脳血管性認知症で昼夜逆転になったら?

スポンサードリンク

脳血管性認知症で昼夜逆転になるケースについて

脳血管性認知症の昼夜逆転

 

脳血管性認知症の方の中には、昼夜逆転の状態になる方がいらっしゃいます。

 

脳血管認知症になると、一日の生活リズムを調整する体内時計が狂ってしまいます。

 

そのために、脳血管性認知症の方は、昼間ウトウトしてしまい、夜は起きているという昼夜逆転の状態になるのです。

 

ここでは、脳血管性認知症による昼夜逆転について、その原因や対処法についてご説明します。

脳血管性認知症で昼夜逆転になる原因は?

脳血管性認知症の方が、昼夜逆転という状態になる原因はなんでしょうか?

 

前述したような体内時計が狂うということはもちろんですが、それ以外にも実は原因がいろいろとあります。

 

たとえば、脳血管性認知症になると、今どこにいるのかわからない、時間がわからないといった見当識障害があります。

 

そのために、夕方以降に騒いでしまい、興奮をひきずって夜間眠れないといった症状があります。

 

脳血管性認知症の方は、夜間せん妄といわれる一種の意識障害が起こる場合もあります。

 

幻覚を見たり、大声で叫んだりします。

 

その場合も昼夜逆転となって、睡眠が障害されます。

 

また、脳血管性認知症の方は、服用している薬の副作用で睡眠障害や昼夜逆転を引き起こす場合もあります。

 

一般に多く処方されている認知症治療薬のアリセプトは、脳を活性化する薬ですが、興奮したり神経が高ぶったりという副作用もあります。

 

逆に、メマリーという認知症の薬では、眠気が強くなることもあります。

 

体調不良(尿意がある、かゆいところがある、お腹がすいている等)や、眠っている部屋の環境(暑すぎる、寒すぎる等)なども、昼夜逆転の要因となります。

脳血管性認知症による昼夜逆転への対処法は?

脳血管性認知症による昼夜逆転という状態には、どのように対処すれば良いのでしょうか?

 

まず、脳血管性認知症の方は、昼間は散歩やレクレーションで手先や身体を動かすようにしましょう。

 

活発に動き、他の人とのコミュニケーションを多く持つようにすることで、メリハリのある生活が保てるからです。

 

昼間は活動、夜間は休むという生活リズムをつくることで、昼夜逆転は防げます。

 

脳血管性認知症の方の薬の服用については、昼夜逆転の状態が続くときは、服用時間や量などについて、医師に相談しましょう。

 

昼間に興奮したり、夕方近くになって落ち着かなくなるなどの不穏状態を引きずる場合には、リラックスできる音楽を流してみたり、温かい飲み物を飲んだりしてみると気持ちが安らぎます。

 

ゆったりとした気持ちで夜間眠れる環境を作ることが大切です。

 

脳血管性認知症のために夜間眠れない時、私がしていたことは、湯たんぽで足元を温めることです。

 

しばらくすると、眠りに入られることが多かったです。

 

部屋の温度が低すぎるときや、高すぎるときはなかなか寝付けません。

 

温度調整など、環境整備をしてあげることで夜間ぐっすり眠ることができます。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連記事とスポンサーリンク

