脳血管性認知症とアルツハイマー型認知症の違いとは?

スポンサードリンク

脳血管性認知症とアルツハイマー型認知症の違いについて

脳血管性認知症とアルツハイマー型の違い

 

脳血管性認知症とアルツハイマー型認知症の違いはなんですか?

 

こう質問をされて、一般人の中ですぐに答えが出る人は、あまり多くはいらっしゃらないと思います。

 

認知症という大きな括りでは理解できても、脳血管性認知症とアルツハイマー型認知症の症状や原因の違い、対処法などの違いについては、なかなか知る機会が少ないですからね。

 

ここでは、脳血管性認知症とアルツハイマー型認知症の違いについてご説明します。

脳血管性認知症とアルツハイマー型認知症の違いを理解する

では、脳血管性認知症とアルツハイマー型認知症の違いを理解するために、それぞれの症状は特徴について見てみましょう。

 

まず、脳血管性認知症は、脳梗塞や脳出血などの「脳血管障害」が原因で起こる認知症です。

 

脳卒中発作後の脳の損傷の部位や、その程度であらわれる症状も違ってきます。

 

脳血管性認知症は、脳梗塞や脳出血を繰り返すことによって、段階的に症状が進行することが多いです。

 

脳血管性認知症は、アルツハイマー型認知症についで多い認知症で、全体の約20%を占めていると言われています。

 

脳のダメージを受けた部位によって認知症の症状が違い、身体機能の低下をともなうことが多いです。

 

脳血管性認知症は、アルツハイマー型認知症にくらべて「判断力」が保たれている傾向があります。

 

一方、アルツハイマー型認知症は、認知症の中で最も多く、全体の約5割ほどを占めています。

 

アルツハイマー型認知症は、部分的に脳が損傷される脳血管型認知症とは違い、「大脳皮質全体」が萎縮する病気です。

 

遺伝する場合もあります。

 

アルツハイマー型認知症の方は、脳血管性認知症の方と違い、判断能力が早くから低下します。

 

たとえば、調理中に調味料の量の判断や、材料を何にするかの判断もできなくなります。

 

私の母は認知症初期の頃、すき焼きにブロッコリーを入れたり、砂糖と塩を入れ間違えることがよくありました。

 

野菜の中の一つとわかっていても、キャベツとブロッコリーの区別ができなくなります。

 

抽象能力と判断能力の障害は、脳の細胞が壊れることの中核症状と言われています。

 

脳の損傷が「一部」か「全体」かによって、こういった中核症状に違いがでてくるようです。

脳血管性認知症とアルツハイマー型認知症への対処のちがいは?

脳血管性認知症は男性に多く、アルツハイマー型認知症は女性に多いと言われています。

 

脳血管性認知症は、脳血管障害などの生活習慣病が原因で起こる認知症です。

 

「まだら認知症」といわれるように、日によってできることできないことが違っていたり、症状の出方も脳の損傷によって違ってきます。

 

脳血管性認知症の方は、リハビリによって改善が見られることもあり、生活習慣の見直しや食生活の改善で予防ができます。

 

また発症しても、投薬などでの治療が可能な場合もあります。

 

一方、アルツハイマー型認知症は、若年性の場合など一部で遺伝性のものもありますが、薬の服用で進行を遅らせることは可能です。

 

ただし、残念ながら完治する治療法は、今のところ見つかっていません。

 

どちらの認知症も早期発見が大切ですが、喫煙や飲酒、高血糖は発症リスクを高めると言われています。

 

脳血管性認知症もアルツハイマー型認知症も、生活習慣の改善が「認知症予防」につながるといえるでしょう。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連記事とスポンサーリンク

