脳血管性認知症のケアのポイントとは?

スポンサードリンク

脳血管性認知症のケアのポイントについて

脳血管性認知症のケアのポイント

 

脳血管性認知症の介護にあたる方はケアのポイントをどのように考えれば良いのでしょうか?

 

一言で「認知症」とは言ってもその種類はいろいろで、それぞれの認知症の症状によってケアのポイントも変わって来ます。

 

そのため、脳血管性認知症のケアのポイントを掴むには、この病気の原因や症状をしっかりと理解することが大切です。

 

ここでは、脳血管性認知症のケアのポイントについてご説明します。

脳血管性認知症のケアのポイント~病気を理解する~

脳血管性認知症のケアのポイントを掴むために、まずはこの病気について理解を深めましょう。

 

脳血管性認知症は、脳梗塞やクモ膜下出血などの「脳の血管」の疾患によって起こる認知症です。

 

脳血管の疾患がよくなったり悪くなったりを繰り返し、脳血管性認知症は進行します。

 

また障害の起きた脳の場所によって、症状も変わってきます。

 

1日のうちで、できるときとできないときがあるという「まだら認知症」と言われる症状がでてくるため、ケアのポイントがなかなかつかめません。

 

脳血管性認知症の方は、意欲がなくぼーっとしているときもあればしっかりしているときもあります。

 

そのため、ただ何もしないというだけではないかと思える場面が多くあります。

 

また、脳血管性認知症の方は、ご自身が認知症であることを自覚していらっしゃる方が多いです。

 

脳血管障害で麻痺などの身体の機能低下を伴っている方は、特に、

 

  • 「なんでこんな風になったのか?」
  • 「どうしてできないのだろう?」

 

と、嘆かれることも多いです。

 

そのため、うつ症状などの原因になることもあります。

 

介護者は、脳血管性認知症の方の症状やケアのポイントをしっかり意識していないと、ご本人のサインを見逃してしまいます。

脳血管性認知症のケアのポイントや注意点

脳血管性認知症の方に対するケアのポイントは、「できない時・できる時」があるという場合「できないことだけ介助する」ということが大切です。

 

なぜなら、残存機能をできるだけ伸ばしていくことが、脳血管性認知症の進行を防ぐケアのポイントだからです。

 

脳血管性認知症の方が、普段できていることができない時間が多いときは、脳梗塞などの脳血管疾患が進行しているのかもしれません。

 

もしくは、脳出血や脳梗塞が新しく起きているのかもしれません。

 

脳血管性認知症の方は、脳血管疾患が再発したり悪化することも多いので、生活の各場面で注意深く観察し、ちょっとした変化も見逃さないことがケアのポイントです。

 

毎日のバイタル測定も欠かさないようにしましょう。

 

また、脳血管障害は「生活習慣病」が原因で起こるものです。

 

そのため、偏らない食事や適度の運動など普段からの生活習慣への配慮をすることがケアのポイントといえます。

 

脳血管性認知症は、早期の脳血管疾患の治療とリハビリが症状の進行を抑えることにつながります。

 

医師の指示に従い、通院や服薬、リハビリを行いましょう。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連記事とスポンサーリンク

