アルツハイマー型認知症で怒りっぽい?

スポンサードリンク

アルツハイマー型認知症の怒りっぽいという症状について

アルツハイマー型認知症 怒りっぽい

 

アルツハイマー型認知症の特徴的な症状として、怒りっぽいことがあげられます。

 

アルツハイマー型認知症の方は、やたらとまわりにあたったりと、怒りっぽい。

 

そのせいで、施設では他の利用者さんとの関係が気まずくなることもしばしばです。

 

ここでは、アルツハイマー型認知症の方が怒りっぽいことについて、その原因や対処法についてご説明します。

アルツハイマー型認知症で怒りっぽいのはナゼ?

アルツハイマー型認知症の方は、早くから人格に変化が見られることもあり、些細な事でも怒りっぽくなります。

 

在宅では、家族が手に負えない状態になる場合もあります。

 

トイレや入浴の声かけにも、日によっては穏やかな表情で行えるときもありますが、一旦機嫌を損ねて、怒りっぽい状態が出現してしまうと拒否が激しくなります。

 

アルツハイマー型認知症の方は拒否がひどいと、家族や職員を叩いたり、つねったり、物を投げたりもします。

 

アルツハイマー型認知症の方は、環境の変化に敏感です。

 

介護者の言葉の抑揚や声かけの仕方一つで、怒りっぽい状態になることがあります。

 

アルツハイマー型認知症の方は、介護者が急いでいたり、忙しかったりするのを感じ取ると、イライラして怒りっぽい状態になると、現場では感じます。

アルツハイマー型認知症で怒りっぽいことへの対策や注意点は?

アルツハイマー型認知症で怒りっぽい状態になるとき、その対処はどのようにすれば良いのでしょうか?

 

一つの方法として、まわりの環境を、静かで穏やかな雰囲気に保つのことも必要だと思います。

 

気ぜわしい雰囲気の中では、余計に怒りっぽくなります。

 

アルツハイマー認知症では、怒りっぽい状態から介護拒否や暴言、暴力にまで発展することもあります。

 

そういう時は、やはり医師の診断を受け、投薬治療の必要もあると思われます。

 

漢方薬を服用されて、落ち着いたと言われる方もいらっしゃいます。

 

アルツハイマー型認知症では、初期の方に怒りっぽい状態になることが多いように思います。

 

私の母もそうでしたが、アルツハイマー型認知症の進行とともに、怒っていた理由も忘れるのか、徐々に穏やかになってきます。

 

多幸症や多幸感という言葉がありますが、アルツハイマー型認知症の方は、怒りっぽい時期を過ぎれば、老いとともに、多幸感を味わい、老いや死に対する不安も少なくなっていくのではないでしょうか?

 

私の母は、怒りっぽい時期を超えて、今は幸せそうに笑って過ごしています。

 

時に怒ることがあっても、昔の話をするとそれだけで機嫌が直ります。

 

少なくとも、以前のような不安そうな表情は減りました。

 

若い人でも怒りっぽい人はいます。

 

アルツハイマー型認知症の方も、一緒です。

 

あまり病的に考えないというような、介護者の気持ちの寛容さも必要なのだと思います。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連記事とスポンサーリンク

