脳血管性認知症のまだら認知症

スポンサードリンク

脳血管性認知症のまだら認知症について

脳血管性認知症のまだら認知症

 

脳血管性認知症に「まだら認知症」と呼ばれる症状があります。

 

まだら認知症は、症状の名前であって、認知症の種類ではありません。

 

現れる症状として、麻痺や言語障害が多いと言われていますが、記憶障害、知的能力の低下、めまい、しびれなども現れます。

 

特に、脳血管性認知症の場合、認知症の症状が現れるものと現れないものがあり、同じ症状でも時間帯によって現れるときと現れないときがあります。

 

そうした症状を、「まだら認知症」と呼ぶのです。

 

今回は、脳血管性認知症による「まだら認知症」についてご説明します。

脳血管性認知症によるまだら認知症の症状

脳血管性認知症によるまだら認知症の症状は、一言で言えば記憶が「まだら状態」になるということです。

 

たとえば、酷(ひど)い物忘れが目立つのに、理解力や判断力は低下してないということがあります。

 

先ほどの食事のことを忘れてしまっているのに、理解力の必要な難しい話をしても、しっかり受け答えが出来たりします。

 

又、同じ動作でも、時間帯によって出来るときと出来ないときがあるという事が起きます。

 

朝、自分で着替えが出来なくて、会話もうまく出来ないのに、夕方になると自分で着替えをして会話も普通に出来ると言うことがあります。

 

脳血管性認知症は、全体的に症状が進行していくのではなくて、脳の中の各々の部分によって症状にむらが出るのが特徴となっています。

 

どうして、こういうことが起きるのでしょうか?

 

一般に、脳血管性認知症の原因は、脳梗塞(こうそく)や脳出血の後に起こるからです。

 

脳血管の障害がどこで起きたかによって脳のどの部分の障害なのか、どの程度の障害なのかが変わります。

 

ですから、症状が部分的であったり、軽症の場合や重症の場合や、起きたり起きなかったりして変わると言うことです。

脳血管性認知症による「まだら認知症」の対処方法と注意点

では、脳血管性認知症の「まだら認知症」の症状が出たらどのように対処することが出来るでしょうか。

 

まず、家族や介護者が、どんな症状が出るかをよく理解することが必要です。

 

まだら認知症の症状がどのように出るかは、人によって違います。

 

なので、その人の症状の特徴、種類、頻度、時間帯などを良く知る必要があります。

 

そしてそれに見合った形で、必要なときに必要なだけ介助をすることが良いと言われています。

 

これは、残存能力を、長く維持する為に必要なことです。

 

注意する点として、「まだら認知症」は、表面的に現れない小さな脳梗塞などの血管の障害が起きているときにも現れます。

 

脳のある部分に血流の異常が起きるとその部分に関係する症状が現れます。

 

ですから、過去に脳梗塞などの血管障害が見つかっていなくても、「まだら認知症」が現れた場合は「かくれ脳梗塞」の疑いがあります。

 

その場合は、病院に行って検査するようにしたいものです。

 

早期発見によって、大きな脳梗塞が起きるのを防ぐことができるかもしれません。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連記事とスポンサーリンク

