レビー小体型認知症による誤嚥への対処法は?

スポンサードリンク

レビー小体型認知症による誤嚥について

レビー小体型認知症の誤嚥

 

レビー小体型認知症の方が誤嚥(ごえん)という症状に陥るのを見て、慌てる介護者の方は多いかも知れません。

 

レビー小体型認知症に罹患すると、食事や水分補給の際に上手く飲み込めなくなってしまう「誤嚥」と呼ばれる症状がでることがあります。

 

私たちが食事をする時、とくに意識をしなくても食物を飲み込むことができるのは、「嚥下反射」が起きるからです。

 

嚥下反射とは、食べ物などを飲み込むために無意識の反射が起こるよう、脳がコントロールしているものです。

 

しかし、レビー小体型認知症により、喉の周りの筋肉が上手く動かなかったり、筋肉が固まっていると、反射が起きにくくなってしまうのです。

 

ここでは、レビー小体型認知症による誤嚥についてご説明します。

レビー小体型認知症による誤嚥の症状は?

レビー小体型認知症による誤嚥ではどのような症状が現れるのでしょうか?

 

この症状は、具体的に言うと以下のようなことが挙げられます。

 

  • 「上手に飲み込みにくい」
  • 「むせる」
  • 「飲み込むまでに時間がかかる」
  • 「飲み込むのが苦しそう」

 

また、食べたときにむせるのは、食べ物を飲み込む際にきちんと食道に入るよう、気管に入りそうになってしまった際に食物を押し出そうとするために起こります。

 

つまり、嚥下反射が正常に働いていることによる働きと言えます。

 

ところが、レビー小体型認知症で誤嚥食物が気管に入ってしまうと、そこから細菌が入り、肺炎になってしまうことがあります。

 

これが「誤嚥性肺炎(ごえんせいはいえん)」とよばれる肺炎で、高齢者にとくに多いとされています。

レビー小体型認知症の誤嚥を防ぐための対策や注意点

レビー小体型認知症による誤嚥を防ぐための対策についてご説明しましょう。

 

まず、誤嚥を防ぐためには、現在の食物を飲み込む力がどの程度あるのか、専門家に診てもらうことが必要です。

 

10秒間に何回水を飲み込むことができるのかをカウントしたり、飲み込む際の喉の動きをカメラで確かめたりしてもらいます。

 

そうして、その人に合わせた食事の形態(細かく刻む・トロミをつけるなど)を判断してもらいましょう。

 

また、レビー小体型認知症の方がむせないからといって、誤嚥をしていないとは限りません。

 

喉の感覚が鈍っていると、誤嚥してしまっても気付かずに、そのまま食物が気管の方に流れ込んでしまうことがあります。

 

これが最も危険で、「不顕性誤嚥」と呼ばれ、誤嚥性肺炎の大きなリスクになります。

 

飲み込みにくそうな感じを受けたり、食事のスピードが明らかに遅くなったなどの症状がある際は、ご注意ください。

 

一度かかりつけのお医者さんに相談し、専門家に診ていただくと良いでしょう。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連記事とスポンサーリンク

関連ページ

症状の特徴
レビー小体型認知症の症状や特徴には、どのようなことがあるのでしょうか?ここでは、レビー小体型認知症の症状の特徴についてご説明します。
遺伝
レビー小体型認知症は遺伝が原因という話がありますが本当でしょうか?ここでは、レビー小体型認知症と遺伝との関係について触れて見ます。
初期症状
レビー小体型認知症の初期には、どのような症状が見られるのでしょうか?ここでは、レビー小体型認知症の初期症状についてご説明します。
幻覚症状
レビー小体型認知症の幻覚症状にはどのようなことが現れるでしょうか?ここでは、レビー小体型認知症の幻覚症状についてご説明します。
暴れる
レビー小体型認知症の方が暴れる、暴力的になるというケースがあります。ここでは、レビー小体型認知症の方が暴れる原因や対策についてご説明します。
うつ病
レビー小体型認知症の方がうつ病という症状を引き起こすケースがあります。ここでは、レビー小体型認知症によるうつ病の原因や対策についてご説明します。
錐体外路症状
レビー小体型認知症による錐体外路症状をご存知でしょうか?ここでは、レビー小体型認知症による錐体外路症状の原因や対策についてご説明します。
オンオフ現象
レビー小体型認知症によるオンオフ現象という症状をご存知でしょうか?ここでは、レビー小体型認知症によるオンオフ現象の原因や対策についてご説明します。
嗅覚障害
レビー小体型認知症には嗅覚障害という症状が現れることがあります。ここでは、レビー小体型認知症による嗅覚障害の原因や対策についてご説明します。
首下がり
レビー小体型認知症の首下がりという症状が現れることがあります。ここでは、レビー小体型認知症による首下がりの原因や対策についてご説明します。
見当識障害
レビー小体型認知症には見当識障害という症状が現れることがあります。ここでは、レビー小体型認知症による見当識障害の原因や対策についてご説明します。
作話
レビー小体型認知症には作話という現象が起きることがあります。ここでは、レビー小体型認知症による作話の原因や対策についてご説明します。
せん妄
レビー小体型認知症の症状の一つに、せん妄というものがあります。ここでは、レビー小体型認知症によるせん妄の原因や対策についてご説明します。
嘔吐(おうと)
レビー小体型認知症の方に嘔吐症状が現れる原因は何でしょうか?ここでは、レビー小体型認知症の嘔吐症状の原因や対策についてご説明します。
痙攣(けいれん)
レビー小体型認知症の方に痙攣(けいれん)が現れるケースがあります。ここでは、レビー小体型認知症の方で痙攣が現れる場合の原因や対策についてご説明します。
常同行動
レビー小体型認知症の症状の一つに常同行動というものがあります。ここでは、レビー小体型認知症による常同行動の原因や対策についてご説明します。
アロマ
レビー小体型認知症にアロマが効果的だという話があります。ここでは、レビー小体型認知症に対するアロマの効果性、使い方や注意点等についてご説明します。
むずむず脚症候群
レビー小体型認知症の方の中には、むずむず脚症候群に悩まされるケースがあります。ここでは、レビー小体型認知症によるむずむず脚症候群の原因や対策についてご説明します。
禁忌
レビー小体型認知症にとっての禁忌事項には、どんなことがあるのでしょうか?ここでは、レビー小体型認知症の禁忌事項についてご説明します。
性差
レビー小体型認知症の発症率に性差はあるのでしょうか?ここでは、レビー小体型認知症の性差についてご説明します。
作業療法
レビー小体型認知症に対して作業療法という療法が用いられることがあります。ここでは、レビー小体型認知症の作業療法についてご説明します。
運動療法
レビー小体型認知症に対して運動療法という療法が用いられることがあります。ここでは、レビー小体型認知症の運動療法についてご説明します。
リハビリ
レビー小体型認知症のリハビリにはどんなものがあるのでしょうか?ここでは、レビー小体型認知症のリハビリについてご説明します。
食事療法
レビー小体型認知症に食事療法が効果的という話がありますが本当でしょうか?ここでは、レビー小体型認知症の食事療法についてご説明します。
余命
レビー小体型認知症の方の余命については、気になるという方は多いでしょう。ここでは、レビー小体型認知症の余命についてご説明します。
末期
レビー小体型認知症になった患者さんが末期を迎えるとどのような状態になるのでしょうか?ここでは、レビー小体型認知症の末期について書いていきます。