脳血管性認知症のアパシー(意欲低下)とは?

スポンサードリンク

脳血管性認知症のアパシー(意欲低下)について

脳血管性認知症のアパシー

 

脳血管性認知症になった方にアパシーという症状が現れることがあります。

 

アパシーとは「意欲低下」のことを現します。

 

脳血管性認知症は、脳梗塞や脳出血などの脳血管障害が原因で起こる症状です。

 

脳血管障害が起きている部位や程度によって症状もいろいろで、日によって同じことができたりできなかったりします。

 

そんな脳血管性認知症の症状の一つに、アパシーがあるのです。

 

ここでは、脳血管性認知症の症状として現れるアパシーについてご説明します。

脳血管性認知症でアパシーが現れる症状は?

脳血管性認知症によるアパシーの症状は、どのようにして現れるのでしょうか?

 

脳血管性認知症では、意識レベルが日によって波があるため、一日ぼーっとしている日もあれば、しっかり受け答えができる日もあります。

 

そんな中で、脳血管性認知症は、段階的に症状が進みます。

 

歩行状態が悪くなったり、言語障害があったりと身体的な機能低下がおきることが多いです。

 

そして、アパシーと言われる「意欲低下」が目立つようになって行きます。

 

脳血管性認知症の方は、閉じこもりがちになって自発性や意欲が著しく低下し、無気力で何もする気が起きない状態が続くことがあります。

 

一見、うつ病と見分けが難しいですが、この症状がアパシーです。

 

アパシーは、意欲の低下が顕著に現れます。

 

脳血管障害によるうつ状態に合併することが多いため、うつ状態の症状の一つだとみなされることも多いようです。

 

アパシー(意欲低下)が長期にわたって続くと、脳血管性認知症の認知機能低下につながると言われています。

脳血管性認知症のアパシーには、どう対処する?

脳血管障害を起こした方のアパシーは、早期に気づいて対処することによって、脳血管性認知症の進行を抑えることにつながります。

 

意欲低下が顕著なときには、アパシーを疑った方が良いかも知れません。

 

その場合、医師との連携のもと、投薬での治療を進めていくことで脳血管性認知症の予防になります。

 

介護者は、普段から脳血管障害後の利用者さんに、意欲低下がないかどうかよく観察しておく必要があります。

 

アパシーへの認識が介護者の気づきにつながり、利用者さんの脳血管性認知症の予防になります。

 

脳血管性認知症の原因になる脳血管障害は、生活習慣や食生活が原因で発症することが多いと言われています(生活習慣病)。

 

脳血管性認知症やアパシーの予防のためには、生活習慣病にならないように、普段から規則正しい生活を心がけましょう。

 

3食きちんと食べることはもちろん、適度な運動も取り入れることは、アパシーの予防のためにはとても大切です。

 

周りの環境などにも配慮して、不安やストレスをためない生活を送れるようにしましょう。

 

生活にメリハリをつけることは、脳血管障害や認知症だけでなく、他の生活習慣病の予防や進行の抑制にもなるのです。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連記事とスポンサーリンク

