脳血管性認知症の作業療法とは?

スポンサードリンク

脳血管性認知症への作業療法の効果性は?

脳血管性認知症の作業療法

 

脳血管性認知症に対して「作業療法」という方法が行われることがあります。

 

ところで、脳血管性認知症の作業療法は、どんな時に、どんな目的で行われるのでしょうか?

 

まず、脳血管性認知症は、脳梗塞などの脳血管障害が原因で起こります。

 

障害された部位によって、病状の出方が違ってきます。

 

麻痺や感覚障害などの神経症状も併発しますし、障害された機能とそうでない機能が混在しています。

 

脳梗塞などの再発や進行を防ぐためにも早期のリハビリが必要になります。

 

脳血管性認知症の方は、早期の歩行障害が特徴なので、転倒を恐れての「寝たきり状態」を避けなければいけません。

 

そのため、ご本人の活動量が落ちすぎないように配慮する必要があります。

 

運動療法は、脳血管障害の進行を抑える効果があるといわれています。

 

そして、脳血管性認知症の方の認知機能に効果があるものとして、作業療法があります。

脳血管性認知症で作業療法と行うと?

脳血管性認知症に対して、「作業療法」はどのようにして行われるのでしょうか?

 

脳血管性認知症の方に対しては、日常生活能力を高めるために、何らかの作業や日常生活の流れの中でおこなうものを「作業療法」として行います。

 

たとえば、料理や掃除洗濯、自分の身の回りの整理整頓、買い物などの外出、食事や入浴があります。

 

また、認知症の方は「見当識障害」があるため、失見当識に対する「作業療法」が行われます。

 

現実見当識訓練がそうです。

 

回想法も、長く続けることによって認知機能の改善があると言われています。

脳血管性認知症に作業療法は、どうやって行う?

脳血管性認知症の方への作業療法として、現実見当識訓練があります。

 

これは、基本的な情報を繰り返し与えるというシンプルなものです。

 

基本的な情報は、氏名、場所、曜日、時間などです。

 

私が勤務していた認知症の方のグループホームでは、毎日違う利用者さんにホワイトボードに日付と曜日、お名前を書いてもらっていました。

 

そして、毎日同じ時間に皆さんで一緒に、日付や曜日を読んでもらっていました。

 

今日は何月何日かがわかります。

 

曜日もわかります。

 

そして、毎朝同じ時間に神棚に向かって唱える言葉がありました。

 

日課としておこなっていました。

 

朝は「おはようございます」昼は「こんにちは」夜は「こんばんは」とご挨拶します。

 

「朝ごはん」「昼ごはん」「夜中の何時」等、常に時間と関連付けて伝えていました。

 

数分前のことは忘れてしまう方でも、周囲の一貫性のある働きかけで思い出され、納得されます。

 

脳血管性認知症への作業療法として、回想法は、昔の思い出話をすることで脳が刺激され、精神状態も落ち着かれるためよく行われています。

 

家庭でも行うことができるので、認知症の方が落ち着かない時は、懐かしいお話をしてみるとよいと思います。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連記事とスポンサーリンク

