アルツハイマー型認知症の症状 失語

スポンサードリンク

アルツハイマー型認知症の症状 失語について

アルツハイマー型認知症 失語

 

アルツハイマー型認知症の症状である「失語」に対して、どのようなイメージをお持ちでしょうか?

 

「失語=言葉がしゃべれない」

 

というイメージの方が多いでしょうから、きっとペンで書いたり、ジェスチャーをすれば事足りると思う方もいらっしゃるでしょう。

 

ところが、アルツハイマー型認知症による「失語」というのは「中核症状」の一つですので、そう簡単ではありません。

 

ここでは、アルツハイマー型認知症の症状である「失語」についてご説明します。

アルツハイマー型認知症の症状「失語」の状態とは?

アルツハイマー型認知症の症状で「失語」がある時、脳はどのような状態なのでしょうか?

 

アルツハイマー型認知症は、脳の「神経細胞」が死滅し、脳が萎縮する事で、知能や身体機能が全体的にゆっくりと低下していきます。

 

アルツハイマー型認知症の診断基準の中には、「記憶を含む複数の認知機能障害」とあります。

 

これは、認知症の「中核症状」と言われ、その中に「失語」があるのですが、アルツハイマー型認知症が中期に入ってくると出現します。

 

記憶を含む認知機能障害

 

  • 失語(言葉がなかなか出てこない。聞く・話す・書く・読むなどの言語機能低下する)
  • 失行(やり方が分からなくなる。洋服の着方が分からない等)
  • 失認(人の顔が分からない。味が分からない。距離感が分からない等)
  • 実行機能障害(普段当たり前の行動が出来なくなる。スプーンや箸が使えない等)

 

アルツハイマー型認知症は、この中期の時が一番大変な時期と言えます。

アルツハイマー型認知症の症状「失語」に対する接し方や注意点

アルツハイマー型認知症の症状で「失語」になった場合、それに対する接し方や注意点には、どのようなものがあるのでしょうか?

 

まず、アルツハイマー型認知症で失語の症状があっても、全てが分からなくなるという訳ではありません。

 

言葉の数や表現力は少なくなりますが、キチンと考えて「返答」も出来ます。

 

言葉で伝わらない時には、絵や写真を使い、ゆっくりと出来るだけ「短い言葉」で伝えると理解出来ます。

 

アルツハイマー型認知症になった時は、そのようなことを何度でも、諦めず説明して下さい。

 

アルツハイマー型認知症も含め、認知症になってしまった人は、言語的コミュニケーションよりも「非言語的コミュニケーション」で物事を受け止めている事が多いのです。

 

つまり、顔の表情や声色、ジェスチャー、態度などがそれにあたります。

 

  • 自分の事を好きか嫌いか?
  • 自分の味方か敵か?

 

それを、感覚的に瞬時に感じ取るのです。

 

「人を見る力」は高齢である人の方があります。

 

私たちの口先の説明は、意外とすぐに見破られます。

 

頭で理解できない分は、五感を最大限に使い、有益かどうかを見ていますので、心のこもった対応が求められます。

 

アルツハイマー型認知症の患者さんには、諦めずに「できる事からはじめる」ということを意識して接しましょう。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連記事とスポンサーリンク