関連ページ

症状と特徴
脳血管性認知症の症状と特徴にはどのようなことがあるのでしょうか?ここでは、脳血管性認知症の症状と特徴について書いていきます。
症状と進行
脳血管性認知症の症状の進行にはどのようなことがあるのでしょうか?ここでは、脳血管性認知症の症状の進行について書いていきます。
ケアのポイント
脳血管性認知症のケアのポイントにはどのようなことがあるのでしょうか?ここでは、脳血管性認知症のケアのポイントについてご説明します。
痙攣発作
脳血管性認知症の症状として痙攣発作があります。ここでは、脳血管性認知症の痙攣発作についてご説明します。
怒る
脳血管性認知症の場合、怒るということが頻繁に起きる場合があります。ここでは、脳血管性認知症の怒るという症状についてご説明します。
知能低下
脳血管性認知症による知能低下という症状があります。ここでは、脳血管性認知症の知能低下についてご説明します。
徘徊
脳血管性認知症で徘徊するようになったら、どうすれば良いのでしょうか?ここでは脳血管性認知症による徘徊の原因や対処法についてご説明します。
昼夜逆転
脳血管性認知症によって昼夜逆転という状態になった場合、どうすれば良いのでしょうか?ここでは脳血管性認知症による昼夜逆転の原因や対処法についてご説明します。
言語障害
脳血管性認知症によって言語障害が現れた場合、どう対応すれば良いのでしょうか?ここでは脳血管性認知症による言語障害の原因や対処法についてご説明します。
拒否
脳血管性認知症によって「拒否」という症状が現れた場合、どう対応すれば良いのでしょうか?ここでは脳血管性認知症による拒否の原因や対処法についてご説明します。
余命
脳血管性認知症の余命はどれくらいと考えれば良いのでしょうか?ここでは、脳血管性認知症の余命について書いていきます。
予防
脳血管性認知症を予防するためにはどんなことに注意すれば良いのでしょうか?ここでは、脳血管性認知症を予防するための方法について書いていきます。
リハビリ
脳血管性認知症のリハビリにはどのようなことが行われるのでしょうか?ここでは、脳血管性認知症のリハビリについて書いていきます。
まだら
脳血管性認知症には「まだら認知症」と呼ばれる状態が起きると言われています。ここでは、脳血管性認知症によるまだら認知症について書いていきます。
夜間せん妄
脳血管性認知症の夜間せん妄と呼ばれる症状があります。ここでは、脳血管性認知症による夜間せん妄についてご説明します。
歩行障害
脳血管性認知症の歩行障害と呼ばれる症状があります。ここでは、脳血管性認知症による歩行障害についてご説明します。
作業療法
脳血管性認知症に作業療法という方法が行われることがあります。ここでは、脳血管性認知症と作業療法の関係についてご説明します。
発作型と緩徐型
脳血管性認知症の「発作型と緩徐型」というタイプの違いがあることをご存知でしょうか?ここでは、脳血管性認知症の発作型と緩徐型の違いについてご説明します。
性差
脳血管性認知症の発症率に男女の違いによる性差はあるのでしょうか?ここでは脳血管性認知症の性差についてご説明します。
生活習慣病
脳血管性認知症と生活習慣病には、どのような関係があるのでしょうか?ここでは、脳血管性認知症と生活習慣病との関係性について詳しくご説明します。
アルコール
脳血管性認知症に対するアルコールの影響はとても大きいと言えるでしょう。ここでは、脳血管性認知症とアルコールとの関係性について詳しくご説明します。
遺伝
脳血管性認知症は遺伝することがあるのでしょうか?ここでは、脳血管性認知症と遺伝との関係性について詳しくご説明します。
アルツハイマー型認知症との違い
脳血管性認知症とアルツハイマー型認知症の違いは?と聞かれて答えられる方は、普通はそんなに多くはないでしょう。ここでは脳血管性認知症とアルツハイマー型認知症の違いについてご説明します。
イチョウ
脳血管性認知症にイチョウが効果的だと言ったら、驚く方は多いかも知れません。ここでは脳血管性認知症に対するイチョウの効果性や使い方についてご説明します。
危険因子
脳血管性認知症の危険因子と呼ばれるものには、どんなことがあるのでしょうか?ここでは、脳血管性認知症の危険因子についてご説明します。
炭水化物
脳血管性認知症と炭水化物の摂取に関係性はあるのでしょうか?ここでは脳血管性認知症と炭水化物の関係性についてご説明します。
水分
脳血管性認知症と水分にはどんな関係があるのでしょうか?ここでは脳血管性認知症と水分の関係性についてご説明します。
末期症状
脳血管性認知症の末期症状にはどのようなものがあるのでしょうか?ここでは、脳血管性認知症の末期症状についてご説明します。