脳血管性認知症で怒るのは、どうして?

スポンサードリンク

脳血管性認知症で「怒る」という症状について

脳血管性認知症で怒るのは?

 

脳血管性認知症の方は、よく怒ることがあります。

 

それも、何もないのにいきなり怒ることや、周りの人がなぜ怒るのかが分からないというようなことも、しばしばあります。

 

それが、介護者の方を迷わせる要因ともなるため、脳血管性認知症の方が怒ることは見過ごせない症状の一つと言えます。

 

ここでは、脳血管性認知症の方が怒ることについてご説明します。

脳血管性認知症で「怒る」という症状が現れる原因は?

脳血管性認知症の方が「怒る」というその原因はどこにあるのでしょうか?

 

脳血管性認知症の方は、認知機能面によって「できる時」もあれば、「できない時」もあります。

 

また、認知症状はでているのに、理解力がある・・・というようなこともあります。

 

そういったときに家族は、脳血管性認知症の方が、家族をこまらせようとしていると思えることがあります。

 

そのため、介助の仕方に迷ったり、言葉のかけ方が冷たくなってしまうかも知れません。

 

ると、脳血管性認知症の方は、怒ったり暴力をふるったりという行動に出ることが起きるのです。

 

つまり、脳血管性認知症の方が怒るのには理由があるのです。

 

また、脳血管性認知症になって怒るときは、認知症状を自覚されているため不安になっていることが原因の場合もあります。

 

そのため、家族や介護者は、脳血管性認知症の方に出現する「まだら認知症」について理解が必要となります。

 

まだら認知症とは、認知症の症状が現れたり、現れなかったりする状態のことですね。

 

また、更衣するときや車椅子から移乗するときなどに声かけが少なかったり、いきなり後ろから介助したりすることで、脳血管性認知症の方は驚かれ、怒ることがあります。

 

脳血管性認知症になると、介護者の声かけの仕方や、声の抑揚ひとつで敏感に反応されることも多いです。

 

そのために、介助拒否につながることもありますので、注意したいところです。

 

施設やデイサービスなどでは、脳血管性認知症の方が怒ることが増えるため、他の利用者さんとのトラブルにつながることもあります。

 

ご家族や介護者の方は、キチンとその辺を理解してサポートにあたる必要があります。

脳血管性認知症で「怒る」ことへの対処法は?

脳血管性認知症の方が、いきなり怒るという場合には、どのように対処すれば良いのでしょうか?

 

脳血管性認知症の方は、一日の中でも状態の変動があり、ご本人の感情面での不安定さもでてくるため、怒ることが多くなります。

 

そこで、家族や介護者は、感情的にならずゆっくりと会話をしたり介助することが必要です。

 

脳血管性認知症によって怒る症状、興奮状態にあるときなどは、少し距離を置いて見守ることも大切です。

 

介助の無理強いは余計に感情的にさせてしまいます。

 

また、施設などでは、介護者を別の人に代わってみることもよいかもしれません。

 

人が代わると、スッと機嫌がよくなることもあるからです。

 

また、脳血管性認知症の方は、怒るときや機嫌の悪いときには、体調不良も考えられます。

 

もともと脳血管障害からの認知症であるため、脳梗塞や脳出血のあらたな発症や再発の可能性もあります。

 

そんなときには、バイタルチェックも行いましょう。

 

普段から、排便の状態や食欲低下がないかどうかなどの観察も必要です。

 

脳血管性認知症の方がいつもと違う状態のときは、医師に相談し、受診するようにしましょう。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連記事とスポンサーリンク

