脳血管性認知症と「生活習慣病」の関係性は?

スポンサードリンク

脳血管性認知症と生活習慣病の関連性について

脳血管性認知症と生活習慣病

 

脳血管性認知症と生活習慣病には、どのような関係があるのでしょうか?

 

ひと言で言えば、脳血管性認知症の原因は脳血管障害などの生活習慣病です。

 

ですから、関係性という意味で言えば、生活習慣病と脳血管性認知症は「原因と結果」の関係と言っても良いでしょう。

 

ここでは、そんな脳血管性認知症と生活習慣病の関係について詳しくご説明します。

脳血管性認知症はどんな生活習慣病から起きる?

脳血管性認知症は、どのような生活習慣病から起きるものなのでしょうか?

 

まず、脳血管性認知症の原因となる生活習慣病は「脳梗塞」や「脳出血」が主ですが、実はそれ以外にもあります。

 

たとえば、糖尿病や脂質異常症、高血圧、肥満などがあげられます。

 

高齢者の生活習慣病は、脳血管性認知症と大きく関係しているといわれています。

 

糖尿病という病気で言えば、二型糖尿病は生活習慣によって引き起こされます。

 

生活習慣によってインスリンの分泌が低下したり、血糖値が高いままになると脳血管や脳神経に障害が起こり、脳血管性認知症になりやすくなります。

 

脂質異常症になっても、動脈硬化を起こしやすくなり、心疾患や脳梗塞、脳出血が起こりやすくなります。

 

高血圧も動脈硬化を起こしやすく、脳卒中の原因となります。

 

脳卒中が起こると、脳細胞が傷つき、麻痺や言語障害などを起こす脳血管性認知症の原因になるでしょう。

 

肥満は病気ではありませんが、無呼吸症候群になりやすく脳に酸素がいきにくくなることがあり、脳に障害が残る恐れもあります。

脳血管性認知症が生活習慣病から起きるのを防ぐには?

脳血管性認知症が生活習慣病から起きるのを防ぐためには、どうすれば良いのでしょうか?

 

ひと言で言えば、脳血管性認知症の原因である生活習慣病にかからないことで、認知症の予防になります。

 

まあ、当たり前と言えば当たり前ですが・・・

 

具体的には、中年期のころから、食生活に配慮する必要があります。

 

脳血管性認知症の原因となる「生活習慣病」を予防するためには、野菜の摂取が一番です。

 

動脈硬化や心筋梗塞、高血圧など血管の病気の予防、改善に野菜の力が必要不可欠です。

 

たとえば、野菜に含まれるカリウムは血圧の上昇を抑えます。

 

食物繊維は、血管を詰まらせる原因となる余分なコレステロールを体外に排出します。

 

また、血液をサラサラにするファイトケミカルも野菜はもっています。

 

毒素を発する活性酸素は体内に溜まってしまえば、脳血管性認知症の原因となる生活習慣病を引き起こします。

 

その活性酸素を退治するのがファイトケミカルです。

 

ファイトケミカルには、ブルーベリーや小豆に含まれるアントシアニンや、大豆に含まれるイソフラボン、緑茶に含まれるカテキン、トマトに含まれるリコペン、にんじんやモロヘイヤに含まれるβカロテンなどがあります。

 

また、野菜に含まれる葉酸は神経細胞の働きをサポートし、脳の認知機能を守ることが明らかになりました。

 

野菜を取り入れた食生活に改善すること、禁煙、アルコールの制限、適度な運動等で生活習慣病と脳血管性認知症を予防しましょう。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連記事とスポンサーリンク

