レビー小体型認知症の首下がりとは?

スポンサードリンク

レビー小体型認知症の首下がりについて

レビー小体型認知症の首下がり

 

レビー小体型認知症による「首下がり」と呼ばれる症状をご存知でしょうか?

 

レビー小体型認知症の患者さんの中には、身体が前に倒れるような前傾姿勢を常にとっていたり、首が前に曲がった姿勢をとっている方がいます。

 

とくに、このような首の異常な姿勢は、レビー小体型認知症の症状が進むにつれて酷くなっていくことが多いとされています。

 

その症状の特徴から「首下がり」とも呼ばれています。

 

ここでは、レビー小体型認知症による「首下がり」の原因や対処法についてご説明します。

レビー小体型認知症の首下がりの原因は?

レビー小体型認知症による首下がりの原因は、未だにハッキリとは解明されていません。

 

しかし、この「首下がり」の原因の可能性として挙げられるものは、主に二つあります。

 

一つ目の原因は、レビー小体型認知症によるパーキンソン症状のうちのひとつである「ジストニア」と呼ばれるものです。

 

ジストニアは、身体のある部分の筋肉に異常な力が入ってしまうものです。

 

この症状が首の筋肉、とくに首の前側の筋肉に現れることで、首が不自然に前に曲がった状態になることで「首下がり」起こるとされています。

 

二つ目の原因は、薬の副作用です。

 

とくに、レビー小体型認知症によるパーキンソン症状に対して服用している薬の副作用に多いとされています。

レビー小体型認知症の首下がりの対策と注意点

レビー小体型認知症による首下がりに対して、出来る対策と注意点についてご説明します。

 

まず知っておいていただきたいのが、首下がりは単に「首が曲がっている」だけではありません。

 

レビー小体型認知症の患者さんは、前が見られないことで歩くことも難しくなり、また、着替えや食事などの生活上必要な動作も制限されてしまいます。

 

さらには、首下がりで首が曲がった状態ですので、顎が気道や喉頭を圧迫してしまい、何を行うにも大きな制限となってしまいます。

 

対策の中で一番早く確実なものは、やはりかかりつけ医に相談し、薬の調節をしてもらうことです。

 

仮に薬の副作用が原因であれば、服薬調整により改善するでしょう。

 

詳しくは、医師に相談すると良いです。

 

また、生活の中で首下がりの対策をするには、正しい姿勢をとることができる時間をふやすことが重要です。

 

たとえば、椅子選びです。

 

身体に合った椅子のポイントは、まずは深く座った際に両足が床にぴったりつくかどうかが重要です。

 

また、身体が不安定な場合は、肘掛けやしっかりした背もたれがあることも考慮すべきでしょう。

 

さらに、首下がりは、寝ているあいだは改善されるため、身体に合ったベッドで定期的に仰向けになることも有効です。

 

筋力が衰えないように、足の運動や伸びの体操等を行うことも良いでしょう。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連記事とスポンサーリンク

関連ページ

症状の特徴
レビー小体型認知症の症状や特徴には、どのようなことがあるのでしょうか?ここでは、レビー小体型認知症の症状の特徴についてご説明します。
遺伝
レビー小体型認知症は遺伝が原因という話がありますが本当でしょうか?ここでは、レビー小体型認知症と遺伝との関係について触れて見ます。
初期症状
レビー小体型認知症の初期には、どのような症状が見られるのでしょうか?ここでは、レビー小体型認知症の初期症状についてご説明します。
幻覚症状
レビー小体型認知症の幻覚症状にはどのようなことが現れるでしょうか?ここでは、レビー小体型認知症の幻覚症状についてご説明します。
暴れる
レビー小体型認知症の方が暴れる、暴力的になるというケースがあります。ここでは、レビー小体型認知症の方が暴れる原因や対策についてご説明します。
誤嚥
レビー小体型認知症の方が誤嚥という症状を引き起こすケースがあります。ここでは、レビー小体型認知症による誤嚥の原因や対策についてご説明します。
うつ病
レビー小体型認知症の方がうつ病という症状を引き起こすケースがあります。ここでは、レビー小体型認知症によるうつ病の原因や対策についてご説明します。
錐体外路症状
レビー小体型認知症による錐体外路症状をご存知でしょうか?ここでは、レビー小体型認知症による錐体外路症状の原因や対策についてご説明します。
オンオフ現象
レビー小体型認知症によるオンオフ現象という症状をご存知でしょうか?ここでは、レビー小体型認知症によるオンオフ現象の原因や対策についてご説明します。
嗅覚障害
レビー小体型認知症には嗅覚障害という症状が現れることがあります。ここでは、レビー小体型認知症による嗅覚障害の原因や対策についてご説明します。
見当識障害
レビー小体型認知症には見当識障害という症状が現れることがあります。ここでは、レビー小体型認知症による見当識障害の原因や対策についてご説明します。
作話
レビー小体型認知症には作話という現象が起きることがあります。ここでは、レビー小体型認知症による作話の原因や対策についてご説明します。
せん妄
レビー小体型認知症の症状の一つに、せん妄というものがあります。ここでは、レビー小体型認知症によるせん妄の原因や対策についてご説明します。
嘔吐(おうと)
レビー小体型認知症の方に嘔吐症状が現れる原因は何でしょうか?ここでは、レビー小体型認知症の嘔吐症状の原因や対策についてご説明します。
痙攣(けいれん)
レビー小体型認知症の方に痙攣(けいれん)が現れるケースがあります。ここでは、レビー小体型認知症の方で痙攣が現れる場合の原因や対策についてご説明します。
常同行動
レビー小体型認知症の症状の一つに常同行動というものがあります。ここでは、レビー小体型認知症による常同行動の原因や対策についてご説明します。
アロマ
レビー小体型認知症にアロマが効果的だという話があります。ここでは、レビー小体型認知症に対するアロマの効果性、使い方や注意点等についてご説明します。
むずむず脚症候群
レビー小体型認知症の方の中には、むずむず脚症候群に悩まされるケースがあります。ここでは、レビー小体型認知症によるむずむず脚症候群の原因や対策についてご説明します。
禁忌
レビー小体型認知症にとっての禁忌事項には、どんなことがあるのでしょうか?ここでは、レビー小体型認知症の禁忌事項についてご説明します。
性差
レビー小体型認知症の発症率に性差はあるのでしょうか?ここでは、レビー小体型認知症の性差についてご説明します。
作業療法
レビー小体型認知症に対して作業療法という療法が用いられることがあります。ここでは、レビー小体型認知症の作業療法についてご説明します。
運動療法
レビー小体型認知症に対して運動療法という療法が用いられることがあります。ここでは、レビー小体型認知症の運動療法についてご説明します。
リハビリ
レビー小体型認知症のリハビリにはどんなものがあるのでしょうか?ここでは、レビー小体型認知症のリハビリについてご説明します。
食事療法
レビー小体型認知症に食事療法が効果的という話がありますが本当でしょうか?ここでは、レビー小体型認知症の食事療法についてご説明します。
余命
レビー小体型認知症の方の余命については、気になるという方は多いでしょう。ここでは、レビー小体型認知症の余命についてご説明します。
末期
レビー小体型認知症になった患者さんが末期を迎えるとどのような状態になるのでしょうか?ここでは、レビー小体型認知症の末期について書いていきます。