脳血管性認知症のリハビリとは?

スポンサードリンク

脳血管性認知症のリハビリについて

脳血管性認知症のリハビリ

 

脳血管性認知症のリハビリには、どのようなことが行われるのでしょうか?

 

脳血管性認知症は、アルツハイマー型認知症の次に多い認知症と言われています。

 

脳血管性認知症の症状は、徐々に進行するというよりは、高血圧症や糖尿病が元々あって、動脈硬化が進んで脳卒中を突然発症するという形が多いです。

 

そのため、ご本人もその周りにいるご家族もとてもショックを受けますので、その点もリハビリを困難にする場合があります。

 

今回は、そんな脳血管性認知症のリハビリについてご説明します。

脳血管性認知症のリハビリの注意点

脳血管性認知症の方にリハビリを行う場合、その病識(病気であるという意識)がハッキリしているということに注意する必要があります。

 

生活習慣により徐々に病気は進行していても、認知症の症状としては急激です。

 

なので、病気自体をなかなか受け入れにくく、うつ状態になりリハビリも進まないという場面がよく見受けられます。

 

脳血管性認知症のリハビリは、ご本人の自尊心を傷つけないような言葉選びが、とても大切になってきます。

 

あと、ご家族の方がリハビリをなさる場合は、ご本人から悲観的な言葉がたくさん出てきたり、やる気や活気がなくなりがちですので、ネガティブな感情に引きずられないよう注意してください。

 

また、脳卒中は死亡原因上位に位置にしており、命を優先する急性期治療に焦点があてられます。

 

そのため、脳血管性の認知症状が出る事を想定したリハビリや、同じ場所で経過をみる事が困難となるということは覚えておきましょう。

脳血管性認知症のリハビリのコツ

脳血管性認知症になった場合のリハビリの目的は、大きく分けて2つあります。

 

まず一つ目が、脳卒中の「再発防止」、二つ目が認知症の「進行防止」となります。

 

ただし、それだけをご本人に伝えても長続きしませんし、逆に辛いと思う方もいることも事実です。

 

そのため、この2つの意味を持つリハビリをいかに楽しみながら出来るのかということが、脳血管性認知症のリハビリ成功のためのカギとなります。

 

まず、動脈硬化による脳卒中は男性に多く発症しますが、男性は人の輪の中に入る事をあまり好みません。

 

(社会性が高い男性ももちろん居ますが・・・)

 

しかし、目標達成する事に意味を見出せる方が、男性には多い傾向にあります。

 

そのため「○○を○回出来るようになる」などの目標を立てると、俄然やる気を出して、一人で黙々と訓練してくれるケースが結構あります。

 

一方、女性の方は人の輪の中で「一緒に何かをする」ことが好きなケースが多いです。

 

そのため、脳血管性認知症のリハビリでも、コミュニケーションを図りながらの訓練で成果を上げる事があります。

 

(個人差はもちろんあります)

 

脳血管性認知症のリハビリは、本人の「楽しみ」と「特性」そしてリハビリの「効果」が上手く合わさる事が理想です。

 

いつも上手く行くとは限りませんが、上手くいくと信じて、リハビリを続ける事が大事です。

 

リハビリによる成果は必ず後からついて来ますから。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連記事とスポンサーリンク

