脳血管性認知症の症状と進行とは?

スポンサードリンク

脳血管性認知症の症状と進行について

脳血管性認知症の症状と進行

 

脳血管性認知症の症状が進行すると、どのような経過をたどるのでしょうか?

 

まず、脳血管性認知症の症状は、脳の血管に異常が起きた結果、後遺症として認知症が発症すると考えた方が分かりやすいです。

 

ある日突然、脳梗塞や脳出血を発症し、急激に認知症の症状が進行する場合があります。

 

一方、小さな脳梗塞を繰り返していくうちに、段階的に認知症症状が進行して行く方もいらっしゃいます。

 

ここでは、そんな脳血管性認知症の症状の進行についてご説明します。

脳血管性認知症の症状の進行はバラバラ

脳血管性認知症の症状の進行は、バラバラで分かりにくいというのが特徴の一つです。

 

それは、脳血管性認知症は、脳のどこの部分に障害を受けたかによって症状が違い、進行の状況もそれによって変化するからです。

 

また、ご本人が普段の生活の中で、出来ることと出来ないことが、バラバラに現れるという特徴を持っています。

 

脳血管性認知症の症状が突然あらわれた場合には、認知症の出現が予測できますが、救急車で運ばれる程でもない「小さな脳梗塞」がたくさん起きる「多発性脳梗塞」は、本人さえも気付かないうちに進行している方も中にはいます。

 

そういう意味では、脳血管性認知症の初期症状の進行は、かなり分かりにくいとも言えるでしょう。

 

健康的な女性に多いアルツハイマー型認知症と比べて、脳血管性認知症は、動脈硬化が進んだ男性に多く発症します。

脳血管性認知症の症状進行への対処法・注意点とは?

脳血管性認知症の症状の進行に対する対処法や、注意点について触れてみましょう。

 

まず、脳血管性認知症は、脳の血管に何かしらのダメージを受け、栄養や酸素が行かない状態が続いた事が原因で起きます。

 

なので、進行させないためには、脳卒中と言われる脳梗塞・脳出血・クモ膜下出血などを引き起こさない、再発させないという事が重要です。

 

脳卒中を防御する一番の方法は「高血圧」を改善することでしょう。

 

そのために、まずは塩分を控え、適度な運動を日々の生活に取り入れることが大切です。

 

ほとんどの高血圧は、薬物療法の進歩のおかげで、確実に治療できるようになりました。

 

データ的に見ると、収縮期血圧を10~20mmHg下降させることで、脳卒中の発症率は50%減少すると判明しています。

 

その他にも、脳血管性認知症の発症リスクが高い病気がありますので、ご紹介しておきます。

 

脳血管性認知症の発症(進行)リスクが高い病気

 

  • 高血圧
  • 糖尿病
  • 高コレステロール血症(脂質異常症)
  • 関節リウマチ
  • 動脈硬化症

 

脳血管性認知症の発症(進行)リスクが高い生活習慣

 

  • 脱水になりやすい人(水分をあまり摂取しない人)
  • 血液がドロドロの人
  • タバコを吸う
  • ストレスに弱い
  • 運動不足
  • 暴飲暴食

 

国をあげて生活習慣病のリスクについて啓蒙した結果、脳血管性認知症の全体数は少なくなって来ています。

 

上記の病気や生活習慣が思い当たる方は、脳血管性認知症を発症(進行)するリスクが高いです。

 

日々の生活習慣がカギとなりますので、意識して改善して行きましょう。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連記事とスポンサーリンク

