脳血管性認知症を予防するには?

スポンサードリンク

脳血管性認知症の予防について

脳血管性認知症の予防

 

脳血管性認知症を予防するためには、どのようなことに注意すれば良いのでしょうか?

 

まず、脳血管性認知症は、他の認知症とは違い、脳梗塞や脳出血など、脳の血管に直接ダメージを与えてしまって発症するものです。

 

そして、その脳梗塞や脳出血は、生活習慣病が大きな影響を与えているという事も分かっています。

 

ですので、脳血管性認知症を予防する一番の早道は、生活習慣を見直し、生活習慣病にならないようにするということになります。

 

他の認知症よりも原因が分かりやすいため、予防はしやすいと言えるかも知れません。

 

今回は、そんな脳血管性認知症の予防についてご説明します。

脳血管性認知症を予防の注意すべき生活習慣とは?

脳血管性認知症を予防するためには、以下のような生活習慣病に注意する必要があります。

 

脳血管性認知症の予防で注意すべき生活習慣病

 

  • 高血圧症
  • 糖尿病
  • 脂質異常症
  • 高尿酸血症
  • 肥満
  • 喫煙
  • ストレス

 

そして、このような生活習慣病にならないように予防するためには、以下のようなことに注意する必要があります。

 

  • 規則正しい生活を送る
  • 暴飲暴食をしない
  • 好き嫌いしない
  • 水分を多く取る(糖分の多いものは控える)
  • 塩分を摂り過ぎない
  • 適度に体を動かす
  • ストレスをためないように気分転換をはかる
  • 疲れをためない
  • 禁煙する

 

以上の病気や習慣が、脳血管性認知症に間接的に、そして他の余病の発症にも影響を与えています。

脳血管性認知症の予防法を行う上でのやり方やコツ・注意点とは?

予防しようと思ってはいたが、どうしても避けられず、脳血管性認知症を発症してしまったケースもあるでしょう。

 

その場合、これ以上の病気の進行を防止したいと思うはずです。

 

しかし実は、そうやって思い詰めて行うと、それ自体がストレスとなってしまいますので、予防法が続かなくなってしまうケースが多いのです。

 

生活習慣病は、文字通り生活習慣のたまものですから、まずは出来る事から始めましょう。

 

たとえば、生活習慣病予防のためにストレスをためない方法としては、以下のようなものが挙げられます。

 

まず、趣味活動として、何か好きなものに時間を使うというのも良いでしょう。

 

運動不足を解消する目的で、デイサービスに行ってみるという社会交流もおすすめの方法の一つです。

 

また、町内会に参加してみたり地域交流をしてみたり、手紙を書いてみるという「頭の体操」もおすすめです。

 

刺激のある生活を始めてみる事で脳が活性化され、自分の役割や存在価値を見出す事が出来る方もいます。

 

こうする事で、知らず知らずのうちに生活習慣病予防が出来ていたり、結果として進行を遅らせている場合があります。

 

脳血管性認知症のために、どんな予防法を実践するのであっても、続けることを常に意識して行いましょう。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連記事とスポンサーリンク