関連ページ

症状と特徴
脳血管性認知症の症状と特徴にはどのようなことがあるのでしょうか?ここでは、脳血管性認知症の症状と特徴について書いていきます。
症状と進行
脳血管性認知症の症状の進行にはどのようなことがあるのでしょうか?ここでは、脳血管性認知症の症状の進行について書いていきます。
ケアのポイント
脳血管性認知症のケアのポイントにはどのようなことがあるのでしょうか?ここでは、脳血管性認知症のケアのポイントについてご説明します。
痙攣発作
脳血管性認知症の症状として痙攣発作があります。ここでは、脳血管性認知症の痙攣発作についてご説明します。
怒る
脳血管性認知症の場合、怒るということが頻繁に起きる場合があります。ここでは、脳血管性認知症の怒るという症状についてご説明します。
知能低下
脳血管性認知症による知能低下という症状があります。ここでは、脳血管性認知症の知能低下についてご説明します。
徘徊
脳血管性認知症で徘徊するようになったら、どうすれば良いのでしょうか?ここでは脳血管性認知症による徘徊の原因や対処法についてご説明します。
昼夜逆転
脳血管性認知症によって昼夜逆転という状態になった場合、どうすれば良いのでしょうか?ここでは脳血管性認知症による昼夜逆転の原因や対処法についてご説明します。
言語障害
脳血管性認知症によって言語障害が現れた場合、どう対応すれば良いのでしょうか?ここでは脳血管性認知症による言語障害の原因や対処法についてご説明します。
拒否
脳血管性認知症によって「拒否」という症状が現れた場合、どう対応すれば良いのでしょうか?ここでは脳血管性認知症による拒否の原因や対処法についてご説明します。
余命
脳血管性認知症の余命はどれくらいと考えれば良いのでしょうか?ここでは、脳血管性認知症の余命について書いていきます。
予防
脳血管性認知症を予防するためにはどんなことに注意すれば良いのでしょうか?ここでは、脳血管性認知症を予防するための方法について書いていきます。
リハビリ
脳血管性認知症のリハビリにはどのようなことが行われるのでしょうか?ここでは、脳血管性認知症のリハビリについて書いていきます。
まだら
脳血管性認知症には「まだら認知症」と呼ばれる状態が起きると言われています。ここでは、脳血管性認知症によるまだら認知症について書いていきます。
夜間せん妄
脳血管性認知症の夜間せん妄と呼ばれる症状があります。ここでは、脳血管性認知症による夜間せん妄についてご説明します。
歩行障害
脳血管性認知症の歩行障害と呼ばれる症状があります。ここでは、脳血管性認知症による歩行障害についてご説明します。
アパシー
脳血管性認知症のアパシー(意欲低下)と呼ばれる症状があります。ここでは、脳血管性認知症によるアパシー(意欲低下)についてご説明します。
作業療法
脳血管性認知症に作業療法という方法が行われることがあります。ここでは、脳血管性認知症と作業療法の関係についてご説明します。
発作型と緩徐型
脳血管性認知症の「発作型と緩徐型」というタイプの違いがあることをご存知でしょうか?ここでは、脳血管性認知症の発作型と緩徐型の違いについてご説明します。
性差
脳血管性認知症の発症率に男女の違いによる性差はあるのでしょうか?ここでは脳血管性認知症の性差についてご説明します。
アルコール
脳血管性認知症に対するアルコールの影響はとても大きいと言えるでしょう。ここでは、脳血管性認知症とアルコールとの関係性について詳しくご説明します。
遺伝
脳血管性認知症は遺伝することがあるのでしょうか?ここでは、脳血管性認知症と遺伝との関係性について詳しくご説明します。
アルツハイマー型認知症との違い
脳血管性認知症とアルツハイマー型認知症の違いは?と聞かれて答えられる方は、普通はそんなに多くはないでしょう。ここでは脳血管性認知症とアルツハイマー型認知症の違いについてご説明します。
イチョウ
脳血管性認知症にイチョウが効果的だと言ったら、驚く方は多いかも知れません。ここでは脳血管性認知症に対するイチョウの効果性や使い方についてご説明します。
危険因子
脳血管性認知症の危険因子と呼ばれるものには、どんなことがあるのでしょうか?ここでは、脳血管性認知症の危険因子についてご説明します。
炭水化物
脳血管性認知症と炭水化物の摂取に関係性はあるのでしょうか?ここでは脳血管性認知症と炭水化物の関係性についてご説明します。
水分
脳血管性認知症と水分にはどんな関係があるのでしょうか?ここでは脳血管性認知症と水分の関係性についてご説明します。
末期症状
脳血管性認知症の末期症状にはどのようなものがあるのでしょうか?ここでは、脳血管性認知症の末期症状についてご説明します。