認知症のリハビリにはどんなものがあるのでしょうか?ここでは、レビー小体型認知症のリハビリについてご説明します。
食事療法
レビー小体型認知症に食事療法が効果的という話がありますが本当でしょうか?ここでは、レビー小体型認知症の食事療法についてご説明します。
余命
レビー小体型認知症の方の余命については、気になるという方は多いでしょう。ここでは、レビー小体型認知症の余命についてご説明します。
末期
レビー小体型認知症になった患者さんが末期を迎えるとどのような状態になるのでしょうか?ここでは、レビー小体型認知症の末期について書いていきます。