脳血管性認知症の知能低下とは?

スポンサードリンク

脳血管性認知症の知能低下という症状について

脳血管性認知症の知能低下

 

脳血管性認知症になると知能低下、つまり知的能力の低下が見られるようになります。

 

脳血管性認知症を発症すると、新しいことを覚えることや記憶しておくことができなくなります。

 

脳血管性認知症の初期のころは、比較的古い記憶は覚えています。

 

また、それほど知能低下は起きていないのかも知れません。

 

ここでは、脳血管性認知症の知能低下という症状についてご説明します。

脳血管性認知症の知能低下は、どうやっておきる?

脳血管性認知症による知能低下は、一体どうやっておきるのでしょうか?

 

脳血管性認知症では、食べたばかりの夕食を食べてないと言われたかと思えば、小さい頃の記憶や学校での出来事を昨日のことのようにお話されることもあります。

 

脳血管性認知症の特徴は、脳梗塞や脳出血などの脳血管障害を繰り返すことで、段階的に認知症が進行するところです。

 

記憶障害などの知能低下があっても、判断力は保たれていることもあります。

 

脳血管性認知症では、脳の損傷された部位によって症状にもムラがあります。

 

また、脳血管性認知症にかかった方は、脳血管障害による言語障害や麻痺があることもあり、コミュニケーションをとることが難しいことが多いです。

 

明らかな認知症による知能低下なのかどうかの判別も難しいときがあります。

脳血管性認知症の知能低下という症状への対策は?

脳血管性認知症による知能低下という症状への対策は、どのようにすれば良いのでしょうか?

 

知能低下の予防法としては、日記を書くことや、計算をすること、頭を使うゲーム(囲碁、将棋、麻雀等)をすることなどが挙げられます。

 

頭を使うことによって、脳血管性認知症の進行を防げますし、ゲームに関しては、他の人と接しながら行うため、うつ症状の防止にもなるのでおススメです。

 

私の母が通っていたデイサービスでは、利用者さんとその家族も一緒に麻雀をすることがよくありました。

 

脳血管性認知症の方でも初期のころは、麻雀のルールなどは覚えていらっしゃる方は多いですよ。

 

ゲームなどによって楽しい時間を家族も一緒に過ごすことは、感情面の安定にもつながりますので良いですね。

 

脳血管性認知症の介護にあたる方は、記憶障害などの知能低下への対応として、ご本人が忘れたり、失くしたりしたことに対して怒ったり責めたりしないことです。

 

脳血管性認知症の方は、怒られたり責められたりすることで畏縮してしまい、かえって認知症が進行してしまいますので注意してください。

 

現実と違うことを言ったとしても訂正などはせず、おおらかな気持ちで受け止めることが大切です。

 

自分が否定や抑制をされたと思われるような状態にしないで、脳血管性認知症の方が安心して生活できる環境にすることを心がけましょう。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連記事とスポンサーリンク

関連ページ

症状と特徴
脳血管性認知症の症状と特徴にはどのようなことがあるのでしょうか?ここでは、脳血管性認知症の症状と特徴について書いていきます。
症状と進行
脳血管性認知症の症状の進行にはどのようなことがあるのでしょうか?ここでは、脳血管性認知症の症状の進行について書いていきます。
ケアのポイント
脳血管性認知症のケアのポイントにはどのようなことがあるのでしょうか?ここでは、脳血管性認知症のケアのポイントについてご説明します。
痙攣発作
脳血管性認知症の症状として痙攣発作があります。ここでは、脳血管性認知症の痙攣発作についてご説明します。
怒る
脳血管性認知症の場合、怒るということが頻繁に起きる場合があります。ここでは、脳血管性認知症の怒るという症状についてご説明します。
徘徊
脳血管性認知症で徘徊するようになったら、どうすれば良いのでしょうか?ここでは脳血管性認知症による徘徊の原因や対処法についてご説明します。
昼夜逆転
脳血管性認知症によって昼夜逆転という状態になった場合、どうすれば良いのでしょうか?ここでは脳血管性認知症による昼夜逆転の原因や対処法についてご説明します。
言語障害
脳血管性認知症によって言語障害が現れた場合、どう対応すれば良いのでしょうか?ここでは脳血管性認知症による言語障害の原因や対処法についてご説明します。
拒否
脳血管性認知症によって「拒否」という症状が現れた場合、どう対応すれば良いのでしょうか?ここでは脳血管性認知症による拒否の原因や対処法についてご説明します。
余命
脳血管性認知症の余命はどれくらいと考えれば良いのでしょうか?ここでは、脳血管性認知症の余命について書いていきます。
予防
脳血管性認知症を予防するためにはどんなことに注意すれば良いのでしょうか?ここでは、脳血管性認知症を予防するための方法について書いていきます。
リハビリ
脳血管性認知症のリハビリにはどのようなことが行われるのでしょうか?ここでは、脳血管性認知症のリハビリについて書いていきます。
まだら
脳血管性認知症には「まだら認知症」と呼ばれる状態が起きると言われています。ここでは、脳血管性認知症によるまだら認知症について書いていきます。
夜間せん妄
脳血管性認知症の夜間せん妄と呼ばれる症状があります。ここでは、脳血管性認知症による夜間せん妄についてご説明します。
歩行障害
脳血管性認知症の歩行障害と呼ばれる症状があります。ここでは、脳血管性認知症による歩行障害についてご説明します。
アパシー
脳血管性認知症のアパシー(意欲低下)と呼ばれる症状があります。ここでは、脳血管性認知症によるアパシー(意欲低下)についてご説明します。
作業療法
脳血管性認知症に作業療法という方法が行われることがあります。ここでは、脳血管性認知症と作業療法の関係についてご説明します。
発作型と緩徐型
脳血管性認知症の「発作型と緩徐型」というタイプの違いがあることをご存知でしょうか?ここでは、脳血管性認知症の発作型と緩徐型の違いについてご説明します。
性差
脳血管性認知症の発症率に男女の違いによる性差はあるのでしょうか?ここでは脳血管性認知症の性差についてご説明します。
生活習慣病
脳血管性認知症と生活習慣病には、どのような関係があるのでしょうか?ここでは、脳血管性認知症と生活習慣病との関係性について詳しくご説明します。
アルコール
脳血管性認知症に対するアルコールの影響はとても大きいと言えるでしょう。ここでは、脳血管性認知症とアルコールとの関係性について詳しくご説明します。
遺伝
脳血管性認知症は遺伝することがあるのでしょうか?ここでは、脳血管性認知症と遺伝との関係性について詳しくご説明します。
アルツハイマー型認知症との違い
脳血管性認知症とアルツハイマー型認知症の違いは?と聞かれて答えられる方は、普通はそんなに多くはないでしょう。ここでは脳血管性認知症とアルツハイマー型認知症の違いについてご説明します。
イチョウ
脳血管性認知症にイチョウが効果的だと言ったら、驚く方は多いかも知れません。ここでは脳血管性認知症に対するイチョウの効果性や使い方についてご説明します。
危険因子
脳血管性認知症の危険因子と呼ばれるものには、どんなことがあるのでしょうか?ここでは、脳血管性認知症の危険因子についてご説明します。
炭水化物
脳血管性認知症と炭水化物の摂取に関係性はあるのでしょうか?ここでは脳血管性認知症と炭水化物の関係性についてご説明します。
水分
脳血管性認知症と水分にはどんな関係があるのでしょうか?ここでは脳血管性認知症と水分の関係性についてご説明します。
末期症状
脳血管性認知症の末期症状にはどのようなものがあるのでしょうか?ここでは、脳血管性認知症の末期症状についてご説明します。