アルツハイマー型認知症は遺伝するのか?

スポンサードリンク

アルツハイマー型認知症は遺伝するのか?

アルツハイマー型認知症 遺伝するか

 

アルツハイマー型認知症が遺伝するかどうかは、とても気になることだと思います。

 

たとえば、自分の親がアルツハイマー型認知症になった方の場合、なおさら気になることでしょう。

 

ご家族にとっては、親のことを心配するのと同時に、明日は我が身という意識も生まれることと思います。

 

ここでは、アルツハイマー型認知症と遺伝との関係性についてご説明します。

アルツハイマー型認知症が遺伝するケースは?

アルツハイマー型認知症が遺伝するケースには、どんなことがあるのでしょうか?

 

アルツハイマー型認知症の原因には、まだ不明な点は多いですが、加齢によるリスクが高いといわれています。

 

アルツハイマー型認知症には、64歳以下で発症する若年性アルツハイマー型認知症があります。

 

この若年性アルツハイマー型認知症の人の中には、遺伝によっておこるアルツハイマー型認知症が多いと言われています。

 

遺伝によるアルツハイマー型認知症は、変異した遺伝子を持っていることで起こり、この変異した遺伝子は子孫に伝わります。

 

この遺伝によるアルツハイマー型認知症は、40歳~50歳代で発症するケースが多いとされています。

 

若年性アルツハイマー型認知症のうち、遺伝によるものは10%と言われています。

アルツハイマー型認知症の遺伝への対策、注意点は?

アルツハイマー型認知症の遺伝に対しては、どのように対処すれば良いのでしょうか?

 

家族や親族に若年性アルツハイマー型認知症や、遺伝性のアルツハイマー型認知症の人がいる場合は、発症のリスクが高いです。

 

なので、早期発見、早期治療を心がけましょう。

 

アルツハイマー型認知症を完治する治療法はみつかっていませんが、遺伝子診断での早期発見は可能です。

 

アルツハイマー型認知症の予防としては、若いうちから生活習慣や食生活に気をつけることでしょう。

 

適度な運動をすると、コレステロール値を上げない、血圧や血糖値を保つなど、生活習慣病を防ぐことができます。

 

有酸素運動によって、脳に酸素が送り込まれ、脳が活性化するため、アルツハイマー型認知症を防ぎます。

 

以前は、たばこに含まれるニコチンに、アルツハイマー型認知症のリスクを下げる作用があるといわれていました。

 

しかし、最近では逆に、喫煙はアルツハイマー型認知症の発症リスクがあるといわれています。

 

たばこは、動脈硬化を招くため脳卒中の原因にもなります。

 

遺伝性のアルツハイマー型認知症にならないためにも、喫煙はできれば若いうちから控えましょう。

 

アルコールは、脳を萎縮させるため、アルツハイマー型認知症になりやすいといわれています。

 

適度な量にしましょう。赤ワインは、ポリフェノールが豊富なため、アルツハイマー型認知症の予防になると言われています。

 

飲酒するなら、適量の赤ワインがおススメです。ストレスは禁物ですからね。

 

家族でゆったりと過ごすことで、遺伝性のアルツハイマー型認知症と向き合いましょう。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連記事とスポンサーリンク

