レビー小体型認知症のリハビリ

スポンサードリンク

レビー小体型認知症のリハビリについて

レビー小体型認知症のリハビリ

 

レビー小体型認知症のリハビリには、どんな内容のものがあるのでしょうか?

 

レビー小体型認知症は、認知障害と同時にパーキンソン病の症状である運動障害も発生します。

 

ご存知のように、パーキンソン病は全身の筋肉がこわばりって行き、日常的な動きが困難になって来る病気です。

 

つまり、レビー小体型認知症は、特に「運動障害」にリハビリ治療を行なう必要があるということになります。

 

今回は、そんなレビー小体型認知症のリハビリについて詳しくご説明します。

レビー小体型認知症のリハビリはパーキンソン病と同じ?

まず、認知症の症状の発症がパーキンソン病の運動障害の発症後の一年以内であれば、レビー小体型認知症であると診断されます。

 

なぜなら、このように診断することを「1年ルール」と呼んでおり、そのルールを用いることが推奨されているからです。

 

もちろん順番が逆の場合も、これは当てはまります。

 

つまり、認知障害が発症した後に、又は同時にパーキンソン病の症状が発症したときも、レビー小体型認知症であると診断されます。

 

このことは、一体なにを意味するのでしょうか?

 

要するに、パーキンソン病とレビー小体型認知症の間には、本質的な違いがないと言うことになります。

 

このように考えると、レビー小体型認知症には、パーキンソン病のリハビリが有効であるという事が考えられます。

レビー小体型認知症のリハビリの方法やコツ、注意点

では、レビー小体型認知症には、どんなリハビリの方法があるのでしょうか?

 

ここでは日常的に出来る方法を幾つか紹介します。

 

レビー小体型認知症のリハビリ(1)顔面の運動

 

口をすぼめて、息を吐いたり、口の中に息をためて、ほほを膨らませたりします。

 

また、口を大きく開けたり閉じたりします。

 

額にしわを寄せたり、戻したりします。

 

さらに、舌で唇の周りをなめます。

 

こうした顔面の筋肉を使う簡単な運動を適度にくり返して、毎日続けることによって、顔面の筋肉のこわばりを改善することが出来ます。

 

そして、顔面の筋肉がこわばることによる「話しにくさ」を改善できます。

 

レビー小体型認知症のリハビリ(2)上半身の運動

 

頭をゆっくり左右に倒したり、回したりします。

 

また、腕を前に出して、手を握ったり開いたりします。

 

机に手をかけてそり過ぎないようにして、背筋を伸ばします。

 

このようにすれば、首や肩などの上半身を動かすことが出来て、前傾姿勢になることを防げます。

 

また、腕や手の指を動かすことによって、柔軟性を高めることも出来ます。

 

レビー小体型認知症のリハビリ(3)下半身の運動

 

床に仰向けになって、自転車をこぐときのように足を回します。

 

また、立った状態で無理しない程度に前へ体を倒します。

 

また、机か何かに手をかけて、脚だけに負担がかからないようにして、しゃがんだり立ったりします。

 

こうした運動を日常的に行ないます。

 

このようにして、下半身の筋肉のこわばりを防ぎ、動きを改善すれば、転倒しにくくなります。

 

※注意する点として、気楽に行なってがんばり過ぎないようにすることが大切です。

 

何よりも継続できる程度にすることが必要ですから。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連記事とスポンサーリンク

