レビー小体型認知症で暴れるのはナゼ?

スポンサードリンク

レビー小体型認知症で暴れるというケースについて

レビー小体型認知症の暴れるのは?

 

認知症には様々な種類がありますが、レビー小体型認知症では、幻覚症状が現れたり、時として暴れるなど、暴力的な行動をとってしまうことがあります。

 

具体的には、大声を出したり、介護者を叩いてしまったり、「ばかやろう」などと、暴言を吐いてしまったりします。

 

レビー小体型認知症の方が暴れるのには、ほとほと困ってしまうという介護者も多いことでしょう。

 

ここでは、レビー小体型認知症によって暴れるという症状の原因や対処法についてご説明しましょう。

レビー小体型認知症で暴れる原因は?

レビー小体型認知症の方が暴れる原因はいろいろとあります。

 

病前に比べていらいらしていたり、怒りやすくなっていたりする場合もあるでしょう。

 

また、レビー小体型認知症による幻覚で混乱している状態のときもあります。

 

そのため、介護者に手をあげてしまう場合もあるでしょう。

 

レビー小体型認知症で暴れている場合、いきなり身体に触れられて驚いてしまったり、声かけの仕方によっては、ばかにされたように感じて罵ってしまうこともあります。

 

レビー小体型認知症で暴れる症状があるときは、無理に制止しようとすると、混乱してしまい、かえって暴れ方がひどくなってしまいますので注意が必要です。

レビー小体型認知症で暴れるときの対応方法

レビー小体型認知症の方が暴れる場合、以下のような方法を取ることをおススメします。

 

まずはその場から離れ、様子を見守る

 

レビー小体型認知症で暴れるほど混乱・興奮状態に陥っている場合は、声をかけたり行動を制止しようとするとかえって行動がエスカレートしてしまいます。

 

暴れる本人は、「恐い」「逃げなくては」「どうしたらいいのかわからない」といった恐怖感を抱いていることが多いため、介護者が大声を出したり抑えこもうとすることは逆効果です。

 

あらかじめ、割れ物や危険物は患者の周囲に置かない

 

もしも、レビー小体型認知症で暴れることが予想される場合、怪我をしたりさせたりしないよう、割れ物などは出来る限り本人のそばに置かないようにしましょう。

 

介護方法や関わり方を変えてみる

 

レビー小体型認知症の方の介護は、介護者が心身ともに疲れてしまい、苦労されることも多いでしょう。

 

そのような状況の中、ユーモアを持って患者に接したり、機転をきかせることはとても大変だと思います。

 

しかし、ご自分に余裕がある際に、介護方法や関わり方を省みて、次回から工夫できるようにすることで、介護自体がだんだん楽になっていくこともあります。

 

介護時に暴れることがエスカレートして手をあげてしまうことが多い方に対しては、介護するタイミングを普段と変えてみる・介護する前に好みのもの(お菓子等)を与えてみるなどの工夫も有効です。

 

また、身体の介護をする際は、いきなり身体に触れるのではなく、目を見て声をかけてからしましょう。

 

そうすることで、驚かせてしまうこともなくなります。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連記事とスポンサーリンク

関連ページ

症状の特徴
レビー小体型認知症の症状や特徴には、どのようなことがあるのでしょうか?ここでは、レビー小体型認知症の症状の特徴についてご説明します。
遺伝
レビー小体型認知症は遺伝が原因という話がありますが本当でしょうか?ここでは、レビー小体型認知症と遺伝との関係について触れて見ます。
初期症状
レビー小体型認知症の初期には、どのような症状が見られるのでしょうか?ここでは、レビー小体型認知症の初期症状についてご説明します。
幻覚症状
レビー小体型認知症の幻覚症状にはどのようなことが現れるでしょうか?ここでは、レビー小体型認知症の幻覚症状についてご説明します。
誤嚥
レビー小体型認知症の方が誤嚥という症状を引き起こすケースがあります。ここでは、レビー小体型認知症による誤嚥の原因や対策についてご説明します。
うつ病
レビー小体型認知症の方がうつ病という症状を引き起こすケースがあります。ここでは、レビー小体型認知症によるうつ病の原因や対策についてご説明します。
錐体外路症状
レビー小体型認知症による錐体外路症状をご存知でしょうか?ここでは、レビー小体型認知症による錐体外路症状の原因や対策についてご説明します。
オンオフ現象
レビー小体型認知症によるオンオフ現象という症状をご存知でしょうか?ここでは、レビー小体型認知症によるオンオフ現象の原因や対策についてご説明します。
嗅覚障害
レビー小体型認知症には嗅覚障害という症状が現れることがあります。ここでは、レビー小体型認知症による嗅覚障害の原因や対策についてご説明します。
首下がり
レビー小体型認知症の首下がりという症状が現れることがあります。ここでは、レビー小体型認知症による首下がりの原因や対策についてご説明します。
見当識障害
レビー小体型認知症には見当識障害という症状が現れることがあります。ここでは、レビー小体型認知症による見当識障害の原因や対策についてご説明します。
作話
レビー小体型認知症には作話という現象が起きることがあります。ここでは、レビー小体型認知症による作話の原因や対策についてご説明します。
せん妄
レビー小体型認知症の症状の一つに、せん妄というものがあります。ここでは、レビー小体型認知症によるせん妄の原因や対策についてご説明します。
嘔吐(おうと)
レビー小体型認知症の方に嘔吐症状が現れる原因は何でしょうか?ここでは、レビー小体型認知症の嘔吐症状の原因や対策についてご説明します。
痙攣(けいれん)
レビー小体型認知症の方に痙攣(けいれん)が現れるケースがあります。ここでは、レビー小体型認知症の方で痙攣が現れる場合の原因や対策についてご説明します。
常同行動
レビー小体型認知症の症状の一つに常同行動というものがあります。ここでは、レビー小体型認知症による常同行動の原因や対策についてご説明します。
アロマ
レビー小体型認知症にアロマが効果的だという話があります。ここでは、レビー小体型認知症に対するアロマの効果性、使い方や注意点等についてご説明します。
むずむず脚症候群
レビー小体型認知症の方の中には、むずむず脚症候群に悩まされるケースがあります。ここでは、レビー小体型認知症によるむずむず脚症候群の原因や対策についてご説明します。
禁忌
レビー小体型認知症にとっての禁忌事項には、どんなことがあるのでしょうか?ここでは、レビー小体型認知症の禁忌事項についてご説明します。
性差
レビー小体型認知症の発症率に性差はあるのでしょうか?ここでは、レビー小体型認知症の性差についてご説明します。
作業療法
レビー小体型認知症に対して作業療法という療法が用いられることがあります。ここでは、レビー小体型認知症の作業療法についてご説明します。
運動療法
レビー小体型認知症に対して運動療法という療法が用いられることがあります。ここでは、レビー小体型認知症の運動療法についてご説明します。
リハビリ
レビー小体型認知症のリハビリにはどんなものがあるのでしょうか?ここでは、レビー小体型認知症のリハビリについてご説明します。
食事療法
レビー小体型認知症に食事療法が効果的という話がありますが本当でしょうか?ここでは、レビー小体型認知症の食事療法についてご説明します。
余命
レビー小体型認知症の方の余命については、気になるという方は多いでしょう。ここでは、レビー小体型認知症の余命についてご説明します。
末期
レビー小体型認知症になった患者さんが末期を迎えるとどのような状態になるのでしょうか?ここでは、レビー小体型認知症の末期について書いていきます。