脳血管性認知症の夜間せん妄

スポンサードリンク

脳血管性認知症の夜間せん妄について

脳血管性認知症の夜間せん妄

 

脳血管性認知症に「夜間せん妄」と呼ばれる症状があります。

 

脳血管性認知症の夜間せん妄以外にも、せん妄という症状には、他にもいろんな種類があります。

 

たとえば、手術の後に起こる「術後せん妄」や、薬によって起こる「薬剤性せん妄」があります。

 

また、アルコール依存症の人が、病気などで急に断酒した後に起こる「アルコールせん妄」などもあります。

 

ここでは、脳血管性認知症の「夜間せん妄」についてご説明します。

脳血管性認知症の夜間せん妄の症状

脳血管性認知症による「夜間せん妄」とは、どのようなことを指すのでしょうか?

 

まず、せん妄は全体的に言うと、興奮状態になったり、幻覚や錯覚が見られるような状態にもなる意識障害のことだと言われています。

 

ぐったりと動かなくなってしまう状態だけではないということですね。

 

特に、脳血管性認知症の「夜間せん妄」は、病名の通り、脳血管の障害が原因で起こります。

 

夜間せん妄ですので、昼間はほとんど症状がありません。

 

しかし、夜になると意識レベルが低下して昼間とは別人の様になり、「せん妄」の症状が出てきます。

 

突然そわそわしてきたり、興奮してあたりを動き回ったりします。

 

また、話が通じなくなり、会話の受け答えに混乱を生じてきます。

脳血管性認知症による「夜間せん妄」の対処方法と注意点

高齢者の「せん妄」の症状は、アルツハイマー病などの認知症とよく似ているところもあります。

 

しかし、本質的には違うものです。

 

アルツハイマー病は、意識はほとんど正常ですが、症状は持続して悪化していきます。

 

「せん妄」の場合は意識障害が起きていますが、症状は一過性のものもあり治療可能な例が多いと言われています。

 

ですから、この二つを、はっきりと見分けることは重要なことです。

 

そのために、頭部のCT検査やMRI検査を行えば、脳の中の認知機能に重要な役割を持つ部分(海馬、視床、側頭葉、前頭葉、後頭葉など)のどこかに梗塞(こうそく)を見つかることが多いです。

 

また、脳血管造影などで血流の低下を見つけることもあるかも知れません。

 

その結果、脳血管性認知症の「夜間せん妄」に関係する何らかの脳血管障害が見つかれば、対処が必要です。

 

その原因となる危険因子、高血圧、糖尿病、心疾患などを生活習慣でコントロールしたり、小さいものなら脳梗塞の再発を薬剤で防いだりすることが可能となります。

 

梗塞や血流の低下した状態を改善できれば、「せん妄」の症状は、治癒することになります。

 

しかし、治療が遅れたりすると脳に障害が残ることになるので慢性化してしまいます。

 

ですから、早期発見と早期治療が出来るように、早い対応をする必要があるのです。

 

「せん妄」の症状に対して介護する上で注意点があります。

 

刺激となる音や光などは出来るだけ避け、家具や、時計、カレンダーなどは見慣れたものを配置して、精神的に落ち着ける環境を作ることが大切です。

 

また、どんな介護や看護がされているかと言うことや、周囲の状況や現実が理解できるように、ゆっくり説明することも大切なことです。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連記事とスポンサーリンク

