アルツハイマー型認知症と痙攣(けいれん)の関係とは?

スポンサードリンク

アルツハイマー型認知症と痙攣(けいれん)の関係性について

アルツハイマー型認知症による痙攣

 

アルツハイマー型認知症の介護をされている方の中で、痙攣(けいれん)の現場を経験されている方はいらっしゃいますか?

 

アルツハイマー型認知症の後期になると、筋肉の異常な緊張と痙攣発作がみられることがあります。

 

突然起きる痙攣発作に対しては、とても驚かれる介護者の方もいらっしゃることでしょう。

 

ここでは、アルツハイマー型認知症と痙攣の関係性についてご説明します。

アルツハイマー型認知症の痙攣はナゼ起きる?

アルツハイマー型認知症の痙攣発作は、どうして起きるのでしょうか?

 

それは、アルツハイマー型認知症による「脳神経細胞の変性」が異常な放電をもたらし、痙攣発作をおこしていると言われています。

 

アルツハイマー型認知症では、約20パーセント前後の方に、痙攣発作の症状が現れると言われています。

 

もちろん、一時的な発作であれば、薬の服用での対応ということで問題はないでしょう。

 

しかし、痙攣が長時間続くような重責発作の場合は、脳の低酸素状態へとつながるため、注意が必要です。

 

痙攣は、大発作でなくても「ぴくつき」や一瞬の「意識喪失」など、見逃しがちな症状の場合もあります。

 

ですから、アルツハイマー型認知症の方が痙攣発作を起こす可能性があるということは、常に認識しておきましょう。

アルツハイマー型認知症の痙攣に対する対処は?

アルツハイマー型認知症の方が痙攣発作をおこしたとき、多くの場合は、15秒ほどで治まります。

 

しかし、痙攣発作が30秒を超えた時には、速やかに救急車を呼びましょう。

 

また、アルツハイマー型認知症の方が痙攣発作を起こしたとき、介護者の方が驚いて身体を押さえつけてしまうことがあります。

 

しかし、押さえつけることは絶対に止めましょう。

 

なぜなら、その刺激によって痙攣発作を長引かせてしまう可能性があるからです。

 

そして、痙攣発作をアルツハイマー型認知症の方が起こしたとき、食後であれば、嘔吐することも考えられます。

 

その場合は、まずは寝かせた状態で頭を横に向け、嘔吐物が気管支に入らないように十分に気をつけましょう。

 

その判断を誤ると、誤嚥性肺炎(ごえんせいはいえん)になる恐れがあるからです。

 

アルツハイマー型認知症の方は、痙攣発作を繰り返すことが多いです。

 

ですから、痙攣発作を起こした当日は、大事を取って外出を控えた方が良いでしょう。

 

また、転倒や打撲を避けるため、周囲の環境整備を行うことも大切です。

 

アルツハイマー型認知症の方が痙攣発作を起こしたときは、速やかに主治医に相談し、「抗てんかん薬」の服用をしましょう。

 

多くの場合は、服用によって再発が防げますので覚えておいてください。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連記事とスポンサーリンク

