脳血管性認知症へのアルコールの問題点

スポンサードリンク

脳血管性認知症へのアルコールの問題点について

脳血管性認知症とアルコール(お酒)

 

脳血管性認知症の中で、アルコール(お酒)を多量に飲み続けることで脳梗塞などの脳血管障害を起こし認知症になるケースがあります。

 

これは、アルコール性認知症とも呼ばれます。

 

脳血管性認知症の中でも、アルコール性認知症になると、歩行が不安定になり、歩くときは何かにつかまらないと歩けなくなります。

 

行動に抑制がきかなくなり、アルコール依存症と同じような症状が現れます。

 

アルコール(お酒)を飲みすぎるだけでも脳が萎縮するといわれています。

 

ここでは、脳血管性認知症に対するアルコール(お酒)の問題点についてご説明します。

脳血管性認知症のアルコール認知症の症状

脳血管性認知症のアルコール認知症による症状には、どのようなことがあるのでしょうか?

 

まず、脳血管性認知症の中でも、アルコール認知症は、食事量をあまりとらずにアルコールばかり飲むことで、ビタミンB1が欠乏し栄養障害などを引き起こし発症します。

 

栄養障害と認知症は深い関わりがあり、ビタミンB1の欠乏はウェルニッケル・コルサコフ症候群を発症させます。

 

ウェルニッケル・コルサコフ症候群は、一般的な脳血管性認知症の方と同じように見当識障害(今日の日付や時間、今いる場所がわからなくなるなど)やエピソード記憶障害(体験したことを忘れる)、「あれ」「それ」といった表現が増えるなどの様々な記憶障害が起こります。

 

また、興奮したり、攻撃的になったりと問題行動を起こしたり、意識障害が起きることもあります。

 

高齢者にもアルコール依存症は増加しています。

 

寂しかったり、ストレス発散のために飲酒をすることも多いようです。

 

アルコールによる脳血管性認知症には、くれぐれも注意していただきたいと思います。

脳血管性認知症のアルコールへの対策は?

アルコールによる脳血管性認知症の対策としては、断酒が一番効果的です。

 

まあ、言うまでもありませんが・・・

 

アルコール摂取量を見直し、適量程度の摂取にすることが、生活習慣病予防にも認知症予防にもなります。

 

アルコール摂取に関しては、若いうちから多量の飲酒習慣があると、脳血管性認知症リスクが高まるといえます。

 

ビールであれば、40代過ぎてからの一日の摂取量が500mlでは多すぎるというデータがでています。

 

一日あたり350ml程度(缶ビール1本)が適量とされています。

 

多量に飲酒されている方は、脳血管性認知症の予防のためにアルコール摂取を控えるようにしましょう。

 

そして、飲酒の際は、野菜などの食べ物も一緒に摂るようにしましょう。

 

アルコール依存症に伴う認知症の場合は、長期間の断酒によって認知機能や物忘れが改善することもあります。

 

問題行動を起こす脳血管性認知症の方で、飲酒量の多い方は、アルコール性認知症を疑い、飲酒量の調整をした方が良いでしょう。

 

また、アルコールへと意識が向いてしまうその方のストレスや孤独感に目を向けることも大切です。

 

他に発散できることをみつけたり、よい人間関係のもてる環境にすることが、アルコールによる脳血管性認知症の予防につながります。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連記事とスポンサーリンク