関連ページ

症状と特徴
脳血管性認知症の症状と特徴にはどのようなことがあるのでしょうか?ここでは、脳血管性認知症の症状と特徴について書いていきます。
症状と進行
脳血管性認知症の症状の進行にはどのようなことがあるのでしょうか?ここでは、脳血管性認知症の症状の進行について書いていきます。
ケアのポイント
脳血管性認知症のケアのポイントにはどのようなことがあるのでしょうか?ここでは、脳血管性認知症のケアのポイントについてご説明します。
痙攣発作
脳血管性認知症の症状として痙攣発作があります。ここでは、脳血管性認知症の痙攣発作についてご説明します。
怒る
脳血管性認知症の場合、怒るということが頻繁に起きる場合があります。ここでは、脳血管性認知症の怒るという症状についてご説明します。
知能低下
脳血管性認知症による知能低下という症状があります。ここでは、脳血管性認知症の知能低下についてご説明します。
徘徊
脳血管性認知症で徘徊するようになったら、どうすれば良いのでしょうか?ここでは脳血管性認知症による徘徊の原因や対処法についてご説明します。
昼夜逆転
脳血管性認知症によって昼夜逆転という状態になった場合、どうすれば良いのでしょうか?ここでは脳血管性認知症による昼夜逆転の原因や対処法についてご説明します。
言語障害
脳血管性認知症によって言語障害が現れた場合、どう対応すれば良いのでしょうか?ここでは脳血管性認知症による言語障害の原因や対処法についてご説明します。
拒否
脳血管性認知症によって「拒否」という症状が現れた場合、どう対応すれば良いのでしょうか?ここでは脳血管性認知症による拒否の原因や対処法についてご説明します。
余命
脳血管性認知症の余命はどれくらいと考えれば良いのでしょうか?ここでは、脳血管性認知症の余命について書いていきます。
予防
脳血管性認知症を予防するためにはどんなことに注意すれば良いのでしょうか?ここでは、脳血管性認知症を予防するための方法について書いていきます。
リハビリ
脳血管性認知症のリハビリにはどのようなことが行われるのでしょうか?ここでは、脳血管性認知症のリハビリについて書いていきます。
まだら
脳血管性認知症には「まだら認知症」と呼ばれる状態が起きると言われています。ここでは、脳血管性認知症によるまだら認知症について書いていきます。
夜間せん妄
脳血管性認知症の夜間せん妄と呼ばれる症状があります。ここでは、脳血管性認知症による夜間せん妄についてご説明します。
歩行障害
脳血管性認知症の歩行障害と呼ばれる症状があります。ここでは、脳血管性認知症による歩行障害についてご説明します。
アパシー
脳血管性認知症のアパシー(意欲低下)と呼ばれる症状があります。ここでは、脳血管性認知症によるアパシー(意欲低下)についてご説明します。
発作型と緩徐型
脳血管性認知症の「発作型と緩徐型」というタイプの違いがあることをご存知でしょうか?ここでは、脳血管性認知症の発作型と緩徐型の違いについてご説明します。
性差
脳血管性認知症の発症率に男女の違いによる性差はあるのでしょうか?ここでは脳血管性認知症の性差についてご説明します。
生活習慣病
脳血管性認知症と生活習慣病には、どのような関係があるのでしょうか?ここでは、脳血管性認知症と生活習慣病との関係性について詳しくご説明します。
アルコール
脳血管性認知症に対するアルコールの影響はとても大きいと言えるでしょう。ここでは、脳血管性認知症とアルコールとの関係性について詳しくご説明します。
遺伝
脳血管性認知症は遺伝することがあるのでしょうか?ここでは、脳血管性認知症と遺伝との関係性について詳しくご説明します。
アルツハイマー型認知症との違い
脳血管性認知症とアルツハイマー型認知症の違いは?と聞かれて答えられる方は、普通はそんなに多くはないでしょう。ここでは脳血管性認知症とアルツハイマー型認知症の違いについてご説明します。
イチョウ
脳血管性認知症にイチョウが効果的だと言ったら、驚く方は多いかも知れません。ここでは脳血管性認知症に対するイチョウの効果性や使い方についてご説明します。
危険因子
脳血管性認知症の危険因子と呼ばれるものには、どんなことがあるのでしょうか?ここでは、脳血管性認知症の危険因子についてご説明します。
炭水化物
脳血管性認知症と炭水化物の摂取に関係性はあるのでしょうか?ここでは脳血管性認知症と炭水化物の関係性についてご説明します。
水分
脳血管性認知症と水分にはどんな関係があるのでしょうか?ここでは脳血管性認知症と水分の関係性についてご説明します。
末期症状
脳血管性認知症の末期症状にはどのようなものがあるのでしょうか?ここでは、脳血管性認知症の末期症状についてご説明します。