脳血管性認知症と水分の関係性とは?

スポンサードリンク

脳血管性認知症と水分の関係性について

脳血管性認知症と水分補給

 

脳血管性認知症には「水分」が大きく関わっていることをご存知でしょうか?

 

たとえば、脳血管性認知症であるなしに関わらず、高齢者には「夜、トイレに起きるのが心配だから」と水分を控える方が多くいらっしゃいます。

 

また、高齢になると感覚が鈍くなるため、喉の渇きも感じにくく、水分不足になりやすいです。

 

脳血管性認知症の方は、水分を摂ることを忘れることもあり、声かけしないとなかなか水分補給されないことが多いです。

 

そのようなことが重なって、脳血管性認知症の症状が進むことは多いのです。

 

ここでは、脳血管性認知症と水分との関係性についてご説明します。

脳血管性認知症は水分不足で進行する?

脳血管性認知症は、前述したような「水分不足」が、認知症の症状進行に大きく関わっています。

 

高齢者の多くは「脱水傾向にある」と言われています。

 

脳血管性認知症の方に、脱水によって「せん妄」が現れた場合、認知機能も低下します。

 

脳血管性認知症による「せん妄」は、基本的に夜間に多いですが、錯乱や幻視を起こしたり、大声で叫んだりすることもあります。

 

脱水(水分不足)によって、脳の機能に影響が及んで「せん妄」が起こりますが、それを繰り返すことで認知症が進行する恐れがあります。

 

また、脳血管性認知症の原因となる「生活習慣病」で、脳梗塞や心筋梗塞などの血管が詰まる病気は、水分が足りないことで血液がドロドロになり、発症リスクが高まります。

 

脳血管性認知症の方や、寝たきりでの療養中の方は、脱水に気がつくのが遅れると、認知症だけでなく、身体の全般的な「機能障害」を起こしてしまう危険性があります。

 

このように、水分と脳血管性認知症は密接な関係があるのです。

脳血管性認知症は水分補給で進行を防げる?

脳血管性認知症の方が水分不足、脱水にならないようにするために、1日1500mlの水分を摂るようにしましょう。

 

すでに脱水状態になっている場合、お茶や水のように塩分を含まないものの摂取では十分に回復できない場合もあります。

 

脳血管性認知症の方は、低ナトリウム血症により「せん妄」が起き、意識障害をきたすこともあります。

 

また、食欲が低下していて、水分補給が十分でないときには「かくれ脱水」を疑った方が良いかも知れません。

 

「かくれ脱水」や「脱水」のときは、経口補水液の摂取が望ましいのですが、嚥下状態の悪い人は、ゼリータイプの経口補水液を飲用するとよいです。

 

糖尿病や高血圧の人は、塩分や糖分の摂取が心配されますが、脱水状態の回避のためには「経口補水液」は必要になります。

 

脳血管性認知症の方で、塩分や糖分の制限のある方は、水分補給に対して、前もって主治医に相談しておきましょう。

 

水分補給のための「経口補水液」は、何本か常備しておいたほうが良いでしょう。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連記事とスポンサーリンク