関連ページ

症状と特徴
脳血管性認知症の症状と特徴にはどのようなことがあるのでしょうか?ここでは、脳血管性認知症の症状と特徴について書いていきます。
症状と進行
脳血管性認知症の症状の進行にはどのようなことがあるのでしょうか?ここでは、脳血管性認知症の症状の進行について書いていきます。
ケアのポイント
脳血管性認知症のケアのポイントにはどのようなことがあるのでしょうか?ここでは、脳血管性認知症のケアのポイントについてご説明します。
痙攣発作
脳血管性認知症の症状として痙攣発作があります。ここでは、脳血管性認知症の痙攣発作についてご説明します。
怒る
脳血管性認知症の場合、怒るということが頻繁に起きる場合があります。ここでは、脳血管性認知症の怒るという症状についてご説明します。
知能低下
脳血管性認知症による知能低下という症状があります。ここでは、脳血管性認知症の知能低下についてご説明します。
徘徊
脳血管性認知症で徘徊するようになったら、どうすれば良いのでしょうか?ここでは脳血管性認知症による徘徊の原因や対処法についてご説明します。
昼夜逆転
脳血管性認知症によって昼夜逆転という状態になった場合、どうすれば良いのでしょうか?ここでは脳血管性認知症による昼夜逆転の原因や対処法についてご説明します。
言語障害
脳血管性認知症によって言語障害が現れた場合、どう対応すれば良いのでしょうか?ここでは脳血管性認知症による言語障害の原因や対処法についてご説明します。
拒否
脳血管性認知症によって「拒否」という症状が現れた場合、どう対応すれば良いのでしょうか?ここでは脳血管性認知症による拒否の原因や対処法についてご説明します。
余命
脳血管性認知症の余命はどれくらいと考えれば良いのでしょうか?ここでは、脳血管性認知症の余命について書いていきます。
予防
脳血管性認知症を予防するためにはどんなことに注意すれば良いのでしょうか?ここでは、脳血管性認知症を予防するための方法について書いていきます。
リハビリ
脳血管性認知症のリハビリにはどのようなことが行われるのでしょうか?ここでは、脳血管性認知症のリハビリについて書いていきます。
まだら
脳血管性認知症には「まだら認知症」と呼ばれる状態が起きると言われています。ここでは、脳血管性認知症によるまだら認知症について書いていきます。
夜間せん妄
脳血管性認知症の夜間せん妄と呼ばれる症状があります。ここでは、脳血管性認知症による夜間せん妄についてご説明します。
歩行障害
脳血管性認知症の歩行障害と呼ばれる症状があります。ここでは、脳血管性認知症による歩行障害についてご説明します。
アパシー
脳血管性認知症のアパシー(意欲低下)と呼ばれる症状があります。ここでは、脳血管性認知症によるアパシー(意欲低下)についてご説明します。
作業療法
脳血管性認知症に作業療法という方法が行われることがあります。ここでは、脳血管性認知症と作業療法の関係についてご説明します。
発作型と緩徐型
脳血管性認知症の「発作型と緩徐型」というタイプの違いがあることをご存知でしょうか?ここでは、脳血管性認知症の発作型と緩徐型の違いについてご説明します。
性差
脳血管性認知症の発症率に男女の違いによる性差はあるのでしょうか?ここでは脳血管性認知症の性差についてご説明します。
生活習慣病
脳血管性認知症と生活習慣病には、どのような関係があるのでしょうか?ここでは、脳血管性認知症と生活習慣病との関係性について詳しくご説明します。
遺伝
脳血管性認知症は遺伝することがあるのでしょうか?ここでは、脳血管性認知症と遺伝との関係性について詳しくご説明します。
アルツハイマー型認知症との違い
脳血管性認知症とアルツハイマー型認知症の違いは?と聞かれて答えられる方は、普通はそんなに多くはないでしょう。ここでは脳血管性認知症とアルツハイマー型認知症の違いについてご説明します。
イチョウ
脳血管性認知症にイチョウが効果的だと言ったら、驚く方は多いかも知れません。ここでは脳血管性認知症に対するイチョウの効果性や使い方についてご説明します。
危険因子
脳血管性認知症の危険因子と呼ばれるものには、どんなことがあるのでしょうか?ここでは、脳血管性認知症の危険因子についてご説明します。
炭水化物
脳血管性認知症と炭水化物の摂取に関係性はあるのでしょうか?ここでは脳血管性認知症と炭水化物の関係性についてご説明します。
水分
脳血管性認知症と水分にはどんな関係があるのでしょうか?ここでは脳血管性認知症と水分の関係性についてご説明します。
末期症状
脳血管性認知症の末期症状にはどのようなものがあるのでしょうか?ここでは、脳血管性認知症の末期症状についてご説明します。