関連ページ

症状と特徴
脳血管性認知症の症状と特徴にはどのようなことがあるのでしょうか?ここでは、脳血管性認知症の症状と特徴について書いていきます。
症状と進行
脳血管性認知症の症状の進行にはどのようなことがあるのでしょうか?ここでは、脳血管性認知症の症状の進行について書いていきます。
ケアのポイント
脳血管性認知症のケアのポイントにはどのようなことがあるのでしょうか?ここでは、脳血管性認知症のケアのポイントについてご説明します。
痙攣発作
脳血管性認知症の症状として痙攣発作があります。ここでは、脳血管性認知症の痙攣発作についてご説明します。
知能低下
脳血管性認知症による知能低下という症状があります。ここでは、脳血管性認知症の知能低下についてご説明します。
徘徊
脳血管性認知症で徘徊するようになったら、どうすれば良いのでしょうか?ここでは脳血管性認知症による徘徊の原因や対処法についてご説明します。
昼夜逆転
脳血管性認知症によって昼夜逆転という状態になった場合、どうすれば良いのでしょうか?ここでは脳血管性認知症による昼夜逆転の原因や対処法についてご説明します。
言語障害
脳血管性認知症によって言語障害が現れた場合、どう対応すれば良いのでしょうか?ここでは脳血管性認知症による言語障害の原因や対処法についてご説明します。
拒否
脳血管性認知症によって「拒否」という症状が現れた場合、どう対応すれば良いのでしょうか?ここでは脳血管性認知症による拒否の原因や対処法についてご説明します。
余命
脳血管性認知症の余命はどれくらいと考えれば良いのでしょうか?ここでは、脳血管性認知症の余命について書いていきます。
予防
脳血管性認知症を予防するためにはどんなことに注意すれば良いのでしょうか?ここでは、脳血管性認知症を予防するための方法について書いていきます。
リハビリ
脳血管性認知症のリハビリにはどのようなことが行われるのでしょうか?ここでは、脳血管性認知症のリハビリについて書いていきます。
まだら
脳血管性認知症には「まだら認知症」と呼ばれる状態が起きると言われています。ここでは、脳血管性認知症によるまだら認知症について書いていきます。
夜間せん妄
脳血管性認知症の夜間せん妄と呼ばれる症状があります。ここでは、脳血管性認知症による夜間せん妄についてご説明します。
歩行障害
脳血管性認知症の歩行障害と呼ばれる症状があります。ここでは、脳血管性認知症による歩行障害についてご説明します。
アパシー
脳血管性認知症のアパシー(意欲低下)と呼ばれる症状があります。ここでは、脳血管性認知症によるアパシー(意欲低下)についてご説明します。
作業療法
脳血管性認知症に作業療法という方法が行われることがあります。ここでは、脳血管性認知症と作業療法の関係についてご説明します。
発作型と緩徐型
脳血管性認知症の「発作型と緩徐型」というタイプの違いがあることをご存知でしょうか?ここでは、脳血管性認知症の発作型と緩徐型の違いについてご説明します。
性差
脳血管性認知症の発症率に男女の違いによる性差はあるのでしょうか?ここでは脳血管性認知症の性差についてご説明します。
生活習慣病
脳血管性認知症と生活習慣病には、どのような関係があるのでしょうか?ここでは、脳血管性認知症と生活習慣病との関係性について詳しくご説明します。
アルコール
脳血管性認知症に対するアルコールの影響はとても大きいと言えるでしょう。ここでは、脳血管性認知症とアルコールとの関係性について詳しくご説明します。
遺伝
脳血管性認知症は遺伝することがあるのでしょうか?ここでは、脳血管性認知症と遺伝との関係性について詳しくご説明します。
アルツハイマー型認知症との違い
脳血管性認知症とアルツハイマー型認知症の違いは?と聞かれて答えられる方は、普通はそんなに多くはないでしょう。ここでは脳血管性認知症とアルツハイマー型認知症の違いについてご説明します。
イチョウ
脳血管性認知症にイチョウが効果的だと言ったら、驚く方は多いかも知れません。ここでは脳血管性認知症に対するイチョウの効果性や使い方についてご説明します。
危険因子
脳血管性認知症の危険因子と呼ばれるものには、どんなことがあるのでしょうか?ここでは、脳血管性認知症の危険因子についてご説明します。
炭水化物
脳血管性認知症と炭水化物の摂取に関係性はあるのでしょうか?ここでは脳血管性認知症と炭水化物の関係性についてご説明します。
水分
脳血管性認知症と水分にはどんな関係があるのでしょうか?ここでは脳血管性認知症と水分の関係性についてご説明します。
末期症状
脳血管性認知症の末期症状にはどのようなものがあるのでしょうか?ここでは、脳血管性認知症の末期症状についてご説明します。