脳血管性認知症で徘徊するようになったら?

スポンサードリンク

脳血管性認知症で徘徊するのは、どうして?

脳血管性認知症の徘徊

 

脳血管性認知症の方が「徘徊」をするようになったと、頭を抱える介護者の方がいらっしゃいます。

 

しかし、脳血管性認知症という病気から考えると「徘徊」という状態は、実は起こりにくいと言えます。

 

脳血管性認知症は、脳梗塞などの脳血管障害が原因で起こります。

 

脳のどの部分に損傷があるかによって認知症の出現の仕方も違ってきますが、アルツハイマー型など他のタイプの認知症にくらべると、知性の面では低下が遅いと言われています。

 

そのため、「徘徊」や「せん妄」も起こりにくいと言われているのです。

 

では、なぜ、脳血管性認知症による「徘徊」が起きてしまうのでしょうか?

 

ここでは、脳血管性認知症による「徘徊」の原因と対処法についてご説明します。

脳血管性認知症と徘徊~私の体験談~

脳血管性認知症によって徘徊が起きるのは、どんな時でしょうか?

 

まず、理解する必要があるのが、脳血管性認知症の方とアルツハイマー型認知症の方との違いは、ある程度自分の居場所がわかっているということです。

 

ですので、脳血管性認知症の方が徘徊するときは、目的をもって動いているということです。

 

私が施設勤務をしていた時、施設からいなくなった脳血管性認知症の利用者さんがいらっしゃいました。

 

「徘徊?」と思って近隣を探しましたが、見つかりませんでした。

 

しばらくして、歩いて1時間以上かかるその方の住んでいらっしゃったアパート付近に立っているところを発見されました。

 

見つかった時、その方は「家に帰りたかった。」と、おっしゃっていました。

 

その方は、たいてい夕方になると、上着を着て鞄を持ってでかけようとされていました。

 

脳血管性認知症による徘徊というよりは、家に帰る目的をもって動かれていました。

脳血管性認知症による徘徊には、どう対処する?

脳血管性認知症の方が徘徊されるときは、行き当たりばったりで動かれるのではなく、何かしら目的があるということを理解する必要があります。

 

ですから、まずは傾聴して何がしたいのか、どこへ行きたいのかを知ることが大切です。

 

そして、脳血管性認知症の方が、家に帰りたいと思うときは、その方の居場所を作ることが先決だと思われます。

 

私たちは、まず脳血管性認知症の利用者さんの特技は何かを考えました。

 

その方は、知能低下はあまり見られず、将棋や囲碁が得意でした。

 

徘徊防止策として考えたことは、他の利用者さんや職員で、囲碁や将棋対決することでした。

 

夕方、脳血管性認知症の利用者さんが身支度してでかけようとされるとき、必ず通る場所で囲碁や将棋対決をしていました。

 

ずっと続けていると、いつの間にかその利用者さんは、囲碁や将棋に夢中になり、徘徊行為はなくなったのです。

 

もちろん、脳血管性認知症の方が皆さん同じわけではないでしょう。

 

しかし、徘徊行為が問題となったときには、その目的は何なのかよく話を聞いてみると分かることがよくあります。

 

脳血管性認知症の方が、出かけようとするときに、無理に止めようとせず、お話しながら一緒に散歩するのもよいと思います。

 

ストレス発散とよい運動にもなりますからね。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連記事とスポンサーリンク