関連ページ

症状と特徴
アルツハイマー型認知症の症状と特徴にはどのようなものがあるのでしょうか?ここでは、アルツハイマー型認知症の症状と特徴についてご説明します。
初期症状
アルツハイマー型認知症の初期症状にはどのようなものがあるのでしょうか?ここでは、アルツハイマー型認知症の初期症状についてご説明します。
関わり方
アルツハイマー型認知症の患者さんに対しての関わり方はどのようにすれば良いのでしょうか?ここではアルツハイマー型認知症の関わり方についてご説明します。
誤嚥(ごえん)
アルツハイマー型認知症の誤嚥はとても大きな問題の一つと言えます。ここでは、アルツハイマー型認知症の誤嚥に対する原因や対策についてご説明します。
怒りっぽい
アルツハイマー型認知症の方が怒りっぽい状態になることはよくあります。ここでは、アルツハイマー型認知症で怒りっぽいことについて、その原因や対処法についてお伝えします。
夕方
アルツハイマー型認知症の症状が夕方だけに現れるケースがあります。夕暮れ症候群とも言われますね。ここではアルツハイマー型認知症の症状が夕方だけに現れるケースについてご説明します。
頭痛
アルツハイマー型認知症の症状に、頭痛はあるのでしょうか?ここでは、アルツハイマー型認知症の症状と、頭痛の関係について書いていきます。
遺伝
アルツハイマー型認知症が遺伝が原因で発症するという話がありますが、どうなのでしょうか?ここではアルツハイマー型認知症と遺伝の関係についてご説明します。。
予防
アルツハイマー型認知症を予防するためにはどのようなことをすれば良いのでしょうか?ここではアルツハイマー型認知症の予防についてご説明します。。
幻視
アルツハイマー型認知症の症状と幻視・妄想については、どのように考えれば良いのでしょうか?ここでは、アルツハイマー型認知症の症状と幻視についてご説明します。
作話(作り話)
アルツハイマー型認知症の方はよく作り話(作話)をするという話がありますが本当でしょうか?ここでは、アルツハイマー型認知症の作り話(作話)についてご説明します。
運動障害
アルツハイマー型認知症の方に運動障害が現れるケースがあります。ここでは、アルツハイマー型認知症の運動障害についてご説明します。
意識障害
アルツハイマー型認知症の方に意識障害、主にせん妄という症状が現れるケースがあります。ここでは、アルツハイマー型認知症の意識障害についてご説明します。
嚥下障害
アルツハイマー型認知症の方に嚥下障害という症状が稀に現れるケースがあります。ここでは、アルツハイマー型認知症の嚥下障害についてご説明します。
記憶障害
アルツハイマー型認知症の症状の中に記憶障害があります。ここでは、アルツハイマー型認知症の記憶障害についてご説明します。
注意障害
アルツハイマー型認知症の症状の中に注意障害があります。ここでは、アルツハイマー型認知症の注意障害についてご説明します。
意欲低下
アルツハイマー型認知症の症状の中に意欲低下があります。ここでは、アルツハイマー型認知症の意欲低下についてご説明します。
感情失禁
アルツハイマー型認知症の症状の中に感情失禁があります。ここでは、アルツハイマー型認知症の感情失禁についてご説明します。
多動(徘徊)
アルツハイマー型認知症の症状の中に多動(徘徊)があります。ここでは、アルツハイマー型認知症の多動(徘徊)についてご説明します。
性差
アルツハイマー型認知症において性差はどのようになっているのでしょうか?ここではアルツハイマー型認知症の性差についてご説明します。
なりやすい人
アルツハイマー型認知症になりやすい人とは、どんな人なのでしょうか?ここではアルツハイマー型認知症になりやすい人についてご説明します。
遺伝
アルツハイマー型認知症は遺伝するという話がありますが、実際のところどうなのでしょうか?ここではアルツハイマー型認知症と遺伝の関係性についてご説明します。
体重減少
アルツハイマー型認知症の症状の中に体重減少があります。ここでは、アルツハイマー型認知症の体重減少についてご説明します。
痙攣(けいれん)
アルツハイマー型認知症の症状の中に痙攣発作があります。ここでは、アルツハイマー型認知症の痙攣についてご説明します。
見当識障害
アルツハイマー型認知症では見当識障害という症状が現れます。ここでは、アルツハイマー型認知症の見当識障害についてご説明します。
リハビリ
アルツハイマー型認知症のリハビリは、どのような点に注意すれば良いのでしょうか?ここではアルツハイマー型認知症のリハビリについてご説明します。
余命
アルツハイマー型認知症の余命は、どのくらいと考えれば良いのでしょうか?ここでは、そんなアルツハイマー型認知症の余命についてご説明します。
末期症状
アルツハイマー型認知症の末期症状にはどんなことがあるのでしょうか?ここではアルツハイマー型認知症の末期症状についてご説明します。