脳血管性認知症の危険因子とは?

スポンサードリンク

脳血管性認知症の危険因子について

脳血管性認知症の危険因子について

 

脳血管性認知症の危険因子には、どのようなことがあるのでしょうか?

 

まず、脳血管性認知症の原因は、脳梗塞などの脳血管障害によるものです。

 

そんな脳血管障害を起こしやすい危険因子と呼ばれるものは、いくつかあります。

 

高血圧や動脈硬化症、糖尿病、高脂血症、飲酒、喫煙や肥満などです。

 

脳血管性認知症の原因となる脳血管障害は、その約70~80%が脳梗塞の多発によるものと言われています。

 

脳の血流低下や代謝量の低下が認知症の症状として現れます。

 

高血圧や糖尿病、脂質異常症(高コレステロールの人)や膠原病やリウマチのある人や、血液が固まりやすい人、ストレスに弱い人や喫煙者には脳血管障害がよくおこると言われています。

 

生活習慣病にかかっている人は、その病気が脳血管性認知症の危険因子となるので、早期発見と治療が必要です。

 

これらの危険因子があれば、治療して取り除くことで脳血管性認知症を予防することができます。

脳血管性認知症の危険因子を取り除く食生活とは?

脳血管性認知症の危険因子については、ご本人に自覚症状がなければ、検査等で診断することができます。

 

日頃からの生活習慣、特に、食生活を改善することは脳血管性認知症の危険因子を取り除くことになります。

 

生活習慣病の一つである「高血圧」に対しては、塩分少なめの食事をすることが大切です。

 

たとえば、ラーメンやうどん・蕎麦などのスープはすべて飲み干さず、残すようにしましょう。

 

また、外食やインスタント食品は、高カロリーで味の濃いものが多いので、塩分や糖質を摂り過ぎる傾向にあります。

 

そのため、高血圧や肥満、糖尿病を予防するためにも控えるようにしましょう。

 

食生活は、野菜や魚中心にすることで、血液をサラサラにする効果がありますので、動脈硬化、高脂血症を予防できるでしょう。

 

ファイトケミカルは、生活習慣病を防いでくれます。

 

大豆やトマト、玉ねぎやにんじん、にんにくといった野菜を多く摂取しましょう。

脳血管性認知症の危険因子は、食べ物以外にもある?

脳血管性認知症の危険因子としては、食べ物以外でも、飲酒や喫煙、肥満もあげられます。

 

現在は、病気でなくても、生活習慣病になりやすい素因があります。

 

たとえば、多量の飲酒は高血圧を誘発します。

 

たばこの煙には、200種類を超える有害物質が含まれており、特にニコチン、タール、一酸化炭素の3つは全身の血管を収縮させ高血圧から動脈硬化を引き起こします。

 

また、肥満が大きく関係している「アテローム血栓性脳梗塞」という疾患があります。

 

「アテローム血栓性脳梗塞」は、動脈硬化により狭くなった血管に血栓ができ、血管がつまります。

 

内臓脂肪型肥満が、動脈硬化を発症させます。

 

このように生活習慣病やその予備軍が、脳血管性認知症の危険因子となっていることがお分かりいただけると思います。

 

脳血管性認知症の危険因子を取り除くためにも、生活習慣の改善を行っていきましょう。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連記事とスポンサーリンク