関連ページ

症状と特徴
脳血管性認知症の症状と特徴にはどのようなことがあるのでしょうか?ここでは、脳血管性認知症の症状と特徴について書いていきます。
症状と進行
脳血管性認知症の症状の進行にはどのようなことがあるのでしょうか?ここでは、脳血管性認知症の症状の進行について書いていきます。
痙攣発作
脳血管性認知症の症状として痙攣発作があります。ここでは、脳血管性認知症の痙攣発作についてご説明します。
怒る
脳血管性認知症の場合、怒るということが頻繁に起きる場合があります。ここでは、脳血管性認知症の怒るという症状についてご説明します。
知能低下
脳血管性認知症による知能低下という症状があります。ここでは、脳血管性認知症の知能低下についてご説明します。
徘徊
脳血管性認知症で徘徊するようになったら、どうすれば良いのでしょうか?ここでは脳血管性認知症による徘徊の原因や対処法についてご説明します。
昼夜逆転
脳血管性認知症によって昼夜逆転という状態になった場合、どうすれば良いのでしょうか?ここでは脳血管性認知症による昼夜逆転の原因や対処法についてご説明します。
言語障害
脳血管性認知症によって言語障害が現れた場合、どう対応すれば良いのでしょうか?ここでは脳血管性認知症による言語障害の原因や対処法についてご説明します。
拒否
脳血管性認知症によって「拒否」という症状が現れた場合、どう対応すれば良いのでしょうか?ここでは脳血管性認知症による拒否の原因や対処法についてご説明します。
余命
脳血管性認知症の余命はどれくらいと考えれば良いのでしょうか?ここでは、脳血管性認知症の余命について書いていきます。
予防
脳血管性認知症を予防するためにはどんなことに注意すれば良いのでしょうか?ここでは、脳血管性認知症を予防するための方法について書いていきます。
リハビリ
脳血管性認知症のリハビリにはどのようなことが行われるのでしょうか?ここでは、脳血管性認知症のリハビリについて書いていきます。
まだら
脳血管性認知症には「まだら認知症」と呼ばれる状態が起きると言われています。ここでは、脳血管性認知症によるまだら認知症について書いていきます。
夜間せん妄
脳血管性認知症の夜間せん妄と呼ばれる症状があります。ここでは、脳血管性認知症による夜間せん妄についてご説明します。
歩行障害
脳血管性認知症の歩行障害と呼ばれる症状があります。ここでは、脳血管性認知症による歩行障害についてご説明します。
アパシー
脳血管性認知症のアパシー(意欲低下)と呼ばれる症状があります。ここでは、脳血管性認知症によるアパシー(意欲低下)についてご説明します。
作業療法
脳血管性認知症に作業療法という方法が行われることがあります。ここでは、脳血管性認知症と作業療法の関係についてご説明します。
発作型と緩徐型
脳血管性認知症の「発作型と緩徐型」というタイプの違いがあることをご存知でしょうか?ここでは、脳血管性認知症の発作型と緩徐型の違いについてご説明します。
性差
脳血管性認知症の発症率に男女の違いによる性差はあるのでしょうか?ここでは脳血管性認知症の性差についてご説明します。
生活習慣病
脳血管性認知症と生活習慣病には、どのような関係があるのでしょうか?ここでは、脳血管性認知症と生活習慣病との関係性について詳しくご説明します。
アルコール
脳血管性認知症に対するアルコールの影響はとても大きいと言えるでしょう。ここでは、脳血管性認知症とアルコールとの関係性について詳しくご説明します。
遺伝
脳血管性認知症は遺伝することがあるのでしょうか?ここでは、脳血管性認知症と遺伝との関係性について詳しくご説明します。
アルツハイマー型認知症との違い
脳血管性認知症とアルツハイマー型認知症の違いは?と聞かれて答えられる方は、普通はそんなに多くはないでしょう。ここでは脳血管性認知症とアルツハイマー型認知症の違いについてご説明します。
イチョウ
脳血管性認知症にイチョウが効果的だと言ったら、驚く方は多いかも知れません。ここでは脳血管性認知症に対するイチョウの効果性や使い方についてご説明します。
危険因子
脳血管性認知症の危険因子と呼ばれるものには、どんなことがあるのでしょうか?ここでは、脳血管性認知症の危険因子についてご説明します。
炭水化物
脳血管性認知症と炭水化物の摂取に関係性はあるのでしょうか?ここでは脳血管性認知症と炭水化物の関係性についてご説明します。
水分
脳血管性認知症と水分にはどんな関係があるのでしょうか?ここでは脳血管性認知症と水分の関係性についてご説明します。
末期症状
脳血管性認知症の末期症状にはどのようなものがあるのでしょうか?ここでは、脳血管性認知症の末期症状についてご説明します。