関連ページ

症状と特徴
脳血管性認知症の症状と特徴にはどのようなことがあるのでしょうか?ここでは、脳血管性認知症の症状と特徴について書いていきます。
症状と進行
脳血管性認知症の症状の進行にはどのようなことがあるのでしょうか?ここでは、脳血管性認知症の症状の進行について書いていきます。
ケアのポイント
脳血管性認知症のケアのポイントにはどのようなことがあるのでしょうか?ここでは、脳血管性認知症のケアのポイントについてご説明します。
痙攣発作
脳血管性認知症の症状として痙攣発作があります。ここでは、脳血管性認知症の痙攣発作についてご説明します。
怒る
脳血管性認知症の場合、怒るということが頻繁に起きる場合があります。ここでは、脳血管性認知症の怒るという症状についてご説明します。
知能低下
脳血管性認知症による知能低下という症状があります。ここでは、脳血管性認知症の知能低下についてご説明します。
徘徊
脳血管性認知症で徘徊するようになったら、どうすれば良いのでしょうか?ここでは脳血管性認知症による徘徊の原因や対処法についてご説明します。
昼夜逆転
脳血管性認知症によって昼夜逆転という状態になった場合、どうすれば良いのでしょうか?ここでは脳血管性認知症による昼夜逆転の原因や対処法についてご説明します。
言語障害
脳血管性認知症によって言語障害が現れた場合、どう対応すれば良いのでしょうか?ここでは脳血管性認知症による言語障害の原因や対処法についてご説明します。
拒否
脳血管性認知症によって「拒否」という症状が現れた場合、どう対応すれば良いのでしょうか?ここでは脳血管性認知症による拒否の原因や対処法についてご説明します。
余命
脳血管性認知症の余命はどれくらいと考えれば良いのでしょうか?ここでは、脳血管性認知症の余命について書いていきます。
予防
脳血管性認知症を予防するためにはどんなことに注意すれば良いのでしょうか?ここでは、脳血管性認知症を予防するための方法について書いていきます。
まだら
脳血管性認知症には「まだら認知症」と呼ばれる状態が起きると言われています。ここでは、脳血管性認知症によるまだら認知症について書いていきます。
夜間せん妄
脳血管性認知症の夜間せん妄と呼ばれる症状があります。ここでは、脳血管性認知症による夜間せん妄についてご説明します。
歩行障害
脳血管性認知症の歩行障害と呼ばれる症状があります。ここでは、脳血管性認知症による歩行障害についてご説明します。
アパシー
脳血管性認知症のアパシー(意欲低下)と呼ばれる症状があります。ここでは、脳血管性認知症によるアパシー(意欲低下)についてご説明します。
作業療法
脳血管性認知症に作業療法という方法が行われることがあります。ここでは、脳血管性認知症と作業療法の関係についてご説明します。
発作型と緩徐型
脳血管性認知症の「発作型と緩徐型」というタイプの違いがあることをご存知でしょうか?ここでは、脳血管性認知症の発作型と緩徐型の違いについてご説明します。
性差
脳血管性認知症の発症率に男女の違いによる性差はあるのでしょうか?ここでは脳血管性認知症の性差についてご説明します。
生活習慣病
脳血管性認知症と生活習慣病には、どのような関係があるのでしょうか?ここでは、脳血管性認知症と生活習慣病との関係性について詳しくご説明します。
アルコール
脳血管性認知症に対するアルコールの影響はとても大きいと言えるでしょう。ここでは、脳血管性認知症とアルコールとの関係性について詳しくご説明します。
遺伝
脳血管性認知症は遺伝することがあるのでしょうか?ここでは、脳血管性認知症と遺伝との関係性について詳しくご説明します。
アルツハイマー型認知症との違い
脳血管性認知症とアルツハイマー型認知症の違いは?と聞かれて答えられる方は、普通はそんなに多くはないでしょう。ここでは脳血管性認知症とアルツハイマー型認知症の違いについてご説明します。
イチョウ
脳血管性認知症にイチョウが効果的だと言ったら、驚く方は多いかも知れません。ここでは脳血管性認知症に対するイチョウの効果性や使い方についてご説明します。
危険因子
脳血管性認知症の危険因子と呼ばれるものには、どんなことがあるのでしょうか?ここでは、脳血管性認知症の危険因子についてご説明します。
炭水化物
脳血管性認知症と炭水化物の摂取に関係性はあるのでしょうか?ここでは脳血管性認知症と炭水化物の関係性についてご説明します。
水分
脳血管性認知症と水分にはどんな関係があるのでしょうか?ここでは脳血管性認知症と水分の関係性についてご説明します。
末期症状
脳血管性認知症の末期症状にはどのようなものがあるのでしょうか?ここでは、脳血管性認知症の末期症状についてご説明します。