関連ページ

症状と特徴
脳血管性認知症の症状と特徴にはどのようなことがあるのでしょうか?ここでは、脳血管性認知症の症状と特徴について書いていきます。
症状と進行
脳血管性認知症の症状の進行にはどのようなことがあるのでしょうか?ここでは、脳血管性認知症の症状の進行について書いていきます。
ケアのポイント
脳血管性認知症のケアのポイントにはどのようなことがあるのでしょうか?ここでは、脳血管性認知症のケアのポイントについてご説明します。
痙攣発作
脳血管性認知症の症状として痙攣発作があります。ここでは、脳血管性認知症の痙攣発作についてご説明します。
怒る
脳血管性認知症の場合、怒るということが頻繁に起きる場合があります。ここでは、脳血管性認知症の怒るという症状についてご説明します。
知能低下
脳血管性認知症による知能低下という症状があります。ここでは、脳血管性認知症の知能低下についてご説明します。
昼夜逆転
脳血管性認知症によって昼夜逆転という状態になった場合、どうすれば良いのでしょうか?ここでは脳血管性認知症による昼夜逆転の原因や対処法についてご説明します。
言語障害
脳血管性認知症によって言語障害が現れた場合、どう対応すれば良いのでしょうか?ここでは脳血管性認知症による言語障害の原因や対処法についてご説明します。
拒否
脳血管性認知症によって「拒否」という症状が現れた場合、どう対応すれば良いのでしょうか?ここでは脳血管性認知症による拒否の原因や対処法についてご説明します。
余命
脳血管性認知症の余命はどれくらいと考えれば良いのでしょうか?ここでは、脳血管性認知症の余命について書いていきます。
予防
脳血管性認知症を予防するためにはどんなことに注意すれば良いのでしょうか?ここでは、脳血管性認知症を予防するための方法について書いていきます。
リハビリ
脳血管性認知症のリハビリにはどのようなことが行われるのでしょうか?ここでは、脳血管性認知症のリハビリについて書いていきます。
まだら
脳血管性認知症には「まだら認知症」と呼ばれる状態が起きると言われています。ここでは、脳血管性認知症によるまだら認知症について書いていきます。
夜間せん妄
脳血管性認知症の夜間せん妄と呼ばれる症状があります。ここでは、脳血管性認知症による夜間せん妄についてご説明します。
歩行障害
脳血管性認知症の歩行障害と呼ばれる症状があります。ここでは、脳血管性認知症による歩行障害についてご説明します。
アパシー
脳血管性認知症のアパシー(意欲低下)と呼ばれる症状があります。ここでは、脳血管性認知症によるアパシー(意欲低下)についてご説明します。
作業療法
脳血管性認知症に作業療法という方法が行われることがあります。ここでは、脳血管性認知症と作業療法の関係についてご説明します。
発作型と緩徐型
脳血管性認知症の「発作型と緩徐型」というタイプの違いがあることをご存知でしょうか?ここでは、脳血管性認知症の発作型と緩徐型の違いについてご説明します。
性差
脳血管性認知症の発症率に男女の違いによる性差はあるのでしょうか?ここでは脳血管性認知症の性差についてご説明します。
生活習慣病
脳血管性認知症と生活習慣病には、どのような関係があるのでしょうか?ここでは、脳血管性認知症と生活習慣病との関係性について詳しくご説明します。
アルコール
脳血管性認知症に対するアルコールの影響はとても大きいと言えるでしょう。ここでは、脳血管性認知症とアルコールとの関係性について詳しくご説明します。
遺伝
脳血管性認知症は遺伝することがあるのでしょうか?ここでは、脳血管性認知症と遺伝との関係性について詳しくご説明します。
アルツハイマー型認知症との違い
脳血管性認知症とアルツハイマー型認知症の違いは?と聞かれて答えられる方は、普通はそんなに多くはないでしょう。ここでは脳血管性認知症とアルツハイマー型認知症の違いについてご説明します。
イチョウ
脳血管性認知症にイチョウが効果的だと言ったら、驚く方は多いかも知れません。ここでは脳血管性認知症に対するイチョウの効果性や使い方についてご説明します。
危険因子
脳血管性認知症の危険因子と呼ばれるものには、どんなことがあるのでしょうか?ここでは、脳血管性認知症の危険因子についてご説明します。
炭水化物
脳血管性認知症と炭水化物の摂取に関係性はあるのでしょうか?ここでは脳血管性認知症と炭水化物の関係性についてご説明します。
水分
脳血管性認知症と水分にはどんな関係があるのでしょうか?ここでは脳血管性認知症と水分の関係性についてご説明します。
末期症状
脳血管性認知症の末期症状にはどのようなものがあるのでしょうか?ここでは、脳血管性認知症の末期症状についてご説明します。