関連ページ

症状と特徴
脳血管性認知症の症状と特徴にはどのようなことがあるのでしょうか?ここでは、脳血管性認知症の症状と特徴について書いていきます。
症状と進行
脳血管性認知症の症状の進行にはどのようなことがあるのでしょうか?ここでは、脳血管性認知症の症状の進行について書いていきます。
ケアのポイント
脳血管性認知症のケアのポイントにはどのようなことがあるのでしょうか?ここでは、脳血管性認知症のケアのポイントについてご説明します。
痙攣発作
脳血管性認知症の症状として痙攣発作があります。ここでは、脳血管性認知症の痙攣発作についてご説明します。
怒る
脳血管性認知症の場合、怒るということが頻繁に起きる場合があります。ここでは、脳血管性認知症の怒るという症状についてご説明します。
知能低下
脳血管性認知症による知能低下という症状があります。ここでは、脳血管性認知症の知能低下についてご説明します。
徘徊
脳血管性認知症で徘徊するようになったら、どうすれば良いのでしょうか?ここでは脳血管性認知症による徘徊の原因や対処法についてご説明します。
昼夜逆転
脳血管性認知症によって昼夜逆転という状態になった場合、どうすれば良いのでしょうか?ここでは脳血管性認知症による昼夜逆転の原因や対処法についてご説明します。
言語障害
脳血管性認知症によって言語障害が現れた場合、どう対応すれば良いのでしょうか?ここでは脳血管性認知症による言語障害の原因や対処法についてご説明します。
拒否
脳血管性認知症によって「拒否」という症状が現れた場合、どう対応すれば良いのでしょうか?ここでは脳血管性認知症による拒否の原因や対処法についてご説明します。
余命
脳血管性認知症の余命はどれくらいと考えれば良いのでしょうか?ここでは、脳血管性認知症の余命について書いていきます。
予防
脳血管性認知症を予防するためにはどんなことに注意すれば良いのでしょうか?ここでは、脳血管性認知症を予防するための方法について書いていきます。
リハビリ
脳血管性認知症のリハビリにはどのようなことが行われるのでしょうか?ここでは、脳血管性認知症のリハビリについて書いていきます。
まだら
脳血管性認知症には「まだら認知症」と呼ばれる状態が起きると言われています。ここでは、脳血管性認知症によるまだら認知症について書いていきます。
夜間せん妄
脳血管性認知症の夜間せん妄と呼ばれる症状があります。ここでは、脳血管性認知症による夜間せん妄についてご説明します。
歩行障害
脳血管性認知症の歩行障害と呼ばれる症状があります。ここでは、脳血管性認知症による歩行障害についてご説明します。
アパシー
脳血管性認知症のアパシー(意欲低下)と呼ばれる症状があります。ここでは、脳血管性認知症によるアパシー(意欲低下)についてご説明します。
作業療法
脳血管性認知症に作業療法という方法が行われることがあります。ここでは、脳血管性認知症と作業療法の関係についてご説明します。
発作型と緩徐型
脳血管性認知症の「発作型と緩徐型」というタイプの違いがあることをご存知でしょうか?ここでは、脳血管性認知症の発作型と緩徐型の違いについてご説明します。
性差
脳血管性認知症の発症率に男女の違いによる性差はあるのでしょうか?ここでは脳血管性認知症の性差についてご説明します。
生活習慣病
脳血管性認知症と生活習慣病には、どのような関係があるのでしょうか?ここでは、脳血管性認知症と生活習慣病との関係性について詳しくご説明します。
アルコール
脳血管性認知症に対するアルコールの影響はとても大きいと言えるでしょう。ここでは、脳血管性認知症とアルコールとの関係性について詳しくご説明します。
遺伝
脳血管性認知症は遺伝することがあるのでしょうか?ここでは、脳血管性認知症と遺伝との関係性について詳しくご説明します。
アルツハイマー型認知症との違い
脳血管性認知症とアルツハイマー型認知症の違いは?と聞かれて答えられる方は、普通はそんなに多くはないでしょう。ここでは脳血管性認知症とアルツハイマー型認知症の違いについてご説明します。
イチョウ
脳血管性認知症にイチョウが効果的だと言ったら、驚く方は多いかも知れません。ここでは脳血管性認知症に対するイチョウの効果性や使い方についてご説明します。
炭水化物
脳血管性認知症と炭水化物の摂取に関係性はあるのでしょうか?ここでは脳血管性認知症と炭水化物の関係性についてご説明します。
水分
脳血管性認知症と水分にはどんな関係があるのでしょうか?ここでは脳血管性認知症と水分の関係性についてご説明します。
末期症状
脳血管性認知症の末期症状にはどのようなものがあるのでしょうか?ここでは、脳血管性認知症の末期症状についてご説明します。