脳血管性認知症の症状

脳血管性認知症の症状について

脳血管性認知症の症状

 

脳血管性認知症は、他の認知症とは発症の仕方が大きく異なるため、その症状にも大きな違いがあります。

 

たとえば、まだら認知症(まだらボケ)や、運動機能障害は、脳血管性認知症の大きな特徴の一つと言えるでしょう。

 

特に、まだら認知症は、現れ方が文字通り「まだら」ですので、非常に介護者にストレスを溜めさせてしまう症状を持っています。

 

また、脳血管性認知症の症状はある日を境に発症し、その現れ方は、段階的にとてもハッキリしています。

 

初期段階では、脳血管性認知症になったご本人の自覚症状もあるため、非常に苦しむ方も多いです。

 

ここでは、そんな脳血管性認知症の症状について詳しくご説明します。

脳血管性認知症の症状記事一覧

脳血管性認知症の症状と特徴とは?

脳血管性認知症の症状と特徴 脳血管性認知症の症状と特徴には、どのようなことがあるのでしょうか?まず、症状や特徴のお話の前に、脳血管性認知症とは、脳の神経細胞が変化して起こる「変性性認知症」とは、まったく違う種類であることを知っておかなければなりません。脳血管性認知症は、脳梗塞などの疾患や脳挫傷といった「外因要因」で起こる認知症...

≫続きを読む

 

脳血管性認知症の症状と進行とは?

脳血管性認知症の症状と進行 脳血管性認知症の症状が進行すると、どのような経過をたどるのでしょうか?まず、脳血管性認知症の症状は、脳の血管に異常が起きた結果、後遺症として認知症が発症すると考えた方が分かりやすいです。ある日突然、脳梗塞や脳出血を発症し、急激に認知症の症状が進行する場合があります。一方、小さな脳梗塞を繰り返していく...

≫続きを読む

 

脳血管性認知症のケアのポイントとは?

脳血管性認知症のケアのポイント 脳血管性認知症の介護にあたる方はケアのポイントをどのように考えれば良いのでしょうか?一言で「認知症」とは言ってもその種類はいろいろで、それぞれの認知症の症状によってケアのポイントも変わって来ます。そのため、脳血管性認知症のケアのポイントを掴むには、この病気の原因や症状をしっかりと理解することが大切で...

≫続きを読む

 

脳血管性認知症の痙攣発作(けいれんほっさ)とは?

脳血管性認知症の痙攣発作 脳血管性認知症の原因である脳梗塞や脳出血を起こした方は、痙攣発作(けいれんほっさ)の出現する頻度が高いと言われています。きっと介護者の方は、突然の痙攣発作に驚かれることも多いと思います。また、介護者の方は、痙攣発作は脳血管性認知症の特徴の一つであることも理解する必要があるでしょう。ここでは、脳血管性...

≫続きを読む

 

脳血管性認知症で怒るのは、どうして?

脳血管性認知症で怒るのは? 脳血管性認知症の方は、よく怒ることがあります。それも、何もないのにいきなり怒ることや、周りの人がなぜ怒るのかが分からないというようなことも、しばしばあります。それが、介護者の方を迷わせる要因ともなるため、脳血管性認知症の方が怒ることは見過ごせない症状の一つと言えます。ここでは、脳血管性認知症の方が怒...

≫続きを読む

 

脳血管性認知症の知能低下とは?

脳血管性認知症に知能低下 脳血管性認知症になると知能低下、つまり知的能力の低下が見られるようになります。脳血管性認知症を発症すると、新しいことを覚えることや記憶しておくことができなくなります。脳血管性認知症の初期のころは、比較的古い記憶は覚えています。また、それほど知能低下は起きていないのかも知れません。ここでは、脳血管性認...

≫続きを読む

 

脳血管性認知症で徘徊するようになったら?

脳血管性認知症の徘徊 脳血管性認知症の方が「徘徊」をするようになったと、頭を抱える介護者の方がいらっしゃいます。しかし、脳血管性認知症という病気から考えると「徘徊」という状態は、実は起こりにくいと言えます。脳血管性認知症は、脳梗塞などの脳血管障害が原因で起こります。脳のどの部分に損傷があるかによって認知症の出現の仕方も違...

≫続きを読む

 

脳血管性認知症で昼夜逆転になったら?

脳血管性認知症の昼夜逆転 脳血管性認知症の方の中には、昼夜逆転の状態になる方がいらっしゃいます。脳血管認知症になると、一日の生活リズムを調整する体内時計が狂ってしまいます。そのために、脳血管性認知症の方は、昼間ウトウトしてしまい、夜は起きているという昼夜逆転の状態になるのです。ここでは、脳血管性認知症による昼夜逆転について、...

≫続きを読む

 

脳血管性認知症による言語障害への対処法

脳血管性認知症の言語障害 脳血管性認知症になると言語障害が現れることがあります。脳血管性認知症は、脳梗塞、くも膜下出血、脳出血などの脳血管障害が原因で発症する認知症です。認知機能の低下とともに、麻痺などの身体機能の低下も見られます。脳血管性認知症によって、脳の前頭葉のブローカ中枢という発語を司る部位が障害されると、言葉の理解...