関連ページ

症状と特徴
脳血管性認知症の症状と特徴にはどのようなことがあるのでしょうか?ここでは、脳血管性認知症の症状と特徴について書いていきます。
症状と進行
脳血管性認知症の症状の進行にはどのようなことがあるのでしょうか?ここでは、脳血管性認知症の症状の進行について書いていきます。
ケアのポイント
脳血管性認知症のケアのポイントにはどのようなことがあるのでしょうか?ここでは、脳血管性認知症のケアのポイントについてご説明します。
痙攣発作
脳血管性認知症の症状として痙攣発作があります。ここでは、脳血管性認知症の痙攣発作についてご説明します。
怒る
脳血管性認知症の場合、怒るということが頻繁に起きる場合があります。ここでは、脳血管性認知症の怒るという症状についてご説明します。
知能低下
脳血管性認知症による知能低下という症状があります。ここでは、脳血管性認知症の知能低下についてご説明します。
徘徊
脳血管性認知症で徘徊するようになったら、どうすれば良いのでしょうか?ここでは脳血管性認知症による徘徊の原因や対処法についてご説明します。
言語障害
脳血管性認知症によって言語障害が現れた場合、どう対応すれば良いのでしょうか?ここでは脳血管性認知症による言語障害の原因や対処法についてご説明します。
拒否
脳血管性認知症によって「拒否」という症状が現れた場合、どう対応すれば良いのでしょうか?ここでは脳血管性認知症による拒否の原因や対処法についてご説明します。
余命
脳血管性認知症の余命はどれくらいと考えれば良いのでしょうか?ここでは、脳血管性認知症の余命について書いていきます。
予防
脳血管性認知症を予防するためにはどんなことに注意すれば良いのでしょうか?ここでは、脳血管性認知症を予防するための方法について書いていきます。
リハビリ
脳血管性認知症のリハビリにはどのようなことが行われるのでしょうか?ここでは、脳血管性認知症のリハビリについて書いていきます。
まだら
脳血管性認知症には「まだら認知症」と呼ばれる状態が起きると言われています。ここでは、脳血管性認知症によるまだら認知症について書いていきます。
夜間せん妄
脳血管性認知症の夜間せん妄と呼ばれる症状があります。ここでは、脳血管性認知症による夜間せん妄についてご説明します。
歩行障害
脳血管性認知症の歩行障害と呼ばれる症状があります。ここでは、脳血管性認知症による歩行障害についてご説明します。
アパシー
脳血管性認知症のアパシー(意欲低下)と呼ばれる症状があります。ここでは、脳血管性認知症によるアパシー(意欲低下)についてご説明します。
作業療法
脳血管性認知症に作業療法という方法が行われることがあります。ここでは、脳血管性認知症と作業療法の関係についてご説明します。
発作型と緩徐型
脳血管性認知症の「発作型と緩徐型」というタイプの違いがあることをご存知でしょうか?ここでは、脳血管性認知症の発作型と緩徐型の違いについてご説明します。
性差
脳血管性認知症の発症率に男女の違いによる性差はあるのでしょうか?ここでは脳血管性認知症の性差についてご説明します。
生活習慣病
脳血管性認知症と生活習慣病には、どのような関係があるのでしょうか?ここでは、脳血管性認知症と生活習慣病との関係性について詳しくご説明します。
アルコール
脳血管性認知症に対するアルコールの影響はとても大きいと言えるでしょう。ここでは、脳血管性認知症とアルコールとの関係性について詳しくご説明します。
遺伝
脳血管性認知症は遺伝することがあるのでしょうか?ここでは、脳血管性認知症と遺伝との関係性について詳しくご説明します。
アルツハイマー型認知症との違い
脳血管性認知症とアルツハイマー型認知症の違いは?と聞かれて答えられる方は、普通はそんなに多くはないでしょう。ここでは脳血管性認知症とアルツハイマー型認知症の違いについてご説明します。
イチョウ
脳血管性認知症にイチョウが効果的だと言ったら、驚く方は多いかも知れません。ここでは脳血管性認知症に対するイチョウの効果性や使い方についてご説明します。
危険因子
脳血管性認知症の危険因子と呼ばれるものには、どんなことがあるのでしょうか?ここでは、脳血管性認知症の危険因子についてご説明します。
炭水化物
脳血管性認知症と炭水化物の摂取に関係性はあるのでしょうか?ここでは脳血管性認知症と炭水化物の関係性についてご説明します。
水分
脳血管性認知症と水分にはどんな関係があるのでしょうか?ここでは脳血管性認知症と水分の関係性についてご説明します。
末期症状
脳血管性認知症の末期症状にはどのようなものがあるのでしょうか?ここでは、脳血管性認知症の末期症状についてご説明します。