脳血管性認知症の「拒否」には、どうしたら良い?

スポンサードリンク

脳血管性認知症の「拒否」について

脳血管性認知症の拒否

 

脳血管性認知症の方の症状として、介護拒否が現れることがあります。

 

介護されることに怒ることがあり、お風呂に入ることを嫌がったり、薬の服用を嫌がったりされます。

 

脳血管性認知症になると、着替えを拒否する場合もあります。

 

着ていたものを洗濯されるのを嫌がって、拒否することもあります。

 

ここでは、脳血管性認知症による拒否について、その原因や対処法についてご説明します。

脳血管性認知症で拒否をされる原因は?

脳血管性認知症による拒否が現れる原因は、一体なんでしょうか?

 

脳血管性認知症の方が介護拒否をされる原因としては、お風呂に入ったときの気持ちよさを忘れていたり、薬を服用しなければいけない病気であることを忘れていること等が挙げられます。

 

脳血管性認知症の方が洗濯をしてもらうのを嫌がるのも、着ていた服を盗られるのではないかと思うことからの拒否であることが多いです。

 

また、脳血管性認知症でよく見られる、着ていた服を隠すことも、汚してしまった衣類を見せたくないという拒否の気持ちからきています。

 

このように、脳血管性認知症にかかった方が介護者に対して拒否をするのには、いろいろな理由や原因があるのです。

脳血管性認知症の拒否には、どう対処する?

脳血管性認知症の方に拒否が現れたときには、一体どのように対処すれば良いのでしょうか?

 

まず、脳血管性認知症による拒否に対して介護者が無理強いすると、ヒートアップして興奮状態になることがありますので注意が必要です。

 

薬の服用の拒否に関しては、病状や命に関わることもあるので、医師との相談のうえ、飲みやすい形状にするなどの対策を考えましょう。

 

施設やデイサービスなどで脳血管性認知症の方が入浴の拒否をされるときは、「昼間から風呂になんか入らないよ。風邪をひくから。」とよく言われます。

 

確かに一般的には、お風呂は夜間に入ります。

 

施設側の都合で昼間に入浴しているのです。

 

脳血管性認知症の方は、昼間にお風呂に入ることが理解できないのかもしれません。

 

また、大きな浴場で他の人も一緒にいて、服を脱ぐことが嫌なのかもしれません。

 

拒否が激しいときは、少し時間をおいて様子をみる方がよいと思います。

 

声かけの仕方も工夫してみましょう。

 

その場しのぎの嘘で入浴されても、その次には通用しないこともあります。

 

脳血管認知症の方は、嫌なことや無理やりに入浴させられたことなどは覚えていることが多いです。

 

「また嘘をついて!」と怒らせてしまうかもしれません。

 

まずは、その方の拒否をされる理由を考えてみることが大切です。

 

そして、介護者が脳血管性認知症の方との信頼関係を築くことが拒否への対策につながると思います。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連記事とスポンサーリンク

関連ページ

症状と特徴
脳血管性認知症の症状と特徴にはどのようなことがあるのでしょうか?ここでは、脳血管性認知症の症状と特徴について書いていきます。
症状と進行
脳血管性認知症の症状の進行にはどのようなことがあるのでしょうか?ここでは、脳血管性認知症の症状の進行について書いていきます。
ケアのポイント
脳血管性認知症のケアのポイントにはどのようなことがあるのでしょうか?ここでは、脳血管性認知症のケアのポイントについてご説明します。
痙攣発作
脳血管性認知症の症状として痙攣発作があります。ここでは、脳血管性認知症の痙攣発作についてご説明します。
怒る
脳血管性認知症の場合、怒るということが頻繁に起きる場合があります。ここでは、脳血管性認知症の怒るという症状についてご説明します。
知能低下
脳血管性認知症による知能低下という症状があります。ここでは、脳血管性認知症の知能低下についてご説明します。
徘徊
脳血管性認知症で徘徊するようになったら、どうすれば良いのでしょうか?ここでは脳血管性認知症による徘徊の原因や対処法についてご説明します。
昼夜逆転
脳血管性認知症によって昼夜逆転という状態になった場合、どうすれば良いのでしょうか?ここでは脳血管性認知症による昼夜逆転の原因や対処法についてご説明します。
言語障害
脳血管性認知症によって言語障害が現れた場合、どう対応すれば良いのでしょうか?ここでは脳血管性認知症による言語障害の原因や対処法についてご説明します。
余命
脳血管性認知症の余命はどれくらいと考えれば良いのでしょうか?ここでは、脳血管性認知症の余命について書いていきます。
予防
脳血管性認知症を予防するためにはどんなことに注意すれば良いのでしょうか?ここでは、脳血管性認知症を予防するための方法について書いていきます。
リハビリ
脳血管性認知症のリハビリにはどのようなことが行われるのでしょうか?ここでは、脳血管性認知症のリハビリについて書いていきます。
まだら
脳血管性認知症には「まだら認知症」と呼ばれる状態が起きると言われています。ここでは、脳血管性認知症によるまだら認知症について書いていきます。
夜間せん妄
脳血管性認知症の夜間せん妄と呼ばれる症状があります。ここでは、脳血管性認知症による夜間せん妄についてご説明します。
歩行障害
脳血管性認知症の歩行障害と呼ばれる症状があります。ここでは、脳血管性認知症による歩行障害についてご説明します。
アパシー
脳血管性認知症のアパシー(意欲低下)と呼ばれる症状があります。ここでは、脳血管性認知症によるアパシー(意欲低下)についてご説明します。
作業療法
脳血管性認知症に作業療法という方法が行われることがあります。ここでは、脳血管性認知症と作業療法の関係についてご説明します。
発作型と緩徐型
脳血管性認知症の「発作型と緩徐型」というタイプの違いがあることをご存知でしょうか?ここでは、脳血管性認知症の発作型と緩徐型の違いについてご説明します。
性差
脳血管性認知症の発症率に男女の違いによる性差はあるのでしょうか?ここでは脳血管性認知症の性差についてご説明します。
生活習慣病
脳血管性認知症と生活習慣病には、どのような関係があるのでしょうか?ここでは、脳血管性認知症と生活習慣病との関係性について詳しくご説明します。
アルコール
脳血管性認知症に対するアルコールの影響はとても大きいと言えるでしょう。ここでは、脳血管性認知症とアルコールとの関係性について詳しくご説明します。
遺伝
脳血管性認知症は遺伝することがあるのでしょうか?ここでは、脳血管性認知症と遺伝との関係性について詳しくご説明します。
アルツハイマー型認知症との違い
脳血管性認知症とアルツハイマー型認知症の違いは?と聞かれて答えられる方は、普通はそんなに多くはないでしょう。ここでは脳血管性認知症とアルツハイマー型認知症の違いについてご説明します。
イチョウ
脳血管性認知症にイチョウが効果的だと言ったら、驚く方は多いかも知れません。ここでは脳血管性認知症に対するイチョウの効果性や使い方についてご説明します。
危険因子
脳血管性認知症の危険因子と呼ばれるものには、どんなことがあるのでしょうか?ここでは、脳血管性認知症の危険因子についてご説明します。
炭水化物
脳血管性認知症と炭水化物の摂取に関係性はあるのでしょうか?ここでは脳血管性認知症と炭水化物の関係性についてご説明します。
水分
脳血管性認知症と水分にはどんな関係があるのでしょうか?ここでは脳血管性認知症と水分の関係性についてご説明します。
末期症状
脳血管性認知症の末期症状にはどのようなものがあるのでしょうか?ここでは、脳血管性認知症の末期症状についてご説明します。