関連ページ

症状の特徴
レビー小体型認知症の症状や特徴には、どのようなことがあるのでしょうか?ここでは、レビー小体型認知症の症状の特徴についてご説明します。
遺伝
レビー小体型認知症は遺伝が原因という話がありますが本当でしょうか?ここでは、レビー小体型認知症と遺伝との関係について触れて見ます。
初期症状
レビー小体型認知症の初期には、どのような症状が見られるのでしょうか?ここでは、レビー小体型認知症の初期症状についてご説明します。
幻覚症状
レビー小体型認知症の幻覚症状にはどのようなことが現れるでしょうか?ここでは、レビー小体型認知症の幻覚症状についてご説明します。
暴れる
レビー小体型認知症の方が暴れる、暴力的になるというケースがあります。ここでは、レビー小体型認知症の方が暴れる原因や対策についてご説明します。
誤嚥
レビー小体型認知症の方が誤嚥という症状を引き起こすケースがあります。ここでは、レビー小体型認知症による誤嚥の原因や対策についてご説明します。
うつ病
レビー小体型認知症の方がうつ病という症状を引き起こすケースがあります。ここでは、レビー小体型認知症によるうつ病の原因や対策についてご説明します。
錐体外路症状
レビー小体型認知症による錐体外路症状をご存知でしょうか?ここでは、レビー小体型認知症による錐体外路症状の原因や対策についてご説明します。
オンオフ現象
レビー小体型認知症によるオンオフ現象という症状をご存知でしょうか?ここでは、レビー小体型認知症によるオンオフ現象の原因や対策についてご説明します。
嗅覚障害
レビー小体型認知症には嗅覚障害という症状が現れることがあります。ここでは、レビー小体型認知症による嗅覚障害の原因や対策についてご説明します。
首下がり
レビー小体型認知症の首下がりという症状が現れることがあります。ここでは、レビー小体型認知症による首下がりの原因や対策についてご説明します。
見当識障害
レビー小体型認知症には見当識障害という症状が現れることがあります。ここでは、レビー小体型認知症による見当識障害の原因や対策についてご説明します。
作話
レビー小体型認知症には作話という現象が起きることがあります。ここでは、レビー小体型認知症による作話の原因や対策についてご説明します。
せん妄
レビー小体型認知症の症状の一つに、せん妄というものがあります。ここでは、レビー小体型認知症によるせん妄の原因や対策についてご説明します。
嘔吐(おうと)
レビー小体型認知症の方に嘔吐症状が現れる原因は何でしょうか?ここでは、レビー小体型認知症の嘔吐症状の原因や対策についてご説明します。
痙攣(けいれん)
レビー小体型認知症の方に痙攣(けいれん)が現れるケースがあります。ここでは、レビー小体型認知症の方で痙攣が現れる場合の原因や対策についてご説明します。
常同行動
レビー小体型認知症の症状の一つに常同行動というものがあります。ここでは、レビー小体型認知症による常同行動の原因や対策についてご説明します。
アロマ
レビー小体型認知症にアロマが効果的だという話があります。ここでは、レビー小体型認知症に対するアロマの効果性、使い方や注意点等についてご説明します。
むずむず脚症候群
レビー小体型認知症の方の中には、むずむず脚症候群に悩まされるケースがあります。ここでは、レビー小体型認知症によるむずむず脚症候群の原因や対策についてご説明します。
禁忌
レビー小体型認知症にとっての禁忌事項には、どんなことがあるのでしょうか?ここでは、レビー小体型認知症の禁忌事項についてご説明します。
性差
レビー小体型認知症の発症率に性差はあるのでしょうか?ここでは、レビー小体型認知症の性差についてご説明します。
作業療法
レビー小体型認知症に対して作業療法という療法が用いられることがあります。ここでは、レビー小体型認知症の作業療法についてご説明します。
運動療法
レビー小体型認知症に対して運動療法という療法が用いられることがあります。ここでは、レビー小体型認知症の運動療法についてご説明します。
食事療法
レビー小体型認知症に食事療法が効果的という話がありますが本当でしょうか?ここでは、レビー小体型認知症の食事療法についてご説明します。
余命
レビー小体型認知症の方の余命については、気になるという方は多いでしょう。ここでは、レビー小体型認知症の余命についてご説明します。
末期
レビー小体型認知症になった患者さんが末期を迎えるとどのような状態になるのでしょうか?ここでは、レビー小体型認知症の末期について書いていきます。