レビー小体型認知症のための運動療法とは?

スポンサードリンク

レビー小体型認知症のための運動療法について

レビー小体型認知症の運動療法

 

レビー小体型認知症に対して行われる「運動療法」という言葉をご存知ですか?

 

運動療法とは、けがや病気等で身体機能に何らかの障害や困難を負った方に対して、様々な運動を通して行うリハビリテーションの一環のことを指します。

 

具体的には、筋力トレーニングや、関節が固くなり動かなくならないために行う関節可動域訓練(関節を動く範囲で動かす)、座ったり立ったり歩いたりといった、基本的な動作を練習する「動作訓練」等のことを指します。

 

レビー小体型認知症では他の認知症に比べて、パーキンソン症状とよばれる運動障害を発症しやすいです。

 

そのため、より良い日常生活を送るためには運動療法は必須です。

 

ここでは、レビー小体型認知症の運動療法についてご説明します。

レビー小体型認知症の運動療法はどうやって行う?

レビー小体型認知症に対する運動療法は、どのように行われるのでしょうか?

 

レビー小体型認知症に対して行う運動療法は、筋力訓練、関節可動域訓練、バランス訓練、歩行訓練、基本動作訓練などです。

 

筋力訓練や関節可動域訓練は、運動療法の基本です。

 

徒手抵抗(力比べをするように腕や脚に力を入れて行う筋力訓練)により筋力トレーニングをしたり、肩や脚の関節が動かなくならないように、動く範囲で痛くないところまで動かす(ストレッチに似た)訓練を行います。

 

これにより、レビー小体型認知症の方の筋力低下や関節拘縮(関節が固まってしまうこと)を防ぎ、各々の動作が行いにくくならないようにします。

 

また、レビー小体型認知症の方は、姿勢が猫背に、前に縮こまるような姿勢をとりがちです。

 

なので、背筋を伸ばして胸を開くようなストレッチなどを行うこともあります。

 

これにより、まっすぐな姿勢を保ち、前のめりに縮こまってしまう姿勢を防ぎます。

レビー小体型認知症のための効果的な運動療法と注意点

レビー小体型認知症の方は、上記の運動療法を毎日行うことが基本です。

 

リハビリの専門家にリハビリを受けることが理想ですが、お家でも簡単なストレッチや筋力トレーニングを行うことができます。

 

注意点として、レビー小体型認知症の方は体調が日により変動しやすいので、体調が良くない時は無理をせず、できる範囲で行いましょう。

 

姿勢をまっすぐにするストレッチは、フェイスタオルなどの道具を利用しましょう。

 

両手でタオルの端と端を掴み、バンザイをするように両手をあげ、背筋を伸ばしましょう。

 

バンザイの状態から、体を左右にたおしたり、両手を胸の前の高さに戻して身体をひねったりするのも効果的です。

 

足の筋力トレーニングは、重錘などを足首に巻き、椅子に座って足の上げ下げや膝の曲げ伸ばしをすると良いでしょう。

 

10〜30回程度、少しきついと感じるくらいの運動で構いません。重錘などの道具は、100円均一などで販売していますので、上手に活用すると良いでしょう。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連記事とスポンサーリンク

関連ページ

症状の特徴
レビー小体型認知症の症状や特徴には、どのようなことがあるのでしょうか?ここでは、レビー小体型認知症の症状の特徴についてご説明します。
遺伝
レビー小体型認知症は遺伝が原因という話がありますが本当でしょうか?ここでは、レビー小体型認知症と遺伝との関係について触れて見ます。
初期症状
レビー小体型認知症の初期には、どのような症状が見られるのでしょうか?ここでは、レビー小体型認知症の初期症状についてご説明します。
幻覚症状
レビー小体型認知症の幻覚症状にはどのようなことが現れるでしょうか?ここでは、レビー小体型認知症の幻覚症状についてご説明します。
暴れる
レビー小体型認知症の方が暴れる、暴力的になるというケースがあります。ここでは、レビー小体型認知症の方が暴れる原因や対策についてご説明します。
誤嚥
レビー小体型認知症の方が誤嚥という症状を引き起こすケースがあります。ここでは、レビー小体型認知症による誤嚥の原因や対策についてご説明します。
うつ病
レビー小体型認知症の方がうつ病という症状を引き起こすケースがあります。ここでは、レビー小体型認知症によるうつ病の原因や対策についてご説明します。
錐体外路症状
レビー小体型認知症による錐体外路症状をご存知でしょうか?ここでは、レビー小体型認知症による錐体外路症状の原因や対策についてご説明します。
オンオフ現象
レビー小体型認知症によるオンオフ現象という症状をご存知でしょうか?ここでは、レビー小体型認知症によるオンオフ現象の原因や対策についてご説明します。
嗅覚障害
レビー小体型認知症には嗅覚障害という症状が現れることがあります。ここでは、レビー小体型認知症による嗅覚障害の原因や対策についてご説明します。
首下がり
レビー小体型認知症の首下がりという症状が現れることがあります。ここでは、レビー小体型認知症による首下がりの原因や対策についてご説明します。
見当識障害
レビー小体型認知症には見当識障害という症状が現れることがあります。ここでは、レビー小体型認知症による見当識障害の原因や対策についてご説明します。
作話
レビー小体型認知症には作話という現象が起きることがあります。ここでは、レビー小体型認知症による作話の原因や対策についてご説明します。
せん妄
レビー小体型認知症の症状の一つに、せん妄というものがあります。ここでは、レビー小体型認知症によるせん妄の原因や対策についてご説明します。
嘔吐(おうと)
レビー小体型認知症の方に嘔吐症状が現れる原因は何でしょうか?ここでは、レビー小体型認知症の嘔吐症状の原因や対策についてご説明します。
痙攣(けいれん)
レビー小体型認知症の方に痙攣(けいれん)が現れるケースがあります。ここでは、レビー小体型認知症の方で痙攣が現れる場合の原因や対策についてご説明します。
常同行動
レビー小体型認知症の症状の一つに常同行動というものがあります。ここでは、レビー小体型認知症による常同行動の原因や対策についてご説明します。
アロマ
レビー小体型認知症にアロマが効果的だという話があります。ここでは、レビー小体型認知症に対するアロマの効果性、使い方や注意点等についてご説明します。
むずむず脚症候群
レビー小体型認知症の方の中には、むずむず脚症候群に悩まされるケースがあります。ここでは、レビー小体型認知症によるむずむず脚症候群の原因や対策についてご説明します。
禁忌
レビー小体型認知症にとっての禁忌事項には、どんなことがあるのでしょうか?ここでは、レビー小体型認知症の禁忌事項についてご説明します。
性差
レビー小体型認知症の発症率に性差はあるのでしょうか?ここでは、レビー小体型認知症の性差についてご説明します。
作業療法
レビー小体型認知症に対して作業療法という療法が用いられることがあります。ここでは、レビー小体型認知症の作業療法についてご説明します。
リハビリ
レビー小体型認知症のリハビリにはどんなものがあるのでしょうか?ここでは、レビー小体型認知症のリハビリについてご説明します。
食事療法
レビー小体型認知症に食事療法が効果的という話がありますが本当でしょうか?ここでは、レビー小体型認知症の食事療法についてご説明します。
余命
レビー小体型認知症の方の余命については、気になるという方は多いでしょう。ここでは、レビー小体型認知症の余命についてご説明します。
末期
レビー小体型認知症になった患者さんが末期を迎えるとどのような状態になるのでしょうか?ここでは、レビー小体型認知症の末期について書いていきます。