≫続きを読む

 

脳血管性認知症の「拒否」には、どうしたら良い?

脳血管性認知症の拒否 脳血管性認知症の方の症状として、介護拒否が現れることがあります。介護されることに怒ることがあり、お風呂に入ることを嫌がったり、薬の服用を嫌がったりされます。脳血管性認知症になると、着替えを拒否する場合もあります。着ていたものを洗濯されるのを嫌がって、拒否することもあります。ここでは、脳血管性認知症に...

≫続きを読む

 

脳血管性認知症の余命

脳血管性認知症の余命 脳血管性認知症に家族のだれかがなってしまった場合、その余命がどれくらいあるのかについて気になる方は多いと思います。たとえば、それまでは健康に何の不安もなかった母親がある日突然、脳卒中を発症してしまい、その日を境に脳血管性認知症となってしまった。さらに、その症状がだんだん進行していき、悪化の一途をたど...

≫続きを読む

 

脳血管性認知症を予防するには?

脳血管性認知症の予防 脳血管性認知症を予防するためには、どのようなことに注意すれば良いのでしょうか?まず、脳血管性認知症は、他の認知症とは違い、脳梗塞や脳出血など、脳の血管に直接ダメージを与えてしまって発症するものです。そして、その脳梗塞や脳出血は、生活習慣病が大きな影響を与えているという事も分かっています。ですので、脳...

≫続きを読む

 

脳血管性認知症のリハビリとは?

脳血管性認知症のリハビリ 脳血管性認知症のリハビリには、どのようなことが行われるのでしょうか?脳血管性認知症は、アルツハイマー型認知症の次に多い認知症と言われています。脳血管性認知症の症状は、徐々に進行するというよりは、高血圧症や糖尿病が元々あって、動脈硬化が進んで脳卒中を突然発症するという形が多いです。そのため、ご本人もそ...

≫続きを読む

 

脳血管性認知症のまだら認知症

脳血管性認知症のまだら認知症 脳血管性認知症に「まだら認知症」と呼ばれる症状があります。まだら認知症は、症状の名前であって、認知症の種類ではありません。現れる症状として、麻痺や言語障害が多いと言われていますが、記憶障害、知的能力の低下、めまい、しびれなども現れます。特に、脳血管性認知症の場合、認知症の症状が現れるものと現れないも...

≫続きを読む

 

脳血管性認知症の夜間せん妄

脳血管性認知症の夜間せん妄 脳血管性認知症に「夜間せん妄」と呼ばれる症状があります。脳血管性認知症の夜間せん妄以外にも、せん妄という症状には、他にもいろんな種類があります。たとえば、手術の後に起こる「術後せん妄」や、薬によって起こる「薬剤性せん妄」があります。また、アルコール依存症の人が、病気などで急に断酒した後に起こる「アル...

≫続きを読む

 

脳血管性認知症の歩行障害

脳血管性認知症の歩行障害 脳血管性認知症の症状で、歩行障害が起きるのは、なぜでしょうか?それを理解するためには、脳と歩行障害との関係を理解する必要があります。脳血管性認知症とは、脳梗塞(のうこうそく)や脳出血など、脳の中の血管の障害によって起きる認知症のことです。脳血管性認知症で一番多いのは、小さな脳梗塞が、あちこちで多発す...

≫続きを読む

 

脳血管性認知症のアパシー(意欲低下)とは?

脳血管性認知症のアパシー(意欲低下) 脳血管性認知症になった方にアパシーという症状が現れることがあります。アパシーとは「意欲低下」のことを現します。脳血管性認知症は、脳梗塞や脳出血などの脳血管障害が原因で起こる症状です。脳血管障害が起きている部位や程度によって症状もいろいろで、日によって同じことができたりできなかったりします。そんな脳血...

≫続きを読む

 

脳血管性認知症の作業療法とは?

脳血管性認知症の作業療法 脳血管性認知症に対して「作業療法」という方法が行われることがあります。ところで、脳血管性認知症の作業療法は、どんな時に、どんな目的で行われるのでしょうか?まず、脳血管性認知症は、脳梗塞などの脳血管障害が原因で起こります。障害された部位によって、病状の出方が違ってきます。麻痺や感覚障害などの神経症状も...

≫続きを読む

 

脳血管性認知症の「発作型と緩徐型」の違いとは?

脳血管性認知症の発作型と緩徐型 脳血管性認知症に「発作型と緩徐型(かんじょがた)」というものがあることをご存知でしょうか?脳血管性認知症の発作型というのは、脳梗塞など(のうこうそく)等をキッカケとして、局所症状と呼ばれる片麻痺や言語障害などを伴うものです。一方、緩徐型は、認知症の症状が徐々に進行するタイプのものです。ここでは、脳血...

