脳血管性認知症の痙攣発作(けいれんほっさ)とは?

スポンサードリンク

脳血管性認知症の痙攣発作(けいれんほっさ)について

脳血管性認知症の痙攣発作

 

脳血管性認知症の原因である脳梗塞や脳出血を起こした方は、痙攣発作(けいれんほっさ)の出現する頻度が高いと言われています。

 

きっと介護者の方は、突然の痙攣発作に驚かれることも多いと思います。

 

また、介護者の方は、痙攣発作は脳血管性認知症の特徴の一つであることも理解する必要があるでしょう。

 

ここでは、脳血管性認知症の痙攣発作についてご説明します。

脳血管性認知症の痙攣発作(けいれんほっさ)の症状は?

脳血管性認知症による痙攣発作には、どのような症状が現れるのでしょうか?

 

まず、脳血管障害を起こした方の約50~70%の方が、そののち痙攣発作を起こすと言われています。

 

脳血管性認知症の方の症状として、ガタガタ震えるような大発作でなくても、痙攣発作の場合がありますので注意が必要です。

 

たとえば、唇をぴくぴくさせたり、目の焦点が定まらなかったり、普段と違う行動をするときや奇声を発するときなども、痙攣発作の可能性があります。

 

高齢者の痙攣発作は、何の前兆もないときが多いです。

 

発作後に、意識がもうろうとした状態が長く続くこともあります。

 

見逃されることも多いので、脳血管性認知症の方がそのような状態になったときは、速やかに病院受診をした方がよいでしょう。

 

脳波の検査で診断できます。

脳血管性認知症の痙攣発作(けいれんほっさ)への対処法は?

脳血管性認知症の痙攣発作には、どのように対処すれば良いのでしょうか?

 

まず、介護者は、脳血管性認知症の方が痙攣発作を起こすかもしれないことへの認識が必要です。

 

薬の内服を忘れないことや、バイタルサインのチェックによって、予防ができるかもしれません。

 

また、普段から脳血管性認知症の方の様子の観察をこまめにすることで、痙攣発作を見逃さずにすむかもしれません。

 

脳血管性認知症の痙攣発作への知識が、痙攣発作時の対応の速さにつながります。

 

脳血管性認知症の場合、痙攣発作を起こしたときは、食事中であれば誤嚥の危険性があります。

 

その場合、気管に食べ物が入らないように横向きに寝かせましょう。

 

残渣物があれば、取り除いた方がよいです。

 

義歯なども、外せるのであれば外しましょう。

 

嘔吐する場合もありますので、洗面器などの用意も必要です。

 

脳血管性認知症の方が痙攣発作を起こす前に、もし前兆があれば、転倒を防ぐため周囲の危険な物を取り除き、座るか横になれるようにしてあげましょう。

 

痙攣発作のときは、ゆすったり押さえつけたりすると、痙攣発作の症状が長引くこともあります。

 

ですから、静かに横にねせて、自然と痙攣発作が治まるのを待ちましょう。

 

脳血管性認知症の痙攣発作は、症状の見分けが難しい場合が多いです。

 

そのため、小さな発作なのか、脳梗塞や脳出血が再発しているのかどうかの判別がなかなかできません。

 

いつもと違う症状のときは、医師の指示を仰ぎましょう。

 

長く痙攣発作が続く場合は、救急車を呼びましょう。

 

慌てず冷静に対応することが大切です。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連記事とスポンサーリンク