関連ページ

症状と特徴
脳血管性認知症の症状と特徴にはどのようなことがあるのでしょうか?ここでは、脳血管性認知症の症状と特徴について書いていきます。
症状と進行
脳血管性認知症の症状の進行にはどのようなことがあるのでしょうか?ここでは、脳血管性認知症の症状の進行について書いていきます。
ケアのポイント
脳血管性認知症のケアのポイントにはどのようなことがあるのでしょうか?ここでは、脳血管性認知症のケアのポイントについてご説明します。
痙攣発作
脳血管性認知症の症状として痙攣発作があります。ここでは、脳血管性認知症の痙攣発作についてご説明します。
怒る
脳血管性認知症の場合、怒るということが頻繁に起きる場合があります。ここでは、脳血管性認知症の怒るという症状についてご説明します。
知能低下
脳血管性認知症による知能低下という症状があります。ここでは、脳血管性認知症の知能低下についてご説明します。
徘徊
脳血管性認知症で徘徊するようになったら、どうすれば良いのでしょうか?ここでは脳血管性認知症による徘徊の原因や対処法についてご説明します。
昼夜逆転
脳血管性認知症によって昼夜逆転という状態になった場合、どうすれば良いのでしょうか?ここでは脳血管性認知症による昼夜逆転の原因や対処法についてご説明します。
言語障害
脳血管性認知症によって言語障害が現れた場合、どう対応すれば良いのでしょうか?ここでは脳血管性認知症による言語障害の原因や対処法についてご説明します。
拒否
脳血管性認知症によって「拒否」という症状が現れた場合、どう対応すれば良いのでしょうか?ここでは脳血管性認知症による拒否の原因や対処法についてご説明します。
余命
脳血管性認知症の余命はどれくらいと考えれば良いのでしょうか?ここでは、脳血管性認知症の余命について書いていきます。
予防
脳血管性認知症を予防するためにはどんなことに注意すれば良いのでしょうか?ここでは、脳血管性認知症を予防するための方法について書いていきます。
リハビリ
脳血管性認知症のリハビリにはどのようなことが行われるのでしょうか?ここでは、脳血管性認知症のリハビリについて書いていきます。
夜間せん妄
脳血管性認知症の夜間せん妄と呼ばれる症状があります。ここでは、脳血管性認知症による夜間せん妄についてご説明します。
歩行障害
脳血管性認知症の歩行障害と呼ばれる症状があります。ここでは、脳血管性認知症による歩行障害についてご説明します。
アパシー
脳血管性認知症のアパシー(意欲低下)と呼ばれる症状があります。ここでは、脳血管性認知症によるアパシー(意欲低下)についてご説明します。
作業療法
脳血管性認知症に作業療法という方法が行われることがあります。ここでは、脳血管性認知症と作業療法の関係についてご説明します。
発作型と緩徐型
脳血管性認知症の「発作型と緩徐型」というタイプの違いがあることをご存知でしょうか?ここでは、脳血管性認知症の発作型と緩徐型の違いについてご説明します。
性差
脳血管性認知症の発症率に男女の違いによる性差はあるのでしょうか?ここでは脳血管性認知症の性差についてご説明します。
生活習慣病
脳血管性認知症と生活習慣病には、どのような関係があるのでしょうか?ここでは、脳血管性認知症と生活習慣病との関係性について詳しくご説明します。
アルコール
脳血管性認知症に対するアルコールの影響はとても大きいと言えるでしょう。ここでは、脳血管性認知症とアルコールとの関係性について詳しくご説明します。
遺伝
脳血管性認知症は遺伝することがあるのでしょうか?ここでは、脳血管性認知症と遺伝との関係性について詳しくご説明します。
アルツハイマー型認知症との違い
脳血管性認知症とアルツハイマー型認知症の違いは?と聞かれて答えられる方は、普通はそんなに多くはないでしょう。ここでは脳血管性認知症とアルツハイマー型認知症の違いについてご説明します。
イチョウ
脳血管性認知症にイチョウが効果的だと言ったら、驚く方は多いかも知れません。ここでは脳血管性認知症に対するイチョウの効果性や使い方についてご説明します。
危険因子
脳血管性認知症の危険因子と呼ばれるものには、どんなことがあるのでしょうか?ここでは、脳血管性認知症の危険因子についてご説明します。
炭水化物
脳血管性認知症と炭水化物の摂取に関係性はあるのでしょうか?ここでは脳血管性認知症と炭水化物の関係性についてご説明します。
水分
脳血管性認知症と水分にはどんな関係があるのでしょうか?ここでは脳血管性認知症と水分の関係性についてご説明します。
末期症状
脳血管性認知症の末期症状にはどのようなものがあるのでしょうか?ここでは、脳血管性認知症の末期症状についてご説明します。