脳血管性認知症は遺伝するのか?

スポンサードリンク

脳血管性認知症は遺伝するものなのか?

脳血管性認知症は遺伝するか?

 

脳血管性認知症が遺伝するのかどうなのかは、親が脳血管性認知症を発症したという方なら、かなり気になるところでしょう。

 

たとえば、アルツハイマー型認知症の場合なら、タイプによっては遺伝子が大きく関わっているものもあります。

 

では、実際のところ、脳血管性認知症は遺伝するのでしょうか?

 

ここでは、脳血管性認知症と遺伝との関係性についてご説明します。

脳血管性認知症が遺伝するのは間接的?

脳血管性認知症の原因は、脳梗塞などの「脳血管障害」です。

 

そのため、それらの生活習慣病にかかっていなければ遺伝の心配をすることはなさそうです。

 

ただし、生活習慣病の中には、糖尿病や高血圧などがあり、その中には遺伝との関係性が深いものもあります。

 

さらに、脳血管性認知症の原因となる「脳梗塞」や「脳出血」などの脳血管障害も、家族にそういう疾患の人がいれば遺伝的なリスクは高くなると言えるでしょう。

 

そういう意味では、脳血管性認知症と遺伝は、間接的にかかわっていると言っても良いのかも知れません。

 

また、脳血管性認知症の原因となる生活習慣病は、普段からの食生活や生活環境などが影響します。

 

脳血管性認知症の遺伝との関係性を考えるとき、そういった生活環境や食生活が同一に育った家族であれば、同じ生活習慣病を発症する可能性はあると言えます。

 

また、中には、脳血管性認知症とアルツハイマー型認知症の「混合型の認知症」もあります。

 

アルツハイマー型認知症の場合は遺伝性のものもあり、発症前後に「脳梗塞」や「脳出血」などで脳血管性認知症を併発してしまう例もあります。

 

その場合は、早期発見が大切です。

 

投薬が異なり、症状の進行を早めてしまうこともあり得ます。

 

医師と十分に話し合い、様子を見ながらの服用が大切です。

脳血管性認知症の遺伝に対する対処法は?

脳血管性認知症の原因となる脳血管障害や、高血圧などの生活習慣病にかかっている方が家族にいれば、発症のリスクは高くなります。

 

純然たる遺伝の可能性は低いですが、家族に生活習慣病の方がいれば、食生活や生活環境に目を向けて改善することが大切です。

 

「本態性高血圧」や「糖尿病」の一部には遺伝と関係性のある疾患があります。

 

野菜や魚中心の食生活に変えたり、糖質制限するなどの対応で、生活習慣病にかからないようにしましょう。

 

そして、言うまでもなく適度な運動をしましょう。

 

メタボリックシンドロームにならないように、アルコールや糖分を摂りすぎないようにしましょう。

 

脳血管性認知症の遺伝への対策としては、同じ生活環境にいる家族に生活習慣病の人がいたら、自分自身の食生活から変えていくことが必要です。

 

アルツハイマー型認知症との混合型の場合は、医師の指示のもと服薬管理をきちんとするようにしましょう。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連記事とスポンサーリンク

