脳血管性認知症の症状と特徴とは?

スポンサードリンク

脳血管性認知症の症状と特徴について

脳血管性認知症の症状と特徴

 

脳血管性認知症の症状と特徴には、どのようなことがあるのでしょうか?

 

まず、症状や特徴のお話の前に、脳血管性認知症とは、脳の神経細胞が変化して起こる「変性性認知症」とは、まったく違う種類であることを知っておかなければなりません。

 

脳血管性認知症は、脳梗塞などの疾患や脳挫傷といった「外因要因」で起こる認知症の事を言います。

 

つまり、他の認知症のように、いつの間にかなってしまうというものではないのです。

 

脳血管性認知症は、認知症全体の中で約10%程度を占めます。

 

そのため、アルツハイマー型認知症とレビー小体型認知症、前頭側頭型認知症を合わせて「4大認知症」と呼ばれています。

 

では、脳血管性認知症の症状の特徴は、変性性認知症と、どう違うのでしょうか?

 

まず、脳の変性によって引き起こされる認知症は、緩やかに進行して行く特徴があります。

 

しかし、脳血管性認知症は突然発症し、周囲で見ていてハッキリと分かるほど段階的に進行します。

 

脳血管性認知症の症状は、脳梗塞やクモ膜下出血になった日をきっかけに始まります。

 

その後、脳卒中などの発作が起きるたびに悪化して行くのが特徴です。

脳血管性認知症の症状と特徴の代表例

では、脳血管性認知症の症状の特徴をいくつかのタイプに分けてご説明します。

 

まだら認知症(まだらボケ)

 

脳血管性認知症の症状と特徴の代表例の一つ目が「まだら認知症」です。

 

まだら認知症は、脳梗塞などによって壊れた細胞と壊れていない細胞があることで起きる症状です。

 

細胞の壊れ方に差があるため、障害の受け方も様々で症状が一定せず、まだらに認知症状が現れるのが特徴です。

 

また、脳の血流によっても左右され、午前と午後の様子が違う事があります。

 

運動機能障害

 

脳血管性認知症で起きる運動機能障害の症状としては、手足のしびれ・失語・尿失禁・呂律が回らないなど、運動機能の様々な障害が出ます。

 

抑うつ状態

 

抑うつ状態という症状は、特に初期は「出来ない事」「分からない事」の自覚がありますので、自分自身にショックをうけ、うつ状態になる事が多いのが特徴です。

 

感情失禁

 

感情失禁は、感情の抑制が出来なくなるため、些細な事で泣いたり、怒ったりする症状です。

脳血管性認知症の症状と特徴への対処法・注意点とは?

では、脳血管性認知症の症状と特徴への対処法・注意点について、ご説明します。

 

まず、脳血管性認知症の症状の特徴である「まだら症状」の理解をすることが大切です。

 

まだら症状の場合、しっかりした部分とそうではない部分が混在しますので、ケアを行う方がイライラします。

 

しかし、これが脳血管性認知症の症状の特徴であると理解することが大切なのです。

 

そして、落ち着いた冷静な対応を行う事で、ケアされる方の混乱を最小限にする事が出来ます。

 

2つ目に、一人にさせないということです。

 

脳血管性認知症という病気は、ご本人に症状の受け入れが、まず出来ていません。

 

ですので、一人の時間を多くする事でドンドンとネガティブな思考になってしまいます。

 

そのため、共感的態度で一緒に病気や障害を乗り越えるという接し方が重要になります。

 

脳血管性認知症は、脳の外因的要素を受け発症する認知症です。

 

常日頃から、脳梗塞や脳出血を起こさないためにも、日常生活を見直す事をしてみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連記事とスポンサーリンク