関連ページ

症状と特徴
脳血管性認知症の症状と特徴にはどのようなことがあるのでしょうか?ここでは、脳血管性認知症の症状と特徴について書いていきます。
ケアのポイント
脳血管性認知症のケアのポイントにはどのようなことがあるのでしょうか?ここでは、脳血管性認知症のケアのポイントについてご説明します。
痙攣発作
脳血管性認知症の症状として痙攣発作があります。ここでは、脳血管性認知症の痙攣発作についてご説明します。
怒る
脳血管性認知症の場合、怒るということが頻繁に起きる場合があります。ここでは、脳血管性認知症の怒るという症状についてご説明します。
知能低下
脳血管性認知症による知能低下という症状があります。ここでは、脳血管性認知症の知能低下についてご説明します。
徘徊
脳血管性認知症で徘徊するようになったら、どうすれば良いのでしょうか?ここでは脳血管性認知症による徘徊の原因や対処法についてご説明します。
昼夜逆転
脳血管性認知症によって昼夜逆転という状態になった場合、どうすれば良いのでしょうか?ここでは脳血管性認知症による昼夜逆転の原因や対処法についてご説明します。
言語障害
脳血管性認知症によって言語障害が現れた場合、どう対応すれば良いのでしょうか?ここでは脳血管性認知症による言語障害の原因や対処法についてご説明します。
拒否
脳血管性認知症によって「拒否」という症状が現れた場合、どう対応すれば良いのでしょうか?ここでは脳血管性認知症による拒否の原因や対処法についてご説明します。
余命
脳血管性認知症の余命はどれくらいと考えれば良いのでしょうか?ここでは、脳血管性認知症の余命について書いていきます。
予防
脳血管性認知症を予防するためにはどんなことに注意すれば良いのでしょうか?ここでは、脳血管性認知症を予防するための方法について書いていきます。
リハビリ
脳血管性認知症のリハビリにはどのようなことが行われるのでしょうか?ここでは、脳血管性認知症のリハビリについて書いていきます。
まだら
脳血管性認知症には「まだら認知症」と呼ばれる状態が起きると言われています。ここでは、脳血管性認知症によるまだら認知症について書いていきます。
夜間せん妄
脳血管性認知症の夜間せん妄と呼ばれる症状があります。ここでは、脳血管性認知症による夜間せん妄についてご説明します。
歩行障害
脳血管性認知症の歩行障害と呼ばれる症状があります。ここでは、脳血管性認知症による歩行障害についてご説明します。
アパシー
脳血管性認知症のアパシー(意欲低下)と呼ばれる症状があります。ここでは、脳血管性認知症によるアパシー(意欲低下)についてご説明します。
作業療法
脳血管性認知症に作業療法という方法が行われることがあります。ここでは、脳血管性認知症と作業療法の関係についてご説明します。
発作型と緩徐型
脳血管性認知症の「発作型と緩徐型」というタイプの違いがあることをご存知でしょうか?ここでは、脳血管性認知症の発作型と緩徐型の違いについてご説明します。
性差
脳血管性認知症の発症率に男女の違いによる性差はあるのでしょうか?ここでは脳血管性認知症の性差についてご説明します。
生活習慣病
脳血管性認知症と生活習慣病には、どのような関係があるのでしょうか?ここでは、脳血管性認知症と生活習慣病との関係性について詳しくご説明します。
アルコール
脳血管性認知症に対するアルコールの影響はとても大きいと言えるでしょう。ここでは、脳血管性認知症とアルコールとの関係性について詳しくご説明します。
遺伝
脳血管性認知症は遺伝することがあるのでしょうか?ここでは、脳血管性認知症と遺伝との関係性について詳しくご説明します。
アルツハイマー型認知症との違い
脳血管性認知症とアルツハイマー型認知症の違いは?と聞かれて答えられる方は、普通はそんなに多くはないでしょう。ここでは脳血管性認知症とアルツハイマー型認知症の違いについてご説明します。
イチョウ
脳血管性認知症にイチョウが効果的だと言ったら、驚く方は多いかも知れません。ここでは脳血管性認知症に対するイチョウの効果性や使い方についてご説明します。
危険因子
脳血管性認知症の危険因子と呼ばれるものには、どんなことがあるのでしょうか?ここでは、脳血管性認知症の危険因子についてご説明します。
炭水化物
脳血管性認知症と炭水化物の摂取に関係性はあるのでしょうか?ここでは脳血管性認知症と炭水化物の関係性についてご説明します。
水分
脳血管性認知症と水分にはどんな関係があるのでしょうか?ここでは脳血管性認知症と水分の関係性についてご説明します。
末期症状
脳血管性認知症の末期症状にはどのようなものがあるのでしょうか?ここでは、脳血管性認知症の末期症状についてご説明します。