≫続きを読む

 

脳血管性認知症に「性差」はあるのか?

脳血管性認知症の性差 脳血管性認知症が発症する割合に「性差」、つまり男女による差というのはあるのでしょうか?まず、脳血管性認知症は、認知症の中で20%を占めると言われています。アルツハイマー型認知症の次に多い認知症が、脳血管性認知症という事です。脳血管性認知症は、脳血管障害が原因で発症しますが、性差で言うと、男性のほうが...

≫続きを読む

 

脳血管性認知症と「生活習慣病」の関係性は?

脳血管性認知症と生活習慣病 脳血管性認知症と生活習慣病には、どのような関係があるのでしょうか?ひと言で言えば、脳血管性認知症の原因は脳血管障害などの生活習慣病です。ですから、関係性という意味で言えば、生活習慣病と脳血管性認知症は「原因と結果」の関係と言っても良いでしょう。ここでは、そんな脳血管性認知症と生活習慣病の関係について...

≫続きを読む

 

脳血管性認知症へのアルコールの問題点

脳血管性認知症とアルコール(お酒) 脳血管性認知症の中で、アルコール(お酒)を多量に飲み続けることで脳梗塞などの脳血管障害を起こし認知症になるケースがあります。これは、アルコール性認知症とも呼ばれます。脳血管性認知症の中でも、アルコール性認知症になると、歩行が不安定になり、歩くときは何かにつかまらないと歩けなくなります。行動に抑制がき...

≫続きを読む

 

脳血管性認知症は遺伝するのか?

脳血管性認知症は遺伝するか? 脳血管性認知症が遺伝するのかどうなのかは、親が脳血管性認知症を発症したという方なら、かなり気になるところでしょう。たとえば、アルツハイマー型認知症の場合なら、タイプによっては遺伝子が大きく関わっているものもあります。では、実際のところ、脳血管性認知症は遺伝するのでしょうか?ここでは、脳血管性認知症と...

≫続きを読む

 

脳血管性認知症とアルツハイマー型認知症の違いとは?

脳血管性認知症とアルツハイマー型の違い 脳血管性認知症とアルツハイマー型認知症の違いはなんですか?こう質問をされて、一般人の中ですぐに答えが出る人は、あまり多くはいらっしゃらないと思います。認知症という大きな括りでは理解できても、脳血管性認知症とアルツハイマー型認知症の症状や原因の違い、対処法などの違いについては、なかなか知る機会が少ない...

≫続きを読む

 

脳血管性認知症にイチョウが効くの?

脳血管性認知症にイチョウはどうか? 脳血管性認知症にイチョウの葉が効果的だと言ったら、驚く方は多いかも知れません。実は、脳血管性認知症とアルツハイマー型認知症の両方にたいして、「イチョウ葉エキス」が症状の改善に効果的だと言われているのです。なぜ、イチョウ葉エキスは、脳血管性認知症などの認知症改善に効果を発揮するのでしょうか?ここでは、...

≫続きを読む

 

脳血管性認知症の危険因子とは?

脳血管性認知症の危険因子について 脳血管性認知症の危険因子には、どのようなことがあるのでしょうか?まず、脳血管性認知症の原因は、脳梗塞などの脳血管障害によるものです。そんな脳血管障害を起こしやすい危険因子と呼ばれるものは、いくつかあります。高血圧や動脈硬化症、糖尿病、高脂血症、飲酒、喫煙や肥満などです。脳血管性認知症の原因となる脳血...

≫続きを読む

 

脳血管性認知症と炭水化物の関係性とは?

脳血管性認知症に炭水化物は? 脳血管性認知症と炭水化物には、密接な関係があるという話がありますが、本当でしょうか?主食であるご飯やパンなどの炭水化物と脳血管性認知症が、どう結びつくのか疑問に感じる方もいらっしゃるでしょう。脳血管性認知症は「脳血管障害」が原因で起きる認知症です。脳血管障害などの生活習慣病は「肥満」が大敵と言われて...

≫続きを読む

 

脳血管性認知症と水分の関係性とは?

脳血管性認知症と水分補給 脳血管性認知症には「水分」が大きく関わっていることをご存知でしょうか?たとえば、脳血管性認知症であるなしに関わらず、高齢者には「夜、トイレに起きるのが心配だから」と水分を控える方が多くいらっしゃいます。また、高齢になると感覚が鈍くなるため、喉の渇きも感じにくく、水分不足になりやすいです。脳血管性認知...

≫続きを読む

 

脳血管性認知症の末期症状

脳血管性認知症の末期症状 脳血管性認知症の末期症状には、どんなことが挙げられるのでしょうjか?まず、末期のお話の前に、脳血管性認知症は、脳血管障害の後遺症として発症する認知症の総称です。「まだら認知症」と呼ばれる症状や「せん妄」と呼ばれる症状など、どの部分の脳血管の障害なのか、障害の程度によっていろいろな症状が現れます。また...

≫続きを読む