関連ページ

症状と進行
脳血管性認知症の症状の進行にはどのようなことがあるのでしょうか?ここでは、脳血管性認知症の症状の進行について書いていきます。
ケアのポイント
脳血管性認知症のケアのポイントにはどのようなことがあるのでしょうか?ここでは、脳血管性認知症のケアのポイントについてご説明します。
痙攣発作
脳血管性認知症の症状として痙攣発作があります。ここでは、脳血管性認知症の痙攣発作についてご説明します。
怒る
脳血管性認知症の場合、怒るということが頻繁に起きる場合があります。ここでは、脳血管性認知症の怒るという症状についてご説明します。
知能低下
脳血管性認知症による知能低下という症状があります。ここでは、脳血管性認知症の知能低下についてご説明します。
徘徊
脳血管性認知症で徘徊するようになったら、どうすれば良いのでしょうか?ここでは脳血管性認知症による徘徊の原因や対処法についてご説明します。
昼夜逆転
脳血管性認知症によって昼夜逆転という状態になった場合、どうすれば良いのでしょうか?ここでは脳血管性認知症による昼夜逆転の原因や対処法についてご説明します。
言語障害
脳血管性認知症によって言語障害が現れた場合、どう対応すれば良いのでしょうか?ここでは脳血管性認知症による言語障害の原因や対処法についてご説明します。
拒否
脳血管性認知症によって「拒否」という症状が現れた場合、どう対応すれば良いのでしょうか?ここでは脳血管性認知症による拒否の原因や対処法についてご説明します。
余命
脳血管性認知症の余命はどれくらいと考えれば良いのでしょうか?ここでは、脳血管性認知症の余命について書いていきます。
予防
脳血管性認知症を予防するためにはどんなことに注意すれば良いのでしょうか?ここでは、脳血管性認知症を予防するための方法について書いていきます。
リハビリ
脳血管性認知症のリハビリにはどのようなことが行われるのでしょうか?ここでは、脳血管性認知症のリハビリについて書いていきます。
まだら
脳血管性認知症には「まだら認知症」と呼ばれる状態が起きると言われています。ここでは、脳血管性認知症によるまだら認知症について書いていきます。
夜間せん妄
脳血管性認知症の夜間せん妄と呼ばれる症状があります。ここでは、脳血管性認知症による夜間せん妄についてご説明します。
歩行障害
脳血管性認知症の歩行障害と呼ばれる症状があります。ここでは、脳血管性認知症による歩行障害についてご説明します。
アパシー
脳血管性認知症のアパシー(意欲低下)と呼ばれる症状があります。ここでは、脳血管性認知症によるアパシー(意欲低下)についてご説明します。
作業療法
脳血管性認知症に作業療法という方法が行われることがあります。ここでは、脳血管性認知症と作業療法の関係についてご説明します。
発作型と緩徐型
脳血管性認知症の「発作型と緩徐型」というタイプの違いがあることをご存知でしょうか?ここでは、脳血管性認知症の発作型と緩徐型の違いについてご説明します。
性差
脳血管性認知症の発症率に男女の違いによる性差はあるのでしょうか?ここでは脳血管性認知症の性差についてご説明します。
生活習慣病
脳血管性認知症と生活習慣病には、どのような関係があるのでしょうか?ここでは、脳血管性認知症と生活習慣病との関係性について詳しくご説明します。
アルコール
脳血管性認知症に対するアルコールの影響はとても大きいと言えるでしょう。ここでは、脳血管性認知症とアルコールとの関係性について詳しくご説明します。
遺伝
脳血管性認知症は遺伝することがあるのでしょうか?ここでは、脳血管性認知症と遺伝との関係性について詳しくご説明します。
アルツハイマー型認知症との違い
脳血管性認知症とアルツハイマー型認知症の違いは?と聞かれて答えられる方は、普通はそんなに多くはないでしょう。ここでは脳血管性認知症とアルツハイマー型認知症の違いについてご説明します。
イチョウ
脳血管性認知症にイチョウが効果的だと言ったら、驚く方は多いかも知れません。ここでは脳血管性認知症に対するイチョウの効果性や使い方についてご説明します。
危険因子
脳血管性認知症の危険因子と呼ばれるものには、どんなことがあるのでしょうか?ここでは、脳血管性認知症の危険因子についてご説明します。
炭水化物
脳血管性認知症と炭水化物の摂取に関係性はあるのでしょうか?ここでは脳血管性認知症と炭水化物の関係性についてご説明します。
水分
脳血管性認知症と水分にはどんな関係があるのでしょうか?ここでは脳血管性認知症と水分の関係性についてご説明します。
末期症状
脳血管性認知症の末期症状にはどのようなものがあるのでしょうか?ここでは、脳血管性認知症の末期症状についてご説明します。