脳血管性認知症の余命

スポンサードリンク

脳血管性認知症の余命について

脳血管性認知症の余命

 

脳血管性認知症に家族のだれかがなってしまった場合、その余命がどれくらいあるのかについて気になる方は多いと思います。

 

たとえば、それまでは健康に何の不安もなかった母親がある日突然、脳卒中を発症してしまい、その日を境に脳血管性認知症となってしまった。

 

さらに、その症状がだんだん進行していき、悪化の一途をたどっている。

 

そんな時、脳血管性認知症の「余命」という言葉が頭をよぎるのです。

 

今回は、そんな脳血管性認知症の余命についてご説明しましょう。

脳血管性認知症の余命はどのくらい?

脳血管性認知症の余命は、どのくらいの期間と考えるのが良いのでしょうか?

 

脳血管性認知症のほとんどは、生活習慣病がベースにあり、そこから発症している場合が多いです。

 

そのため、他の変性性認知症(アルツハイマー型、レビー小体型等)の余命とは、違う視点で捉える必要があります。

 

たとえば、脳梗塞や脳出血により、認知症状の発症があった場合には、原因疾患である脳梗塞や脳出血がうまく治療出来れば、出現していた認知症状が軽くなる可能性があります。

 

しかし、糖尿病などの基礎疾患があり、血管自体が既にボロボロになっている方は、脳梗塞や脳出血を発症するリスクが高いです。

 

その上、病気の治療が上手く行かずに、再発を繰り返す場合が多く見受けられます。

 

そうすると、何度も再発する事で、まるで階段を1段ずつ降りて行くように病状や認知症状が悪化して行きます。

 

ですから、脳血管性認知症から来る余命というよりは、他の基礎疾患の影響を受けて余命が決まると言えます。

 

つまり、脳血管性認知症の場合、病気の原因となる生活習慣を見直せば今よりも余命を伸ばせるかと思われます。

脳血管性認知症の余命に対してできる対処法・注意点とは?

脳血管性認知症の方の余命を少しでも長くして頂くには、生活習慣病と言われる病気のコントロールをキチンと行うことが重要です。

 

脳血管性認知症も、他の認知症と同様に、進行して来ますと日常生活上支障を来し、一人では生活が出来なくなります。

 

そのため、余命を伸ばしたい場合、介護をする者が生活全般の管理をしていかなければなりません。

 

介護にあたる方は、病気の理解・血圧の変化・食事の管理・服薬管理などを行う事になります。

 

脳血管性認知症の余命を生活習慣病とは、以下のような病気を指します。

 

  • 高血圧症
  • 糖尿病
  • 脂質異常症
  • 高尿酸血症
  • 肥満

 

脳血管性認知症の場合、上記のような病気を再発させない、または発症させないための食生活の改善や、日常的な習慣を改善する事が、一番余命を伸ばす方法と言えるでしょう。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連記事とスポンサーリンク

関連ページ

症状と特徴
脳血管性認知症の症状と特徴にはどのようなことがあるのでしょうか?ここでは、脳血管性認知症の症状と特徴について書いていきます。
症状と進行
脳血管性認知症の症状の進行にはどのようなことがあるのでしょうか?ここでは、脳血管性認知症の症状の進行について書いていきます。
ケアのポイント
脳血管性認知症のケアのポイントにはどのようなことがあるのでしょうか?ここでは、脳血管性認知症のケアのポイントについてご説明します。
痙攣発作
脳血管性認知症の症状として痙攣発作があります。ここでは、脳血管性認知症の痙攣発作についてご説明します。
怒る
脳血管性認知症の場合、怒るということが頻繁に起きる場合があります。ここでは、脳血管性認知症の怒るという症状についてご説明します。
知能低下
脳血管性認知症による知能低下という症状があります。ここでは、脳血管性認知症の知能低下についてご説明します。
徘徊
脳血管性認知症で徘徊するようになったら、どうすれば良いのでしょうか?ここでは脳血管性認知症による徘徊の原因や対処法についてご説明します。
昼夜逆転
脳血管性認知症によって昼夜逆転という状態になった場合、どうすれば良いのでしょうか?ここでは脳血管性認知症による昼夜逆転の原因や対処法についてご説明します。
言語障害
脳血管性認知症によって言語障害が現れた場合、どう対応すれば良いのでしょうか?ここでは脳血管性認知症による言語障害の原因や対処法についてご説明します。
拒否
脳血管性認知症によって「拒否」という症状が現れた場合、どう対応すれば良いのでしょうか?ここでは脳血管性認知症による拒否の原因や対処法についてご説明します。
予防
脳血管性認知症を予防するためにはどんなことに注意すれば良いのでしょうか?ここでは、脳血管性認知症を予防するための方法について書いていきます。
リハビリ
脳血管性認知症のリハビリにはどのようなことが行われるのでしょうか?ここでは、脳血管性認知症のリハビリについて書いていきます。
まだら
脳血管性認知症には「まだら認知症」と呼ばれる状態が起きると言われています。ここでは、脳血管性認知症によるまだら認知症について書いていきます。
夜間せん妄
脳血管性認知症の夜間せん妄と呼ばれる症状があります。ここでは、脳血管性認知症による夜間せん妄についてご説明します。
歩行障害
脳血管性認知症の歩行障害と呼ばれる症状があります。ここでは、脳血管性認知症による歩行障害についてご説明します。
アパシー
脳血管性認知症のアパシー(意欲低下)と呼ばれる症状があります。ここでは、脳血管性認知症によるアパシー(意欲低下)についてご説明します。
作業療法
脳血管性認知症に作業療法という方法が行われることがあります。ここでは、脳血管性認知症と作業療法の関係についてご説明します。
発作型と緩徐型
脳血管性認知症の「発作型と緩徐型」というタイプの違いがあることをご存知でしょうか?ここでは、脳血管性認知症の発作型と緩徐型の違いについてご説明します。
性差
脳血管性認知症の発症率に男女の違いによる性差はあるのでしょうか?ここでは脳血管性認知症の性差についてご説明します。
生活習慣病
脳血管性認知症と生活習慣病には、どのような関係があるのでしょうか?ここでは、脳血管性認知症と生活習慣病との関係性について詳しくご説明します。
アルコール
脳血管性認知症に対するアルコールの影響はとても大きいと言えるでしょう。ここでは、脳血管性認知症とアルコールとの関係性について詳しくご説明します。
遺伝
脳血管性認知症は遺伝することがあるのでしょうか?ここでは、脳血管性認知症と遺伝との関係性について詳しくご説明します。
アルツハイマー型認知症との違い
脳血管性認知症とアルツハイマー型認知症の違いは?と聞かれて答えられる方は、普通はそんなに多くはないでしょう。ここでは脳血管性認知症とアルツハイマー型認知症の違いについてご説明します。
イチョウ
脳血管性認知症にイチョウが効果的だと言ったら、驚く方は多いかも知れません。ここでは脳血管性認知症に対するイチョウの効果性や使い方についてご説明します。
危険因子
脳血管性認知症の危険因子と呼ばれるものには、どんなことがあるのでしょうか?ここでは、脳血管性認知症の危険因子についてご説明します。
炭水化物
脳血管性認知症と炭水化物の摂取に関係性はあるのでしょうか?ここでは脳血管性認知症と炭水化物の関係性についてご説明します。
水分
脳血管性認知症と水分にはどんな関係があるのでしょうか?ここでは脳血管性認知症と水分の関係性についてご説明します。
末期症状
脳血管性認知症の末期症状にはどのようなものがあるのでしょうか?ここでは、脳血管性認知症の末期症状についてご説明します。