関連ページ

症状と特徴
脳血管性認知症の症状と特徴にはどのようなことがあるのでしょうか?ここでは、脳血管性認知症の症状と特徴について書いていきます。
症状と進行
脳血管性認知症の症状の進行にはどのようなことがあるのでしょうか?ここでは、脳血管性認知症の症状の進行について書いていきます。
ケアのポイント
脳血管性認知症のケアのポイントにはどのようなことがあるのでしょうか?ここでは、脳血管性認知症のケアのポイントについてご説明します。
痙攣発作
脳血管性認知症の症状として痙攣発作があります。ここでは、脳血管性認知症の痙攣発作についてご説明します。
怒る
脳血管性認知症の場合、怒るということが頻繁に起きる場合があります。ここでは、脳血管性認知症の怒るという症状についてご説明します。
知能低下
脳血管性認知症による知能低下という症状があります。ここでは、脳血管性認知症の知能低下についてご説明します。
徘徊
脳血管性認知症で徘徊するようになったら、どうすれば良いのでしょうか?ここでは脳血管性認知症による徘徊の原因や対処法についてご説明します。
昼夜逆転
脳血管性認知症によって昼夜逆転という状態になった場合、どうすれば良いのでしょうか?ここでは脳血管性認知症による昼夜逆転の原因や対処法についてご説明します。
言語障害
脳血管性認知症によって言語障害が現れた場合、どう対応すれば良いのでしょうか?ここでは脳血管性認知症による言語障害の原因や対処法についてご説明します。
拒否
脳血管性認知症によって「拒否」という症状が現れた場合、どう対応すれば良いのでしょうか?ここでは脳血管性認知症による拒否の原因や対処法についてご説明します。
余命
脳血管性認知症の余命はどれくらいと考えれば良いのでしょうか?ここでは、脳血管性認知症の余命について書いていきます。
予防
脳血管性認知症を予防するためにはどんなことに注意すれば良いのでしょうか?ここでは、脳血管性認知症を予防するための方法について書いていきます。
リハビリ
脳血管性認知症のリハビリにはどのようなことが行われるのでしょうか?ここでは、脳血管性認知症のリハビリについて書いていきます。
まだら
脳血管性認知症には「まだら認知症」と呼ばれる状態が起きると言われています。ここでは、脳血管性認知症によるまだら認知症について書いていきます。
夜間せん妄
脳血管性認知症の夜間せん妄と呼ばれる症状があります。ここでは、脳血管性認知症による夜間せん妄についてご説明します。
歩行障害
脳血管性認知症の歩行障害と呼ばれる症状があります。ここでは、脳血管性認知症による歩行障害についてご説明します。
アパシー
脳血管性認知症のアパシー(意欲低下)と呼ばれる症状があります。ここでは、脳血管性認知症によるアパシー(意欲低下)についてご説明します。
作業療法
脳血管性認知症に作業療法という方法が行われることがあります。ここでは、脳血管性認知症と作業療法の関係についてご説明します。
発作型と緩徐型
脳血管性認知症の「発作型と緩徐型」というタイプの違いがあることをご存知でしょうか?ここでは、脳血管性認知症の発作型と緩徐型の違いについてご説明します。
性差
脳血管性認知症の発症率に男女の違いによる性差はあるのでしょうか?ここでは脳血管性認知症の性差についてご説明します。
生活習慣病
脳血管性認知症と生活習慣病には、どのような関係があるのでしょうか?ここでは、脳血管性認知症と生活習慣病との関係性について詳しくご説明します。
アルコール
脳血管性認知症に対するアルコールの影響はとても大きいと言えるでしょう。ここでは、脳血管性認知症とアルコールとの関係性について詳しくご説明します。
アルツハイマー型認知症との違い
脳血管性認知症とアルツハイマー型認知症の違いは?と聞かれて答えられる方は、普通はそんなに多くはないでしょう。ここでは脳血管性認知症とアルツハイマー型認知症の違いについてご説明します。
イチョウ
脳血管性認知症にイチョウが効果的だと言ったら、驚く方は多いかも知れません。ここでは脳血管性認知症に対するイチョウの効果性や使い方についてご説明します。
危険因子
脳血管性認知症の危険因子と呼ばれるものには、どんなことがあるのでしょうか?ここでは、脳血管性認知症の危険因子についてご説明します。
炭水化物
脳血管性認知症と炭水化物の摂取に関係性はあるのでしょうか?ここでは脳血管性認知症と炭水化物の関係性についてご説明します。
水分
脳血管性認知症と水分にはどんな関係があるのでしょうか?ここでは脳血管性認知症と水分の関係性についてご説明します。
末期症状
脳血管性認知症の末期症状にはどのようなものがあるのでしょうか?ここでは、脳血管性認知症の末期症状についてご説明します。