関連ページ

症状と特徴
アルツハイマー型認知症の症状と特徴にはどのようなものがあるのでしょうか?ここでは、アルツハイマー型認知症の症状と特徴についてご説明します。
初期症状
アルツハイマー型認知症の初期症状にはどのようなものがあるのでしょうか?ここでは、アルツハイマー型認知症の初期症状についてご説明します。
関わり方
アルツハイマー型認知症の患者さんに対しての関わり方はどのようにすれば良いのでしょうか?ここではアルツハイマー型認知症の関わり方についてご説明します。
誤嚥(ごえん)
アルツハイマー型認知症の誤嚥はとても大きな問題の一つと言えます。ここでは、アルツハイマー型認知症の誤嚥に対する原因や対策についてご説明します。
怒りっぽい
アルツハイマー型認知症の方が怒りっぽい状態になることはよくあります。ここでは、アルツハイマー型認知症で怒りっぽいことについて、その原因や対処法についてお伝えします。
夕方
アルツハイマー型認知症の症状が夕方だけに現れるケースがあります。夕暮れ症候群とも言われますね。ここではアルツハイマー型認知症の症状が夕方だけに現れるケースについてご説明します。
頭痛
アルツハイマー型認知症の症状に、頭痛はあるのでしょうか?ここでは、アルツハイマー型認知症の症状と、頭痛の関係について書いていきます。
遺伝
アルツハイマー型認知症が遺伝が原因で発症するという話がありますが、どうなのでしょうか?ここではアルツハイマー型認知症と遺伝の関係についてご説明します。。
予防
アルツハイマー型認知症を予防するためにはどのようなことをすれば良いのでしょうか?ここではアルツハイマー型認知症の予防についてご説明します。。
幻視
アルツハイマー型認知症の症状と幻視・妄想については、どのように考えれば良いのでしょうか?ここでは、アルツハイマー型認知症の症状と幻視についてご説明します。
失語
アルツハイマー型認知症の症状である「失語」に対して、どのようなイメージをお持ちでしょうか?ここでは、アルツハイマー型認知症の症状である「失語」についてご説明します。
作話(作り話)
アルツハイマー型認知症の方はよく作り話(作話)をするという話がありますが本当でしょうか?ここでは、アルツハイマー型認知症の作り話(作話)についてご説明します。
運動障害
アルツハイマー型認知症の方に運動障害が現れるケースがあります。ここでは、アルツハイマー型認知症の運動障害についてご説明します。
意識障害
アルツハイマー型認知症の方に意識障害、主にせん妄という症状が現れるケースがあります。ここでは、アルツハイマー型認知症の意識障害についてご説明します。
嚥下障害
アルツハイマー型認知症の方に嚥下障害という症状が稀に現れるケースがあります。ここでは、アルツハイマー型認知症の嚥下障害についてご説明します。
記憶障害
アルツハイマー型認知症の症状の中に記憶障害があります。ここでは、アルツハイマー型認知症の記憶障害についてご説明します。
注意障害
アルツハイマー型認知症の症状の中に注意障害があります。ここでは、アルツハイマー型認知症の注意障害についてご説明します。
意欲低下
アルツハイマー型認知症の症状の中に意欲低下があります。ここでは、アルツハイマー型認知症の意欲低下についてご説明します。
感情失禁
アルツハイマー型認知症の症状の中に感情失禁があります。ここでは、アルツハイマー型認知症の感情失禁についてご説明します。
多動(徘徊)
アルツハイマー型認知症の症状の中に多動(徘徊)があります。ここでは、アルツハイマー型認知症の多動(徘徊)についてご説明します。
性差
アルツハイマー型認知症において性差はどのようになっているのでしょうか?ここではアルツハイマー型認知症の性差についてご説明します。
なりやすい人
アルツハイマー型認知症になりやすい人とは、どんな人なのでしょうか?ここではアルツハイマー型認知症になりやすい人についてご説明します。
遺伝
アルツハイマー型認知症は遺伝するという話がありますが、実際のところどうなのでしょうか?ここではアルツハイマー型認知症と遺伝の関係性についてご説明します。
体重減少
アルツハイマー型認知症の症状の中に体重減少があります。ここでは、アルツハイマー型認知症の体重減少についてご説明します。
見当識障害
アルツハイマー型認知症では見当識障害という症状が現れます。ここでは、アルツハイマー型認知症の見当識障害についてご説明します。
リハビリ
アルツハイマー型認知症のリハビリは、どのような点に注意すれば良いのでしょうか?ここではアルツハイマー型認知症のリハビリについてご説明します。
余命
アルツハイマー型認知症の余命は、どのくらいと考えれば良いのでしょうか?ここでは、そんなアルツハイマー型認知症の余命についてご説明します。
末期症状
アルツハイマー型認知症の末期症状にはどんなことがあるのでしょうか?ここではアルツハイマー型認知症の末期症状についてご説明します。