関連ページ

症状と特徴
脳血管性認知症の症状と特徴にはどのようなことがあるのでしょうか?ここでは、脳血管性認知症の症状と特徴について書いていきます。
症状と進行
脳血管性認知症の症状の進行にはどのようなことがあるのでしょうか?ここでは、脳血管性認知症の症状の進行について書いていきます。
ケアのポイント
脳血管性認知症のケアのポイントにはどのようなことがあるのでしょうか?ここでは、脳血管性認知症のケアのポイントについてご説明します。
痙攣発作
脳血管性認知症の症状として痙攣発作があります。ここでは、脳血管性認知症の痙攣発作についてご説明します。
怒る
脳血管性認知症の場合、怒るということが頻繁に起きる場合があります。ここでは、脳血管性認知症の怒るという症状についてご説明します。
知能低下
脳血管性認知症による知能低下という症状があります。ここでは、脳血管性認知症の知能低下についてご説明します。
徘徊
脳血管性認知症で徘徊するようになったら、どうすれば良いのでしょうか?ここでは脳血管性認知症による徘徊の原因や対処法についてご説明します。
昼夜逆転
脳血管性認知症によって昼夜逆転という状態になった場合、どうすれば良いのでしょうか?ここでは脳血管性認知症による昼夜逆転の原因や対処法についてご説明します。
言語障害
脳血管性認知症によって言語障害が現れた場合、どう対応すれば良いのでしょうか?ここでは脳血管性認知症による言語障害の原因や対処法についてご説明します。
拒否
脳血管性認知症によって「拒否」という症状が現れた場合、どう対応すれば良いのでしょうか?ここでは脳血管性認知症による拒否の原因や対処法についてご説明します。
余命
脳血管性認知症の余命はどれくらいと考えれば良いのでしょうか?ここでは、脳血管性認知症の余命について書いていきます。
予防
脳血管性認知症を予防するためにはどんなことに注意すれば良いのでしょうか?ここでは、脳血管性認知症を予防するための方法について書いていきます。
リハビリ
脳血管性認知症のリハビリにはどのようなことが行われるのでしょうか?ここでは、脳血管性認知症のリハビリについて書いていきます。
まだら
脳血管性認知症には「まだら認知症」と呼ばれる状態が起きると言われています。ここでは、脳血管性認知症によるまだら認知症について書いていきます。
夜間せん妄
脳血管性認知症の夜間せん妄と呼ばれる症状があります。ここでは、脳血管性認知症による夜間せん妄についてご説明します。
歩行障害
脳血管性認知症の歩行障害と呼ばれる症状があります。ここでは、脳血管性認知症による歩行障害についてご説明します。
アパシー
脳血管性認知症のアパシー(意欲低下)と呼ばれる症状があります。ここでは、脳血管性認知症によるアパシー(意欲低下)についてご説明します。
作業療法
脳血管性認知症に作業療法という方法が行われることがあります。ここでは、脳血管性認知症と作業療法の関係についてご説明します。
発作型と緩徐型
脳血管性認知症の「発作型と緩徐型」というタイプの違いがあることをご存知でしょうか?ここでは、脳血管性認知症の発作型と緩徐型の違いについてご説明します。
性差
脳血管性認知症の発症率に男女の違いによる性差はあるのでしょうか?ここでは脳血管性認知症の性差についてご説明します。
生活習慣病
脳血管性認知症と生活習慣病には、どのような関係があるのでしょうか?ここでは、脳血管性認知症と生活習慣病との関係性について詳しくご説明します。
アルコール
脳血管性認知症に対するアルコールの影響はとても大きいと言えるでしょう。ここでは、脳血管性認知症とアルコールとの関係性について詳しくご説明します。
遺伝
脳血管性認知症は遺伝することがあるのでしょうか?ここでは、脳血管性認知症と遺伝との関係性について詳しくご説明します。
アルツハイマー型認知症との違い
脳血管性認知症とアルツハイマー型認知症の違いは?と聞かれて答えられる方は、普通はそんなに多くはないでしょう。ここでは脳血管性認知症とアルツハイマー型認知症の違いについてご説明します。
イチョウ
脳血管性認知症にイチョウが効果的だと言ったら、驚く方は多いかも知れません。ここでは脳血管性認知症に対するイチョウの効果性や使い方についてご説明します。
危険因子
脳血管性認知症の危険因子と呼ばれるものには、どんなことがあるのでしょうか?ここでは、脳血管性認知症の危険因子についてご説明します。
炭水化物
脳血管性認知症と炭水化物の摂取に関係性はあるのでしょうか?ここでは脳血管性認知症と炭水化物の関係性についてご説明します。
末期症状
脳血管性認知症の末期症状にはどのようなものがあるのでしょうか?ここでは、脳血管性認知症の末期症状についてご説明します。