関連ページ

症状と特徴
アルツハイマー型認知症の症状と特徴にはどのようなものがあるのでしょうか?ここでは、アルツハイマー型認知症の症状と特徴についてご説明します。
初期症状
アルツハイマー型認知症の初期症状にはどのようなものがあるのでしょうか?ここでは、アルツハイマー型認知症の初期症状についてご説明します。
関わり方
アルツハイマー型認知症の患者さんに対しての関わり方はどのようにすれば良いのでしょうか?ここではアルツハイマー型認知症の関わり方についてご説明します。
誤嚥(ごえん)
アルツハイマー型認知症の誤嚥はとても大きな問題の一つと言えます。ここでは、アルツハイマー型認知症の誤嚥に対する原因や対策についてご説明します。
怒りっぽい
アルツハイマー型認知症の方が怒りっぽい状態になることはよくあります。ここでは、アルツハイマー型認知症で怒りっぽいことについて、その原因や対処法についてお伝えします。
夕方
アルツハイマー型認知症の症状が夕方だけに現れるケースがあります。夕暮れ症候群とも言われますね。ここではアルツハイマー型認知症の症状が夕方だけに現れるケースについてご説明します。
頭痛
アルツハイマー型認知症の症状に、頭痛はあるのでしょうか?ここでは、アルツハイマー型認知症の症状と、頭痛の関係について書いていきます。
遺伝
アルツハイマー型認知症が遺伝が原因で発症するという話がありますが、どうなのでしょうか?ここではアルツハイマー型認知症と遺伝の関係についてご説明します。。
予防
アルツハイマー型認知症を予防するためにはどのようなことをすれば良いのでしょうか?ここではアルツハイマー型認知症の予防についてご説明します。。
幻視
アルツハイマー型認知症の症状と幻視・妄想については、どのように考えれば良いのでしょうか?ここでは、アルツハイマー型認知症の症状と幻視についてご説明します。
失語
アルツハイマー型認知症の症状である「失語」に対して、どのようなイメージをお持ちでしょうか?ここでは、アルツハイマー型認知症の症状である「失語」についてご説明します。
作話(作り話)
アルツハイマー型認知症の方はよく作り話(作話)をするという話がありますが本当でしょうか?ここでは、アルツハイマー型認知症の作り話(作話)についてご説明します。
運動障害
アルツハイマー型認知症の方に運動障害が現れるケースがあります。ここでは、アルツハイマー型認知症の運動障害についてご説明します。
意識障害
アルツハイマー型認知症の方に意識障害、主にせん妄という症状が現れるケースがあります。ここでは、アルツハイマー型認知症の意識障害についてご説明します。
嚥下障害
アルツハイマー型認知症の方に嚥下障害という症状が稀に現れるケースがあります。ここでは、アルツハイマー型認知症の嚥下障害についてご説明します。
記憶障害
アルツハイマー型認知症の症状の中に記憶障害があります。ここでは、アルツハイマー型認知症の記憶障害についてご説明します。
注意障害
アルツハイマー型認知症の症状の中に注意障害があります。ここでは、アルツハイマー型認知症の注意障害についてご説明します。
意欲低下
アルツハイマー型認知症の症状の中に意欲低下があります。ここでは、アルツハイマー型認知症の意欲低下についてご説明します。
感情失禁
アルツハイマー型認知症の症状の中に感情失禁があります。ここでは、アルツハイマー型認知症の感情失禁についてご説明します。
多動(徘徊)
アルツハイマー型認知症の症状の中に多動(徘徊)があります。ここでは、アルツハイマー型認知症の多動(徘徊)についてご説明します。
性差
アルツハイマー型認知症において性差はどのようになっているのでしょうか?ここではアルツハイマー型認知症の性差についてご説明します。
なりやすい人
アルツハイマー型認知症になりやすい人とは、どんな人なのでしょうか?ここではアルツハイマー型認知症になりやすい人についてご説明します。
体重減少
アルツハイマー型認知症の症状の中に体重減少があります。ここでは、アルツハイマー型認知症の体重減少についてご説明します。
痙攣(けいれん)
アルツハイマー型認知症の症状の中に痙攣発作があります。ここでは、アルツハイマー型認知症の痙攣についてご説明します。
見当識障害
アルツハイマー型認知症では見当識障害という症状が現れます。ここでは、アルツハイマー型認知症の見当識障害についてご説明します。
リハビリ
アルツハイマー型認知症のリハビリは、どのような点に注意すれば良いのでしょうか?ここではアルツハイマー型認知症のリハビリについてご説明します。
余命
アルツハイマー型認知症の余命は、どのくらいと考えれば良いのでしょうか?ここでは、そんなアルツハイマー型認知症の余命についてご説明します。
末期症状
アルツハイマー型認知症の末期症状にはどんなことがあるのでしょうか?ここではアルツハイマー型認知症の末期症状についてご説明します。