関連ページ

症状と特徴
アルツハイマー型認知症の症状と特徴にはどのようなものがあるのでしょうか?ここでは、アルツハイマー型認知症の症状と特徴についてご説明します。
初期症状
アルツハイマー型認知症の初期症状にはどのようなものがあるのでしょうか?ここでは、アルツハイマー型認知症の初期症状についてご説明します。
関わり方
アルツハイマー型認知症の患者さんに対しての関わり方はどのようにすれば良いのでしょうか?ここではアルツハイマー型認知症の関わり方についてご説明します。
誤嚥(ごえん)
アルツハイマー型認知症の誤嚥はとても大きな問題の一つと言えます。ここでは、アルツハイマー型認知症の誤嚥に対する原因や対策についてご説明します。
夕方
アルツハイマー型認知症の症状が夕方だけに現れるケースがあります。夕暮れ症候群とも言われますね。ここではアルツハイマー型認知症の症状が夕方だけに現れるケースについてご説明します。
頭痛
アルツハイマー型認知症の症状に、頭痛はあるのでしょうか?ここでは、アルツハイマー型認知症の症状と、頭痛の関係について書いていきます。
遺伝
アルツハイマー型認知症が遺伝が原因で発症するという話がありますが、どうなのでしょうか?ここではアルツハイマー型認知症と遺伝の関係についてご説明します。。
予防
アルツハイマー型認知症を予防するためにはどのようなことをすれば良いのでしょうか?ここではアルツハイマー型認知症の予防についてご説明します。。
幻視
アルツハイマー型認知症の症状と幻視・妄想については、どのように考えれば良いのでしょうか?ここでは、アルツハイマー型認知症の症状と幻視についてご説明します。
失語
アルツハイマー型認知症の症状である「失語」に対して、どのようなイメージをお持ちでしょうか?ここでは、アルツハイマー型認知症の症状である「失語」についてご説明します。
作話(作り話)
アルツハイマー型認知症の方はよく作り話(作話)をするという話がありますが本当でしょうか?ここでは、アルツハイマー型認知症の作り話(作話)についてご説明します。
運動障害
アルツハイマー型認知症の方に運動障害が現れるケースがあります。ここでは、アルツハイマー型認知症の運動障害についてご説明します。
意識障害
アルツハイマー型認知症の方に意識障害、主にせん妄という症状が現れるケースがあります。ここでは、アルツハイマー型認知症の意識障害についてご説明します。
嚥下障害
アルツハイマー型認知症の方に嚥下障害という症状が稀に現れるケースがあります。ここでは、アルツハイマー型認知症の嚥下障害についてご説明します。
記憶障害
アルツハイマー型認知症の症状の中に記憶障害があります。ここでは、アルツハイマー型認知症の記憶障害についてご説明します。
注意障害
アルツハイマー型認知症の症状の中に注意障害があります。ここでは、アルツハイマー型認知症の注意障害についてご説明します。
意欲低下
アルツハイマー型認知症の症状の中に意欲低下があります。ここでは、アルツハイマー型認知症の意欲低下についてご説明します。
感情失禁
アルツハイマー型認知症の症状の中に感情失禁があります。ここでは、アルツハイマー型認知症の感情失禁についてご説明します。
多動(徘徊)
アルツハイマー型認知症の症状の中に多動(徘徊)があります。ここでは、アルツハイマー型認知症の多動(徘徊)についてご説明します。
性差
アルツハイマー型認知症において性差はどのようになっているのでしょうか?ここではアルツハイマー型認知症の性差についてご説明します。
なりやすい人
アルツハイマー型認知症になりやすい人とは、どんな人なのでしょうか?ここではアルツハイマー型認知症になりやすい人についてご説明します。
遺伝
アルツハイマー型認知症は遺伝するという話がありますが、実際のところどうなのでしょうか?ここではアルツハイマー型認知症と遺伝の関係性についてご説明します。
体重減少
アルツハイマー型認知症の症状の中に体重減少があります。ここでは、アルツハイマー型認知症の体重減少についてご説明します。
痙攣(けいれん)
アルツハイマー型認知症の症状の中に痙攣発作があります。ここでは、アルツハイマー型認知症の痙攣についてご説明します。
見当識障害
アルツハイマー型認知症では見当識障害という症状が現れます。ここでは、アルツハイマー型認知症の見当識障害についてご説明します。
リハビリ
アルツハイマー型認知症のリハビリは、どのような点に注意すれば良いのでしょうか?ここではアルツハイマー型認知症のリハビリについてご説明します。
余命
アルツハイマー型認知症の余命は、どのくらいと考えれば良いのでしょうか?ここでは、そんなアルツハイマー型認知症の余命についてご説明します。
末期症状
アルツハイマー型認知症の末期症状にはどんなことがあるのでしょうか?ここではアルツハイマー型認知症の末期症状についてご説明します。