関連ページ

症状と特徴
脳血管性認知症の症状と特徴にはどのようなことがあるのでしょうか?ここでは、脳血管性認知症の症状と特徴について書いていきます。
症状と進行
脳血管性認知症の症状の進行にはどのようなことがあるのでしょうか?ここでは、脳血管性認知症の症状の進行について書いていきます。
ケアのポイント
脳血管性認知症のケアのポイントにはどのようなことがあるのでしょうか?ここでは、脳血管性認知症のケアのポイントについてご説明します。
怒る
脳血管性認知症の場合、怒るということが頻繁に起きる場合があります。ここでは、脳血管性認知症の怒るという症状についてご説明します。
知能低下
脳血管性認知症による知能低下という症状があります。ここでは、脳血管性認知症の知能低下についてご説明します。
徘徊
脳血管性認知症で徘徊するようになったら、どうすれば良いのでしょうか?ここでは脳血管性認知症による徘徊の原因や対処法についてご説明します。
昼夜逆転
脳血管性認知症によって昼夜逆転という状態になった場合、どうすれば良いのでしょうか?ここでは脳血管性認知症による昼夜逆転の原因や対処法についてご説明します。
言語障害
脳血管性認知症によって言語障害が現れた場合、どう対応すれば良いのでしょうか?ここでは脳血管性認知症による言語障害の原因や対処法についてご説明します。
拒否
脳血管性認知症によって「拒否」という症状が現れた場合、どう対応すれば良いのでしょうか?ここでは脳血管性認知症による拒否の原因や対処法についてご説明します。
余命
脳血管性認知症の余命はどれくらいと考えれば良いのでしょうか?ここでは、脳血管性認知症の余命について書いていきます。
予防
脳血管性認知症を予防するためにはどんなことに注意すれば良いのでしょうか?ここでは、脳血管性認知症を予防するための方法について書いていきます。
リハビリ
脳血管性認知症のリハビリにはどのようなことが行われるのでしょうか?ここでは、脳血管性認知症のリハビリについて書いていきます。
まだら
脳血管性認知症には「まだら認知症」と呼ばれる状態が起きると言われています。ここでは、脳血管性認知症によるまだら認知症について書いていきます。
夜間せん妄
脳血管性認知症の夜間せん妄と呼ばれる症状があります。ここでは、脳血管性認知症による夜間せん妄についてご説明します。
歩行障害
脳血管性認知症の歩行障害と呼ばれる症状があります。ここでは、脳血管性認知症による歩行障害についてご説明します。
アパシー
脳血管性認知症のアパシー(意欲低下)と呼ばれる症状があります。ここでは、脳血管性認知症によるアパシー(意欲低下)についてご説明します。
作業療法
脳血管性認知症に作業療法という方法が行われることがあります。ここでは、脳血管性認知症と作業療法の関係についてご説明します。
発作型と緩徐型
脳血管性認知症の「発作型と緩徐型」というタイプの違いがあることをご存知でしょうか?ここでは、脳血管性認知症の発作型と緩徐型の違いについてご説明します。
性差
脳血管性認知症の発症率に男女の違いによる性差はあるのでしょうか?ここでは脳血管性認知症の性差についてご説明します。
生活習慣病
脳血管性認知症と生活習慣病には、どのような関係があるのでしょうか?ここでは、脳血管性認知症と生活習慣病との関係性について詳しくご説明します。
アルコール
脳血管性認知症に対するアルコールの影響はとても大きいと言えるでしょう。ここでは、脳血管性認知症とアルコールとの関係性について詳しくご説明します。
遺伝
脳血管性認知症は遺伝することがあるのでしょうか?ここでは、脳血管性認知症と遺伝との関係性について詳しくご説明します。
アルツハイマー型認知症との違い
脳血管性認知症とアルツハイマー型認知症の違いは?と聞かれて答えられる方は、普通はそんなに多くはないでしょう。ここでは脳血管性認知症とアルツハイマー型認知症の違いについてご説明します。
イチョウ
脳血管性認知症にイチョウが効果的だと言ったら、驚く方は多いかも知れません。ここでは脳血管性認知症に対するイチョウの効果性や使い方についてご説明します。
危険因子
脳血管性認知症の危険因子と呼ばれるものには、どんなことがあるのでしょうか?ここでは、脳血管性認知症の危険因子についてご説明します。
炭水化物
脳血管性認知症と炭水化物の摂取に関係性はあるのでしょうか?ここでは脳血管性認知症と炭水化物の関係性についてご説明します。
水分
脳血管性認知症と水分にはどんな関係があるのでしょうか?ここでは脳血管性認知症と水分の関係性についてご説明します。
末期症状
脳血管性認知症の末期症状にはどのようなものがあるのでしょうか?ここでは、脳血管性認知症の末期症状についてご説明します。