関連ページ

症状と特徴
脳血管性認知症の症状と特徴にはどのようなことがあるのでしょうか?ここでは、脳血管性認知症の症状と特徴について書いていきます。
症状と進行
脳血管性認知症の症状の進行にはどのようなことがあるのでしょうか?ここでは、脳血管性認知症の症状の進行について書いていきます。
ケアのポイント
脳血管性認知症のケアのポイントにはどのようなことがあるのでしょうか?ここでは、脳血管性認知症のケアのポイントについてご説明します。
痙攣発作
脳血管性認知症の症状として痙攣発作があります。ここでは、脳血管性認知症の痙攣発作についてご説明します。
怒る
脳血管性認知症の場合、怒るということが頻繁に起きる場合があります。ここでは、脳血管性認知症の怒るという症状についてご説明します。
知能低下
脳血管性認知症による知能低下という症状があります。ここでは、脳血管性認知症の知能低下についてご説明します。
徘徊
脳血管性認知症で徘徊するようになったら、どうすれば良いのでしょうか?ここでは脳血管性認知症による徘徊の原因や対処法についてご説明します。
昼夜逆転
脳血管性認知症によって昼夜逆転という状態になった場合、どうすれば良いのでしょうか?ここでは脳血管性認知症による昼夜逆転の原因や対処法についてご説明します。
言語障害
脳血管性認知症によって言語障害が現れた場合、どう対応すれば良いのでしょうか?ここでは脳血管性認知症による言語障害の原因や対処法についてご説明します。
拒否
脳血管性認知症によって「拒否」という症状が現れた場合、どう対応すれば良いのでしょうか?ここでは脳血管性認知症による拒否の原因や対処法についてご説明します。
余命
脳血管性認知症の余命はどれくらいと考えれば良いのでしょうか?ここでは、脳血管性認知症の余命について書いていきます。
リハビリ
脳血管性認知症のリハビリにはどのようなことが行われるのでしょうか?ここでは、脳血管性認知症のリハビリについて書いていきます。
まだら
脳血管性認知症には「まだら認知症」と呼ばれる状態が起きると言われています。ここでは、脳血管性認知症によるまだら認知症について書いていきます。
夜間せん妄
脳血管性認知症の夜間せん妄と呼ばれる症状があります。ここでは、脳血管性認知症による夜間せん妄についてご説明します。
歩行障害
脳血管性認知症の歩行障害と呼ばれる症状があります。ここでは、脳血管性認知症による歩行障害についてご説明します。
アパシー
脳血管性認知症のアパシー(意欲低下)と呼ばれる症状があります。ここでは、脳血管性認知症によるアパシー(意欲低下)についてご説明します。
作業療法
脳血管性認知症に作業療法という方法が行われることがあります。ここでは、脳血管性認知症と作業療法の関係についてご説明します。
発作型と緩徐型
脳血管性認知症の「発作型と緩徐型」というタイプの違いがあることをご存知でしょうか?ここでは、脳血管性認知症の発作型と緩徐型の違いについてご説明します。
性差
脳血管性認知症の発症率に男女の違いによる性差はあるのでしょうか?ここでは脳血管性認知症の性差についてご説明します。
生活習慣病
脳血管性認知症と生活習慣病には、どのような関係があるのでしょうか?ここでは、脳血管性認知症と生活習慣病との関係性について詳しくご説明します。
アルコール
脳血管性認知症に対するアルコールの影響はとても大きいと言えるでしょう。ここでは、脳血管性認知症とアルコールとの関係性について詳しくご説明します。
遺伝
脳血管性認知症は遺伝することがあるのでしょうか?ここでは、脳血管性認知症と遺伝との関係性について詳しくご説明します。
アルツハイマー型認知症との違い
脳血管性認知症とアルツハイマー型認知症の違いは?と聞かれて答えられる方は、普通はそんなに多くはないでしょう。ここでは脳血管性認知症とアルツハイマー型認知症の違いについてご説明します。
イチョウ
脳血管性認知症にイチョウが効果的だと言ったら、驚く方は多いかも知れません。ここでは脳血管性認知症に対するイチョウの効果性や使い方についてご説明します。
危険因子
脳血管性認知症の危険因子と呼ばれるものには、どんなことがあるのでしょうか?ここでは、脳血管性認知症の危険因子についてご説明します。
炭水化物
脳血管性認知症と炭水化物の摂取に関係性はあるのでしょうか?ここでは脳血管性認知症と炭水化物の関係性についてご説明します。
水分
脳血管性認知症と水分にはどんな関係があるのでしょうか?ここでは脳血管性認知症と水分の関係性についてご説明します。
末期症状
脳血管性認知症の末期症状にはどのようなものがあるのでしょうか?ここでは、脳血管性認知症の末期症状についてご説明します。