脳血管性認知症の「発作型と緩徐型」の違いとは?

スポンサードリンク

脳血管性認知症の「発作型と緩徐型」の違いについて

脳血管性認知症の発作型と緩徐型

 

脳血管性認知症に「発作型と緩徐型(かんじょがた)」というものがあることをご存知でしょうか?

 

脳血管性認知症の発作型というのは、脳梗塞など(のうこうそく)等をキッカケとして、局所症状と呼ばれる片麻痺や言語障害などを伴うものです。

 

一方、緩徐型は、認知症の症状が徐々に進行するタイプのものです。

 

ここでは、脳血管性認知症の発作型と緩徐型の違いについてご説明します。

脳血管性認知症の発作型と緩徐型の症状のちがいは?

脳血管性認知症の発作型と緩徐型の症状のちがいは何でしょうか?

 

まず、脳血管性認知症は、脳梗塞(のうこうそく)などの脳血管障害の発作の反復によって段階的に症状が悪化することが特徴です。

 

その中で、ビンスワンガー型白質脳症や多発梗塞性認知症(たはつこうそくせいにんちしょう)の場合、発作型でなく緩徐型(徐々に進行)の場合もあるので注意が必要です。

 

発作型は、脳梗塞などの発作や一過性脳虚血発作のあとに症状が現れ、段階状に悪化します。

 

麻痺や嚥下障害、小刻み歩行などの神経症状が見られたり、失語、失行、失認といった症状が現れることもあります。

 

また、初期から「実行機能障害」や「意欲低下」が目立ちます。日動変化もあります。

 

緩徐型は、ビンスワンガー型白質脳症などに現れることがあり、アルツハイマー型認知症のように緩やかに進行するタイプです。

 

アルツハイマー型認知症と脳血管性認知症が混合している場合もあるので、注意が必要です。

 

認知症のおよそ10%が混合型と言われています。

 

(一般的にアルツハイマー型とその他の認知症との併発)

脳血管性認知症の「発作型と緩徐型」の対処のちがいは?

脳血管性認知症の発作型と緩徐型、それぞれの対処のちがいはどこにあるのでしょうか?

 

脳血管性認知症の発作型は、脳血管障害を起こすたびに段階的に進行が進みます。

 

そのため、原因となる生活習慣病の治療が病気の再発、進行を防ぐことを覚えておきましょう。

 

脳血管障害による認知症は、急に発作が起き、進行してしまうため、認知症になってからの治療では遅すぎます。

 

中年期から、生活習慣病に対する治療が大切です。

 

脳血管認知症の緩徐型が現れることが多いビンスワンガー型白質脳症は、脳の大脳白質が広く障害されるのが特徴です。

 

この疾患は、高血圧との関係が深く、高度の動脈硬化による脳の白質病変が特徴的とされています。

 

アルツハイマー型認知症のように緩やかに進行することもあるビンスワンガー型白質脳症に対しても、普段の食生活等、生活習慣を改めることで予防ができます。

 

他の脳血管障害と同じように、歩行障害や嚥下障害、麻痺などの神経症状とともに、うつ症状や意欲低下なども現れます。

 

緩徐型が現れることがあるビンスワンガー型白質脳症は、50代後半から発症することがあるというのも特徴的です。

 

高齢者でなくても発症の可能性があるので、生活習慣を見直してみましょう。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連記事とスポンサーリンク