関連ページ

症状と特徴
脳血管性認知症の症状と特徴にはどのようなことがあるのでしょうか?ここでは、脳血管性認知症の症状と特徴について書いていきます。
症状と進行
脳血管性認知症の症状の進行にはどのようなことがあるのでしょうか?ここでは、脳血管性認知症の症状の進行について書いていきます。
ケアのポイント
脳血管性認知症のケアのポイントにはどのようなことがあるのでしょうか?ここでは、脳血管性認知症のケアのポイントについてご説明します。
痙攣発作
脳血管性認知症の症状として痙攣発作があります。ここでは、脳血管性認知症の痙攣発作についてご説明します。
怒る
脳血管性認知症の場合、怒るということが頻繁に起きる場合があります。ここでは、脳血管性認知症の怒るという症状についてご説明します。
知能低下
脳血管性認知症による知能低下という症状があります。ここでは、脳血管性認知症の知能低下についてご説明します。
徘徊
脳血管性認知症で徘徊するようになったら、どうすれば良いのでしょうか?ここでは脳血管性認知症による徘徊の原因や対処法についてご説明します。
昼夜逆転
脳血管性認知症によって昼夜逆転という状態になった場合、どうすれば良いのでしょうか?ここでは脳血管性認知症による昼夜逆転の原因や対処法についてご説明します。
言語障害
脳血管性認知症によって言語障害が現れた場合、どう対応すれば良いのでしょうか?ここでは脳血管性認知症による言語障害の原因や対処法についてご説明します。
拒否
脳血管性認知症によって「拒否」という症状が現れた場合、どう対応すれば良いのでしょうか?ここでは脳血管性認知症による拒否の原因や対処法についてご説明します。
余命
脳血管性認知症の余命はどれくらいと考えれば良いのでしょうか?ここでは、脳血管性認知症の余命について書いていきます。
予防
脳血管性認知症を予防するためにはどんなことに注意すれば良いのでしょうか?ここでは、脳血管性認知症を予防するための方法について書いていきます。
リハビリ
脳血管性認知症のリハビリにはどのようなことが行われるのでしょうか?ここでは、脳血管性認知症のリハビリについて書いていきます。
まだら
脳血管性認知症には「まだら認知症」と呼ばれる状態が起きると言われています。ここでは、脳血管性認知症によるまだら認知症について書いていきます。
夜間せん妄
脳血管性認知症の夜間せん妄と呼ばれる症状があります。ここでは、脳血管性認知症による夜間せん妄についてご説明します。
歩行障害
脳血管性認知症の歩行障害と呼ばれる症状があります。ここでは、脳血管性認知症による歩行障害についてご説明します。
アパシー
脳血管性認知症のアパシー(意欲低下)と呼ばれる症状があります。ここでは、脳血管性認知症によるアパシー(意欲低下)についてご説明します。
作業療法
脳血管性認知症に作業療法という方法が行われることがあります。ここでは、脳血管性認知症と作業療法の関係についてご説明します。
発作型と緩徐型
脳血管性認知症の「発作型と緩徐型」というタイプの違いがあることをご存知でしょうか?ここでは、脳血管性認知症の発作型と緩徐型の違いについてご説明します。
性差
脳血管性認知症の発症率に男女の違いによる性差はあるのでしょうか?ここでは脳血管性認知症の性差についてご説明します。
生活習慣病
脳血管性認知症と生活習慣病には、どのような関係があるのでしょうか?ここでは、脳血管性認知症と生活習慣病との関係性について詳しくご説明します。
アルコール
脳血管性認知症に対するアルコールの影響はとても大きいと言えるでしょう。ここでは、脳血管性認知症とアルコールとの関係性について詳しくご説明します。
遺伝
脳血管性認知症は遺伝することがあるのでしょうか?ここでは、脳血管性認知症と遺伝との関係性について詳しくご説明します。
イチョウ
脳血管性認知症にイチョウが効果的だと言ったら、驚く方は多いかも知れません。ここでは脳血管性認知症に対するイチョウの効果性や使い方についてご説明します。
危険因子
脳血管性認知症の危険因子と呼ばれるものには、どんなことがあるのでしょうか?ここでは、脳血管性認知症の危険因子についてご説明します。
炭水化物
脳血管性認知症と炭水化物の摂取に関係性はあるのでしょうか?ここでは脳血管性認知症と炭水化物の関係性についてご説明します。
水分
脳血管性認知症と水分にはどんな関係があるのでしょうか?ここでは脳血管性認知症と水分の関係性についてご説明します。
末期症状
脳血管性認知症の末期症状にはどのようなものがあるのでしょうか?ここでは、脳血管性認知症の末期症状についてご説明します。