関連ページ

症状と特徴
脳血管性認知症の症状と特徴にはどのようなことがあるのでしょうか?ここでは、脳血管性認知症の症状と特徴について書いていきます。
症状と進行
脳血管性認知症の症状の進行にはどのようなことがあるのでしょうか?ここでは、脳血管性認知症の症状の進行について書いていきます。
ケアのポイント
脳血管性認知症のケアのポイントにはどのようなことがあるのでしょうか?ここでは、脳血管性認知症のケアのポイントについてご説明します。
痙攣発作
脳血管性認知症の症状として痙攣発作があります。ここでは、脳血管性認知症の痙攣発作についてご説明します。
怒る
脳血管性認知症の場合、怒るということが頻繁に起きる場合があります。ここでは、脳血管性認知症の怒るという症状についてご説明します。
知能低下
脳血管性認知症による知能低下という症状があります。ここでは、脳血管性認知症の知能低下についてご説明します。
徘徊
脳血管性認知症で徘徊するようになったら、どうすれば良いのでしょうか?ここでは脳血管性認知症による徘徊の原因や対処法についてご説明します。
昼夜逆転
脳血管性認知症によって昼夜逆転という状態になった場合、どうすれば良いのでしょうか?ここでは脳血管性認知症による昼夜逆転の原因や対処法についてご説明します。
言語障害
脳血管性認知症によって言語障害が現れた場合、どう対応すれば良いのでしょうか?ここでは脳血管性認知症による言語障害の原因や対処法についてご説明します。
拒否
脳血管性認知症によって「拒否」という症状が現れた場合、どう対応すれば良いのでしょうか?ここでは脳血管性認知症による拒否の原因や対処法についてご説明します。
余命
脳血管性認知症の余命はどれくらいと考えれば良いのでしょうか?ここでは、脳血管性認知症の余命について書いていきます。
予防
脳血管性認知症を予防するためにはどんなことに注意すれば良いのでしょうか?ここでは、脳血管性認知症を予防するための方法について書いていきます。
リハビリ
脳血管性認知症のリハビリにはどのようなことが行われるのでしょうか?ここでは、脳血管性認知症のリハビリについて書いていきます。
まだら
脳血管性認知症には「まだら認知症」と呼ばれる状態が起きると言われています。ここでは、脳血管性認知症によるまだら認知症について書いていきます。
歩行障害
脳血管性認知症の歩行障害と呼ばれる症状があります。ここでは、脳血管性認知症による歩行障害についてご説明します。
アパシー
脳血管性認知症のアパシー(意欲低下)と呼ばれる症状があります。ここでは、脳血管性認知症によるアパシー(意欲低下)についてご説明します。
作業療法
脳血管性認知症に作業療法という方法が行われることがあります。ここでは、脳血管性認知症と作業療法の関係についてご説明します。
発作型と緩徐型
脳血管性認知症の「発作型と緩徐型」というタイプの違いがあることをご存知でしょうか?ここでは、脳血管性認知症の発作型と緩徐型の違いについてご説明します。
性差
脳血管性認知症の発症率に男女の違いによる性差はあるのでしょうか?ここでは脳血管性認知症の性差についてご説明します。
生活習慣病
脳血管性認知症と生活習慣病には、どのような関係があるのでしょうか?ここでは、脳血管性認知症と生活習慣病との関係性について詳しくご説明します。
アルコール
脳血管性認知症に対するアルコールの影響はとても大きいと言えるでしょう。ここでは、脳血管性認知症とアルコールとの関係性について詳しくご説明します。
遺伝
脳血管性認知症は遺伝することがあるのでしょうか?ここでは、脳血管性認知症と遺伝との関係性について詳しくご説明します。
アルツハイマー型認知症との違い
脳血管性認知症とアルツハイマー型認知症の違いは?と聞かれて答えられる方は、普通はそんなに多くはないでしょう。ここでは脳血管性認知症とアルツハイマー型認知症の違いについてご説明します。
イチョウ
脳血管性認知症にイチョウが効果的だと言ったら、驚く方は多いかも知れません。ここでは脳血管性認知症に対するイチョウの効果性や使い方についてご説明します。
危険因子
脳血管性認知症の危険因子と呼ばれるものには、どんなことがあるのでしょうか?ここでは、脳血管性認知症の危険因子についてご説明します。
炭水化物
脳血管性認知症と炭水化物の摂取に関係性はあるのでしょうか?ここでは脳血管性認知症と炭水化物の関係性についてご説明します。
水分
脳血管性認知症と水分にはどんな関係があるのでしょうか?ここでは脳血管性認知症と水分の関係性についてご説明します。
末期症状
脳血管性認知症の末期症状にはどのようなものがあるのでしょうか?ここでは、脳血管性認知症の末期症状についてご説明します。