関連ページ

症状と特徴
脳血管性認知症の症状と特徴にはどのようなことがあるのでしょうか?ここでは、脳血管性認知症の症状と特徴について書いていきます。
症状と進行
脳血管性認知症の症状の進行にはどのようなことがあるのでしょうか?ここでは、脳血管性認知症の症状の進行について書いていきます。
ケアのポイント
脳血管性認知症のケアのポイントにはどのようなことがあるのでしょうか?ここでは、脳血管性認知症のケアのポイントについてご説明します。
痙攣発作
脳血管性認知症の症状として痙攣発作があります。ここでは、脳血管性認知症の痙攣発作についてご説明します。
怒る
脳血管性認知症の場合、怒るということが頻繁に起きる場合があります。ここでは、脳血管性認知症の怒るという症状についてご説明します。
知能低下
脳血管性認知症による知能低下という症状があります。ここでは、脳血管性認知症の知能低下についてご説明します。
徘徊
脳血管性認知症で徘徊するようになったら、どうすれば良いのでしょうか?ここでは脳血管性認知症による徘徊の原因や対処法についてご説明します。
昼夜逆転
脳血管性認知症によって昼夜逆転という状態になった場合、どうすれば良いのでしょうか?ここでは脳血管性認知症による昼夜逆転の原因や対処法についてご説明します。
言語障害
脳血管性認知症によって言語障害が現れた場合、どう対応すれば良いのでしょうか?ここでは脳血管性認知症による言語障害の原因や対処法についてご説明します。
拒否
脳血管性認知症によって「拒否」という症状が現れた場合、どう対応すれば良いのでしょうか?ここでは脳血管性認知症による拒否の原因や対処法についてご説明します。
余命
脳血管性認知症の余命はどれくらいと考えれば良いのでしょうか?ここでは、脳血管性認知症の余命について書いていきます。
予防
脳血管性認知症を予防するためにはどんなことに注意すれば良いのでしょうか?ここでは、脳血管性認知症を予防するための方法について書いていきます。
リハビリ
脳血管性認知症のリハビリにはどのようなことが行われるのでしょうか?ここでは、脳血管性認知症のリハビリについて書いていきます。
まだら
脳血管性認知症には「まだら認知症」と呼ばれる状態が起きると言われています。ここでは、脳血管性認知症によるまだら認知症について書いていきます。
夜間せん妄
脳血管性認知症の夜間せん妄と呼ばれる症状があります。ここでは、脳血管性認知症による夜間せん妄についてご説明します。
歩行障害
脳血管性認知症の歩行障害と呼ばれる症状があります。ここでは、脳血管性認知症による歩行障害についてご説明します。
アパシー
脳血管性認知症のアパシー(意欲低下)と呼ばれる症状があります。ここでは、脳血管性認知症によるアパシー(意欲低下)についてご説明します。
作業療法
脳血管性認知症に作業療法という方法が行われることがあります。ここでは、脳血管性認知症と作業療法の関係についてご説明します。
性差
脳血管性認知症の発症率に男女の違いによる性差はあるのでしょうか?ここでは脳血管性認知症の性差についてご説明します。
生活習慣病
脳血管性認知症と生活習慣病には、どのような関係があるのでしょうか?ここでは、脳血管性認知症と生活習慣病との関係性について詳しくご説明します。
アルコール
脳血管性認知症に対するアルコールの影響はとても大きいと言えるでしょう。ここでは、脳血管性認知症とアルコールとの関係性について詳しくご説明します。
遺伝
脳血管性認知症は遺伝することがあるのでしょうか?ここでは、脳血管性認知症と遺伝との関係性について詳しくご説明します。
アルツハイマー型認知症との違い
脳血管性認知症とアルツハイマー型認知症の違いは?と聞かれて答えられる方は、普通はそんなに多くはないでしょう。ここでは脳血管性認知症とアルツハイマー型認知症の違いについてご説明します。
イチョウ
脳血管性認知症にイチョウが効果的だと言ったら、驚く方は多いかも知れません。ここでは脳血管性認知症に対するイチョウの効果性や使い方についてご説明します。
危険因子
脳血管性認知症の危険因子と呼ばれるものには、どんなことがあるのでしょうか?ここでは、脳血管性認知症の危険因子についてご説明します。
炭水化物
脳血管性認知症と炭水化物の摂取に関係性はあるのでしょうか?ここでは脳血管性認知症と炭水化物の関係性についてご説明します。
水分
脳血管性認知症と水分にはどんな関係があるのでしょうか?ここでは脳血管性認知症と水分の関係性についてご説明します。
末期症状
脳血管性認知症の末期症状にはどのようなものがあるのでしょうか?ここでは、脳血管性認知症の末期症状についてご説明します。